auひかりは「ずっとギガ得プラン」にすべき理由!他のホームタイプとの違いも解説

ずっとギガ得プラン3年自動更新 auひかり

戸建て住宅向けに提供しているauひかりホームには、次の3つのプランがあります。

  • ずっとギガ得プラン(3年契約)
  • ギガ得プラン(2年契約)
  • 標準プラン(契約期間の約束なし)

それぞれ、

  • 3年契約
  • 2年契約
  • 契約期間の約束なし

となっており、利用料金が異なります

また、auひかりホームには、通常の1ギガコース以外に、

  • 5ギガコース
  • 10ギガコース

もあり、これらも同様に

  • ずっとギガ得プラン
  • ギガ得プラン
  • 標準プラン

3つの料金プランの構成となっています。

そして、auひかりホーム

  • 1ギガ
  • 5ギガ
  • 10ギ

すべてのプランにおいて、一番おすすめなのがずっとギガ得プランです。

なぜなら、ずっとギガ得プランはメリットが一番大きいからです。

その理由を詳しく解説していきます。

比較の達人
比較の達人

マンションにお住みの方は、下記の記事にうつりましょう。

①ずっとギガ得プラン・ギガ得プラン・標準プランの主な違い

戸建て向けのauひかりホームの料金プランには、

  • ずっとギガ得プラン
  • ギガ得プラン
  • 標準プラン

の3つがあります。

それぞれの主な違いは、

  • 月額料金
  • 更新月
  • 契約解除料

の3点です。

違い⑴:月額料金

ずっとギガ得プランの利用料金が一番安くなっています。

それは、3年契約という一番長い契約期間のため、

長期契約者優遇の措置となっているからです。

auひかりホーム 月額料金
ずっとギガ得プラン(3年契約) 1年目5,100円
2年目5,000円
3年目以降4,900円
ギガ得プラン(2年契約) 5,200円
標準プラン(契約期間の約束なし) 6,300円

ずっとギガ得プランの料金は、

最初5,100円/月からスタートし、

2年目からは100円安くなり5,000円/月

3年目以降は200円安くなり4,900円/月といった形になっています。

3年目以降はずっとこの金額なので、

  • 2年契約のギガ得プランとの毎月の差額は300円
  • 契約期間の約束なしの標準プランとだと1,400円

にもなります。

なので、長く使う予定ならずっとギガ得プランにしたほうが

月々の支払料金は断然安くなります。

5ギガは1ギガと同じ金額

auひかりホームには、通常の1ギガコース以外にも、

特定の地域や特定のプロバイダ限定

  • 5ギガコース
  • 10ギガコース

の提供もあります。

それぞれ通常のホーム1ギガコースの利用料金に加え、

高速サービス利用料

  • 5ギガが500円
  • 10ギガが1,280円

かかるので高くなるのですが、

同時に高速スタートプログラムで3年間500円割引も行われています。

5ギガコース(ずっとギガ得プラン) 10ギガコース(ずっとギガ得プラン)
高速サービス料 500円 1,280円
高速スタートプロブラム 3年間500円割引 3年間500円割引
通常の1ギガコースとの差額 3年間0円
4年目以降500円
3年間780円
4年目以降1,280円

つまり、5ギガの場合はホーム1ギガと3年間全く利用料金が変わらないということです。

それと、通常なら5ギガは高速スタートプロブラムが終了する4年目以降はプラス500円のため月額5,400円と高くなるのですが、

auスマートバリュー加入者はauスマートバリュー加入限定の500円割引が4年目以降から適用されます。

なので、auスマートバリュー加入者は4年目以降もホーム1ギガのずっとギガ得プランと同じ利用料金で

5ギガコースのずっとギガ得プランを利用できるわけです。

5ギガコース(ずっとギガ得プラン)+auスマートバリュー加入 10ギガコース(ずっとギガ得プラン)+auスマートバリュー加入
高速サービス料 500円 1,280円
高速スタートプロブラム 3年間500円割引 3年間500円割引
auスマートバリュー加入限定の割引 4年目以降ずっと500円割引 4年目以降ずっと500円割引
通常の1ギガコースとの差額 永年0円 永年780円
  • 5ギガ
  • 10ギガ

のコースでこのような特別な割引があるのは、

ずっとギガ得プランだけなので、ギガ得プランや標準プランにはないメリットです。

【月額料金】

  • ずっとギガ得プランの利用料金が一番安い。
  • auスマートバリュー加入者はホーム1ギガのずっとギガ得プランと同じ利用料金で5ギガコースのずっとギガ得プランを利用できる。

違い⑵:更新月のタイミング

  • ずっとギガ得プラン3年自動更新契約
  • ギガ得プラン2年自動更新契約

です。

自動更新とは、解約の申し出がない限り更新される仕組みのことで、

  • ずっとギガ得プラン3年単位
  • ギガ得プラン2年単位

ということになります。

それと、更新月に申し出れば契約解除料がかからないのですが、

更新月以外に解約してしまうと契約解除料がかかります

【ずっとギガ得プラン】

ずっとギガ得プラン3年自動更新

参照:https://www.au.com/internet/auhikari_1g/charge/zuttogigatoku/

【ギガ得プラン】

ずっとギガ得プラン2年自動更新

参照:https://www.au.com/internet/auhikari_1g/charge/gigatoku/

auひかりでは、更新月が契約満了月の翌月と翌々月の2カ月間あるので、

1カ月間しかない他社回線と比べれば余裕があるほうです。

自分の更新月がいつになるのかは請求書またはMy auにアクセスして確認ができます。

【更新月のタイミング】

  • ずっとギガ得プランが3年自動更新契約、ギガ得プランが2年自動更新契約。
  • 更新月(翌月と翌々月の2カ月間)以外に解約してしまうと契約解除料がかかる。

違い⑶:解約時の契約解除料

更新月以外に解約してしまった場合に支払わなければならないのが、

契約解除料(いわゆる違約金)です。

auひかりホーム 契約解除料
ずっとギガ得プラン(3年契約) 15,000円
ギガ得プラン(2年契約) 9,500円
標準プラン(契約期間の約束なし) なし

ずっとギガ得プランはギガ得プランよりも契約解除料は高いので、

解約する際は特に更新月に気を付けなければなりません。

【解約時の契約解除料】

  • 契約解除料は、ずっとギガ得プランが15,000円、ギガ得プランが9,500円。

違い⑷:速度・初期費用は同じ

そのほか、速度や初期費用などの基本的なサービス内容については、

  • ずっとギガ得プラン
  • ギガ得プラン

に違いはありません。

初期費用は新規登録料が3,000円、工事費が37,500円です。

速度は、

  • ホーム1ギガなら1Gbps
  • ホーム5ギガなら5Gbps
  • ホーム10ギガなら10Gbps

となっています。

また、auひかりは使い放題のインターネット接続サービスなので、

携帯・スマホのような速度制限もありません。

【速度・初期費用】

  • ずっとギガ得プランとギガ得プランの速度・初期費用は同じ。

②工事費実質無料期間が長いのでずっとギガ得プランがおすすめ

  • ずっとギガ得プラン
  • ギガ得プラン

のどっちを選べばいいのか迷うかもしれませんが、

auひかりホームは工事費を60カ月間かけて割引く初期費用実質無料キャンペーンがあるので、

ずっとギガ得プランをおすすめします。

どういうことかというと、まずauひかりホームは初期工事費37,500円を625円×60カ月の分割払いで支払います。

そして、初期費用相当額割引キャンペーンにより、625円割引×60カ月となるため

合計37,500円の工事費は60カ月以上auひかりホームを使えば

実質無料となる仕組みになっています。

工事費 初期費用相当額
37,500円
(分割625円×60カ月)
37,500円割引
(ネット125円割引×60カ月、電話500円割引×60カ月)

※電話を契約しない場合はネット割引のみなので合計7,500円割引(125円割引×60)です。

もし60カ月未満でauひかりホームを解約してしまったとすると、

初期費用相当額割引も当然終了するため、

工事費残債が実費となってしまいます。

なので、auひかりホームは工事費を無料にするために

60カ月以上契約しなければならないというわけです。

では、最初から60カ月以上契約する前提でauひかりホームのプランを選ぶとした場合、どれを選べばよいかを考えてみます。

ギガ得プラン ずっとギガ得プラン
1回目の更新月 25カ月目、26カ月目 37カ月目、38カ月目
2回目の更新月 49カ月目、50カ月目 73カ月目、74カ月目
3回目の更新月 73カ月目、74カ月目 109カ月目、110カ月目

初期費用相当額割引を満額使いきるためには、

  • ギガ得プラン
  • ずっとギガ得プラン

のどちらにしろ60カ月(5年間)以上利用しなければなりません。

でも、5年目の更新月というのはないので、一番近い6年目の更新月で解約すればいいのですが、

  • ギガ得プランなら3回目の更新月
  • ずっとギガ得プランなら2回目の更新月

がちょうど良さそうです。

どちらもちょうど6年間(72カ月間)の利用ですが、ずっとギガ得プランのほうが月額料金は安いわけですから

総支払額はずっとギガ得プランのほうがお得です。

なので、auひかりホームは基本的に6年間使うと考えた場合、

2年での解約を見越したギガ得プランにするメリットがないわけです。

【工事費実質無料期間が長いのでずっとギガ得プランがおすすめ】

  • 工事費を60カ月間かけて割引く初期費用実質無料キャンペーンがあるので、ずっとギガ得プランがおすすめである。

③So-net・BIGLOBE・@niftyはずっとギガ得プランがキャッシュバック対象

ずっとギガ得プランのメリットに、

プロバイダキャッシュバックがもらえるという点もあります。

auひかりは、代理店NNコミュニケーションズ経由で申し込むとお得なのですが、

ずっとギガ得プランにしないとプロバイダキャッシュバックがもらえません。

NNコミュニケーションズ
auひかりホーム 代理店キャッシュバック プロバイダキャッシュバック(So-net/BIGLOBE/@nifty)
ずっとギガ得プラン ネット+電話27,000円
ネットのみ20,000円
25,000円
ギガ得プラン なし
標準プラン なし

ちなみに、NNコミュニケーションズ分のキャッシュバックの手続きはとても簡単で、

申し込み時に担当オペレーターに振込先口座番号を聞かれるため、

口頭で伝えるだけで手続き完了です。

なので、申請忘れなどによりもらい損ねるリスクはゼロです。

しかも、最短1カ月で振り込んでくれるスピードの早さも魅力的な代理店です。

それと、代理店キャッシュバックとプロバイダキャッシュバック共通で

有料オプションを契約しなくても上記金額を満額もらうことができます。

auひかりの代理店はたくさんあるのですが、

有料オプション無しで高額キャッシュバックが手に入る

NNコミュニケーションズは一二を争う優良代理店です。

【No. 1申し込み窓口 NNコミュニケーションズ】

auひかりNNコミュニケーションズ

<人気の理由>

  1. auひかりホームの撤去費用を全額負担してくれる
  2. 申し込み窓口の中でキャッシュバックが最高額
  3. 最短1ヶ月で100%キャッシュバックが貰える
  4. IPv6対応のWi-Fiルーターが無料で貰える
  5. 有料オプションに加入する必要なし
  6. KDDI本社から唯一9期連続受賞の優良代理店

auひかりキャンペーンサイト(NNC×BIGLOBE)

比較の達人
比較の達人

以下の記事で、NNコミュニケーションズに実際に申し込んだ流れ(体験談)を紹介しています!

比較の達人
比較の達人

NNコミュニケーションズをおすすめ窓口として推奨している理由(全窓口のキャンペーン比較)を以下の記事で解説しています!

比較の達人
比較の達人

auひかり(ネット)の料金・速度に関する評判は、以下の記事で解説しています!

 

ずっとギガ得プランまとめ

auひかりホームは、工事費が実質無料になるためには最低60カ月は契約しなければなりません

なので、月額料金の高い2年自動更新契約のギガ得プランをわざわざ契約するメリットはほとんどなく、月額料金が安い3年自動更新のずっとギガ得プランにしたほうがお得です。

ずっとギガ得プランであれば、

3年目以降は4,900円というとても安い金額でずっと利用できますし、

5ギガコースでも1ギガコースと同じ料金で利用ができます。

それに、キャッシュバックもずっとギガ得プランのほうが多くもらえるというメリットがあります。

これからauひかりホームを契約する方は、速度コースにかかわらず

3年自動更新のずっとギガ得プランを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました