光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

WiMAX機種「WX05」のスペックは最強?最新機種「W06」との比較から分かる真実

2019.04.17

WiMAX機種「WX05」のスペックは最強?最新機種「W06」との比較から分かる真実 はコメントを受け付けていません。

WiMAXの通信に使用する端末の中で、現在最も新しい2機種「WX05とW06」のスペックを比較しながら紹介していきます。

この記事を読むと

  • あなたに合ったWiMAX機種の選び方
  • 最もお得なWiMAXの契約先

が分かります。

WiMAXの契約前にぜひ目を通してくださいね。

 

①WiMAX機種WX05とW06の比較とスペックの解説

WiMAXのポータブルルーターは、端末番号が

  • WXから始まる⇒NEC製
  • Wから始まる⇒ファーウェイ製

の2メーカーのものが主ですが、両社の最新機種は

  • NEC製:WX05⇒2018年11月8日発売
  • ファーウェイ製:W06⇒2019年1月25日発売

で発売時期の違いは3か月です。

 

この2つの機種で、以下の6項目について詳しく比較していきます。

  • 通信速度
  • 繋がりやすさ
  • バッテリーの持ち
  • 同時に通信ができる端末数
  • 重量
  • 同封物とクレードルの有無

1.1通信速度の比較

まずはネット通信で一番気になる通信速度を比べてみましょう。

 

通信速度比較表

WX05

W06

ハイスピード

(WiMAX2+)

下り最大:

440Mbps

上り最大:

30Mbps

下り最大:

558Mbps

上り最大:

30Mbps

ハイスピードプラスエリア

(WiMAX2+、au 4G LTE)

下り最大:

440Mbps

上り最大:

75Mbps

下り最大:

1.2Gbps

上り最大:

75Mbps

 

WiMAXには2つの通信モードがあります。

  • 通常時⇒WiMAX+2(ハイスピード)
  • 緊急時⇒WiMAX+2・au 4G LTE(ハイスピードプラスエリア)

自分でこれらのモードを切替えて使うことが出来ます。

au 4G LTEが使えるハイスピードプラスエリアは、電波の繋がりやすさと通信速度でハイスピードより有利なモードです。

しかし月間の使用量が7GBまでに制限されるため、通常のハイスピードで通信が困難な時に緊急的に使うモードです。

 

WiMAX端末の通信速度は、ハイスピードモードで比較するのが基本です。

W06の通信速度のほうがスペック上は約100Mbps速いのですが、それほど大きい差ではないと言えます。

この数値はあくまで理論値なので、実際に出る通信速度はどちらもほぼ変わらないからです。

 

1.2繋がりやすさの比較

WiMAXは、電波が強く来ている場所で使えば通信速度が速くなります。

そのため機種ごとの理論値上の通信速度よりは、電波をうまくキャッチできる仕組みが備わっているかが重要です。

 

電波を繋がりやすくする仕組みとしては、それぞれ

  • WX05⇒WiMAXハイパワー
  • W06⇒高性能ハイモードアンテナ

があります。

この2つは別々の技術ですが、どちらもWiMAXの電波が弱いエリアで繋がりやすくするものです。

 

1.3バッテリーの持ち

WiMAXのポータブル端末は持ち歩いで使う事が多くなるので、充電せずにどれだけ長く使えるかは重要なポイントです。

 

バッテリー機能の比較
WX05 W06
電池容量 3,200mAh

(取り外し可能)

3,000mAh
連続待受時間 約700時間 約800時間
連続通信時間 【ハイスピード】

ハイパフォーマンスモード:

約8.1時間

ノーマルモード:

約11.5時間

エコモード :

約14時間

【ハイスピードプラスエリア】

ハイパフォーマンスモード:

約8時間

ノーマルモード :

約10.5時間

エコモード :

約13.3時間

【ハイスピード】

ハイパフォーマンス:

約7時間10分

スマート:

約9時間

バッテリーセーブ:

約11時間40分

【ハイスピードプラスエリア】

ハイパフォーマンス:

約5時間

ノーマル:

約6時間40分

バッテリーセーブ:

約10時間

 

WX05のほうが電池の容量が多く、取り外し可能なので電池交換も容易です。

 

W06は連続待受時間ではWX05に勝っていますが、この項目は別に重要ではありません。

待受状態で何時間も放置する事はないので、バッテリーで一番重要なのは連続の通信時間です。

  • ハイパフォーマンスモード:440Mbps
  • ノーマルモード:220Mbps
  • エコモード:110Mbps

の3つの電池モードがあり、通信速度が速いと電池の消耗が早くなります。

全てのモードにおいてW06よりWX05のほうが電池の持ちが長く、またWX05は全機種の中でバッテリーの継続時間が最も優れた機種です。

 

1.4同時ネット接続可能端末数

同時に何台の端末をWiMAXで繋げるかという数は

  • WX05:10台
  • W06:16台

6台の差がついてW06の圧勝です。

ただ、モバイルルーターは持ち運んで使う事が多いので、接続する端末は常時1台~2台となるでしょう。

自宅専用機として家で使う場合でも、10台接続が可能ならば十分な数と言えます。

 

1.5重量とサイズの比較

持ち運ぶことが多いポータブル端末は、重量とサイズも気になる部分です。

重量とサイズの比較表
重量 WX05:約128g

W06:約125g

サイズ WX05:約111×62×13.3mm

W06:約128×64×11.9mm

 

WX05のほうが3g重いだけなので、重量はほとんど変わりませんが、サイズはWX05のほうがコンパクトです。

 

1.5同封物とクレードルの有無

意外と見落としがちな点は、充電などに使うUSBケーブルが入っているかどうかという同封物のチェックです。

WX05を含め今までの機種には必ずUSBケーブルが同封されていたのですが、最新機種のW06では同封されていないので別途購入が必要です。

 

WiMAXの端末をセットして充電をする別売りの付属品をクレードルと呼びます。

NEC製WX05のクレードルは、充電台としての機能に加え拡張アンテナが搭載されています。

そのため、クレードルに設置しておいた方が通信速度は上がる可能性が高まります。

また、クレードルにはLANポートが搭載されているため、LANケーブルを使って有線で端末を接続する事ができます。

 

ファーウェイ製の過去の商品「W05やW04」には専用のクレードルがありましたが、最新機種のW06にはありません

ファーウェイ製機種のクレードルには拡張アンテナの搭載はなく充電の機能しかないため、使用するメリットあまりないので作られなくなったのでしょう。

 

③WX05は最新機種W06よりスペックは良いの?

WX05はW06のスペックを詳しく比べたので、そこから分かるWX05のメリットとデメリットをまとめておきます。

 

ちなみに、WiMAXのルーターには

  • 持ち運びが可能なモバイルルーター⇒WX05やW06など
  • 自宅専用機のホームルーター⇒HOME L02など

がありますが、今回取上げている機種(WX05)がモバイルルーターなので、その他のモバイルルーターとの比較になっています。

 

2.1 WX05のメリット⑴バッテリーの持ちが良い

今までに発売されたWiMAXのポータブルルーターでバッテリーの持ち時間を比べてみましょう。

 

バッテリーの持ち(長い順)

1位:WX05 ノーマル:11.5時間

エコ:14時間

2位:WX04 ノーマル:11.5時間

エコ:13.8時間

3位:WX03 ノーマル:10時間

エコ:12.3時間

4位:W06 ノーマル:9時間

エコ:11.7時間

5位:W05 ノーマル:9時間

エコ:10.5時間

※2016年12月以降発売の機種で比較

 

WX05は過去の機種のどれよりもバッテリーの持ちが良いことが分かります。

モバイルルーターは外で持ち運んで使う機会が多いので、バッテリーがすぐに切れたら困りますよね。

バッテリーの持ち時間が長いのはWX05の大きなメリットです。

 

2.2 WX05のメリット⑵通信速度が速い

WX05のスペック上の通信速度は下りが最大440Mbpsなので、過去に発売されたNEC製のWX04やWX03と変わりません。

しかし、3つの機能によって繋がりやすくなっているので、結果的に実効速度は従来機種よりもアップしています。

  • WiMAXハイパワー
  • TXビームフォーミング
  • クレードルに搭載のWウイングアンテナ

WiMAXハイパワーとTXビームフォーミングだけではまだW06の通信速度にかなわないかもしれません。

しかし、さらにクレードル併用して使うとW06よりも実効速度が速くなる可能性があります。

 

2.3 WX05にはデメリットはない?

次にWX05のデメリットについてですが、実はこれといったデメリットがWX05にはありません

 

W06と違って、USBケーブルも同封されてくるし、別売りクレードルも用意してあります。

また、通信モード自動切り替え機能がW06に付いてありますが、同じくWX05にも付いています。

 

なので、WX05は今のところ特にデメリットが無く、モバイルルーターの中では最強のスペックかと思われます。

 

③WX05を使っている人の評判・口コミを見てみよう!

ツイッター上で見つけた、WiMAXのWX05を使っている人の評判・口コミを紹介します。

 

3.1 良い口コミ・評判

始めにWX05の良い口コミから紹介します。

 

上記の口コミは深夜に速度測定したものですが、それでも82Mbpsも出るのはかなり速いと言えます。

 

 

電池の持ちについての評判も良好なようです。

 

3.2 悪い口コミ・評判

次に悪い口コミも紹介しましょう。

WX05は電池の容量が大きいからか、充電に時間がかかるという口コミが上がっています。

 

ただ、WX05は急速充電に対応しています。

充電時間が気になる方は、Quick ChargeTM3.0対応ACアダプタで充電すれば1時間もかからず充電が終了します。

 

通信速度に関しては、W06のほうが優れているという評判も上がっています。

 

④あなたにおすすめの機種はこれだ

 

4.1 通信速度を重視する方には?

WX05も通信速度が遅いわけではないのですが、最新機種W06のほうが優れています。

最新機種のW06は、

 

4.2 バッテリーの持ちを重視する方にはWX05の機種がおすすめ

WX05の一番のメリットがバッテリーの持ちのよさです。

ただ、一日中外で使うような人でなければWX05もW06もそれほど差は気にならないでしょう。

 

4.3 ファーウェイ製が不安な方は?

Wから始まる機種はW06はファーウェイ製で、WXから始まる機種のWX05がNEC製です。

 

ファーウェイと言えば、少し前に

「政府がファーウェイ製品を分解したところ、ハードウェアに余計なものが見つかった」

という不信感の募る報道がありました。

 

現在も普通に販売されているところを見ると問題はないようですが、不安な方はNEC製のWX05が安心です。

 

⑤WX05を契約するならどの窓口?

WX05を契約したい場合は、GMOとくとくBB WiMAXが一番おすすめです。

 

5.1キャンペーンが豪華

WiMAXはもともとUQコミュニケーションズのサービスですが、GMOとくとくBBのようなプロバイダを経由して申し込むとお得になります。

WiMAXは全てUQコミュニケーションズがサービスの提供元なので、どのプロバイダも契約をしても通信速度は全く一緒です。

そのため、WiMAXはキャンペーンなどの内容で申し込み先を選んで大丈夫なんです。

 

GMOとくとくBBは、基本料金がUQコミュニケーションズより安くなっていることに加え、キャッシュバックも貰えるのでお得です。

 

GMOとくとくBBのWiMAXのキャンペーン情報
月額料金 1~2カ月目:3,609円

3カ月目以降:4,263円

キャッシュバック 32,050円

 

5.2 WiMAXで一番安い

3年間の利用料金は、数あるプロバイダの中でGMOとくとくBBが一番安くなっています

それは、先に説明したキャッシュバックと安い月額料金のおかげです。

 

WiMAXプロバイダ(安い順)

1位:GMOとくとくBB WiMAX 125,423円
2位:@nifty 132,490円
3位:Broad WiMAX 136,187円
4位:So-net WiMAX 137,699円
5位:BIGLOBE WiMAX 136,187円
6位:UQ WiMAX 155,060円

 

このように、GMOとくとくBB WiMAXが一番安くてお得になります。

 

5.3 auスマートバリューmine対応

GMOとくとくBB WiMAX契約者がauのスマホユーザーの場合、セット割引きのauスマートバリューmineが適用されます。

auスマートバリューmineは、auスマホの利用料金から最大1,000円値引きされるお得な割引きサービスです。

 

しかし、一部のプロバイダは

  • auスマートバリューmineに未対応⇒DTI WiMAXやカシモWiMAXなど
  • auスマートバリューmineを適用させると割引が効かなくなる⇒Broad WiMAX

auスマホとセット割に完全に対応しているわけではないので、条件をしっかり確認する必要があります。

 

それに対し、GMOとくとくBBではauスマートバリューmineを適用させても、その他割引きと併用が可能なので安心して申し込みが出来ます。

GMOとくとくBB WiMAXのお得なキャンペーンの詳細と申込みは以下のキャンペーン専用サイトをチェックしてくださいね。

GMOとくとくBB WiMAXキャンペーンサイト

 

GMOとくとくBBについては、以下の記事にまとまっています。

GMOとくとくBB WiMAXの評判!キャッシュバック手続きに注意せよ!

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら