光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

WiMAXのW03は機種変更するべし!最新機種とスペックを徹底比較

2019.04.12

WiMAXのW03は機種変更するべし!最新機種とスペックを徹底比較 はコメントを受け付けていません。

WiMAXで通信に使用するルーターは携帯電話ほどの種類はありませんが、いくつかの機種から選ぶことができます。

現在WiMAXの機種は主に

  • NEC製
  • ファーウェイ製

があります。

WiMAXの機種の中でW03を取上げてスペックを解説します。

これからWiMAXを契約する方や、お使いの機種を変更したい方に必見の内容になっています。

 

①WiMAX機種W03のスペック全まとめ

W03のスペックを表にまとめました。

 

W03スペック一覧表
発売日 2016年6月4日
メーカー ファーウェイ
通信速度 【ハイスピード】

下り最大:

220Mbps

上り最大:

15Mbps

【ハイスピードプラスエリア】

下り最大:

370Mbps

上り最大:

25Mbps

同時接続台数 10台
重量 約127g
サイズ 約120×62×11.4mm
電池容量 3,000mAh
連続待受時間 約1,040時間
連続通信時間 【ハイスピード】

ハイパフォーマンス:

約9時間

ノーマル:

約10時間10分

バッテリーセーブ:

約12時間10分

【ハイスピードプラスエリア】

ハイパフォーマンス:

約5時間50分

ノーマル:

約7時間10分

バッテリーセーブ:

約11時間20分

インターフェイス USB2.0 MicroB
同封物 microUSBケーブル

 

1.1 W03の通信速度

W03の通信速度から詳しく見ていきましょう。

 

W03の通信速度
【ハイスピードプラス】 下り最大:220Mbps

上り最大:15Mbps

【ハイスピードプラスエリア】 下り最大:370Mbps

上り最大:25Mbps

 

W03以前に販売された機種の最大速度は、下りで220Mbpsが限界でした。

W03では

  • WiMAX2+:2.4GHz帯/5GHz帯
  • au 4G LTE:800MHz帯(プラチナバンド)

異なる周波数帯の電波を束ねて使うことが出来る「キャリアアグリゲージョン」という技術で、下りの速度が最大370Mbpsになりました

この通信速度は当時としてはかなり評判が良かったようです。

 

1.2バッテリーの持ち

 

W03 バッテリー情報
電池容量 3,000mAh
連続待受時間 約1,040時間
連続通信時間 【ハイスピード】

ハイパフォーマンス:約9時間

ノーマル:約10時間10分

バッテリーセーブ:約12時間10分

【ハイスピードプラスエリア】

ハイパフォーマンス:約5時間50分

ノーマル:約7時間10分

バッテリーセーブ:約11時間20分

 

電池の容量が大きく、連続待ち受け時間と連続通信時間もかなり長くなっています。

 

W03の電池スペックは、最新機種のモバイルルーターと比較しても劣りません

同じファーウェイ製であれば、W03以降に発売された機種でバッテリーの稼働時間がW03を上回る機種はまだありません。

 

1.3同時接続台数

W03で同時にインタネットに接続できる端末の台数は、10台です。

 

モバイルルーターで、

  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
  • ゲーム機

等の機器を10台も繋げれば、家族が複数人いても十分でしょう。

 

1.4 W03の重量

W03の重量やサイズは、他の機種と比べても平均的です。

 

W03の重量とサイズ
重量 約127g
サイズ 約120×62×11.4mm

 

②W03と最新機種(W06)のスペック差は?

W03は2016年に発売された機種ですが、まだ使っている人も多いでしょう。

 

WiMAXでは続々と新機種が登場しているので、最近の機種とW03のスペック差がどのくらいあるのか比較します。

 

WiMAXにはW03のような外に持ち運んで使えるモバイルルーター以外に、自宅据え置きタイプのホームルーター(HOME L02など)もあります。

 

今回は、W03がモバイルルーターなので、モバイルルーターの最新機種である「W06」と比べています。

 

2.1 W03の優れている点

W03と最新機種のW06を比較した時に、W03の方が優れている点はバッテリーの持ち時間です。

 

W03とW06のバッテリー比較表
電池容量 W03:3,000mAh

W06:3,000mAh

連続待受時間 W03:約1,040時間

W06:約800時間

連続通信時間

【ハイスピードプラス】

W03:約9時間

W06:約7時間10分

連続通信時間

【ハイスピードプラスエリア】

W03:約5時間50分

W06:約5時間

※連続通信時間はハイパフォーマンスモードで比較

W03とW06の電池容量は同じですが連続通信時間で見ると、W03のほうがバッテリーの持ちが1時間以上長くなっています。

最新機種のW06は、パワーが強くバッテリーの消耗が激しいことを表しています。

 

ただし、発売当初からW03を使っている場合は、スペック表ほどのバッテリーの持ちはもう期待できません。

バッテリーは使っていると劣化してくるので、数年で劣化を実感し始めます。

 

ポータブルルーターは外出先で使うことが多くなるので、バッテリーの持ちは重要なポイントです。

 

2.2 W03の劣る点

W03とW06を比較した時に、W03の方が劣る点は通信速度です。

 

W03とW06の最高速度比較表
W03 【ハイスピード】

下り最大:220Mbps

上り最大:15Mbps

【ハイスピードプラスエリア】

下り最大:370Mbps

上り最大:25Mbps

W06 【ハイスピード】

下り最大:558Mbps

上り最大:30Mbps

【ハイスピードプラスエリア】

下り最大:1.2Gbps

上り最大:75Mbps

 

WiMAXで使用する電波は

  • WiMAX
  • WiMAX2+(ハイスピードモード)
  • au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)

3つあり、au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)は自分でモードを切り替えて使います。

 

W03の下り最大220Mbpsは発売された当時は速いと評判でしたが、最新のW06と比べてしまうと遅いと言わざるを得ません。

 

最新機種のW06は

  • ハイスピード⇒558Mbps
  • ハイスピードプラスエリア⇒1.2Gbps

まで出せるようになりました。

W03と比べると2倍以上の差が出ています。

 

また通信の安定性を向上させる機能もW06には追加されたので、WiMAXの電波が入り場所でも比較的快適に使えるように改善しています。

 

通信を安定させる機能

W03

W06

特に無し 高性能ハイモードアンテナ

TXビームフォーミング

 

それに対しW03はそのような機能は特に無いため、建物内は特に繋がりずらく速度が遅い場合があります。

③W03を使っている人の評判・口コミを見てみよう!

実際にW03を使っている人の口コミ評判をツイッターで見つけました。

 

3.1 良い口コミ・評判

 

 

スペック通り、実際にバッテリーの持ちが非常に良いみたいです。

W03の通信速度が旧機種よりも向上したという口コミは、これらの他にも多く見つかりました。

 

ただ口コミが古いので当時としては優秀だったと取れます、最新機種であればもっと凄いはずです。

 

3.2 悪い口コミ・評判

次にW03のあまり良くない口コミです。

 

この口コミ投稿者はW03の通信速度が遅かったと報告していて、家の中では窓際以外は圏外だったようです。

 

W03より新しい機種の

  • WX05にはWiMAXハイパワー
  • W06には高性能ハイモードアンテナ

があるので家の中でも繋がり具合は良くなっているはずです。

 

④「W03」を契約させる業者に騙されないで

W03は、3年ほど前に販売された機種なので、これからWiMAXを契約する方が選ぶルーターではありません

ほぼすべてのスペックで、最新機種のほうが優れているからです。

 

Webで申し込めば、最新機種であっても無料で購入できるWiMAXプロバイダは多くあります。

しかし電話営業や家電量販店の業者の中には、高額のキャッシュバックでお得に見せておいて、契約できる機種はW03のみとしている場合があります。

このようなトリックで、古い機種を契約させる業者はおすすめできません。

 

もし、このような形で旧機種を契約してしまった方は「初期契約解約制度」を利用しましょう。

契約から8日以内であれば、違約金不要でキャンセルができます。

解約後、新たなプロバイダでより新しい機種のルーターを選んで契約し直しましょう。

 

⑤あなたにおすすめの機種はこれだ

では実際にWiMAXのルーターを利用者ごとのニーズに合わせて選ぶ方法を紹介します。

 

5.1 通信速度を重視する方にはW06の機種がおすすめ

最新機種のW06は、WiMAXルーターで初のギガビット超えの通信速度になっています。

 

ギガビットで通信をするには2つ条件があり、

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • USB3.0ケーブルでUSB3.0対応のパソコンに繋ぐ

必要があります。

 

Wi-Fiでの無線通信だと867Mbpsが限界ですが、それでもW06以前のモバイルルーターよりダントツで早くなっています。

 

しかもWiMAXの電波がキャッチしやすくなる機能の高性能ハイモードアンテナや、Wi-Fiの繋がりを良くするTXビームフォーミングと、通信速度を確実に向上させる技術が詰まっています。

 

インターネット回線は速ければ速いほど快適に利用できるので、全機種中で一番速度が速いW06をおすすめします。

 

5.2 バッテリーの持ちを重視する方にはWX05の機種がおすすめ

最新機種のW06もバッテリーの持ちが悪いわけではありませんが、より良いのがNEC製のWX05です。

WiMAXはポータブルルーターを選ぶ方が多いので、外で使うケースが多くなります。

 

外出時にバッテリーの残量を心配したくない方はWX05にしましょう。

 

⑥WiMAXで機種変更するには?

現在W03を利用中の方がW06やWX05へ機種変更する一番お得な方法を紹介します。

  1. 契約中のWiMAXをいったん解約
  2. 再度新規でGMOとくとくBB WiMAXへ申し込む

このようにすれば無料で新しい機種が手に入り、料金が今までより安くなる可能性があります。

 

なぜGMOとくとくBB WiMAXが良いのかは、事項で解説します。

 

6.1 キャンペーンが豪華

GMOとくとくBB WiMAXをおすすめする一番の理由は、キャンペーンが豪華だからです。

 

GMOとくとくBB WiMAXキャンペーン内容
月額料金 1~2カ月目:3,609円

3カ月目以降:4,263円

キャッシュバック 32,050円
端末代金 無料

 

1・2か月目の月額料金に割引が受けられ、さらに高額のキャッシュバックも貰えます。

最新機種のW06やWX05を0円で購入することができるのも魅力です。

 

6.2 3年間の総支払額が最も安い

WiMAXを取扱うプロバイダはたくさんありますが、GMOとくとくBBが3年間の総支払額が最も安いプロバイダです。

 

それは先ほど紹介した

  • 月額料金の割引き
  • キャッシュバック

があるためです。

 

ほとんどのプロバイダのWiMAXは3年契約が基本なので、3年間の総支払額を比較した表がこちらです。

 

3年間の総支払額(安い順)

1位:GMOとくとくBB WiMAX 125,423円
2位:@nifty WiMAX 132,490円
3位:Broad WiMAX 136,187円
4位:So-net WiMAX 137,699円
5位:BIGLOBE WiMAX 136,187円
6位:UQ WiMAX 155,060円

 

大手のプロバイダで比較した結果、GMOとくとくBB WiMAXが一番安く、UQ WiMAXが最も高くなっています。

 

6.3 auスマートバリューmineがお得

GMOとくとくBB WiMAXの契約者がauのスマホユーザーの場合は、セット割のauスマートバリューmineを受けることが出来るのでさらにお得です。

auスマホの料金が、毎月最大1,000円も値引かれます。

 

しかしauスマートバリューmineは、どのWiMAXプロバイダでも同様に適用できるわけではありません。

  • 割引きなし⇒DTI WiMAXやカシモWiMAXなど
  • 割引き適用で月額料金が上がる⇒Broad WiMAX

こちらでおすすめするGMOとくとくBB WiMAXならば、

  • auスマートバリューmine適用可能
  • 月額料金は変わらない

ため大変お得です。

 

GMOとくとくBB WiMAXはとっても良い条件で新機種などを契約できるので、ぜひキャンペーンサイトで内容を確認してくださいね。

GMOとくとくBB WiMAX キャンペーンサイト

 

より詳しいGMOとくとくBB WiMAXの情報は以下の記事にまとまっていますので、こちらも参考にしてください。

GMOとくとくBB WiMAXの評判!キャッシュバック手続きに注意せよ!

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら