光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

【WiMAX vs ポケットWiFi】あなたに合うのはどっち?徹底比較した結果を発表します!

2019.01.11

【WiMAX vs ポケットWiFi】あなたに合うのはどっち?徹底比較した結果を発表します! はコメントを受け付けていません。

インターネットをしようと考えた場合、すぐに頭に浮かぶのは固定ネット回線ですよね。

固定ネット回線は安定した高速通信がメリットですが、回線の引き込み工事が必要で装置を取り付けた宅内でしか利用する事はできません。

外出先でもインターネットを楽しみたい方や引っ越しが多い方には、モバイルルーターを使い無線でネット通信をするサービスがおすすめです。

 

今回は、モバイルルーターのサービスで有名な「WiMAX」と「ポケットWiFi」を比べてみました。

 

①WiMAXとポケットWiFiは何が違うの?

WiMAXとポケットWiFiは、どちらも携帯可能な小型ルーターでインターネット接続ができるサービスです。

 

小型ルーターにはWi-Fi機能が搭載されていて、スマホやパソコン等の複数台の端末を同時に無線LANで接続が可能です。

また、利用するルーターは通信基地局と無線で通信をするので、光回線のように使用場所が固定されることはありません。

 

モバイルルーターとは
WiMAXやポケットWiFiで使う携帯型の小型ルーターのこと

Wi-Fiで端末と無線LAN接続、通信基地局と電波で繋がっており、外で持ち運んで使える

 

では、次項からはWiMAXとポケットWiFiについて詳しく紹介していきます。

 

1.1WiMAXはUQコミュニケーションズのサービス

WiMAXはUQコミュニケーションズがサービスを提供しているネット通信サービスです。

WiMAXは提供元のUQコミュニケーションズのみでなく「BIGLOBE・@nifty・So-net・GMOとくとくBB」などの大手プロバイダからも契約が可能です。

 

WiMAXは「WiMAX2+」という独自の電波を主に使用し通信を行いますが、auスマホと同じ「au 4G LTE」の通信ネットワークも使用できます。

auのLTEネットワークが使えるのは、UQコミュニケーションズがKDDIのグループ企業だからです。

 

WiMAX→独自のWiMAX2+とau 4G LTEを使った通信サービス

 

1.2ポケットWiFiはソフトバンクのサービス

ポケットWiFiはソフトバンクが「Pocket WiFi」で商標登録した、ソフトバンクのLTEを使ったワイモバイル提供のサービスです。

 

ただし、ドコモが提供しているモバイルルーターのサービスや、ワイモバイルと同じソフトバンクのLTEを使ったネクストモバイルなど、各携帯キャリアが提供する同様のモバイルルーターもポケットWiFiと呼ぶことがあります。

 

ポケットWiFi→各キャリアのLTEネットワークを使った通信サービス

 

②各サービスの比較

では、ここからはWiMAXとポケットWiFiの各種サービスなどを比較していきます。

 

2.1通信可能エリアの比較

通信可能エリアは、WiMAXよりもポケットWiFiのほうが広めです。

ポケットWiFiは携帯キャリアのLTE通信網を使っているので携帯と同じエリアで使えるからです。

 

WiMAXの通信可能エリアは、下記サービスエリアマップで簡単に調べることができます。

WiMAXサービスエリアマップ

 

ポケットWiFiは、ソフトバンク回線を使うもの場合はソフトバンクのサイトで調べます。

ソフトバンクサービスエリアマップ

 

マップ上に色がついてある場所が電波の届く範囲ですが、どちらの範囲が広いかは離島や山間部に注目すると分かりやすいです。

WiMAXの場合は離島には色が付いておらずエリア外になっているケースが多い半面、ポケットWiFiのエリアは離島にも色が付いているので、しっかりカバーされているのが分かります。

【離島での電波状況比較画像】※左:WiMAX 右:ポケットWiFi

 

山間部も比べてみましょう。

比較画像を見て分かるように、WiMAXよりもポケットWiFiイのほうが圧倒的に広いカバー範囲になっていることが分かります。

【山間部での電波状況比較画像】※左:WiMAX 右:ポケットWiFi

 

どちらのサービスでも住んでいる地域で使えないと意味がないので、契約をする前にこれらのページで自宅付近やよく行く場所が対応エリアかどうか確認しましょう。

 

2.2プランの比較

WiMAXもポケットWiFiも契約するプランによって月に使える「通信量と月額料金」が違います。

 

【WiMAX(GMOとくとくBB)】

WiMAXは、月間データ通信量の定めがない「ギガ放題」と月間7GBまでが上限の「通常プラン」とに分かれます。

料金はギガ放題のほうが通常プランより若干高いですが、7GBではすぐに利用可能なデータ容量に達してしまうのでギガ放題が断然おすすめです。

 

WiMAX各プランの料金など(GMOとくとくBBの場合)
基本料金 【ギガ放題(無制限)】

初月3,609円の日割り

1~2カ月目:3,609円

3カ月目以降:4,263円

【通常プラン(7GB)】

3,609円

初期費用(事務手数料) 3,000円
更新月 37カ月目
キャッシュバック 最大40,500円
3年間の支払総額(初月日割り分は除く) ギガ放題(無制限):118,923円

通常プラン(7GB):96,033円

2年間の支払総額(初月日割り分は除く、違約金9,500円支払い解約した場合) ギガ放題(無制限):74,267円

通常プラン(7GB):62,225円

 

GMOとくとくBBでWiMAXを契約した場合は3年契約しかありませんが、2年契約のポケットWiFiと比較するために25カ月目で解約して違約金9,500円支払った場合の総支払額も算出しています。

 

【ポケットWiFi(ネクストモバイル)】

ポケットWiFiのネクストモバイルは、「20GB・30GB・50GB」の3つのプランから選べます

 

ポケットWiFi(ネクストモバイル)の月間データ通信量と料金
20GB 初月2,760円の日割り

1~24カ月目:2,760円

25カ月目以降:3,695円

30GB 初月3,490円の日割り

1~24カ月目:3,490円

25カ月目以降:3,695円

50GB 初月3,490円の日割り

1~12カ月目:3,490円

13~24カ月目:4,880円

25カ月目以降:5,815円

初期費用(事務手数料) 3,000円
更新月 25カ月目
キャッシュバック なし
2年間の支払総額(初月日割り分は除く) 20GB:72,935円

30GB:90,455円

50GB:109,255円

 

ポケットWiFi(ネクストモバイル)を2年間使った場合の総支払額は、WiMAXと比べると少し高いことが分かります。

 

2.3利用プランごとのお得な契約先

利用したいデータ通信量と料金プランを比べた結果、WiMAXとポケットWiFiは以下のように選ぶと必要な容量で一番安く使えます

  • データ通信量月間7GB未満・・・WiMAX通常プラン
  • データ通信量月間7GB~20GB・・・ネクストモバイル20GB
  • データ通信量20GB~30GB・・・WiMAXギガ放題
  • データ通信量30GB超・・・WiMAXギガ放題

2.4 通信制限について

次に各サービスのプランごとに設けられた通信制限について紹介します。

 

WiMAXは「ギガ放題が無制限」「通常プランが月間7GBまで」データ通信ができるプランです。

「通常プラン」でデータ使用が7GBを超えるとその月の末日まで128Kbpsに速度制限されますが、128Kbpsとは「テキストだけのメールやLINEぐらいは使える」が「ホームページの閲覧は時間がかかる」という速度ですので、動画はまず視聴不可能になります。

 

「ギガ放題」は月間データ通信量は無制限ですが、3日で10GBまでという利用制限があります。

これは回線の混雑回避のためのルールで「翌日18時から翌々日2時ごろまでに概ね1Mbpsに速度制限」されるとなっていますが、実質は4~7Mbpほどは出るという口コミも多く、制限が解かれる時間も多少前後するようです。

 

ギガ放題で速度制限がかかってしまった場合でも、4~7Mbps程度出ていればホームページ閲覧や通常画質の動画視聴には問題ないので、あまり気にする必要はないでしょう。

 

ポケットWiFiのネクストモバイルは「3日で10GB」といった短期間の利用制限はありませんので、一度のダウンロードが10GBを超えるデータでも、契約データ通信量を超えなければ制限はかかりません。

 

プランごとの月間データ通信量を超えた場合は、WiMAXの通常プランで7GBを超えた場合と同じく月末まで128Kbpsに速度制限されます。

速度制限はスマホと同じと考えるとイメージしやすいですが、スマホとの違いはデータが不足しても追加購入ができないという点です。

 

2.5通信速度の比較

WiMAXとネクストモバイルの通信速度を比較しました。

 

WiMAXとネクストモバイルの通信速度比較表
WiMAX(WX05) ネクストモバイル(FS030W)
下り最大:440Mbps

上り最大:30Mbps

下り最大:150Mbps

上り最大:50Mbps

 

上記の比較表の数値だけを見れば、WiMAXのほうが通信速度が速いことが分かります。

しかし、あくまでこれは最大理論値なので、実際にこの数値の速度が出ることはまずありません。

 

2.6使用する電波とその特徴

WiMAXは独自の「WiMAX2+」に加えてauスマホと同じ「au 4G LTE」ネットワークが使えます、LTEとWiMAX2+電波の性質上の違いについても注目しましょう。

 

各電波の周波数帯
WiMAX2+ 2.5GHz(周波数が高い)
au 4G LTE 800MHz(周波数が低い)
ソフトバンクLTE 700MHz(周波数が低い)

 

このようにLTEとWiMAX2+は電波の周波数帯が違うのですが、周波数が高くなると直進性が高くなり、電波を曲げることが苦手という特徴があります。

電波が曲がらないとうことは、障害物があったとき迂回ができず電波が遮断されてしまうという事です。

 

また、高い周波数帯はコンクリートなどの障害物を透過しづらいという性質もあるので、建物の中に届きにくくなるというわけです。

この3つで1番周波数帯が高いのはWiMAX2+です、つまり建物内で使うには一番不利な周波数帯ということになります。

 

ただしWiMAX2+使用時に建物内などで電波が届きづらい場合は「au 4G LTE」ハイスピードエリアモードへ切り替えができるようになっています。

 

2.7 WiMAXのハイスピードエリアモードには注意が必要

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは、高周波のWiMAX2+電波が届きづらい場合に代用できる「au 4G LTE」のネットワークですが、有料オプションになっているため使用時は注意が必要です。

 

事前契約は不要で、モバイルルーターの設定でハイスピードプラスエリアモードへ切り替えるとオプションに加入したと判断され「1,005円/月」がかかります。

ただし「3年契約のプラン」もしくはauスマホとのセット割ン「auスマートバリューmine」を適用させている場合はこのオプション代金は無料になります。

 

ハイスピードエリアモードを使う際のもう一つの注意点は、データ通信量が月間7GBまでと決まっていることです。

これはギガ放題で契約をしている場合にも当てはまります、ハイスピードエリアモードに切り替えてデータ量が月間7GBを超えてしまった場合、元のWiMAX2+に戻しても月末まで128Kbpsに速度制限されてしまいます。

 

その点ポケットWiFiは建物内でも電波が入りやすいLTEネットワークだけを使うので、電波の繋がりやすさを重視する方はポケットWiFiの方がおすすめです。

 

③モバイルルーターの上手な選び方

どちらのモバイルルーターが、あなたにピッタリのサービスなのかがすぐにわかるようにまとめました。

 

3.1 WiMAXはこんな人におすすめ

WiMAXは人口が少ない山間部などは電波が入らないことがあるため、都会など人口の多い場所に住んでいる人におすすめです。

電波が入る場所であれば高速でインターネットが利用できるからです。

 

また、月間のデータ通信量を気にせずに使いたいという方もWiMAXのギガ放題をおすすめです。

GMOとくとくBBで申し込めば高額キャッシュバックも貰えるので、ポケットWiFiの大容量プランよりずっとリーズナブルに使うことが可能です。

 

GMOとくとくBBでWiMAXを申込むには以下のキャンペーンサイトが便利です。

GMOとくとくBB キャンペーンサイト

 

3.2 ポケットWiFiはこんな人におすすめ

壁の厚い家・高層ビル・住宅過疎地にお住いの方には、ソフトバンクの広いエリアに対応したポケットWiFiをおすすめします。

なぜならポケットWiFiは、通信速度ではWiMAXに及びませんが繋がりの良さに関しては優れているので安定したネット通信ができるからです。

 

また、ネクストモバイルは3日で10GBといった短期間の速度制限はないので、1回で10GBを超えるような大容量のデータをダウンロードする機会がある方は、こちらをおすおすすめします。

 

ポケットWiFi(ネクストモバイル)の申し込み方法は以下のリンクからご確認ください。

ポケットWiFi(ネクストモバイル)キャンペーンサイト

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら