光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

WiMAXの解約時に必ず確認!|解約方法と解約時の注意点まとめ

2018.12.07

WiMAXの解約時に必ず確認!|解約方法と解約時の注意点まとめ はコメントを受け付けていません。

WiMAXは、持ち運び可能な小型な端末を通してインターネット通信ができるサービスです。

 

WiMAXのサービスを提供している大元はUQmobieですが、その他にも以下のプロバイダなどで取り扱いがあります。

・BIGLOBE・So‐net・GMOとくとくBB・Broa・DTI 等多数

 

どの会社を通してWiMAXを契約しても、通信速度やサービス提供範囲は変わりませんが、基本料金やプラン内容が多少異なります。

 

どのWiMAXで契約をしようかまだ決めかねている方や、すでにWiMAXを利用中で不満がある方へ、WiMAXの契約に関する様々な内容をシリーズで紹介しています。

この記事は、「WiMAXの解約」に関してまとめてありますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

①WiWAXを解約するときの注意点

WiMAXを解約する際の注意点を4つ紹介します。

 

1.1解約違約金

どのWiMAX取り扱い先プロバイダでも契約の最初に期間を定めますが、主に2年契約のプランと3年契約のプランが一般的です。

そして、どの期間のプランでも「更新月」以外に解約した場合に解約違約金が請求されます。

 

更新月の考え方はプロバイダによって「契約期間満了月を更新月とする」か「契約期間満了月の翌月を更新月とする」といった様に異なるので一概には言えませんが、平均的なWiMAXの違約金と更新月の一例を表にしたので目安として下さい。

 

<2年契約>

2年契約時の解約違約金の例
0カ月目~12カ月目 19,000円
13カ月目~24カ月目 14,000円
25カ月目(更新月) 0円
26~48カ月目 9,500円
49カ月目(更新月) 0円

※契約月を1か月目とし、更新月が24カ月目・48カ月目…になるプロバイダも有

 

<3年契約>

3年契約時の解約違約金例
0カ月目~12カ月目 19,000円
13カ月目~24カ月目 14,000円
25カ月目~36カ月目 9,500円
37カ月目(更新月) 0円
38カ月目~72カ月目 9,500円
73カ月目(更新月) 0円

※契約月を1か月目とし更新月が36カ月目・72カ月目…になるプロバイダも有

 

1.2キャンペーン違約金とは?

上記の解約にかかる違約金とは別に、早期で解約した場合に「キャンペーン違約金」を設けているプロバイダもあるので注意が必要です。

キャンペーン違約金がかかるケースは、入会時の特典として高額なキャッシュバックを行っているプロバイダで早期に解約した場合です。

 

キャンペーンに対する違約金が定められている理由は「キャッシュバックを手に入れる事」が目的で契約する人を防ぎ、ユーザーに長期間の契約を促すためです。

 

また、WiMAXはどのプロバイダもたいていWiMAX端末が無料になっているので、契約してすぐに解約されてしまうとWiMAX事業者にとって大損です。

そのため、契約期間を設けユーザーに最低2年間は使ってもらう事で端末やキャンペーンの元が取れるという仕組みです。

 

1.3更新月の確認方法

更新月とは無料で解約ができる月の事で、2年プランなら2年ごと、3年プランなら3年ごとに訪れます。

無料で解約できるのは更新月の1カ月間しかないので、そのタイミングでうまく解約をしないと無駄な費用がかかってしまします。

 

多くのプロバイダでは、WiMAX端末が発送された月が0カ月目、その翌日を1カ月目として数えるので、2年契約なら25カ月目、3年契約なら37カ月目が1回目の更新月になります。

しかし先ほど契約期間のところでお伝えした通り、契約月を1か月目とするプロバイダもあるので、自分の契約した月から計算をしても更新月が間違っている可能性があります。

 

更新月をきちんと把握するための一番良い方法は、WiMAXを契約したプロバイダの公式ホームページで「会員専用ページ」にログインし自分の契約内容を確認することです。

会員専用ページはプロバイダごとに設けられており、契約したプロバイダのサイトから契約時に取得した「ログインIDとログインパスワード」を使ってアクセスします。

 

会員専用ページ内では契約期間の確認のほかにも「プラン変更・オプションの契約/解除・WiMAXの解約」など契約にかかわる様々な手続きができます。

 

プロバイダのコールセンターへ電話で問い合わせても契約期間の確認や様々な手続きは可能ですが、基本的にコールセンターは電話が混雑していて繋がりにくく、土日祝日や夜はやっていないケースが多いので、自分の都合の良い時間で簡単に手続きができる会員専用ページは大変重宝します。

 

1.4解約時は締め日に注意

プロバイダごとで解約締日といわれる、WiMAXの解約申請をした月内で解約できる最終日が異なるので注意しましょう。

 

メジャーなWiMAXプロバイダの解約締日を一覧にしました。

 

Wimax事業者ごとの解約締日

GMOとくとくBB 20日
Broad WiMAX 25日
So-net 20日
DTI 25日
BIGLOBE 25日

 

毎月25日が締日だった場合、1月25日までに解約を申請すば1月末日で解約になりますが、1月26日に解約申請した場合には次の月にずれ込んでしまい2月末日での解約になるため、更新月で解約したい場合に特に注意しなければなりません。

 

基本的にどのプロバイダでもWiMAXの解約後もその月の末日まで使用でき、料金はまるまる一か月分かかるので、余裕をもって月の初めごろに解約の申請をしておくと安心です。

 

②WiMAXの解約方法

WiMAXの解約は契約しているプロバイダへ「電話・ウェブサイト」から申請できますが、ウェブサイト上の会員専用ページが一番簡単なのでおすすめです。

 

各プロバイダの電話番号や問い合わせフォーム、マイページは各プロバイダサイト内に記載されているので「契約中のプロバイダ名 マイページ」などと検索すれば出てくるでしょう。

 

無駄な費用をかけずに解約したいのであれば、事前にマイページで更新月を調べておくことをおすすめします。

「マイページで契約期間の確認」⇒「マイページで解約」の流れが簡単でスムーズです。

 

締日までに解約申請をすれば、当月末日での解約になりますが、料金の請求は1~2カ月ほど遅れているはずなので、解約後も料金の請求はしばらく続きます。

 

③おすすめの乗り換え先

WiMAXの解約理由によって乗り換えのおすすめ回線は変わります。

  • 通信速度や安定性に不満がある方→WiMAX以外の回線
  • 料金に不満な方→WiMAXで違うプロバイダへ乗り換え
  • 外で使う必要がないという方→通信量を気にせず使える固定回線

 

3.1モバイルルーター

モバイルルーターはポケットに入るサイズの小さいルーターで、基地局からの電波を送受信し、スマホやPC間とはWi-Fiで通信を仕組みです。

 

モバイルルーターと一言で言っても、WiMAXやネクストモバイルなどいくつかの種類があり、WiMAXの契約先でも様々なプロバイダがあるので選ぶのは大変です。

まずは、大きく分けてWiMAXかWiMAX以外かで選ぶと良いでしょう。

 

3.1.1ネクストモバイル

WiMAX以外で引き続き外出先でも使用したい場合は、ネクストモバイルがおすすめです。

 

ネクストモバイルはソフトバンクのスマホと同じ4G/4G LTEの電波を使って通信するネット回線で、とても繋がりやすいという特徴があります。

利用できるエリアもWiMAXより広く、建物内や地下などでWiMAXでの通信が不安定だった経験がある人はネクストモバイルを試してみる価値があるでしょう。

 

ネクストモバイルは2年契約で、プランが20GB、30GB、50GBの3つから選べます。

 

ネクストモバイルのプランと月額料金
20GB 0カ月目:2,760円の日割り

1~24カ月目:2,760円

25カ月目以降:3,695円

30GB 0カ月目:3,490円の日割り

1~24カ月目:3,490円

25カ月目以降:3,695円

50GB 0カ月目:3,490円の日割り

1~12カ月目:3,490円

13~24カ月目:4,880円

25カ月目以降:5,815円

 

ネクストモバイルの料金は初めの2年間が非常に安く2年以上使うと割高になるので、2年間使用し更新月に解約するのがいいでしょう。

 

3.1.2 WiMAXおすすめ2社

WiMAXは通信速度や使用する端末などが一緒なので、契約期間やコストが一番安いという理由で選ぶとよいでしょう。

 

WiMAXでおすすめの「GMOとくとくBB」と「Broad WiMAX」の利用料金を一覧にしました。

 

GMOとくとくBBとBroad WiMAXの月額料金一覧
<GMOとくとくBB> 0カ月目:3,609円の日割り

1~2カ月目:3,609円

3カ月目以降:4,263円

Broad WiMAX 0カ月目:2,726円の日割り

1~2カ月目:2,726円

3~24カ月目:3,411円

25カ月目以降:4,011円

 

GMOとくとくBBのWiMAXの月額料金は、各WiMAXの中で特別安いわけではありませんが、キャッシュバックが最大41,000円貰えるのでトータルでお得です。

 

Broad WiMAXは、Wimax事業者で唯一他のWiMAXを解約した際にかかる違約金を負担するキャンペーンがあり、他社WiMAXの違約金を最大19,000円までカバーしてくれるのでおすすめです。

 

どちらを選んだほうがお得かは、現在他のWiMAXの契約があり解約時に違約金がかかるかどうかによって異なります。

  • 違約金がかからない方:GMOとくとくBBでキャッシュバックを貰うのがお得
  • 違約金がかかる方:Broad WiMAXで違約金を補填してもらうのがお得

このようにケースバイケースとなるので、自分の状況に合ったほうを選ぶと良いでしょう。

 

3.2固定ネット光回線

外にも自由に持ち運び使えるモバイルルーターは便利ですが、データ容量に制限がある点や通信速度が遅い点などがネックです。

そのため、自宅だけでインターネットをするのであれば、固定光ネット回線が断然おすすめです。

 

3.2.1 auひかり

auひかりはKDDIが提供している光回線で、auのスマホとのセット割引き「auスマートバリュー」が受けらるため、auスマホユーザーに特におすすめです。

 

WiMAXでもauスマホとのセット割の「auスマートバリューmine」があり最大月に1,000円の割引きが受けられます。

もしこの割引きを受けていたのであれば、auひかりへ乗り換えてauスマートバリュー

 

auひかりの月額料金
ホームタイプ 1年目:5,100円

2年目:5,000円

3年目以降:4,900円

マンションタイプ 3,800円~5,000円

 

auひかりは、通信速度が他の光回線と比べても速くて安定しています。

 

代理店のキャンペーンサイトからauひかりを申込めば、以下のような高額キャッシュバックが最短1カ月で手に入る点も魅力的です。

 

NNコミュニケーションズキャシュバック表
ホーム 光電話有:50,000円

光電話無:43,000円

マンション 光電話有:45,000円

光電話無:38,000円

※auひかりのプロバイダにBIGLOBEを選択した場合

 

また、auひかりは他社の解約違約金を還元してくれるキャンペーンも行っているので、WiMAXの解約時に違約金がかかる場合でも費用の負担がなく乗り換えが可能です。

 

auひかりのキャッシュバックはNNコミュニケーションズという代理店での申し込み特典です、詳しくは以下のキャンペーンサイトでご確認をお願いします。

 

NNコミュニケーションズ キャンペーンサイト

 

3.2.2ソフトバンクエアー

固定回線でもう一つのおすすめは「ソフトバンクエアー」です。

ソフトバンクエアーとは専用の据え置き方端末を使ってネット通信ができるサービスです、通常のソフトバンク光とは異なり端末をコンセントに接続するだけで使えるので工事などの煩わしさがありません。

 

WiMAXのようにデータの利用制限がない点も魅力的なので、外で使う予定がない方はWiMAXよりもソフトバンクエアーがおすすめです。

 

ソフトバンクエアー
月額料金 3,800円

(25カ月目以降4,880円)

 

ソフトバンクエアーはエヌズカンパニーという代理店のキャンペーンサイトから申込むと、面倒な手続きやオプション加入も一切不要で32,000円のキャッシュバックが貰えるのでお得です。

WiMAX解約時に違約金が発生した場合にソフトバンクが負担してくれるキャンペーンがありますが、エヌズカンパニーのキャッシュバックと併用して受けることができますので、以下のキャンペーンサイトで詳しい内容をチェックしてくださいね。

 

エヌズカンパニー キャンペーンサイト

 

③WiMAXの上手な解約方法

WiMAXは更新月に解約しないと違約金が発生しますので、会員専用ページなどで自分の契約を確認しタイミングよく解約するのがおすすめです。

 

WiMAX解約後のおすすめの乗り換え先回線は解約理由によって異なります。

  • 通信速度に不満がある場合(外出時も使いたい方)→ネクストモバイルがおすすめ
  • 容量を気にせず使いたい方(自宅のみの使用に限る)→auひかりなどの光回線やソフトバンクエアーがおすすめ

 

各WiMAXを比較してみたい方は、以下の記事がぴったりです。

【12月最新版】WiMAXキャンペーン比較!危険なキャンペーンに注意!おすすめのキャンペーンはこれ!

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら