光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

WiMAXの機種で「W04」は選ぶな!他機種とのスペックの比較から分かる真実

2019.04.16

WiMAXの機種で「W04」は選ぶな!他機種とのスペックの比較から分かる真実 はコメントを受け付けていません。

WiMAXの契約の際にどの機種を選んだらよいのかと迷っていませんか?

この記事ではW04 のスペックを掘り下げて紹介し、最新機種との比較をしています。

 

あなたに合ったWiMAX端末がすぐに分かる記事となっています。

 

①WiMAX機種W04のスペック全まとめ

まずは、W04のスペックを表で紹介します。

 

W04のスペックを表
発売日 2017年2月17日
メーカー ファーウェイ
通信速度 【ハイスピード】

下り最大:440Mbps

上り最大:30Mbps

【ハイスピードプラスエリア】

下り最大:758Mbps

上り最大:37.5Mbps

同時接続台数 Wi-Fi:10台

USB:1台

Bluetooth:3台

重量 約140g
サイズ 約130×53×14.2mm
電池容量 2,750mAh
連続待受時間 約850時間
連続通信時間 【ハイスピード】

ハイパフォーマンスモード:約6.5時間

ノーマルモード:約9時間

バッテリーセーブモード:約10.5時間

【ハイスピードプラスエリア】

ハイパフォーマンスモード:約4.3時間

ノーマルモード:約6.5時間

バッテリーセーブモード:約9.2時間

インターフェイス USB3.0 TypeC
同封物 USB3.0 TypeC-A変換ケーブル

 

1.1W04の通信速度

W04のスペックを細かく紹介していきます。

一番気になる通信速度についてまずは見ていきましょう。

 

W04の通信速度表
【ハイスピード】 下り最大:440Mbps

上り最大:30Mbps

【ハイスピードプラスエリア】 下り最大:758Mbps

上り最大:37.5Mbps

 

WiMAXには、2つの通信モードがあります。

  • ハイスピード
  • ハイスピードプラスエリア

この2つの通信モードは、利用者が自由に切り替える事ができます。

 

  • ハイスピードとは⇒「WiMAX2+」の通信ネットワークを使った通常通信モード
  • ハイスピードプラスエリア⇒「WiMAX2+」とauスマホと同じ「au 4G LTE」の2つの通信ネットワークを同時に使うモード

WiMAXのW04は、ハイスピードプラスエリアにすると、通信速度が倍近く出ます。

 

1.2W04のバッテリーの持ち

W04はポータブル端末なので、端末のバッテリーに充電をして使用します。

ポータブル端末は外出先で使う事も多いので、バッテリーの持ち時間も重要なポイントです。

 

W04のバッテリー
電池容量 2,750mAh
連続待受時間 約850時間
連続通信時間 【ハイスピード】

ハイパフォーマンスモード:

約6.5時間

ノーマルモード:

約9時間

バッテリーセーブモード:

約10.5時間

【ハイスピードプラスエリア】

ハイパフォーマンスモード:

約4.3時間

ノーマルモード:

約6.5時間

バッテリーセーブモード:

約9.2時間

 

電池容量が少なく、バッテリーの持ちは他機種と比べイマイチです。

 

通信速度が速いという事は、電力の消費も激しくなります。

Wから始まる端末番号のファーウェイ製は、WXから始まる端末番号のNEC製よりも全体的にバッテリーの持ちが劣ります。

 

1.3同時接続可能な端末数

W04で、スマホ・タブレット・PC・ゲーム機などの端末を同時にネットに接続できる台数です。

 

同時接続台数
Wi-Fi 10台
USB 1台
Bluetooth 3台

 

同時接続が出来る端末の台数は、他の機種とほぼ差がありません。

Wi-Fiで10台の端末が接続できれば、複数人の家族で使用しても十分でしょう。

 

1.4 W04の重量とサイズ

実は、W04は歴代の機種の中でも最も重量がある端末です。

 

W04の重量とサイズ
重量 約140g
サイズ 約130×53×14.2mm

 

過去発売された機種の平均は約125~130gなので、W04はそれらより10~15gほど重いということです。

見た目はコンパクトですが、若干厚みがあるからです。

 

1.5 USB3.0 TypeC-A変換ケーブル

現在販売されているWiMAXの端末で「USB3.0 TypeC-A変換ケーブル」が付いてくるのはW04だけです。

 

USB2.0とUSB3.0ではデータ転送速度が違います。

 

最大データ転送速度の比較表

USB2.0 480Mbps
USB3.0 5Gbps

 

W04以降に発売された機種はUSBポートがTypeCになりUSB3.0対応になっているので、WX04やW05、WX05、W06にもUSB3.0 TypeC-A変換ケーブルが付いてきてもよさそうなものです。

 

しかし、WX04、W05、WX05はUSB2.0 TypeC-A変換ケーブルが付いてきます。さらに、W06に関してはUSBケーブルが付いてきません。

 

②W04と最新機種(W06)とのスペックの差は?

WiMAXの最新機種は、W04と同じファーウェイ製のW06です。

 

WiMAXで取り扱っているルーターには、

  • HOME L02など⇒ホームルーター
  • W04など⇒モバイルルーター

2つがあります。

W04はモバイルルーターなので、モバイルルーターで最新機種のW06と比較した場合のメリットデメリットを紹介します。

 

2.1 メリット:USB3.0 TypeC-A変換ケーブルが付いてくる

新規で契約をした際に、最新機種のW06にはUSBケーブルが付いてきません。

そのため、充電をするためには充電用アダプタやUSBケーブルを別途買うか、機種に同封されたUSBケーブルを使う事も可能です。

 

それに対し、W04はUSBケーブルが付いてくる点がメリットです。

さらに、W04だけはUSB3.0 TypeC-A変換ケーブルが付いてくるので他の機種と比べてお得です。

 

2.2デメリット:通信速度が遅い

最新機種の W06と比較した場合のW04の一番のデメリットは通信速度が遅い事です。

 

W04とW06の通信速度比較表

W04

W06

【ハイスピード】

下り最大:

440Mbps

上り最大:

30Mbps

【ハイスピードプラスエリア】

下り最大:

758Mbps

上り最大:

37.5Mbps

【ハイスピード】

下り最大:

558Mbps

上り最大:

30Mbps

【ハイスピードプラスエリア】

下り最大:

1.2Gbps

上り最大:

75Mbps

 

W06はW04より下りの通信速度が、

  • ハイスピードで100Mbps
  • ハイスピードプラスエリアで400Mbps

程度速いことが分かります。

これは理論上の最高速度ですが、2つの機種には以下の機能の差があるため、実効速度でも大きく違いが出る可能性があります

 

通信の安定性を向上させる機能
W04 W06
特になし ・高性能ハイモードアンテナ

・TXビームフォーミング

 

W06には、

  • WiMAXの電波をしっかりキャッチする高性能ハイモードアンテナ
  • Wi-Fiを集注的に端末に届けるTXビームフォーミング機能

という機能が搭載されています。

しかしW04にはW06のような通信の安定性を向上させる機能はついていません。

 

③W04ユーザーの評判と口コミを見てみよう!

ツイッター上に書かれていたW04の評判を紹介します。

 

3.1 良い口コミ・評判

まずは、W04の良い口コミからです。

 

2つの口コミは、W04を使った通信での下りの速度測定を報告しています。

  • 上の口コミ⇒111.9Mbps
  • 下の口コミ⇒9.96Mbps

と大きな差がありますが、どちらの方もW04の通信速度に満足されているようです。

 

3.2 悪い口コミ・評判

次にW04の悪い口コミです。

 

ハイパフォーマンスモードにすると通信速度を速くすることができますが、やはりバッテリーの減りが速くなるようです。

他にも、W04は「バッテリーの持ちの悪い」という評判がたくさんありました。

 

 

④W04を契約させる販売業者に注意!

WiMAXで使うルーターの定価額は約2万円ですが、WiMAXの大手プロバイダで契約をすればタダで手に入る事がほとんどです。

 

しかし、販売業者の中には「キャッシュバックで端末代還元」などの宣伝文句でW04を契約させるところもあります。

 

端末代と同じだけキャッシュバックがもらえても、プラスマイナスがゼロなのでお得感はありません。

家電販売店や電話での営業などに多くある販売パターンなので注意しましょう。

 

また、ネット経由で申込めるWiMAXプロバイダのほとんどは古い機種であるW04はもう取り扱いを終了しています。

そのため、ネット契約でW04を選択することはありませんが、家電量販店などの場合は古い機種も置いているので間違って買ってしまう人がいます。

 

⑤あなたにおすすめの機種はこれだ

WiMAXのルーターの機能の中で重視する部分は、ユーザーごとに違うでしょう。

  • 速度重視の方
  • バッテリーの持ち重視の方

それぞれの方におすすめのWiMAX機種を紹介します。

 

5.1 速度 を重視する方には?

W04の通信速度は、最新機種のW06にはかないません。

W06はモバイルルーターで初のギガビット超えの通信速度が達成した話題のルーターです。

 

ただし、W06での最高速度1.2Gbpsを出すには、

ハイスピードプラスエリア

USB3.0ケーブルでの有線接続

の両方の条件がそろう必要があります。

また、WiMAXにつなぐ端末側はUSB3.0に対応したパソコンが必要ですので、スマホやタブレットなどではギガビットにはなりません。

 

しかし、W06は無線のWi-Fi接続でも最大速度が867Mbpsなので、過去に販売されたどのWiMAX機種よりも最速です。

通信速度にこだわる方は、最新機種のW06をおすすめします。

 

5.2 バッテリーの持ちを重視する方には?

これまでファーウェイ製のW04やW06を主に紹介してきましたが、WiMAXのルーターはNEC製もあります。

NEC製の最新機種のWX05はバッテリー機能がよいので、バッテリーの持ちを重視する方におすすです。

 

NEC(WX05)

連続通信時間 【ハイスピード】

ハイパフォーマンスモード

:約8.1時間

ノーマルモード

:約11.5時間

エコモード

:約14時間

【ハイスピードプラスエリア】

ハイパフォーマンスモード

:約8時間

ノーマルモード

:約10.5時間

エコモード

:約13.3時間

安定性向上機能 ・WiMAXハイパワー

・TXビームフォーミング

 

WX05は、最新機種W06よりも3カ月前に発表された機種です。

注目すべき点がバッテリーの持ちの良さです。

 

ハイスピードのノーマルモードで比較をすると

  • W06/W04⇒約9時間
  • WX05⇒11.5時間

WX05はその他の機種より2.5時間も長くバッテリーが持つので、外出先で使用することが多い方にはおすすめです。

 

⑥W06の機種を契約するならどの窓口?

基本的にどなたにもおすすめできる機種は最新機種のW06ですが、契約窓口はGMOとくとくBBがおすすめです。

 

GMOとくとくBBはWiMAXのプロバイダで、ネット経由で申込みが出来ます。

数あるWiMAXプロバイダの中でGMOとくとくBBをおすすめする理由を次項で紹介します。

 

6.1 キャンペーンが豪華

WiMAXはどのプロバイダでも通信速度や品質はサービス提供元のUQ WiMAXに準じます。

そのため、キャンペーンが豪華でお得な窓口を選ぶだけでいいのです。

 

GMOとくとくBBのWiMAXは月額料金が割引され、さらにキャッシュバックも貰えるので一番おすすめです。

 

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーン内容
月額料金 1~2カ月目:

3,609円

3カ月目以降:

4,263円

キャッシュバック 32,050円
端末代金 無料

 

W06は無料でもらえ、上記のキャッシュバックを手にする事が出来ます。

端末代金の分割払いと同時に同額割引で実質無料
という契約のプロバイダもありますが、GMOとくとくBBの場合は完全に端末代金が無料ですので安心して申し込みが出来ます。

 

6.2 3年間の総支払額が一番安い

WiMAXはプロバイダごとに割引き方法が異なるので、3年間のトータル支払額を比較すると本当にお得な窓口が分かります。

GMOとくとくBB WiMAXにすれば、契約期間の3年間の総支払額を一番抑えられるのでおすすめできるプロバイダです。

 

他のプロバイダと比較した3年間の総支払額を表にしました。

 

プロバイダ(安い順)3年間の総支払額

1位:GMOとくとくBB WiMAX 125,423円
2位:@nifty 132,490円
3位:Broad WiMAX 136,187円
4位:So-net WiMAX 137,699円
5位:BIGLOBE WiMAX 136,187円
6位:UQ WiMAX 155,060円

 

6.3 auスマートバリューmine対応

WiMAXの契約者がauスマホのユーザーであれば、セット割のauスマートバリューmineを適用させることが出来ます。

auスマートバリューmineは、auスマホから最大1,000円値引きすることができるお得な割引きサービスです。

しかし、WiMAXプロバイダの中には

  • 割引きが適用できないプロバイダ⇒DTI WiMAXやカシモWiMAXなど
  • 割引きを適用させるとその他の割引きがなくなる⇒Broad WiMAXなど

といったところがあるので注意してください。

 

GMOとくとくBB WiMAXならキャンペーンと併用しauスマートバリューmineが使えるのでauユーザーにとって本当にお得です。

 

GMOとくとくBBのWiMAXのキャッシュバックキャンペーンの詳細と、申込み方法は以下のキャンペーンサイトで確認をして下さいね。

 

GMOとくとくBBのWiMAXのキャッシュバックキャンペーン

 

GMOとくとくBBのWiMAXの詳しい内容は以下の記事にまとめています。

GMOとくとくBB WiMAXの評判!キャッシュバック手続きに注意せよ!

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら