光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

各ネット回線の特徴を一挙にまとめました|最適な回線の選び方まるわかり!

2017.11.13

各ネット回線の特徴を一挙にまとめました|最適な回線の選び方まるわかり! はコメントを受け付けていません。

今やインターネットは必需品ですが、ネット回線は一度契約すると何年も使うものですので、お得で快適な回線を慎重に選びたいですよね。

 

そこで、契約の際に多くの方が疑問に思う以下の事柄について今回はまとめてみました。

  • どのネット回線が自分にはあっているのか?
  • 今使っているネット回線の料金などは適当なのか?
  • 各ネット回線の特徴は?

この記事で、あなたにピッタリのネット回線を見つけてくださいね。

 

①ネット回線の種類と仕組み

ネット回線と言っても、さまざまな種類があります。

 

すぐに思いつくネット回線は「光回線」「モバイル回線」ですが、他にも「ADSL」や「ケーブルテレビを利用したネット回線」「電力会社が提供するネット回線」もあります。

 

これらのネット回線の特徴をまとめました。

 

1.1光回線

光回線は、現在一番メジャーとなっているネット回線です。

光ファイバーを利用し、高速で安定した速度で利用できるのが特徴です

 

また、光ファイバーを利用していることにより、大容量のデータ送受信が可能で、動画をよく視聴される方や、パソコンでゲームを行う方には、おすすめの回線です。

 

1.2モバイル回線

携帯電話の通信回線を利用したネット回線のため、通信速度は光回線の10分の1くらになります。

 

携帯電話の回線が受信できないところでは、利用することができず、一定のデータ通信量を超えると、速度規制が行われ、速度が著しく低下します。

 

一番の利点は、コンパクトで持ち運びが可能で、外出先でも利用できるところです。

 

一日のネット利用量が少なく、外出先でも利用したいという方にはおすすめです。

 

また、工事が不要なので契約後、すぐに利用可能であることもメリットの一つです。

 

1.3ADSL回線

NTTの電話回線を利用したネット回線で速度は、1.5Mbps~15Mbpsで光回線と比べるととても低速です。

 

また、NTT収容局からの距離によって速度が低下が起こったり、外部要因(電波など)により、ネット回線が切断されることがあります。

 

最近はデータを多く使う動画の閲覧や、ネットゲーム等の利用が増えているので、回線速度にストレスを感じ、光回線に乗り換える方が増えています。

 

1.4ケーブルテレビを利用したネット回線

ケーブルテレビの回線を利用したネット回線で、J:COMなどが有名です。

 

速度は、最大30Mbpsと光回線より低速ですが、モバイル回線より高速です。

 

ケーブルテレビ会社が提供しているエリアで、ケーブルテレビ会社との契約となります。

 

もちろん、ケーブルテレビで故障が発生すると、ネット回線も利用できません。

 

速度が光回線に近いため、動画の視聴や大容量のデータ送受信も可能です。

 

1.5電力会社が提供するネット回線

電力会社が提供するネット回線は、各電力会社のサービス提供エリアと同じエリアでのみ利用できる地域限定のネット回線です。

 

速度はさまざまですが、光回線に近い速度はあるので、動画の視聴や大容量のデータ送受信は、ストレスなく行えますが、提供エリアが狭いことがデメリットで、エリア外に引っ越しをすると解約せざるをえなくなります。

 

②ネット回線の契約の手順と料金システム

それではネット回線の契約手順や料金システムを一緒に見ていきましょう。

 

2.1光回線(フレッツ光)

光回線と言えば、NTTのフレッツ光が主流となっていますので、フレッツ光の料金を紹介します。

 

初期費用:契約料800円+初期工事費用23,000円~=23,800円~

月額料金:回線利用料4,600円前後+プロバイダー料金500円~=5,100円~

 

フレッツ光は、回線とプロバイダーを別々に契約し、支払いも別になります。

 

フレッツ光の申込みは、NTTへWebや電話で契約する方法と、代理店から契約することもできます。

 

2.2光回線(コラボ光)

光回線には、フレッツ光の回線を利用したコラボ光回線というものもあります。

 

コラボ光回線は、プロバイダーとネット回線をまとめて契約するので、料金の支払いが一括で済み、フレッツ光より割安なため人気の回線で全国に300社ほどあるとされています。

 

代表でソフトバンク光の料金を紹介します。

初期費用:事務手数料3,000円+工事費24,000円=27,000円

月額料金:5,200円

 

ドコモ光やソフトバンク光などの大手携帯電話会社が提供する「コラボ光」では、ネット回線と同じ会社のスマホを利用していると月額料金を割り引くサービスも行っていてさらに、月額料金を抑えることが出来ます。

 

2.3モバイル回線

モバイル回線については、家電量販店やモバイル回線専用のショップで契約が可能です。

 

また、格安スマホを提供している携帯電話会社がサービスを提供しているケースもあります。

 

初期費用:登録料3,000円程度

月額料金:4,500円程度

2.4 ADSL回線

ADSL回線はプロバイダーでの契約が可能です。

 

初期費用:手数料2,000円+NTT局内工事費用2,800円=4,800円

月額料金:3,300円~

 

ADSLについても、プロバイダーでキャンペーンを行っており、月額料金が割り引かれる場合もあります。

2.5ケーブルテレビを利用した回線

ケーブルテレビを利用した回線は、ケーブルテレビ会社の提供エリアでなければ契約できません。

 

初期費用:契約事務手数料3,000円~+工事費用6,000円~=9,000円~

月額料金:5,300円~

 

ケーブルテレビとのセットであれば、セットの料金プランがあり、割安で利用することも可能です。

また、J:COMの場合は、auの携帯電話を利用していると、月額料金を割り引くサービスもあります。

2.6電力会社が提供するネット回線

電力会社が提供する回線は、電力会社での契約が必要となりますが、すべての電力会社がサービスを提供している訳ではありません。

 

初期費用:契約料700円+初期工事費用25,000円=25,700円

月額料金:3,400円~

 

③光回線契約の順序・準備物・工事・解約など

光回線の契約には「設置場所の住所」「契約者名」「連絡先」が必要です。

また、アパートなど集合住宅の場合は、管理会社の同意が必要となります。

 

光回線の場合は、契約後に工事の日程調整の連絡があり、工事完了後、利用可能となります。

 

日程調整から工事までは、基本的に2週間程度ですが、引っ越しなどで切り替えの多い時期となると、1か月以上待たなければならない場合もあります。

 

契約を取り消したい場合は、契約日から8日以内であれば、クーリングオフ(契約解除)を行うことが可能ですが、工事が終了している場合工事費の支払いは免れないので注意が必要です

 

④自分に合った回線を選ぶには何に注目すればいいの?

戸建てで家族数人で利用する場合と、アパートで一人暮らしの方が利用する場合や、利用中のスマホで、適しているネット回線も異なります。

 

【戸建て・家族:光回線】

戸建てで、ネット回線を利用することが多く、利用する人数も多い場合は光回線を利用することをおすすめします。

光回線でなければ、利用者が多いと通信速度の低下が発生することが多いためです。

 

【マンション・一人暮らし:光回線】

動画の視聴やゲームを利用することが多い場合は、データ通信量を気にせず利用できる光回線がおすすめです。

 

メールの送受信とWebサイトの閲覧が主な場合は、モバイル回線もおすすめです。

 

【スマホが大手キャリアの方:コラボ光回線】

大手携帯電話会社のスマホを利用している場合は、同じ会社で提供されている「コラボ光」がおすすめです。

 

スマホとネット回線を同じ会社にする事で、毎月通信料が割引きになるからです。

 

家族が同じ会社のスマホを多く利用している場合は、割引き額が多くなりますので利用しない手はありません。

 

【スマホが格安SIMの方:コラボ光回線】

格安スマホを利用している場合、スマホのSIMカードを提供している会社が「コラボ光」を提供している場合があります。

 

この場合、大手携帯電話会社と同様に、SIMカードとセットで月額料金の割引きが受けられますが、割引き額は少なく、月に数百円ほどです。

 

⑤特別なケース?

いくつかの特別なケースで、ネット回線を利用したい方へのご案内です。

 

【社員寮や学生寮に入寮している場合】

工事が不要で手軽にネット回線を利用することができる、モバイル回線がおすすめです

 

しかし、データ通信量が多いと、速度制限となる場合がありますので、速度制限を気にせず利用したい場合は、ソフトバンクが提供する「Softbank Air」もおすすめです。

 

携帯電話の回線を利用しているため、電波が弱くなれば、速度は低下しますので、その点は考慮しておいたほうがよいでしょう。

 

【未成年の場合】

未成年が契約しようとする場合、親の同意が必要となります。

そのほか必要な事柄については、契約先により異なるため、問い合わせ窓口で確認する必要があります。

 

【未就業の場合】

基本的には、無職では契約できませんが一部のプロバイダーでは、契約できる場合もあるようです。

こちらも契約先に問い合わせて確認することをおすすめします。

 

⑥回線の選び方まとめ

速度や動画視聴を頻繁に行う、大容量のデータ送受信を行う場合は、光回線がおすすめです。

 

光回線の中でも「コラボ光」であれば、支払いがプロバイダーへ一括で済み、料金はフレッツ光より割安です。

 

また、大手携帯電話会社の「コラボ光」であればご自身とスマホと同会社にする事で、月額費用が割り引かれるので、さらにお得で快適に利用できます。

 

それほど大容量のデータ通信が必要でなく、工事もしたくない場合は「モバイル回線」が良いでしょう。

 

もともと、ケーブルTVを利用している方はTVと合わせて安く使える場合もあるので、自分に必要な速度とその金額で納得できるようなら利用して良いでしょう。

 

簡単な4つの質問に答えるだけですぐにピッタリの回線が分かる、こちらの記事も是非参考にしてくださいね。

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら