光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

UQモバイルは使っても大丈夫?評判とメリット・デメリットを解説!

2018.09.21

UQモバイルは使っても大丈夫?評判とメリット・デメリットを解説! はコメントを受け付けていません。

最近は格安SIMスマホの選択肢が増えて、どれにしようか迷ってしまいますね。

 

今回はUQモバイルを取り上げて「各種料金・評判・メリット・デメリット」といった内容であなたに合ったスマホ探しのお手伝いをしていきます、ぜひ参考にしてください。

 

①UQモバイルの特徴

格安SIMの多くがドコモ回線を利用している中で、UQモバイルは数少ないau回線を使ったMVNO(格安SIM事業者)です。

 

UQモバイルではスマホ本体もセットで購入可能で「UQスポットやUQモバイル取扱店」といった実店舗での買い物や契約が可能です。

 

UQモバイルは格安SIM業者では珍しく、端末のセット購入で割引きが適用となる「マンスリー割」というサービスがあります。

24ヶ月間割引が受けられ、欲しい端末が実質無料や割安価格で手に入ります。

 

UQモバイルはKDDIのグループ企業なので、auと同等の通信品質に保たれていて、他社格安SIMの通信速度と比較するとその差は大きいです。

 

②UQモバイルのあまり良くない評判

しっかり納得して契約をして欲しいので、UQモバイルの良くない評判を先に紹介します。

 

2.1料金に関する良くない評判

すでに利用中の方の評判をツイッター上で探してピックアップしてみました。

 

UQモバイルは基本料金が高いという評判がたまに聞かれますが、本当に評判とおりUQモバイルが他の格安SIMよりも割高なのか比べてみましょう。

 

まず、UQモバイルには無料通話が付いたプランが3種類あるので、それぞれを「LINEモバイル」「DMMモバイル」と比較します。

 

【データ容量が少ないプラン】

データ容量が少ないプラン (データ通信+音声SIM)
LINEモバイル
(データ3GB、1回10分まで通話無料)
2,570円
DMMモバイル
(データ2GB、1回10分まで通話無料)
2,230円
UQモバイル おしゃべり/ぴったりプランS
(データ3GB、1回5分まで通話無料または60分/月無料通話付)
1年目:1,980円

2年目以降:2,980円

 

データ容量が少ないUQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプランS」であれば、他社の格安SIMよりも1年目はむしろ割安です。

これは、1年目は「イッキュッパ割」というサービスで、基本料金が1,000円割引きになるからです。

しかし2年目以降はこの割引きが終了し、1,000円高くなるので他社より割高になります。

ただ2年間の平均で計算すれば、UQモバイルは2,480円/月なので、他社とそれほど変わらない料金と言えます。

 

データ容量が中程度のプラン】

データ容量が中程度のプラン (データ通信+音声SIM)
LINEモバイル
(データ7GB、1回10分まで通話無料)
3,760円
DMMモバイル
(データ7GB、1回10分まで通話無料)
3,410円
UQモバイルおしゃべり/ぴったりプランM
(データ9GB、1回5分まで通話無料または120分/月無料通話付)
1年目:2,980円

2年目以降:3,980円

 

多くの人が利用している7・9GB程度のプランを見てみると、UQモバイルの2年間で平均3,480円なので、こちらも他社と比較してそれほど高額ではありません。

 

【データ容量が多いプラン】

データ容量が多いプラン (データ通信+音声SIM)
LINEモバイル
(データ10GB、1回10分まで通話無料)
4,100円
DMMモバイル
(データ15GB、1回10分まで通話無料)
4,830円
UQモバイルおしゃべり/ぴったりプランL
(データ21GB、1回5分まで通話無料または180分/月無料通話付)
1年目:4,980円

2年目以降:5,980円

 

データ容量が多いプランLになると、1年目から他社より割高になっています。
UQモバイルのLプラン2年間の平均は、5,480円です。

 

UQモバイルの無料通話が無いプランは3GBのプランと、通信速度が遅い(最大500Kbps)のデータ無制限プランしかありません。

他社ではデータ無制限の低速プランは設定がないことが多いので、こちらは比較から省きます。

 

データ通信3GB+音声SIM
LINEモバイル 1,690円
DMMモバイル 1,500円
UQモバイル 1,680円

これを見る限り、UQモバイルが特に高いわけではありません。

つまりUQモバイル全体が高いという評判は正確ではなく、実際は「おしゃべり/ぴったりプランのL」が割高なのです。

 

2.2データ容量に関する良くない評判

UQモバイルの良くない評判は、データ容量に関する以下のようなものもあります。

データ容量が3GBしかないのは「データ高速プラン」または「データ高速+音声プラン」のことです。

 

UQモバイルでは無料通話がついている「おしゃべり/ぴったりプラン」であれば先ほど料金の比較で紹介をした「S(3GB)/M(9GB)/L(21GB)の3タイプ」(増量オプション時)のデータ容量から選べるのですが、無料通話のないプランだと3GBのみしかありません。

 

無料通話のないプランでも「100MBを200円/500MBを500円」でデータ量を追加購入できますが割高になってしまいます。

 

UQモバイルでは節約モードというのがあります、節約モードに切り替えた場合の最大速度は200Kbps(おしゃべり/ぴったりプランは300Kbps)になりますが、節約モード時はいくら使ってもデータ容量を消費しません。

低速でも利用に支障のない時は「省エネモード」に切り替て使うなど工夫をすることも出来ます。

 

良くない評判をまとめると「料金が高い」「データ量が少ない」というものが大半です。

 

③UQモバイルのいい評判

UQモバイルは良い評判のほうが圧倒的に多いので一部を紹介します。

 

UQモバイルの良い評判で多いものは、「速度が速い」「料金が安い」「節約モードが快適」といったところです。

 

料金が安いという評判は、さっき述べた料金が高いという評判と矛盾していますが、これは先ほどの比較でわかるようにUQモバイルのプランによるので、安い人もいるし高い人もいるわけです。

 

UQモバイルは格安SIMのなかで、速度が速いという評判が特に多いです。
「格安SIM=3大キャリアより遅い」というのが一般的なイメージなのですが、UQモバイルは想像以上に速度が出ます。

 

UQモバイルの最大通信速度は225Mbpsとしており、こちらはあくまで理論値なので実際はもっと遅くなりますが、体感的には3大キャリア(docomo/Softbank/au)と変わらないスピードで利用できます。

 

また、節約モードの評判も良好です。

節約モードにすると通信速度は遅くなりますが、TwitterなどのSNSやLINE程度であれば低速でも十分満足して使えるからです。

YouTubeなども低画質であれば視聴が可能です。

 

④実際のところどうなの?

UQモバイルにするかどうか迷っている方は、利用料金が安いのか高いのかが1番気になる点なのではないでしょうか。

 

結論を言うと、UQモバイルの利用料金は実は安いんです。

 

なぜなら、UQモバイルは端末をセットで購入した際に「マンスリー割」でスマホの端末が無料同然か割引き料金で手に入るからです。

 

一例をあげてみましょう。

富士通arrows M04 PREMIUM 端末価格 31,212円の場合の割引き額
おしゃべりプラン/ぴったりプランMかL 実質:108円
おしゃべりプラン/ぴったりプランS 実質:13,068円

 

マンスリー割は24回の割引で端末購入代金をサポートする制度です。

端末代金は分割払い(24回)だけでなく一括払いでも割引対象になります。

 

「UQモバイルが高い」という評判が投稿されてしまうのは、おしゃべりプラン/ぴったりプランのLやMのケースが多いですが、このマンスリー割で端末に割引きを受けられるこ事を考慮すれば、他社の格安SIMよりもお得です。

 

他の格安SIMスマホで、このような端末割引を行っているところはあまり多くありません。

 

⑤ UQモバイルのデメリット

UQモバイルの「おしゃべりプランとぴったりプラン」は2年自動更新契約となっており、更新月以外に解約した場合、9,500円の違約金が発生する点がデメリットです。

 

また、これらのプランは2年目から料金が1,000円高くなり、さらに3年目以降はデータ容量と無料通話時間(ぴったりプラン)が減ってしまいます。

 

もう一度料金をまとめてみてみましょう。

 

おしゃべり/ぴったりプラン 月額基本料金一覧表
プランS 1年目:1,980円

2年目~:2,980円

プランM 1年目:2,980円

2年目~:3,980円

プランL 1年目:4,980円

2年目~:5,980円

 

3年目以降はデータ容量が減量され、無料通話時間は半分になります。

 

データ増量オプション利用時と通常のデータ量(11月末まで)
プランS 1年目・2年目:3GB/60分

3年目以降:1GB /30分

プランM 1年目・2年目:9GB/120分

3年目以降:3GB/60分

プランL 1年目・2年目:21GB/180分

3年目以降:7GB/90分

※増量オプションは自分でデータ量のチャージが必要

※おしゃべりプランは「1回5分までなら何度でも無料」というシステムなので、通話に関しては3年目以降も変わりません。

 

正確に言うと2年間は、データ量と通話料が増量されるオプションの料金(500円/月)が無料だったのが3年目以降は有料になるので、有料の増量オプションをやめるとデータ量と無料通話が通常に戻るということです。

 

2018年12月1日以降は、基本のデータ量が2倍になるので「増量オプション」時の増量分が少なくなります。

  • S:1GB➝2GB(増量オプションで最大3GBは変わらない)
  • M:3GB➝6GB(増量オプションで最大9GBは変わらない)
  • L:7GB➝14GB(増量オプションで最大21GBは変わらない)

 

⑥UQモバイルのメリット

UQモバイルのメリットは「とにかく通信品質が良い」「端末が安く手に入る」「キャッシュバックがもらえる」事です。

 

6.1 UQモバイルのメリット 通信品質が良い

他社の格安SIMは、ドコモの回線を使っているパターンが多いのですが、これらのMVNO(格安SIM業者)はドコモのグループ企業ではないので、ドコモではドコモユーザーの通信が優先され、ドコモ回線を使った格安SIMの通信品質は2の次にされるのです。

 

UQモバイルはauの回線を使ったMVNOですが、実はUQモバイルはKDDIのグループ会社なので、料金の割安なUQモバイルもauと同じ位の品質で通信ができるのです。

 

それが、UQモバイルは他社のMVNO(格安SIM業者)よりも通信品質が良く、速度に対する評判が高い理由です。

 

6.2 UQモバイルのメリット 端末が安く手に入る

UQモバイルでは購入端末に対して割引きが受けられるので、新しいスマホが安く買える点もメリットです。

スマホ端末が実質無料から半額程度になるので、少し割高な「おしゃべり/ぴったりプランのMやL」にした場合でも他社の同条件より実は割安になります。

 

また、ほとんどの格安スマホ事業者は機種変更に対応していませんが、UQモバイルは機種変更が可能なので、機種変更した端末にも割引きが受けられ大変お得です。

 

6.3 UQモバイルのメリット キャッシュバックがもらえる

格安SIMは基本料金が安いため、キャッシュバックを出している事業者はほとんどありませんが、UQモバイルではなんとキャンペーンサイトからの申込で以下のキャッシュバックが貰えます

 

UQモバイルのプラン別キャッシュバック額
おしゃべり/ぴったりプランL 13,000円
おしゃべり/ぴったりプランM 11,000円
おしゃべり/ぴったりプランS 10,000円
データ高速+音声プラン 5,000円

 

UQモバイルのを契約するなら、店頭ではなくキャッシュバックが受けられるキャンペーンサイトを賢く利用しましょう。

 

⑦UQモバイルの特徴おさらい

UQモバイルの特徴を再度まとめると、次のようになります。

  • 1回5分まで何度でも無料が付いているのが「おしゃべりプラン」
  • 月単位の無料通話量が決められているのが「ぴったりプラン」
  • 無料通話がないのが「データ高速+音声プラン」
  • 「おしゃべり/ぴったりプラン」は端末が安く購入できる(マンスリー割)
  • 「おしゃべり/ぴったりプラン」は2年目以降が1,000円高くなる
  • 「おしゃべり/ぴったりプラン」は更新月以外に解約すると違約金が発生する
  • 「おしゃべり/ぴったりプラン」は2年間増量オプションが無料
  • 「おしゃべり/ぴったりプラン」は3年目以降はデータ容量・無料通話時間が減る
  • データ容量を節約したいなら節約(低速)モードに簡単に切り替えが可能
  • 新規申込みはキャッシュバックが貰える窓口で行う

UQモバイルの評判は良いものがほとんどです、又良くない評判に関してもしっかり内容を確かめると大きなデメリットではない事が分かりました。

単に月額料金を比較するだけではなく、端末が格安で手に入る点やキャッシュバックも含めて計算をすれば、UQモバイルは割安な格安SIMだと言えます。

 

UQモバイルのキャッシュバックの金額は契約窓口で異なるので、下の記事で1番お得な情報をゲットしてくださいね。

UQモバイルのキャッシュバックの受け取りに注意!おすすめのキャンペーンと受け取り方法を解説

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら