光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

台湾データの最新口コミ!利用者の評判からメリット・デメリットを解明

2019.07.31

台湾データの最新口コミ!利用者の評判からメリット・デメリットを解明 はコメントを受け付けていません。

台湾専用ポケットWi-Fiの台湾データ。

データ容量が無制限で使える上に、料金がかなり安くて評判です。

この記事では、

  • 口コミでよく見る台湾データの評判
  • 同業他社と比較した台湾データの良い点と悪い点

を徹底的に掘り下げます。

メルちゃん
台湾発祥のタピオカドリンクを本場で飲みたいな~。どのお店にするか旅行中に調べたいんだけど、フリーWi-Fiは使えるかな?
レオさん
フリーWi-Fiはホテルとかにあるけど、旅行中はネットに常時繋がっていた方が安心だよ。

台湾で使える「台湾データ」というレンタルWi-Fiについて詳しく紹介するからすぐに、メルちゃんにぴったりのサービスが見つかるよ。

記事の最後では、

  • どんな人に台湾データが向いているのか
  • どんな人には台湾データが向いていないのか

をまとめています。

台湾データがあなたに一番向いているのか、それとも向いていないのか…

この記事を読めばハッキリわかるでしょう。

「海外WiFiルーター選びで成功して、海外旅行が最高の思い出になるように」

まずは、台湾データが他社と比べてどんな良い評判があるのかを見ていきましょう!

① 台湾データの良い口コミ・評判

まずは、いい口コミからご紹介します。

1.1 良い口コミ・評判 ⑴:宅配と空港受け取りができ、返却はポスト投函が便利

https://twitter.com/uno_hiyoko/status/912479608959778816

『約束通り、前々日に届けていただきましたし、返却用の入れ物も内包されていましたので、返却もスムーズに行えました。』

価格.com より)

『出発3日前に申し込みをし出発前日には届きました

空港内は広いのでカウンター等探す手間も省くことができてスムーズに行えました。

返却もレターパックでポストに投函でしたので帰りにポストに入れて返却しました。』
価格.com より)

台湾データの受取方法は、宅配か空港受取です。

そして、返却は同封の返信用封筒に入れてポスト投函します。

ポスト投函返却に関しては面倒に思う人と便利に思う人で賛否が分かれますが…

送料無料だという点は評判が高いです。

メルちゃん
ポスト返却を面倒に思う人もいるんだね。

送料が無料で返信用封筒もついてくるなら、私は断然ポスト返却の方が楽だと思うけどな。

それに、返却だけではなく、受取手数料も台湾データは無料になっています。(羽田空港受取以外)

受取場所(手数料) 返却場所(手数料)
台湾データ
  • 空港(羽田500円、その他無料
  • 宅配(無料)
  • ポスト投函(無料)
イモトのWiFi
  • 空港(500円)
  • 宅配(500円)
  • 本社(無料)
  • 空港(無料)
  • 宅配(送料自己負担)
  • 本社(無料)
グローバルWiFi
  • 空港(500円)
  • 宅配(500円)
  • 現地(500円)
  • 空港(無料)
  • 宅配(送料自己負担)
  • 現地(無料)
  • 空港か宅配で受取、ポスト投函で返却!
  • 手数料も無料

1.2 良い口コミ・評判 ⑵:利用料金が安い

台湾データの利用料金に関する口コミも多く、人気他社のイモトのWiFiやグローバルWiFiと比較してもその安さが目立ちます。

<4G台湾>

台湾データ
  • 無制限:590円/日
イモトのWiFi
  • 500MB:1,080円/日
  • 1GB:1,580円/日
グローバルWiFi
  • 300MB:1,170円/日
  • 600MB:1,370円/日
  • 1.1GB:1,570円/日
  • 無制限:2,070円/日

台湾データは容量無制限です。

メルちゃん
無制限プランが他社の4分の1の料金で使えるなんて!

それでいて、同じ容量無制限のグローバルWiFiの約4分の1の利用料金です。

それに、

  • イモトのWiFiの500MB
  • グローバルWiFiの300MB

よりも安いです。

さらに、台湾データは30日料金のマンスリープランもあり、15,000円/月で利用できます。

つまり、マンスリープランの場合は1日あたり500円になり、さらに安くなります。

  • とにかく安い
  • マンスリープランは更に安い!

1.3 良い口コミ・評判 ⑶:自動翻訳機やモバイルバッテリーのレンタル

 

レンタルWi-Fi会社では、オプションとして自動翻訳機をレンタルしている場合があります。

台湾データもオンライン自動翻訳機の

ポケトーク

のレンタルオプションがあります。

ポケトークはWi-Fi接続して使うので、台湾データのポケットWiFiに接続すればいいわけです。

なので、レンタルWi-Fi会社のオプションとしては相性の良いものです。

メルちゃん
台湾は英語が通じるか分からないから、ちょっと不安なのよね。

自動翻訳機のレンタルがあるのは嬉しいな!

レオさん
自動翻訳機があれば、旅がもっと楽しくなるね。

1日料金は580円なので、少し割高です。

しかし、マンスリー料金だと9,000円なので1日あたり300円の格安です。

<オプションで借りられる翻訳機とレンタル料>

台湾データ ポケトーク(580円/日、9,000円/1カ月
グローバルWiFi
  • ili(400円/日)
  • ポケトーク(800円/日)
イモトのWiFi ポケトーク(500円/日)

それと、モバイルバッテリーのオプションも便利です。

モバイルバッテリーがあれば外出中にポケットWiFiの充電ができますし、スマホの充電にも使えます。

特に、台湾データのモバイルバッテリーはレンタル料が

1日100円

という格安なのも口コミでの評判が高いポイントです。

メルちゃん
モバイルバッテリーもあると便利だよね、とっても安いから翻訳機と一緒にレンタルしようっと。

<モバイルバッテリーのレンタル料金>

台湾データ 100円/日
イモトのWiFi 200円/日
グローバルWiFi 200円/日
  • 自動翻訳機はマンスリープランが安い
  • モバイルバッテリーも安い!

1.4 良い口コミ・評判 ⑷:全額補償オプションが安い

ポケットWi-Fi端末はレンタルなので、故障や紛失による弁償リスクが常にあります。

メルちゃん
レンタルのWi-Fiを旅行中に無くしたり、壊してしまったら弁償しなしといけないの?
レオさん
補償オプションを付けておけば、弁償しなくて済むんだよ。

そういったリスクに備えるために任意で加入するのが補償オプションです。

台湾データの場合は、1日200円です。

18日以上31日までのマンスリープランなら3,600円で全額補償されます。

これは、人気他社よりも安い補償料金となっています。

<全額補償オプション料金>

台湾データ
  • 200円/日
  • 3,600円/31日
イモトのWiFi 300円/日
グローバルWiFi 300円/日
補償オプションも安い!

1.5 良い口コミ・評判 ⑸:運営会社の評判が良い

https://twitter.com/XTC101B/status/1131904729456340992

台湾データの運営元は、株式会社グローバルモバイルです。

社名 株式会社グローバルモバイル
設立 2006年11月22日
代表取締役 山本昌幸
本社 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-6 SJビル3F

株式会社グローバルモバイルでは、台湾で使う台湾データのように、

  • 韓国なら韓国データ
  • アメリカならU.S.データ
  • ハワイならアロハデータ

などと、それぞれの国や地域専用のレンタルWi-Fiを用意してあります。

株式会社グローバルモバイルのレンタルWi-Fiは、とにかく料金が安いことが特徴的です。

それぞれのレンタルシステムも同じなので、頻繁に海外旅行へ行くような人も、

「とりあえず株式会社グローバルモバイルにしておけば安いので間違いない

とリピーターが多く、評判が良いです。

レオさん
台湾データの運営元のグローバルモバイルは、いろいろな国と地域に特化したレンタルWi-Fiも扱っているんだ!

しかも、どのサービスも安いなんて嬉しい~。

海外旅行に行くならグローバルモバイルでレンタルWi-Fiを借りよう!

レオさん
まあ、ちょっと待って、全ての旅行プランに最適という訳でもないから、悪い口コミもチェックしよう。
  • 運営は株式会社グローバルモバイル
  • どこの国でも安く、リピーターに人気

③ 台湾データの悪い口コミ・評判

では、悪い口コミはどうでしょうか。

2.1悪い口コミ・評判 ⑴:受け取りできる空港は少ない

台湾データは、受取可能な空港が4つしかありません。

なので、これらの空港を経由しない人は必然的に宅配受け取りの方法をとります。

メルちゃん
空港での受取は4つの空港しか対応していないんだね。

<受け取りに対応している空港>

台湾データ グローバルWiFi
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 静岡空港
  • 千歳空港
  • 旭川空港
  • 仙台空港
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 大分空港
  • 宮崎空港
  • 那覇空港
  • 鹿児島空港(返却BOXのみで受取はできない)

ただ、空港受け取りだと忙しい出発時にカウンターに並んだりしなければいけません。

ですので、宅配受け取りのほうが便利だという口コミも多いようです。

レオさん
空港受取りは、カウンターを探したりする必要があるから自宅配送の方が便利という意見もあるよ。
  • 受取可能な空港は4空港のみ!
  • 宅配での受取が便利!

2.2 悪い口コミ・評判 ⑵:台湾以外では使えない

台湾データはその名の通り台湾で使うポケットWi-Fiです。

なので、台湾以外へ渡航する場合は使うことができません。

メルちゃん
台湾以外では使えないのは不便だね。

 

レオさん
ここに入力

当然のことだと思うかもしれませんが…

たとえば台湾へ行った後に日本に帰国せず、そのまま韓国へ渡航するなど複数国へ旅行の際に不便になります。

台湾データは日本に帰らないと返却ができないので、別の国にいる間はずっとレンタル料がかかってしまいます。

なので、2ヶ国以上渡航予定の方には、たとえ台湾に行く場合でもおすすめできません。

台湾以外では使えない…

④ 台湾データはこんな人におすすめ

次の項目に当てはまる人に台湾データがおすすめです。

こんなあなたにオススメ!
  • データ容量無制限で使いたい人
  • とにかく安く済ませたい人!
  • 保証オプションも安く付けたい人!

台湾データの口コミから分かった最大のメリットが

安い

データ容量無制限

ということです。

基本的なレンタル料金以外にも、モバイルバッテリーや補償オプションも安く評判が高いです。

なので、通信量を気にせず、かつ、最安値でレンタルWi-Fiを借りたいのであれば、台湾データが最もおすすめできます。

 

3.1 台湾データの申し込みから返却までの流れ

 

台湾データがおすすめなあなたへ、申し込みから返却までの流れを簡単にまとめてみます。

1.ネットで申込む

台湾データのWebサイト下部にある

レンタルのお申し込みはコチラから

をクリックします。

  • 出発日
  • 帰国日
  • オプションの有無
  • 名前
  • 住所
  • 商品受取方法

など、フォームを埋めていきます。

最後にクレジットカード等でお支払いをすれば申し込み完了です。

申し込みにかかる時間は5分~15分ほどです。

2.商品の受取

申込時に選択した方法で商品を受け取ります。

空港を選んだ場合は、出発の当日に空港で受け取ります。

宅配を選んだ場合は、指定住所に出発日の前々日か前日に届きます。

3.Wi-Fi接続設定

スマホ等の現地で使いたい機器をポケットWi-FiとWi-Fi接続します。

スマホの場合は、

「設定」⇒「Wi-Fi」⇒

「台湾データのSSIDを選択」⇒

「台湾データのパスワードを入力」

で接続できます。

台湾データの

  • SSID
  • パスワード

は、ポケットWi-Fiの電源を入れると画面表示されます。

ただ、日本国内だとWi-Fi接続が完了してもインターネットには繋がりません。

ですので、ここではスマホとポケットWi-Fi間との通信が確立したかの確認のみです。

それと、出発直前にはスマホの

  • モバイルデータ通信
  • ローミング

OFFにしておくことを推奨します。

これをやっておけば、誤って携帯キャリアの通信を使って高い料金を請求される心配がないからです。

4.現地で使用する

出発前にWi-Fi接続設定を終えていれば、現地到着後に

『ポケットWi-Fiの電源を入れるだけ』

でインターネットに繋がります。

5.商品の返却

帰国後に商品一式を同封されていた返信用封筒に入れてポストへ投函します。

返却日の翌日消印有効です。つまり、帰国日翌日のポストの最終集荷時間までに投函しましょう。

最終集荷時間に合わなかった場合は、郵便局で出せばOKです。

  • ネットで申し込み、事前に設定
  • 現地に行くまでは通信はOFFにしておく!
  • 帰国後はすぐにポスト投函で完了!

⑤ 台湾データはこんな人には向いていない

次の項目に当てはまる人には台湾データは向いていません。

向いていない人
  • 2ヶ国以上渡航する方(台湾以外にも行く方)
  • 空港内で受取から返却まで済ませたい方

台湾以外へも渡航するような場合、台湾データは向いていません。

台湾データは台湾のみでしか使えないので、台湾を出発してしまえばただの荷物になるだけです。

日本へ帰らないと返却もできないので、無駄にレンタル料金も発生します。

そして、空港内での受け取りや返却をしたい方にも向いていません。

一応空港受け取りは対応していますが、受取可能な空港が少ないです。

返却に関してはポスト投函なので空港返却ができないからです。

これら台湾データが向いていない人に当てはまる場合は、他社の比較記事を読んで自分に一番合った海外レンタルWi-Fiを選びましょう。

× 他社を検討!
  • 台湾以外の国にも行く方!
  • 空港で受取・返却したい方!

結論

台湾データの口コミには、

無制限で使えるうえに利用料金の安い

という高評価ものが多いです。

実際に調べて見ると口コミ通り、人気他社の

  • イモトのWiFi
  • グローバルWiFi

よりも台湾データのほうがはるかに安いです。

台湾以外にも渡航するといったような特別な事情がなければ、基本的に一番おすすめできます。

台湾データの詳細は以下のページで確認をしてくださいね。

>台湾データ申込みページ<

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら