光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

音声翻訳機10商品を比較!おすすめ人気ランキングTOP5

2019.07.16

音声翻訳機10商品を比較!おすすめ人気ランキングTOP5 はコメントを受け付けていません。

東京オリンピックを来年に控え、ますます日本への旅行者が増えている今日この頃ですよね。

街中で外国の方から、

「声をかけられたけれど上手く話せなかった」

という経験をしたあなたや、

「もっと海外旅行を楽しみたい」

というあなたへ、

音声翻訳機のおすすめランキングTOP10

を紹介します。

これを読めばあなたにピッタリの一台がすぐに見つかります

① 自分に合う音声翻訳機の選び方

自分に合った音声翻訳機を選ぶポイントをご紹介します。

1.1 対応言語で比較

まずは、対応言語の多い少ないで比較しましょう。

翻訳機の一番の目的は、

自分の言葉を相手の国の言葉へ変換する

もしくは、

相手の言葉を自分の国の言葉へ変換する

ことです。

なので、第一に自分の旅行したい国に対応しているのか、または、旅行先が決まっていない場合は、

より多くの言語に対応

しているかで比較する必要があります。

1.2 双方向翻訳機か一方向翻訳機か比較

双方向翻訳機なのか、一方向翻訳機なのかを比較します。

  • 自分の音声と相手の音声両方交互に翻訳してくれる:双方向翻訳機
  • 自分の音声だけを翻訳する:一方向翻訳機
言語変換の方向
双方向翻訳機 日本語 ⇒ 外国語へ変換

外国語 ⇒ 日本語へ変換

外国語 ⇒ 外国語へ変換

一方向翻訳機 日本語 ⇒ 外国語へ変換

今回比較する翻訳機はほぼすべて双方向翻訳機ですがili(イリー)だけが一方向翻訳機なので注意しましょう。

ili(イリー)のような一方向翻訳だと、自分の伝えたい事は相手に伝わります。

ですが、相手の言葉を理解できないので、コミュニケーションツールとしてはイマイチです。

1.3 オンラインで使うのかオフラインでも使えるのか比較

翻訳機には翻訳エンジンが必要です。

GoogleやBaiduなどクラウド上の翻訳エンジンを使うタイプは、ネット接続が必要なオンライン翻訳機です。

本体に内蔵されている翻訳エンジンを使うタイプは、ネット接続が必要ないオフライン翻訳機です。

翻訳エンジンのある場所 ネット接続
オンライン翻訳機 クラウド上にある 必要
オフライン翻訳機 本体にある 不要

精度や対応言語は、オンライン翻訳機のほうが圧倒的に優れています。

ですが、オンライン翻訳機はネットに接続しなければならないという点をデメリットに感じてしまう人もいます。

ただし、現在主流の翻訳機はほぼオンライン専用翻訳機です。

オフラインで使うタイプは珍しく、

  • ili(イリー)
  • ランジー(Langie)

ぐらいしかありません。

  • ili(イリー)が完全オフライン
  • ランジー(Langie)が基本オンラインでオフラインでも一部の言語使える

といった仕様です。

1.4 SIMカードが使えるか比較

オンライン翻訳機はネット接続が必要です。

ネット接続のためにSIMカードを本体に入れることができるタイプがあります。

本体にSIMカードを入れない場合は、Wi-Fi接続してネットに繋ぎます。

Wi-Fi環境さえ用意できれば、SIMカードを使えるのか使えないのかはどっちでもいいのです。

ですが、使えるとわざわざWi-Fiを用意しなくても良いという便利さがあります。

ネット接続の方法
SIMスロット有 ・SIMカードを入れる

・Wi-Fi接続

SIMスロット無 ・Wi-Fi接続

翻訳機の会社が専用グローバルSIMを販売していれば、それを購入すればいいだけです。

ですが、用意していない場合は、翻訳機が対応している周波数帯の現地プリペイドSIMを購入するなどします。

後者の場合、周波数帯のズレで使用できないケースもあるのでおすすめできません。

なので、SIMスロットが付いている翻訳機でも、

専用グローバルSIM

の販売が無い場合は、Wi-Fi接続して使うのが確実です。

1.5 翻訳精度で比較

翻訳精度に関しては、どの翻訳機が一番優れているのかはハッキリと分からないところがあります。

それは、使っている翻訳エンジンによって言語の得意不得意がそれぞれあるため、一概には言えないからです。

それと、どの翻訳エンジンを使っているのかすべての翻訳機が情報を公開しているわけでもありません。

なので、

  • 翻訳エンジンを複数使っているのか1つしか使っていないのか
  • マイクの精度の良し悪し
  • 多くの口コミ評判

などを参考にして比較します。

1.6購入費用で比較

翻訳機の本体価格は、はおおよそ性能に比例して高くなります。

安いものであれば1万円程度で買えますが、

  • 対応言語数が少ない
  • マイクの感度が悪い

など安いなりに品質に期待できません

だからと言って高い商品を買えば良いというわけでもありません。

まずは上記で挙げたように、

  • 自分が欲しい機能
  • スペック
  • 対応言語等

を比較し、最後に購入費用を比較して最も安いものにするのが良いでしょう。

② 音声翻訳機おすすめランキングTOP5

 

 1位:ポケトーク 

対応言語数 74言語
翻訳タイプ 双方向翻訳
ネット環境 オンラインでのみ使用可能
SIM ポケトーク専用グローバルSIM(2年)が使える(使い放題)
翻訳精度 ★★★★★
購入費用 グローバルSIMなし:26,870円

グローバルSIM2年付き32,270円

翻訳機の中で最も人気商品なのがポケトークです。

ポケトークの一番の特徴が、グローバルSIM2年付きが選べる点です。

また、別売りでグローバルSIM2年のSIMカードを購入し、本体に挿入して使う事もできます。

ポケトークはオンライン専用で使いますが、グローバルSIMさえあればWi-Fiを別途用意しなくても使えます。

そして、

  • 対応言語数の多さ
  • 翻訳精度の高さ

も優れているため、1位にしました。

 2位:MayumiⅡ 

対応言語数 45言語
翻訳タイプ 双方向翻訳
ネット環境 オンラインでのみ使用可能
SIM グローバルデータSIM付き (910円分チャージ済みで、約9時間翻訳可能)
翻訳精度 ★★★★
購入費用 24,056円

MayumiⅡは、購入時にグローバルデータSIMが付いてきます。

このSIMカードはチャージして使うことができます。

最初から約9時間翻訳ができる程度はチャージされているので、初期登録さえすればすぐに使う事ができます。

ただ、このグローバルデータSIMの初期登録が難しいと思ってしまう人も多々いるようです。

初期登録さえ済ませてしまえば、別途Wi-Fiを用意せずとも使えるオンライン翻訳機です。

ですので、ポケトークに次いで人気があります。

 3位:ez:commu 

対応言語数 48言語
翻訳タイプ 双方向翻訳
ネット環境 オンラインでのみ使用可能
SIM 販売は無し、基本的に国内SIMのみ対応(グローバルSIMはサポート外)
翻訳精度 ★★★★★
購入費用 26,780円
  • 翻訳精度
  • 対応言語数

など他社と比較して上位に食い込むスペックの翻訳機です。

ただし、専用SIMカードの販売は行っていません。

国内専用SIMのみ動作確認済みなので、海外用のSIMを取り付けても使用できない可能性があります。

海外用レンタルWi-FiなどでWi-Fi環境を用意できる人であれば、おすすめできる商品です。

 4位:Birgus 

対応言語数 70言語
翻訳タイプ 双方向翻訳
ネット環境 オンラインでのみ使用可能
SIM SIMスロットなし
翻訳精度 ★★★★
購入費用 17,250円

4つの翻訳エンジンを使った高い翻訳精度、ポケトークに次ぐ対応言語の多さが特徴です。

ただ、Birgusは料金が安い分、不要な機能もそぎ落としています。

そのため、翻訳以外の機能はほとんど付いていません

SIMスロットもないので、必ずWi-Fi接続して使うことになります。

 5位:Easy Talk 

対応言語数 38言語
翻訳タイプ 双方向翻訳
ネット環境 オンラインでのみ使用可能
SIM グローバルSIM別売り3,000円(約1,000回分)
翻訳精度 ★★★
購入費用 23,800円

約1,000回分翻訳可能なグローバルSIMが買えるので、

  • ポケトーク
  • MayumiⅡ

と同じく、別途Wi-Fi環境を用意しなくても良い点がメリットです。

ただし、他と比較すると

  • 対応言語数の数があまり多くない
  • 翻訳精度に多少の不安がある

ことから5位にしました。

③ 人気の音声翻訳機を徹底比較

対応言語や購入価格などの基本的な比較項目以外にも、プラスアルファで大事そうな比較項目を加えて、人気の音声翻訳機10商品を比較したのが下の表です。

翻訳機 基本スペック、価格 その他機能、保証、画面サイズ
ポケトーク
  • 74言語対応
  • 双方向翻訳
  • 専用グローバルSIM有
  • 翻訳精度<
  • グローバルSIMなし26,870円
  • グローバルSIM2年付き32,270円
  • 2,980円で3年保証に加入できる(それ以外は1年保証)
  • 2.4インチ
MayumiⅡ
  • 45言語対応
  • 双方向翻訳
  • 専用グローバルSIM有
  • 翻訳精度<
  • 24,056円
  • Wi-Fiルーターとして使える
  • ボイスレコーダー機能
  • 最大500人グループ翻訳可能
  • 日本語と中国語間の読み上げ速度調整可能
  • 1年保証
  • 2.0インチ
ez:commu
  • 48言語対応
  • 双方向翻訳
  • SIMスロット有
  • 翻訳精度<
  • 26,780円
  • Wi-Fiルーターとして使える
  • ボイスレコーダー機能
  • 最大1000人グループ翻訳可能
  • 1年保証
  • 2.0インチ
Birgus
  • 70言語対応
  • 双方向翻訳
  • SIMスロット無
  • 翻訳精度<
  • 17,250円
  • 1年保証
  • 2.4インチ
Easy Talk
  • 38言語対応
  • 双方向翻訳
  • 専用グローバルSIM有
  • 翻訳精度<普通>
  • 23,800円
  • Wi-Fiルーターとして使える
  • 1年保証
  • 2.4インチ
PERARK
  • 41言語対応
  • 双方向翻訳
  • SIMスロット無
  • 翻訳精度<普通>
  • 10,500円
  • 読み上げ速度調整機能
  • 1年保証
  • 2.4インチ
MagicSay
  • 34言語対応
  • 双方向翻訳
  • SIMスロット無
  • 翻訳精度<
  • 9,800円
  • 6カ月保証
  • 2.4インチ
Hikaru
  • 26言語対応
  • 双方向翻訳
  • SIMスロット無
  • 翻訳精度<普通>
  • 12,999円
  • 2年保証
  • 2.4インチ
Langie
  • 53言語対応
  • 双方向翻訳
  • SIMスロット有
  • 翻訳精度<普通>
  • 32,184円
  • 画像検索
  • 最大5人グループ翻訳
  • マルチメディア対応
  • ボイスレコーダ機能
  • オフラインでも13言語翻訳可能
  • 1年保証
  • 1.08インチ
ili
  • 3言語(日本語からの一方向のみ)
  • 一方向翻訳
  • SIMスロット無
  • 翻訳精度<普通>
  • 21,384円
  • オフライン専用
  • アップロードにPCが必須
  • 1年保証
  • 液晶画面が無い

その他機能の項目では、

  • Wi-Fiルーターとして使えるか
  • ボイスレコーダー機能があるか
  • グループ翻訳に対応している

のかなどに注目しましょう。

これらは、無くても特に困らないですが、あるといろんな使い方ができて便利です。

保証に関しては、基本1年保証が多いですが、

  • 半年保証
  • 2年保証

もあるのできちんと見極めて比較しましょう。

特に、ポケトークだけが有料の保証契約があるのが特徴的です。

それと、画面のサイズも重要です。

一番大きいサイズは2.4インチなので、これだけあると操作性がよく文字も見やすくて使いやすいでしょう。

ili(イリー)は液晶画面が付いていません

また、ランジー(Langie)だと付いていても1.08インチしかありません。

結論

自分に合う翻訳機は、

  • 対応言語の数
  • SIMカード対応

かどうかなど、今回の記事で書いたポイントに注目して比較しましょう。

音声翻訳機10商品を比較した結果、一番のおすすめ

ポケトーク

です。

翻訳精度の高さ、グローバルSIM対応で購入後すぐに使えるなどメリットが多く、人気商品です。

ポケトークの購入方法は、以下の申込みページで確認してくださいね。

ポケトーク申込みサイト

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら