光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

フレッツ光と他回線を金額・速度・割引で徹底比較|キャッシュバックが高額な代理店も教えます!

2017.10.10

フレッツ光と他回線を金額・速度・割引で徹底比較|キャッシュバックが高額な代理店も教えます! はコメントを受け付けていません。

様々な種類のインターネット回線の中で、今もっとも高速で安定したインターネット通信ができるのは、光回線です。

光回線は、光ファイバーケーブルでネット通信をしており、最大1Gbpsの通信速度を実現できるからです。

 

今はさまざまな会社が光回線サービスを提供しているので、どの光回線を選べばよいのか迷ってしまいますよね。

 

そこでこの記事では、色々な角度から光回線を比較し、あなたにとってベストな光回線がわかるように説明していきますので、契約前の参考にしてくださいね。

 

①フレッツ光と他社光回線の比較

光ネット回線といえば、NTTの提供する「フレッツ光」が有名ですが、実は、光インターネット回線にはフレッツ光以外にも「光コラボ回線」「auひかり」「ジェイコム(ケーブルTV)」「電力会社系回線(コミュファ・eoなど)」などがあります。

 

それぞれの回線の特徴を簡単にまとめました。

 

1.1光コラボ回線とは?

「光コラボ回線」とは、NTTフレッツ光のネット回線設備を使用したサービスで、回線の品質はフレッツ光と同じですが、プロバイダ料金が込みになっている事や、その他のサービスなどが各回線で違っています。

 

光コラボ回線は、全国に300社以上あると言われており、有名なところは「ドコモ光」「ソフトバンク光」「ONC光」などです。

 

1.2 auひかりと電力会社系光回線とは?

auひかりは、KDDIの独自回線を持っていますが、屋外の光ケーブル等はNTTの設備を使います。

電力会社系の光回線である、「コミュファ光・eo光」は独自の光ケーブル設備を利用しています。

 

このように、光回線の種類は複数ありますが、技術的なものはどれも同じで、ほとんど回線が最大速度上下1Gbpsでサービスを提供しています。

 

1.3 J:com光はすこし特殊?

少し特殊な光回線は、ケーブルでテレビの配信サービスをしているJ:comのネット回線、J:com光です。

 

J:com光のネット回線は、幹線部分に光ファイバーが敷設され、そこから宅内までは同軸ケーブルを使った「光ー同軸ハイブリッド方式」によりインターネットを提供しています。

 

下り320Mbps、上り10Mbpsなので、完全な光回線よりは通信速度が遅いのが特徴です。

 

1.4各光回線の基本料金の比較

回線の種類が分かったところで、どの光回線を選べば良いか「基本料金・速度・初期費用」を比較しました。

 

フレッツ光だけは、プロバイダ料金が別になりますので、代表的なプロバイダーのOCNを選んだ場合の料金「フレッツ光+OCN」で比較します。

 

基本料金は、数年ごとの自動更新による割引サービスを利用した場合の比較です。

 

光回線各社の料金比較表(戸建てタイプ)
フレッツ光+OCN

(東日本)

基本料金:5,500円

新規工事費用:18,000円

フレッツ光+OCN

(西日本)

基本料金:4,910円

新規工事費用:18,000円

auひかり 基本料金:4,900~5,100円

新規工事費用:37,500円(625円×60ヶ月割引で実質無料)

コミュファ光 基本料金:3,930円

新規工事費用:無料

eo光 基本料金:4,953円

新規工事費用:無料

ソフトバンク光 基本料金:5,200円

新規工事費用:24,000円分(乗り換えに限り実質無料)

ドコモ光 基本料金:5,200円

新規工事費用:18,000円(期間限定で無料)

OCN光 基本料金:5,100円

新規工事費用:18,000円

比較表を見てわかるように、コミュファ光が基本料金で頭一つ抜けています。

それ以外では、auひかりとソフトバンク光が、長く使うことで料金が下がる仕組みになっています。

 

マンションの場合、1Gbpsを利用できるのは光配線方式のみなので、光配線方式で世帯数は8世帯以上で比較します。

 

光回線各社の料金比較表(マンション光配線方式タイプ)
フレッツ光+OCN

(東日本)

基本料金:4,350円

新規工事費用:15,000円

フレッツ光+OCN

(西日本)

基本料金:3,740円

新規工事費用:15,000円

auひかり 基本料金:4,050円

新規工事費用:30,000円(1,250円×24ヶ月割引で実質無料)

コミュファ光 基本料金:5,500円

新規工事費用:無料

eo光 基本料金:非公開(高い)

新規工事費用:無料

ソフトバンク光 基本料金:3,800円

乗換え新規工事費用:24,000円分(乗換えに限り実質無料)

ドコモ光 基本料金:4,000円

新規工事費用:15,000円(期間限定で無料)

OCN光 基本料金:3,600円

新規工事費用:15,000円

マンションの場合はOCN光がとても安く、品質的にはフレッツと全く一緒なので、料金を少しでも抑えたい場合は、OCN光に乗り換えるのがベストでしょう。

 

1.5キャンペーンで比較するならどの回線?

次に、入会時に貰えるキャッシュバックの内容で、光回線を比較しました。

 

フレッツ光は代理店を利用して申し込みをしても、キャッシュバックはほとんどなく、ネット回線をキャンペーン特典で比較して選ぶなら「auひかり・ソフトバンク光・ドコモ光」がお勧めです。

 

【キャッシュバックが一番高額なのはauひかり】

3社の中で、キャッシュバックが一番高額な光回線は、auひかりです。

 

auひかりを代理店のNNコミュニケーションズから申込むと、貰えるキャッシュバックの金額と特徴をまとめました。

 

NNコミュニケーションズ(回線:auひかり)
キャッシュバック ネット+電話:50,000円
ネットのみ:43,000円

※マンションタイプはそれぞれ1万円減額

特徴 面倒な手続きが要らず、電話で手続きが完了する
オプションの加入条件などがない
短1ヶ月後で指定口座に振り込まれる
マンションタイプは上記の金額より1万円減額

 

今回ご紹介するauひかり公式代理店のNNコミュニケーションズは、オプション契約を一切しなくても43,000円貰え、手続きも簡単なので自信をもっておすすできます。

NNコミュニケーションズ キャンペーンサイト

 

auひかりのキャンペーン内容をもっと詳しくお知りになりたい方は、以下の記事が参考になります。

最新速報!auひかり キャンペーン辛口比較|キャッシュバックがお得な代理店

 

【Wi-Fiルータと現金の両方が貰えるソフトバンク光】

次に、キャッシュバックが大きくおすすめの回線は、ソフトバンク光です。

 

ソフトバンク光は、代理店のエヌズカンパニーから申込むと、特典に現金のみと現金+ネット周辺機器のどちらかを選ぶことが出来るので、喜ばれています。

 

エヌズカンパニー(回線:ソフトバンク光)
キャッシュバック 新規A:30,000円

新規B:25,000円+無線LAN または 無線ルーター

転用:13,000円

特徴 面倒な手続きが要らず、電話で手続きが完了
オプションの加入条件などがない
最短1ヶ月後で指定口座に振り込まれる

 

ソフトバンク光で紹介する代理店は、エヌズカンパニーです。

エヌズカンパニーも、NNコミュニケーションズと同様に申込みが簡単で、オプションの契約なしで上記のキャッシュバックが貰えるので、おすすめです。

 

エヌズカンパニーの詳しいキャッシュバック内容と申し込み方法は、以下のキャンぺーンサイトをチェックしてくださいね。

エヌズカンパニー キャンペーンサイト

 

ソフトバンク光のキャンペーン内容は、以下の記事にまとまっていますのでぜひ参考にしてくださいね。

2018最新!ソフトバンク光 キャンペーン比較|キャッシュバックが本気でお得なのはココ

 

【ドコモのスマホ利用者はドコモ光がお得】

ドコモ光のキャッシュバックは、auひかり・ソフトバンク光よりは少ないですが、ドコモスマホとのセット割があることと、キャッシュバック以外の特典が良いのでおすすめです。

 

ドコモ光は、26社のプロバイダーから自由に選んで契約出来ますが、その際に「GMOとくとくBB」を選ぶと以下の特典が貰えます。

 

GMOとくとくBB(回線:ドコモ光)
キャンペーン特典 キャッシュバック最大:15,000円

出張サポート1回無料

Wi-Fiルータ無料レンタル

セキュリティ1年間無料

 

GMOとくとくBBは、ドコモ光を契約中ならば高品質のWi-Fiルーターをずっと無料で利用できるので、大変喜ばれています。

GMOとくとくBB キャンペーンサイト

 

ドコモ光のキャンペーン内容は、こちらの記事にくわしく書かれているので確認してくださいね。

公式は損!ドコモ光 キャンペーンはキャッシュバックとポイントをWゲットせよ

 

1.6プロバイダで光回線を比較

プロバイダとは、インターネット接続事業者のことです。

光ケーブルはNTTやKDDIなどの電話会社が提供し、さらに、インターネットの世界に繋ぐのがプロバイダの仕事です。

 

フレッツ光の場合、ネット回線(フレッツ光)とプロバイダを別々に契約します。

OCN光やビックローブ光などは、もともとプロバイダ事業を行なっている会社が提供している光コラボ回線なので、プロバイダはその会社になります。

その他、提携のプロバイダが一つのみのところもあれば、複数から選べるところもあります。

 

プロバイダを比較する基準は、「料金」「通信品質」「オプションのサービス」を見ると良いでしょう

通信品質は、口コミを見ても賛否両論の場合が多く信用性に欠けるので、ここでは料金とオプションサービスのみを比較しました。

 

料金はフレッツ光で利用する場合ですが、オプションについてはプロバイダーが提供している光コラボ回線や、他社回線と組み合わせた場合にも参考になります。

 

大手プロバイダの料金・オプション比較
OCN 基本料金:1,100円(戸建て)1,100円(マンション)

オプションサービス:1個(メールアドレス)
無料なし(ホームページ)

So-net 基本料金: 1,000円(戸建て)900円(マンション)

オプションサービス:3個無料(メールアドレス)
10MBまで無料(ホームページ)

BIGLOBE 基本料金: 1,200円(戸建て)900円(マンション)

オプションサービス: 5個無料(メールアドレス)
100MBまで無料(ホームページ)

plala 基本料金: 1,000円(戸建て)800円(マンション)

オプションサービス: 1個無料(メールアドレス)
5MBまで無料(ホームページ)

 DTI 基本料金: 951円(戸建て) 680円(マンション)

オプションサービス:1個無料(メールアドレス)
50MBまで無料(ホームページ)

@nifty 基本料金: 1000円(戸建て) 950円(マンション)

オプションサービス: 4個無料(メールアドレス)
なし(ホームページ)

 BBexcite 基本料金: 500円(戸建て) 500円(マンション)

オプションサービス: 280円(メールアドレス)
なし(ホームページ)

 AsahiNet 基本料金: 780円(戸建て)700円(マンション)

オプションサービス: 2個無料(メールアドレス)
100MBまで無料(ホームページ)

オプションのサービスは、「無料のメールアドレス」「ホームページの無料サーバー」の提供などがあります。

フリーメールやレンタルサーバーを使う人は関係ないので無視してもかまいません。

 

②フレッツ光を利用中で、通信・料金に不満がある場合の対処法

現在フレッツを利用の方が、「料金が高い」「速度が遅い」などの不満を持っているのであれば、「プロバイダを切り替える」か「回線ごと切り替える」という2つの選択肢があります。

 

2.1速度に不満がある場合

フレッツ光回線はそのままでも、プロバイダを乗り換えると速度が改善する可能性があり、それは、通信速度が、地域ごとの利用ユーザーとプロバイダの設備の能力との割合で決まるからです。

インターネット利用者が増加する、夜の22時ぐらいになると通信速度が落ちるのはそのためです。

 

しかし我々ユーザーは、プロバイダの設備と利用者数を調べる方法はありません。

ほとんど運によるところが大きいので、今のプロバイダで混雑時に速度が出ないのであれば、試しにどこでもいいので変更してみると改善するかもしれません。

 

利用者が増える夜のみ通信速度が低下するのであれば、プロバイダの変更で改善が期待できますが、一日中どの時間帯も遅い場合は、プロバイダ以外に、「回線、ルーター、パソコン」などが原因と考えられます。

 

コミュファ光(東海4県)、eo光(近畿2府4県および福島県の一部)は速度に定評があるので、提供エリア内であれば、戸建ての人はフレッツ光から乗り換えると速くなる可能性があります。

 

2.2コスト面で不満がある場合

コストを考えるなら、プロバイダのみの乗り換えよりも、回線自体の乗り換えの方が効果的です

「フレッツ+プロバイダA」よりも「プロバイダAの提供する光コラボ」の方が安い傾向があります。

 

例えば、「OCN光」は「フレッツ光+プロバイダOCN」と設備的には全く一緒ですが、東日本のフレッツマンションプラン1=4,350円なのに対し、OCN光=3,600円で、その差750円です。

 

他にもコストを抑える方法としては、「携帯・スマホとのセット割り」がある回線を選ぶと効果的です。

  • ドコモ携帯・スマホの方⇒ドコモ光
  • ソフトバンク携帯・スマホの方⇒ソフトバンク光
  • au携帯・スマホの方⇒auひかり

セット割は、携帯・スマホのデータ定額プランから割引が受けられ、割引率は契約データ容量に比例して大きくなります。

 

③光ネット回線選び方のまとめ

光回線・プロバイダー・代理店を比較する事で、あなたに合った回線を見つける方法を紹介してきましたが、このほかにも回線の選び方色々あります。

 

たった数個の質問に答えるだけであなたにピッタリの回線が見つかる、便利な記事も用意してありますので、そちらで診断を受けてみるのもおすすめです。

 

たった1分で結果がでるので、ぜひ試してみてくださいね。

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら