光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

@T-COMは、実はお得じゃない!評判、料金を他社と比較!

2017.07.03

@T-COMは、実はお得じゃない!評判、料金を他社と比較! はコメントを受け付けていません。

この記事では、最新のキャンペーン情報や@T-COMの詳細や評判などについてご紹介していきます。

 

結論から言いますと、@T-COM光はあまりお勧めできません。
二年連続通信速度No.1という点では、@T-COM光も評判は悪くはないのですが、これから紹介していく他社と@T-COMをトータル面で評判を比較すると、どうしても1番良いとは言えません。

 

この記事では、@T-COM光の料金、キャッシュバック、評判などを他社と比較しながら、今現在どこの光通信がお得なのかを紹介していきたいと思います。

今のあなたにとって最もお得なインターネット回線がわかるので、契約前の方は是非参考にしてみてくださいね。

 

 

①@T-COM光と他社の基本料金・キャッシュバック比較

では、早速料金を比較して、今一番お得で評判のいいのはどこなのか評価していきましょう。

 

比較項目は、以下の5点です。

 

・基本料金

・初期費用

・セット割

・通信品質

・キャッシュバック

 

 

結論から先に伝えると、今からであれば、@T-COM光より大手スマホキャリアが運営する下記三回線が一番評判がよくてお得になります。

 

・auひかり

・ドコモ光

・ソフトバンク光

 

 

特にこの大手スマホキャリアを利用しているのであれば、同じ会社の光通信を選ぶことのよって、トータルコストが最も安くなります。

 

@T-COM光とこれらの差がどれくらい変わるのか見ていきましょう。

 

 

1.1基本料金

 

各社の月々の金額は、以下の通りです。

基本料金の比較(プロバイダー料込み)
 @T-COM光 戸建て:5,100円
マンション3,800円
 auひかり 戸建て:5,100円

マンション:3,800円

 ソフトバンク光  戸建て:5,200円
マンション:3,800円
ドコモ光 戸建て:5,200円
マンション:4,000円
フレッツ光 戸建て:6,200円
マンション:5,100円

 

実は、@T-COM含め各社の基本料金は殆ど同じなのです。

フレッツ光は「回線とプロバイダーが別契約で支払いも2社別々」という仕組みなので割高になります。

そのほかにも、同じくらいの基本料金が同じくらいの光通信は、たくさんあります。

ですから光回線の基本料金はどこも殆ど差はないという認識でOKです。

 

 

1.2初期費用

初期費用は「開通工事費」と「事務手数料」の2つがあります。事務手数料は、どこと契約しても同じ3,000円ですので、今回は工事費用を比較していきます。

工事費の比較
@T-COM光 新規:18,000円
乗換え:無料
auひかり 新規:無料
乗換え:無料
ソフトバンク光 新規:20,000円
乗換え:無料
ドコモ光 新規:20,000円
乗換え:無料
フレッツ光 新規:20,000円
乗換え:無料

 

工事費用は、現在auひかりのみ新規でも無料のキャンペーンを実施しています。
それ以外は、どこも差がないと捉えていただいてOKです。

 

 

1.3セット割

現在のところ、基本料金、工事費用の面では、殆ど差がありません
では、どこで金額の差が発生するかと言うと、各社が提供している「セット割」で大きく変わってきます。

ですので、これから光回線を選択する場合は、「セット割」を利用できる会社を選ぶのが、重要なポイントになってきます。
具体的に言うと、あなたや家族が利用しているスマホ会社と同じ会社選べば、最も少ない金額で利用することが可能です。

 

 

では、各社のセット割の内容を見ていきましょう。

セット割の比較
@T-COM光 にねん割
@T-COM光の料金が600~1,150円割引
auひかり スマートバリュー
auのスマホ料金が934円~2,000円割引
ソフトバンク光 おうち割
ソフトバンクのスマホ料金が500~2,000円割引
ドコモ光 光セット
ドコモのスマホ料金が500~1,100円割引
(シェアプランの場合800円~3,200円割引)
フレッツ光 セット割なし

 

割引額が大きいのは、auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光の三社です。
これらの会社のセット割は、金額だけでなく、家族全員のスマホが割引対象になるのも大きなポイントです。

 

例を言うと、auひかりの「スマートバリュー」は家族全員のスマホが割引適用になります。
1人あたり500~2,000円の割引ですので、家族が4人いれば2,000~16,000円の割引額になるということです。

ソフトバンク光も同じ仕組みですし、ドコモ光のシェアプランですと更に大きな割引額になります。

 

コストを下げたいのであれば、セット割が使える大手三大キャリアを選ぶのがお得ということになります。

 

 

@T-COM光もにねん割を行っていますが、三大キャリアと比較すると割引額が大幅に少なくなります。
ですので自分が持っているスマホキャリアと同じ光通信を選択するのが、最もコストを下げる方法になります。

 

 

最近では、利用者が増加している「格安スマホ」を利用している方については、キャッシュバック金額が評判の良い「auひかり」を選択するのがベストです。

基本料金は、@T-COM含めどこも差がありませんし、auひかりの場合は、新規申し込みでも工事費用が無料ですので、トータルで見ると金額の大きい「auひかり」が最も評判が良くて最適なんですね。

詳しくは、次の項目で説明します。

 

 

1.4キャッシュバック(キャンペーン)

では、キャッシュバックについて見ていきましょう。
各社比較をしていきます。

キャッシュバック比較
@T-COM光 10,000円分の商品券
auひかり ひかり電話同時契約:43,000円
ネットのみ契約:36,000円
ソフトバンク光 新規:20,000円+新型ルーター(10,000円相当)
乗換え:34,000円
ドコモ光 dポイント10,000円+現金5,000円
更に新型Wi-Fiルーター無料提供(10,000円相当)
フレッツ光 キャッシュバックなし

キャッシュバックが最も大きいのは、auひかりです。
auひかりの最大の評判としては、新規でも乗換えでも同等のキャッシュバックが発生することです。
ひかり電話(固定電話:月々500円)を同時契約すると最大で46,000円がキャッシュバックされます。
ネットのみの契約でも、36,000円のキャッシュバックなので非常に大きいですね。

後は、さほど大きな差はなくて25,000~34,000円ほどのキャッシュバックとなっております。

@T-COM光は、10,000円分の商品券のみですので、キャッシュバックは、大手三大キャリアと比べて少なく評判がよくないのが現状です。

 

 

②通信品質に差があるの?

ここまでは、数字のお話ばかりでしたが、通信品質はどうなのか?という点についてお話していこうと思います。
結論から言うと、「回線速度は同じ」「プロバイダーで速度差がある」となります。

 

2.1回線の速度は同じ

auひかり以外の光回線は、フレッツ光回線を使用しています。
使っている設備が同じなので、回線速度も同じです。

auひかりはKDDIが所有している回線ですが、設備の品質はフレッツ光と同等のものになります。

評判も満足度も決して劣ってはいません。
なので回線速度は、どこを選んでも同じということになります。
この記事で紹介している光回線すべてが最大速度1Gbpsです。

 

2.2プロバイダーで差がある

速度は、「利用しているプロバイダー」によって左右されます。
プロバイダーは、通信混雑が発生して、利用者の増減で速度変動があるからです。

品質の問題ではなく、混雑が原因で速度差が発生するので、一概にどこのプロバイダーが優秀かとか評判が良いとは言えません。

 

ただ、下記のプロバイダーは「IPv6プラス接続」を採用してますので、混雑が発生しにくくなっています。

・auひかりで利用できる「so-net」

・ソフトバンク光の「Yahoo!BB」

・ドコモが採用している「GMOとくとくBB」

 

なので大手キャリアの光回線の速度は、非常に評判がいいものになっております。
実際に顧客満足度でも、2年連続大手携帯キャリアの光通信が上位3位を独占しています。

やはりこの三社の評判は、凄くいいみたいです。

 

 

まとめ:セット割の効く大手三大会社がお勧め

@T-COM光もフレッツ光に比べると料金も安くなりますし、キャッシュバックもついてきます。

速度満足度などから見ても決して評判も悪くはありません。

ですが、@T-COMと三大キャリアを比べると、どうしても「セット割」の点でお得度が下がってしまいます。

 

なので大手三大キャリアのスマホを利用している方は、@T-COMよりも三大キャリアの光通信をお勧めします。
いざというときのトラブルの対処などのアフターケアも三大キャリアは優秀なのはもちろん評判も抜群です。

 

格安スマホを利用している方は、キャッシュバック金額の多いauひかりを選択するのがベストです。
プロバイダーを@T-COMをすでに利用していて、よほど気に入っていない限り格安スマホユーザーは、auひかりがお勧めです。

 

各社のキャッシュバックは申し込み方法を間違えると、キャッシュバック金額が大幅に下がってしまいます。
下記記事にそれぞれの受取り方法、注意点をご紹介しているので、申し込む前に目を通しておいてくださいね。

 

 

ドコモスマホをお使いの方はこちらで評判・キャッシュバックをご確認ください。

 

auスマホ・格安スマホをお使いの方はこちらで評判・キャッシュバックをご確認ください。

 

ソフトバンクスマホをお使いの方はこちらで評判・キャッシュバックをご確認ください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら