光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

auひかりが遅いですか?|乗り換え前にまずこの7つをチェックしよう!

2017.09.17

auひかりが遅いですか?|乗り換え前にまずこの7つをチェックしよう! はコメントを受け付けていません。

ネット回線を選ぶ時に気になるのは「毎月の基本料金」と「通信速度」ですよね。

ほとんどのユーザーさんが、auひかりに替えて早くなったと感じているようですが、一部の方からは遅いという評判も聞かれます。

 

通信速度が遅い場合は回線の乗り換えが唯一の解決方法と思いがちですが、ネット回線の乗り換えは案外面倒な作業なので、まずはこちらで紹介する「身の回りでできる改善ポイント」を試してからでも遅くありませんよ。

 

①auひかりの通信速度は速いの?遅いの?

それでは、auひかりの通信速度は「他社と比べてどうなのか」「通信速度が遅くなる理由は?」「開通後の速度が遅いと感じた時は?」という点について説明していきます。

 

1.1 auひかりとフレッツ光の回線スピードは1Gbpsで同じ

auひかりもフレッツ光も回線速度は「最大1Gbps」で同じですが、ネット上ではフレッツ光回線より「auひかりは速い」という口コミの方が多くあります。

 

同じ1Gbpsの回線なのに、なぜauひかりとフレッツ光回線で違いが出るのかというと、それは、インターネットへ繋がっているIP網に違いがあるからです。

 

フレッツ光は「フレッツ網」というIP網を使っていて、このIP網はフレッツ光回線以外に、光コラボ回線でも使用されるため利用者がとても多いのです。

 

その点、auひかりは、KDDI独自のIP網を使用しており、利用者が少なく混雑の影響を受けずらいことが、auひかりの方が速度的に優位になる理由です。

 

1.2 auひかりが遅くなるその理由とは?

それでも「auひかりは遅い」という口コミも一部で聞かれます。

その理由は、地域によって利用数が違うということが挙げられます。

 

IP網の説明と混雑の説明をしましたが、道路の渋滞と同じで、車がたくさん通っていると流れにくくなるように、インターネットも利用者が多くデータがたくさん流れすぎているとネットワークが渋滞します。

 

つまり、その地域や時間帯で利用者が多いと、フレッツ光回線でもauひかり回線でも、キャパを超えてしまい速度低下が起きるという訳です。

 

地域にどれだけ利用したい回線利用者がいるのかは分からないため、残念ながらその回線が快適に利用できるのかは、開通してみないとはっきりとは分かりません。

 

1.3開通後に遅いと感じたら?

auひかりの開通後に思ったより通信速度が遅いと感じた場合には、初期契約解除制度」を使い8日以内までなら、ユーザーの都合で解約する事ができ、その際は違約金が発生しません

 

ただし、これは「クーリングオフ」とは違い、開通にかかった工事料金・事務手数料は自分で負担しなくてはなりません。

 

②実測値の目安

実際どれくらいの回線スピードが出ていれば、快適にインターネットができるのか使用例をまとめてみました。

 

 インターネットの使用例と推奨回線の種類
利用例 伝送速度と推奨される回線の種類
メール送受信 1Mbps    ADSL・WiMAX・光回線
ホームページ閲覧・株取引 10Mbps   WiMAX・光回線
動画・音楽・オンラインゲーム 30Mbps   光回線
高画質・高音質動画 60Mpbs   光回線

 

auひかりに限らず、インターネットの回線速度はベストエフォートで表示され、光回線の多くは「最高速度1Gpbs」で売り出しています。

 

しかし、それは最大理論値であり保障された速度ではないので、最大限速度が出るように努力しているだけで、実測値で1Gbps出ることはありません。

でも、実際は100Mbps以上速度が出れば、ネット通信が遅いと感じることはないでしょう。

 

2.1通信速度の測り方

感覚だけで速い遅いと言っても、auに問い合わせる時に速度の実証が出来ません。

そこで、実際どのように通信速度を測るかというと「速度測定サイト」を利用します。

 

KDDIの方は、KDDIネットワーク内の速度測定サーバを使うので、auひかりユーザーじゃないと入れません。

KDDI速度測定サイト・スピードチェック

 

その他の回線をお使いの方は、以下のサイトを利用してみてください。

BNRスピードテスト

 

auひかりの実測値は、大体100Mbps~500Mpbsになることが多いです。

 

測定値が100Mbps以下だった場合は、auひかり回線だからという理由以外に「Wi-Fi・パソコン・LANの規格・セキュリティーソフトなどの問題」または、ネットが混雑している事も原因と考えられます。

 

次項では、「自分でできる回線速度の改善方法」について紹介しています。

 

③自分でできる改善方法はなに?

速度がどうしても低い場合は、auひかりのサポート窓口へ問い合わせて原因を探ってもらうのも一つの手ですが、問い合わせの前に簡単にチェックできる改善方法を7つ紹介します。

 

3.1ホームゲートウェイの「省エネ」ボタンをOFFにする

auひかりからレンタルできる無線LAN機器の「ホームゲートウェイ」には省エネ機能が付いています。

 

この機能がONになっていると、Wi-Fi機能の停止とLANポートの速度制限がされますので、省エネボタンを「OFF」にすることにより速度が改善するケースがあります。

 

3.2パソコン側のLAN規格、無線規格を確認

ホームゲートウェイまでの通信速度がいくら速くても、パソコンの側が遅いと速度は出ません。

 

有線接続の場合、パソコンのLANポートの規格が「1000BASE-T非対応」だと、最大速度は100Mbpsまでしか出ませんので、確認してみましょう。

 

Wi-Fi通信している場合は、パソコン側の無線子機も「11ac」に対応していないと速度が出ません。

 

3.3パソコン自体のスペックが遅い

パソコンが古い場合、「OS・CPU・メモリ」などの原因で遅くなっている場合があります。

 

ハードディスクの最適化や、使っていないソフトウェアをアンインストールするなどで、改善する余地があるかもしれません。

 

3.4 LANケーブルが1000BASE-T非対応

有線接続の場合、LANケーブルが「100BASE-TX」だと100Mbpsまでしか速度が出ません。

 

LANケーブルに「CAT5 」と書いてあれば100BASE-TX、「CAT5E」または「CAT6」書いてあれば1000BASE-T対応で1Gbpsの通信ができます。

 

3.5パソコンに入っているセキュリティーソフトを停止してみる

セキュリティーソフトが重すぎる事が、速度が遅くなる原因の場合もあります。

 

一時的にセキュリティ機能を停止させ、改善しないか試してみて、改善するようであれば、セキュリティの設定を見直す必要があります。

 

3.6市販のWi-Fiルーターにする

auひかりでレンタルできる無線LNAのホームゲートウェイは、最大通信速度が450Mbpsです、これではどんなに有線での速度が速くても、無線にすると最大450Mbpsまでしか出ません。

 

そこで、市販のWi-Fiルーターを購入し、ホームゲートウェイにLANケーブルで購入したWi-Fiルーターを接続して使うという方法があります。

 

この時もちろん、auひかりのホームゲートウェイより優れたWi-Fiルーターを購入しないと意味がありませんので、最大速度が1Gbps以上のものがおすすめです、ただし、この方法は速度が遅い理由が無線LANと確認出来た場合に限られます。

 

いくら無線区間を速くしても、有線区間が遅ければ意味がないので、市販のWi-Fiルーターを購入する前に、必ずホームゲートウェイとパソコンを「1000BASE-T対応」のLANケーブルで有線接続し、通信速度を確認しましょう。

 

3.7市販のWi-Fiルーターを使っている場合

市販のWi-Fiルーターを利用している場合は、以上で紹介した事を市販のルーターでも確認してみましょう。

 

  • WAN側のLANポートが「1000BATS-T対応」になっているか
  • WAN側のLANケーブルが「1000BASE-T対応」になっているか
  • Wi-Fiの規格が「11ac対応」になっているか

 

以上のことを全て確認しても速度が改善しない場合、始めてauひかりのサポート窓口へ問い合わせをしましょう。

auひかりサポート窓口
0077-7084

営業時間 9:00~23:00

 

④それでも速度が上がらない場合、どこに乗り換える?

上記の方法を試しても通信速度が改善しなかった場合は、auひかりから光コラボ回線へ乗り換えることをお勧めします。

 

4.1プロバイダー系光回線と大手携帯会社の光回線

光コラボ回線とは、NTTフレッツ光の回線設備を使用した光回線の総称で、auひかりとは違うネット回線を使用しているので、auひかりが遅いと感じた場合に乗り換えることで改善が期待できます。

 

この理屈で言えばフレッツ光でもいいのですが、乗り換え時のキャンペーンやキャッシュバック、月々の基本料金などを考えたときフレッツ光よりも光コラボの方が負担が少なく乗り換えることが出来るのでおススメです。

 

光コラボ回線を提供している事業者には、以下の種類と会社が有名です。

【プロバイダー系】

  • OCN光
  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • DTI光

【大手携帯キャリア系】

  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

 

4.2 auスマホユーザーさんへはビッグローブがおすすめ

auのスマホユーザーは、ネット回線をauひかりにした場合「auスマートバリュー」というスマホとのセット割りで携帯料金から割引を受けているでしょう。

 

しかし、auひかりから他社ネット回線に乗り換えると、この割引が受けられなくなり、毎月のスマホ代が上がってしまいます。

そこでおすすめなのが、ビッグローブ光です。

 

ビッグローブはKDDIの子会社なので、ビッグローブ光でも「auスマートバリュー」が引き続き利用できるという理由からです。

 

BIGLOBE光のキャンペーンや詳しい内容は、以下のプロバイダーサイトをご確認くださいね。

BIGLOBE光公式サイト

 

 

※auひかりからの乗り換えを検討されている方は、auひかりからフレッツへの乗り換えはダメ!キャンペーンと割引を使って安い回線を選ぼう!」の記事でより詳細な、乗り換え先の選び方を解説しているので、こちらもご参考ください。

 

 

⑤auひかりの通信速度はおおむね速い

auひかりの通信速度は、他社と比べても一般的に速いのですが、すべてのユーザーのケースで速いと感じるわけではなく、条件次第では他社の方が速くなる場合もあります。

しかし、おおむね「auひかりは速い」と結論づけることが出来るでしょう。

 

auひかりはフレッツと違い、独自のIP網内ネットワークを築いており、一度決めたプロバイダを変更できないというデメリットと引き換えに、どのプロバイダを選んでも速度に大差がないような仕組みになっています。

 

速度が遅い方は、ネット診断で最適なの回線を見つけてみよう

ネット回線はお住いの環境や地域、使っているスマホなど、さまざまな条件によって、ベストな選択肢が変わってきます。
多くの方は営業マンのトークを鵜呑みにしてしまいますが、多くの場合、もっと良い条件のネット回線があります。

 

あなたの条件にぴったりのネット回線を下記の記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
住まいやスマホなどの条件を入力すると、最もあっている回線がたった1分で分かりますので、ぜひお試しください。

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

 

フレッツ光からauひかりに乗り換えたのに、全く速度が上がらないという場合は、上記で紹介した改善策を一度試してみてくださいね。

それでも通信速度が遅い時は、フレッツ光か光コラボ回線へ乗り換えましょう。

 

ネット回線の乗り換え時は、工事費用や違約金などがかかる場合がありますので、なるべくキャッシュバックやキャンペーンなどを利用し、負担が少ない形で乗り換えられるようにしましょう。

 

auひかりの最新口コミの記事もぜひ参考にしてくださいね。↓↓↓

【2018最新】auひかり口コミを徹底調査!まだ評判が悪い回線だと思ってるんですか?

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら