光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

【元販売員が大激白】so-net wimaxよりも別プロバイダがオススメの理由

2018.11.10

【元販売員が大激白】so-net wimaxよりも別プロバイダがオススメの理由 はコメントを受け付けていません。

WiMAXを提供しているプロバイダはたくさんありますが、端末の性能や回線の速さに違いはありません。

プロバイダは、料金プランやキャンペーンで差別化を図っています。

今回は、WiMAXプロバイダの中でも、月額料金が安いといわれているso-netについて詳しく解説します。

so-netの料金プランやサービスを解説しながら、どんな人がso-netにおすすめなのか紹介していきます。

 

①どのプロバイダで契約しても共通なこと

1.1 通信速度は同じ

so-netで申込みができるwimaxは、UQコミュニケーションズが提供しているUQwimaxと同じです。

 

so-netに限らず、@niftyやGMOとくとくBBなど他のプロバイダでもwimaxを取り扱っていますが、結局は皆UQwimaxの販売店に過ぎず、どの窓口で契約してもサービス品質は一緒です

なので、so-netだろうがGMOとくとくBBだろうが、wimaxの通信速度はUQwimaxの通信速度と同じです。

 

1.2 選べる端末はどこも同じ

wimax端末はモバイル型で外に持ち運んで使えるモバイルルーターと自宅の電源コンセントに繋ぐホームルーターとがあります。

wimax端末に関してもUQコミュニケーションズや他のプロバイダなどで選べる種類に差はありません

 

1.3 7ギガのプランと使い放題のプランから選べる

so-netのwimaxは、月の上限が7GBまでのプランと月の上限がないギガ放題のプランがあります。

これらプランの選択肢に関しても基本的にはプロバイダごとに変化はありません

ただし、2年契約にするのか3年契約にするのかを選べますが、プロバイダによっては3年契約しか選べないところもあります

 

1.4 auスマホ割り

wimaxはauスマホとセットで契約した場合、auスマートバリューmineが適用できます

これにより、auスマホの月額料金からauの契約データ通信量に応じて割引されるので月々の支払い費用が抑えられます。

wimaxを取り扱っている販売店のほとんどが適用可能ですが、DTIなど部のプロバイダで適用不可能なところもあります

 

1.5 端末費用無料

wimax端末は定価20,000円ですが、どのプロバイダもキャンペーンで新規契約は無料で提供しています

BroadWIMAXは支払方法を口座振替にしてしまうと有料になるなど、一部条件があるところもありますが、基本的にはどこで申し込んでも端末は無料です。

 

以上のように、基本的なwimaxのサービス内容はUQコミュニケーションズのUQwimaxなので、どのプロバイダで契約しても同じです。

 

プロバイダごとで違うのはプロバイダ独自のキャンペーンやオプション、月額料金などです。

 

②So-netでwimaxを契約するメリット

2.1 22ヶ月目以降に0円で機種変できる

wimaxは一定期間使うと無料で機種変更が可能です。

ただし、機種変更にも2パターンあり、プロバイダ独自のキャンペーンで機種変更できるケースとUQコミュニケーションズの割引を使って機種変更するケースです。

UQコミュニケーションズの割引は利用期間に応じて端末が安く購入できます。そして、機種変更後も契約期間は引き継がれます。

wimax利用期間 端末価格
利用開始月~12ヶ月 20,000円
13~18カ月 12,000円
19~21カ月 6,000円
22カ月~ 0円

 

so-netはこのUQコミュニケーションズの割引を使って機種変更ができます。

プロバイダ独自に機種変更キャンペーンを行っているGMOとくとくBBとBroad WiMAXだと、20カ月目以降だと無料で機種変更ができるようになっています。

ただし、機種変更するとその時から新たに新規契約したのと同じ契約期間扱いになってしまうため、いままでの契約期間は引き継がれません

なので、so-netはGMOとくとくBBやBroadWIMAXと比較して契約期間が引き継がれる分お得です。

 

2.2 3年間の月額割引がある

so-netでwimax3年プランを契約した場合、3年間の月額料金割引があります。これを計算に入れれば、毎月の支払額はwimaxの中でもトップレベルに安くなります。

 

so-netギガ放題3年プラン

月額料金
割引前 4879円
割引適用時(3年間1,499円割引) 3,380円
3年目以降(500円割引) 4,379円

so-netの割引は、最初の3年間が1,499円割引で以降は500円割引です。なので、3年間だけ使うと考えれば、月額3,380円はwimaxの中でも安いと評判のBroad WiMAXの月額3,411円よりも安いのです。

 

2.3 無料のオプションサービスが豊富

so-netでは、カスペルスキーセキュリティ(500円/月)、so-net安心サポート(300円/月)、so-netくらしのお守りガイド(450円/月)がそれぞれ12カ月間無料で使えます。

これだけ豊富な無料オプションがそろっているwimax販売店は他にありません。

 

2.4 クレードルが無料

モバイル型の端末はW05とWX04がありますが、WX04を選択時は無料でクレードルが貰えます。

クレードルとは、充電の台とLANケーブル差込口を備えたものです。

 

2.5 LTEオプション利用料が無料

3年プランを選択時は、LTEオプションが無料です。

LTEオプションとは、通常wimax回線を使って通信しますが、モードを切り替えることによりauの4GLTE回線を使えるオプションのことです。

端末の設定でLTEモードに切り替えが可能ですが、3年プラン以外だと1度使っただけでその月にオプション使用料1,005円請求されてしまいます。これが3年プランであれば、無料なので安心です。

 

ただし、LTEモードは月間7GBのデータ通信量を超えると速度制限がかかってしまうので滅多に使わない方が良いでしょう。月間7GBを超えると、LTEの速度制限だけではなく、wimax回線のほうも月末まで128Kbpsに速度制限されてしまいます。

 

③so-netでwimaxを契約するデメリット

3.1 3年間の縛りがある

基本的に新規契約は3年プランなので、GMOとくとくBBなどで契約できる2年プランと違い、長期間契約しなければなりません。

 

3.2 キャッシュバックは無し

so-netではキャッシュバックがありません。月額割引で料金は相当安くなりますが、キャッシュバックがあるGMOとくとくBBとトータルコストを比較すると若干劣ります。

 

以下は、ギガ放題3年プランを3年間利用した場合の月額料金の総額です。キャッシュバックがあるGMOとくとくBBは、キャッシュバックを割引だと換算して算出しています。

 

ギガ放題3年プラン

wimaxプロバイダ 3年間の支払総額
so-net 121,680円
GMOとくとくBB 111,060円

約1万円の差ですが、so-netよりもGMOとくとくBBのほうが安いです。

 

④どんな方がso-netでwimaxを契約するべきか

so-netは月額料金割引キャンペーンがあるので、単純な月額料金だけで考えれば一番安いプロバイダです。

しかし、キャッシュバックがあるGMOとくとくBBと比較するとトータルコストで負けています。

ただ、GMOとくとくBBのキャッシュバックは端末発送月を含む11カ月目に手続きをするので手続き忘れのリスクもあります。もし手続きを忘れてキャッシュバックを貰えなかった場合は、圧倒的にso-netがお得になります。

つまり、面倒な手続きに気をわずらわせたくないという方は、最初から月額料金が安いso-netでwimaxを申し込むことをおすすめします。

 

so-netで申し込んだほうが良い方をまとめると次のようになります。

 

4.1 so-netでwimaxを申し込むべき人

・月額料金を手軽に安くしたい

・キャッシュバック申請など面倒な手続きはしたくない

・契約期間を継続したままで機種変更したい

・auスマートバリューmineを使いたい

以前にGMOとくとくBBを契約していた人

 

4.2 他のプロバイダで申し込むべき人

so-netでwimax2+キャンペーンを過去に受けた方やwimax2+の2年プランを申し込む方は月額料金割引キャンペーンが適用されないのでso-netで申込むべきではありません。

2年プランでもお得なキャンペーンが受けられるのがGMOとくとくBBです。GMOとくとくBBは2年プランも3年プランもキャッシュバックが高額です。

ただし、過去にGMOとくとくBB会員になったことがある方は、現在退会済みだとしてもGMOとくとくBBのwimaxキャッシュバックは受け取れません。

また、GMOとくとくBBのキャッシュバックは、受け取り難度が非常に高く、受け取りに失敗する人が大多数です

 

4.3 おすすめはGMOとくとくBBの月額割引

そのような方におすすめなのがGMOとくとくBBの月額割引です。GMOとくとくBはキャッシュバックの他に月額割引キャンペーンも行っています。GMOとくとくBBの月額料金は、2か月間2,170円、それ以降は3,260円なので、So-netよりもずっとオトクにwimaxを使うことができます。3年間のトータルで比較するとso-netよりも6,000円ほど安い計算になります。

さらにGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンなら、人気のW05のクレードルも無料で手に入ります。

GMOとくとくBBのキャンペーンを受けるためにはキャンペーン特設ページから申し込む必要があります。

 

⑤結論

so-netでwimaxを契約するのがおすすめなのは、過去にGMOとくとくBBを使ったことがあり、月額料金をとにかく簡単に安くしたい人くらいです。

月額料金だけだとso-netが安いように見えますが、3年間のトータルコストを考えると、他に安いプロバイダがたくさんあります。

 

キャッシュバックの手続きがしっかり行えるのであればso-netよりもGMOとくとくBBをおすすめします。

ただし、GMOとくとくBBは、契約から約11カ月目にキャッシュバックの手続きをします。しかも、手続きメールが他のメールに埋もれてしまったり、締め切りのぎりぎりに届いたりと、キャッシュバックに対する評判がとても悪いです。

GMOとくとくBBは、キャッシュバックを含めたトータルでコストが一番安くなりますが、手続き忘れのリスクが非常に大きいです

3年間のトータルの出費を確実に安くしたい方には、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンをお勧めします。

 

wimaxプロバイダ 3年間の支払総額(キャッシュバック込み)
so-net 121,680円 公式サイト
GMOとくとくBB(キャッシュバック) 111,060円 キャンペーンサイト
GMOとくとくBB(月額割引) 115,180円 キャンペーンサイト

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら