スカパー×ドコモ光とは!?通常契約よりお得な点、デメリットを徹底解説

ドコモ光

 

有料テレビサービスの中でも最も知名度があり、人気の高いスカパー。

ドコモ光利用者は、セットで使うことで料金や初期費用などがお得になる「ドコモ光×スカパー」というサービスを利用できます。

 

この記事では「ドコモ光×スカパー」のサービス内容、通常のスカパーとの違い、どのような方にお得でどのような方が損する内容なのかを詳しく解説していきます。

 

 

①スカパーの概要

まずは通常のスカパーのサービス内容について解説していきましょう。

後半でご紹介する「ドコモ光×スカパー」と、料金などを比較するための基礎情報としてチェックして見てください。

 

1.1サービスの概要

スカパーは、BSやCSの衛星放送が視聴できる有料テレビサービスです。視聴するには専用のアンテナ、もしくはドコモ光テレビ等の光回線設備が必要です。

 

スカパーでは地上デジタル放送では見ることのできない、数十種類の専門チャンネルが視聴できます。見たいチャンネル分の料金を支払って視聴する形の有料サービスです。

 

1.2視聴できる番組数

スカパーは全69チャンネルあります。プレミアムサービスだと全158チャンネル、ドコモ光テレビなど光回線を使ったプレミアムサービス光は全154チャンネルです。

 

通常はパック料金で契約します。人気のパックは以下の3つです。

 

  • スカパー!セレクト5…45chの中から5chを選ぶ
  • スカパー!新基本パック…47ch
  • プレミアムパック…63ch

 

パックの中以外に見たいチャンネルがあれば、オプションで視聴したいチャンネルを追加契約できます。

 

1.3基本料金・キャンペーン・解約金

BS/CS用のアンテナを建ててスカパーを視聴するときの料金です。

 

月額パック利用料金

スカパー基本料 390円
スカパー!セレクト5 1,833円
スカパー!新基本パック 3,400円
プレミアムパック 3,790円

 

初期費用

アンテナ設置工事費 10,800円
アンテナ費用 約12,000円
加入料 なし

 

チャンネル変更の手数料

スカパー!セレクト5 216円/回
その他 無料

 

キャンペーン

アンテナサポートプラン 「スカパー!新規加入&1年以上の契約」で4K・8K対応スカパー!マルチアンテナ+標準取付工事を10,000円で提供
チューナー・アンテナ0円プラン 「スカパー!プレミアムサービス新規加入&1年以上の契約」で4K・8K対応スカパー!マルチアンテナ+標準取り付け工事+プレミアムサービス対応チューナー無料

 

解約金

「アンテナサポートプラン」で3週間以内に新規加入しない、1年未満で解約する場合 13,600円
「チューナー・アンテナ0円プラン」で3週間以内に新規加入しない、1年未満で解約する場合 28,400円(アンテナを新規で建てていない場合は14,800円)

 

1.4スカパーの人気番組

海外ドラマ、映画、アニメ、スポーツ、音楽などの通常のスカパーの専門チャンネル以外にも、BS241が人気です。

 

スカパーには、おまけチャンネルのBSスカパー!というものがあり、スカパー契約者ならだれでも視聴できます。特に、バラエティ番組に力を入れていて、地上波では見られない面白い番組を放送しています。

 

「ダラケ!~お金を払ってでも見たいクイズ」「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」など、地上波では規制がかかるような内容のバラエティ番組があります。スカパーは、スポンサーが存在しない分、地上波よりも自由度の高い番組を作れるのでしょう。

 

②スカパー×ドコモ光の特徴

ここからはスカパー×ドコモ光の独自の特徴について詳しく解説していきます。

 

2.1ドコモ光のサービス概要と料金

ドコモ光はNTTフレッツ光の卸光回線サービスで、光コラボです。フレッツ光を利用中であれば、簡単な手続きだけの工事要らずでドコモ光へ転用できます。

 

NTTドコモが提供するサービスのため、ドコモスマホとのセット割が利用できます。家族内でドコモユーザーが多い場合はドコモ光にすれば月々の通信費を節約できるでしょう。

 

ドコモ光はプロバイダー料金が込みになっているタイプAとタイプBがあります。これらは選べるプロバイダーが違うだけなので、料金が安いタイプAを選んだほうがお得です。

 

ドコモ光基本料金

契約プラン 基本料金
タイプA 戸建て5,200円

マンション4,000円

タイプB 戸建て5,400円

マンション4,200円

 

2.2スカパー×ドコモ光の契約条件・料金

一般的にスカパーを見るにはBS/CS用のパラボラアンテナを自宅の屋根に設置します。しかし、ドコモ光などの光回線があればアンテナを設置しなくてもスカパーを視聴できます。

 

全てのドコモ光ユーザーがスカパーを見られるわけではなく、ドコモ光テレビオプションの契約が必須になります。

 

まず、ドコモ光テレビオプションは提供エリアが狭いので、以下に該当する人のみ利用できます。

 

提供条件

建物 プラン
戸建 タイプA/B、単独タイプ、ミニ
マンション光配線方式(東日本のみ) タイプA/B、単独タイプ

 

提供エリア

東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部
西日本エリア 大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部

 

基本的にマンションタイプには提供されませんが、東日本のみ光配線方式だったらOKです。VDSL方式やLAN配線方式では光信号とテレビの信号が重なってしまうので物理的に利用不可能です。

 

これらの提供条件にあてはまれば、ドコモ光テレビオプションが契約できます。そして、ドコモ光テレビオプションを契約すれば、スカパーも契約できるのです。

 

ドコモ光テレビオプション月額料金

660円/月 <内訳>

テレビオプション伝送サービス450円

スカパーJSAT施設利用サービス210円

 

ドコモ光テレビオプション初期費用

ドコモ光テレビオプション契約事務手数料 2,000円

(ドコモ光派遣工事と同時に新規の場合は無料)

スカパーJSAT施設利用登録料 2,800円
基本工事料 3,000円
テレビ接続工事料 6,500円
合計 12,300円

※フレッツテレビからの転用は工事料不要

 

以上がドコモ光テレビオプションの費用です。これで地上デジタル放送やBSの一部は見られるようになりますが、スカパーの専門チャンネルは別途有料契約が必要です。

 

ドコモ光テレビでスカパーを契約するときのセットパックの料金は以下のようになります。

 

月額パック利用料金

基本料 390円
スカパー!セレクト5 1,833円
スカパー!新基本パック(47ch) 3,400円
スカパー!光パックHD(60ch) 3,762円

 

BS/CSのアンテナを建ててスカパーを視聴するのと料金プランはほぼ同じです。ただ、光回線の場合は、「プレミアムパック」に相当するのが「スカパー!光パックHD」になります。

 

2.3スカパー×ドコモ光を利用するのメリット

アンテナが不要なので、賃貸住宅などでアンテナ工事が難しい場合や、電波状況などでスカパーの受信が難しい場合に適しています。

 

アンテナが無いということは、台風などで倒れる心配もメンテナンスの心配もしなくていいということです。

 

2.4光回線とスカパーの月額料金(合計)

ドコモ光でスカパーを利用する場合の合計月額利用料です。

 

スカパー!セレクト5の場合

ドコモ光 5,200円(戸建)
ドコモ光テレビオプション 660円
スカパー基本料 390円
スカパーのパック料金 1,833円
合計 8,083円

 

スカパー!新基本パック(47ch)の場合

ドコモ光 5,200円(戸建)
ドコモ光テレビオプション 660円
スカパー基本料 390円
スカパーのパック料金 3,400円
合計 9,650円

 

スカパー!光パックHD(60ch)の場合

ドコモ光 5,200円(戸建)
ドコモ光テレビオプション 660円
スカパー基本料 390円
スカパーのパック料金 3,762円
合計 10,012円

 

ちなみに、BS/CSのアンテナを建ててスカパーを見た場合は、ドコモ光テレビオプションの費用がかかりませんから、上記の金額から-660円で利用できます。

 

光回線がドコモ光ではなく、フレッツ光やソフトバンク光でも利用できます。利用料金や条件も全く同じです。ドコモ光テレビオプションに当たるものがそれぞれ、「フレッツテレビ」「ソフトバンク光テレビ」になります。

 

フレッツ光でスカパーを視聴している人は、フレッツ光の回線自体の基本料金が高いので、ドコモ光へ転用したほうが安くなるケースがあります。フレッツ光の基本料金は東日本が約5,500~5,800円、西日本が約4,910~5,500円程度なので、ドコモ光の5,200円より高くなっている場合は転用しましょう。

 

③スカパー×ドコモ光のデメリット

アンテナを建ててスカパーを視聴する方法は初期費用がかかりません。テレビ接続工事費用やアンテナ設置費用などをキャンペーンで無料にしてくれるからです。しかし、ドコモ光でスカパーを視聴する方法は、ドコモ光テレビオプションの初期費用が高額になります。

 

ただし、ドコモ光テレビオプションの初期費用を無料にする方法もあります。それは、ドコモショップで申し込むことです。キャンペーンで無料になります(ドコモ光新規派遣工事と同時以外は事務手数料2,000円)。

 

それと、スカパーを視聴するために、ドコモ光テレビオプション660円が毎月かかることがデメリットです。アンテナを建ててスカパーを視聴する場合はそのような費用がかからないので、毎月の支払いがその分高くなります。

 

④どのような人におすすめで、どのような人にお勧めできないか

単純にスカパーを見たいのであれば、BS/CSアンテナをキャンペーンで無料設置し、スカパーの契約をしたほうが、初期費用・月額料金ともに安いです。

 

あえてドコモ光回線を使ってスカパーを見るメリットは特にありません。しかし、賃貸住宅や電波障害などでアンテナを設置することができない人にはおすすめします。

 

地デジのアンテナが建てられない人でも、ドコモ光テレビオプションの契約で地デジも見ることができます。

 

⑤スカパー×ドコモ光の申し込み手順

スカパーの申し込みはドコモショップで受け付けています。または、スカパー!×ドコモ光専用窓口0120-863-077へ電話して申し込みましょう。

 

まだドコモ光の回線を引いていない場合は、契約と同時にスカパーを申し込むと初期費用がかからないのでおすすめします。

 

現在フレッツ光の回線でスカパーを利用している場合は、転用の手続きをすることにより、ドコモ光でスカパーを使えます。転用には転用承諾番号が必要なので、ドコモ光の申し込み前にNTTから番号を取得しておきます。

 

転用承諾番号取得先

西日本 東日本
公式サイト 公式サイト
0120-553-104 0120-140-202

 

まとめ:ドコモ光利用時は、キャンペーンサイトを利用しよう!

光回線でスカパーを利用すると「ドコモ光テレビオプション」「フレッツテレビ」「ソフトバンク光テレビ」など、660円のテレビオプション料金がかかります。なので、BS/CSアンテナを建てて、光回線とは別にスカパーを契約したほうが月々の支払は安くなります。

 

ただし、アンテナを建てることができない理由から光回線でスカパーを見ている人もいます。そういった方で、現在フレッツテレビを利用している人は、フレッツ光自体の基本料金が高いので光コラボへ転用することをおすすめします。

 

ドコモ光であれば、スマホとのセット割ができるし、フレッツ光よりも基本料金が毎月200~600円ほど安くなるケースがあるのでおすすめします。

 

ドコモ光の契約時は、キャンペーンサイトを利用した方が特典が豪華になるのでお得です。

キャンペーンやキャッシュバックについて下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にして見てくださいね。

公式は損!ドコモ光 キャンペーンはキャッシュバックとポイントをWゲットせよ
【最終更新日2019年10月1日】 この記事では、 「ドコモ光の申し込みキャンペーン」 について徹底的に調査した結果をご紹介していきます。 大きく分けると下の3つの申し込み窓口があるドコモ光ですが、思っている以上に契...

 

※フレッツ光からドコモ光への転用をご検討中の方は、「【事前に確認!】フレッツからドコモ光に転用すると損する場合がある!失敗しない手続き方法を解説します!」の記事をご参考ください。

 

タイトルとURLをコピーしました