光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

【月額料金3300円】縛りなしWiFiはおすすめ?全メリット・デメリットを徹底調査

2019.03.02

【月額料金3300円】縛りなしWiFiはおすすめ?全メリット・デメリットを徹底調査 はコメントを受け付けていません。

外出時でもインターネット環境が必要な方に便利なサービスは、小型端末を使ったモバイルインターネット通信サービスです。

これらのサービスで有名なのは、WiMAX・ポケットWi-Fiなどですが、通常はそれぞれ別の会社で契約をするもので、もちろん料金やその他サービスも異なります。

しかし、これら別々のサービスをレンタルという形で1つにまとめている会社があるのをご存知でしたか?

その名も「縛りなしWiFi」と言います。

 

今回は、縛りなしWiFiとはどんなサ-ビスなのか、メリット・デメリットは?、縛りなしWiFiで契約をしたほうがいい人、しない方がいい人についてまとめました。

これを読めば、自分に合ったポータブルWi-Fiのサービスがすぐに分かりますよ。

 

①『縛りなしWiFi』の特徴

縛りなしWiFiの特徴を紹介しながら、その他のWi-Fiサービスと比較していきます。

 

1.1 WiMAXかポケットWi-Fiかを選べる

通常、WiMAXはサービスを提供しているUQコミュニケーションズか取り扱いのあるプロバイダで契約をし、Poket Wi-FiはY!mobileなどで契約が必要です。

しかし、縛りなしWiFiならば本来は別々の会社のサービスから選んで契約する事が出来るのです。

どちらの会社のサービスにしようかと迷っている場合は、最低契約期間の1か月づつ両方を試してみると良いかもしれません。

 

縛りなしWiFiはレンタルでの契約となるので、利用する端末の種類までは指定できず、契約終了時は端末の返却が必要です。

現在、縛りなしWi-Fiで取り扱っている端末は、WiMAXとポケットWiFiどちらも2種類づつです。

  • WiMAX:W04・WX05
  • ポケットWiFi:502HW・603HW

しかし、在庫切れの場合は上記以外のものが送られてくることもあるようです。

 

通常WiMAXをプロバイダで契約した場合には以下の端末が選べます。(GMOとくとくBBのWiMAXの場合)

 

GMOとくとくBB WiMAX取扱端末
  • W06
  • WX05
  • W05
  • HOME L02
  • HOME 01
  • HOME L01s

 

ポケットWiFiはY!mobileで契約すると以下の種類の端末が選べます。

 

Y!mobileポケットWiFi取扱端末
  • 603HW
  • 502HW
  • 506HW
  • 601ZT
  • 701UC

 

このように比較すると、縛りなしWiFiの取扱い端末は少ないですが、WX05という機種なら「縛りなしWiFi」でも「GMOとくとくBB」でもまったく同じで、スペックなどに違いはありません。

 

端末や通信回線はそれぞれサービスの提供元に準じるので、料金やその他の契約内容などが異なる点です。

 

1.2 料金はどちらも月3,300円

次に料金ですが、縛りなしWiFiはWiMAXでもポケットWi-Fiでも月の利用料金は1パターンしかありません。

 

WiMAXは、各プロバイダと選ぶプランによって月の利用料金が違うのがポイントです、WiMAXの中で最安値級のGMOとくとくBBのWiMAXの料金で比較をしていきます。

 

月額料金比較表
縛りなしWiFi 1~12か月:3,300円

13か月目以降:2,800円

GMOとくとくBB WiMAX ギガ放題

(月額割引キャンペーン適用)

1~2カ月目:2,170円

3~36カ月目:3,260円

37カ月目以降:4,263円

Y!mobile (アドバンスオプション付き) 4,380円

 

縛りなしWiFiは、利用開始から12か月間は月額3,300円で、13か月以降は2,800円で利用できます。

WiMAXのGMOとくとくBBは3年間の契約の縛りがあり、また3年以降は料金がぐっと上がりますが、3年の契約終了時に違約金なしで解約できるのであれば、縛りなしWiFiよりもGMOとくとくBBのほうがトータルの支払い金額は安くなります。

 

Y!mobileのPoket Wi-Fiは料金が高いので、断然縛りなしWiFiで契約をした方がお得なことが分かります。

 

1.3 初期費用を比較

各種サービスには、月の料金以外にも初期費用などがかかります。

 

初期費用の比較
縛りなしWiFi なし
GMOとくとくBB WiMAX 事務手数料:3,000円
Y!mobile 事務手数料:3,000円

 

縛りなしWiFiは初期費用は不要ですが、GMOとくとくBBとY!mobileは事務手数料が3,000円かかります。

 

1.4 契約期間の縛りがなく違約金も無料

スマホやネット回線は2年契約や3年契約などの契約期間が定められており、その間に解約した場合に違約金がかかります。

 

契約期間と違約金の一覧
契約期間 違約金
縛りなしWiFi なし なし
GMOとくとくBB WiMAX 3年 1~24カ月目24,800円

25カ月目以降9,500円

Y!mobile 3年 9,500円

 

縛りなしWiFiはその名の通り縛りがありませんので、違約金制度もありません。

 

それに対し、GMOとくとくBB WiMAXやY!mobileには高額な違約金が設定されており、3年の契約期間を過ぎても自動で次の3年契約が始まるため、無料で解約が出来るのは契約が満了した1か月間のみと大変短い期間です。

 

1.5 端末料金も無料

次に利用端末の料金を紹介します。

 

端末代金の比較
縛りなしWiFi なし
GMOとくとくBB WiMAX なし
Y!mobile 38,333円(同額割引で実質無料)

 

縛りなしWiFiとGMOとくとくBB WiMAXは端末代がありませんが、Y!mobileでは高額な端末代金が発生します。

 

ただし、Y!mobileは端末代を分割で支払うと同時に同額割引もされるので実質支払いはありません。

端末代金の分割払いは36回で終わりますがその前に解約をした場合は、当然同額割引も修了される為、端末代金の残債は実費になるので注意が必要です。

 

縛りなしWiFiの端末代金が無料といっても注意点が1つだけあり、それは端末が購入ではなくレンタル品なので解約後に返却が必要という点です。

解約時に端末を返却できなかった場合や、返却した機器が故障していた場合、弁済金として39,800円を支払わなくてはならないので気を付けましょう。

 

②『 縛りなしWiFi』のメリット・デメリット全まとめ

縛りなしWiFiのメリット・デメリットをそれぞれ紹介するので、自分に合ったサービスかどうかを見極めてくださいね。

 

【縛りなしWiFiのメリット】

  • 毎月の支払料金が安い
  • 初期費用が一切かからない
  • 契約の縛りがなくいつ解約をしても違約金がかからない
  • データ通信量が無制限
  • WiMAX・ポケットWiFiどちらでも対応

【縛りなしWiFiのデメリット】

  • 端末が選べず種類が少ない
  • 端末は購入ではなくレンタル
  • 解約時に端末を返却できないときや故障した場合は弁償が必要
  • クレードルが利用できない
  • WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは使用できない
  • スマホとのセット割がない

③あなたにおすすめのサービスと申し込み窓口

それぞれのサービスは、提供元と縛りなしWiFiではどちらで契約をしたほうがよいのが考えてみました。

 

3.1 『縛りなしWiFi』がおすすめな方

あまり長く使う予定がない方や、いつ解約するか分からないという方は、縛りなしWiFiを選びましょう。

縛りなしWiFiの月間データ通信量は無制限ですが、次のような一時的な速度制限はあるのでチェックしておきたい点です。

 

縛りなしWiFiの通信制限ルール
WiMAX ポケットWiFi
3日で10GBを超えると翌日18時~翌々日2時まで概ね1Mbpsに速度制限 3GBを超えると当日速度制限

 

どちらかというとWiMAXのほうが通信制限が緩いので、思いっきりインターネットをしたい人は縛りなしのWiFiでWiMAXサービスを選ぶと良いでしょう。

 

3.2『GMOとくとくBB』でWiMAXを申し込むのがおすすめな方

GMOとくとくBBでWiMAXを申し込むのをおすすめできる方は、3年間使う人です。

なぜなら、GMOとくとくBBのWiMAXには入会時キャンペーンでキャッシュバックがあるので年間のトータルコストは、縛りなしWiFiよりお得になるからです。

 

また、auのスマホをお使いの方はスマホとのセット割の「auスマートバリューmine」で最大月に1,000円の割引きが受けらるので、GMOとくとくBBのWiMAXの方がお得です。

 

GMOとくとくBBのWiMAXならば、端末が購入型のため紛失や故障した場合に弁償を強いられることがありませんので、レンタルが不安だという方にもおすすめです。

 

GMOとくとくBBのWiMAXの詳しい情報は以下のキャンペーンサイトでご確認ください。

GMOとくとくBB WiMAX キャンペーンサイト

 

3.4 ネクストモバイルを申し込むのがおすすめな方

Y!mobileのポケットWi-Fiは料金が高いし、縛りなしWiFiはレンタルだからと、どちらも躊躇している方におすすめなのがネクストモバイルです。

 

ネクストモバイルはソフトバンク回線を使った、端末購入型のモバイルルーターサービスです。

 

プランはデータ量に合わせて3つあり、どれも2年縛りの契約になっています。

20GBと30GBはかなり安いので、端末購入型でソフトバンク回線を使うという同じ条件のY!mobileよりもお得です。

 

ネクストモバイルのプラン別月額料金表
20GB 1~24カ月目:2,760円

25カ月目以降:3,695円

30GB 1~24カ月目:3,490円

25カ月目以降:3,695円

50GB 1~12カ月目:3,490円

13~24カ月目:4,880円

25カ月目以降:5,815円

 

ネクストモバイルは以下のサイトで申し込みが可能ですので、ぜひチェックしてください。

ネクストモバイル キャンペーンサイト

 

④縛りなしWiFiの申し込み全手順と注意点

縛りWiFiがあっていると感じた方は、以下の手順で申し込みが出来ます。

 

1.縛りなしWiFiの公式ページから申し込む

公式ページからWeb申込みで契約できます。

縛りなしWi-Fi公式サイト

 

ページ内にある「お申込みをする」をクリックすれば申し込み情報入力ページに行くので、以下の必要事項を入力すると申し込みができます。

  • お申込み台数
  • 端末到着希望日時
  • 利用終了予定
  • 安心サポートプラン・モバイルバッテリーの有無
  • クーポンコード(任意)
  • 名前とフリガナ
  • 性別
  • 誕生日
  • 電話番号
  • 住所
  • 発送先住所の選択
  • クレジット決済の情報

 

2.WiMAXかポケットWiFiを選択

WiMAXかポイントWiFiのどちらにするかの希望がない場合は縛りなしWi-Fiが決めます。

 

希望がある場合は、申し込み完了後にお問い合わせフォームから問い合わせをします。

WiMAXかポケットWi-Fiかの回線の希望は聞いてもらえますが、端末の希望は聞いてくれません。

 

⑤縛りなしWiFiまとめ

縛りなしWiFiは、モバイルルーターをレンタルしてWiMAXかソフトバンクのどちらかの回線を使う事が出来るサービスです。

どちらの回線を選んでも料金は変わらず、いつでも違約金なしで解約ができるのが特徴です。

 

縛りなしWiFiのデメリットは「好きな端末が選べない」「レンタルなので端末紛失・故障時に弁償が必要」という2点ですが、このデメリットさえ問題でなければ、プロバイダで契約する購入型WiMAXと比較しても料金はほとんど変わらないため、短期間使用したいという方などにおすすめです。

 

縛りなしWiFiで、どこでもインターネットに繋ぐことが出来るモバイルWiFiを試してみてはいかがでしょう?

それぞれの回線の通信可能エリアは、公式サイト内の以下のページで調べることが出来ます。

WiMAX

 

SoftBank(ポケットWiFi)

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら