RemoteLOCKとは?鍵もスマホも要らないWiFi型スマートロックの特徴・料金を解説

remoteLOCK 未分類

RemoteLOCKは、

  • オフィス
  • 宿泊施設
  • マンション等の賃貸物件

などで使うのに便利な、

パスワードをテンキーで入力して開けることができるタイプの鍵

です。

もちろんそれだけではなく、RemoteLOCKは

世界初のWiFi型スマートロック

で鍵自体がWiFi接続されます。

そして、さまざまなデータ管理をクラウド上で行うことができるという特徴があります。

今回は

RemoteLOCKがどのような商品なのか

詳しく解説していきます。

比較の達人
比較の達人

より詳しい、

  • 製品の特徴
  • 導入までの手順

を知りたい方は、remoteLOCKの公式サイトで資料請求をするのをおすすめいたします。

⬇︎資料請求は無料⬇︎

remoteLOCK 公式サイトはこちら

①RemoteLOCKとは

RemoteLOCKは物理的な鍵を使わず暗証番号で鍵を開けることができます。

RemoteLOCKはWiFiによりインターネットに繋がっています。

そのため、暗証番号はクラウド上の専用サイトの

LockState Connect

にログインして一括管理します。

つまり、

管理者はインターネットに繋がる環境があればどこにいても遠隔で入退室管理ができる

というわけです。

【RemoteLOCKの使用例】
新しい施設利用者へ暗証番号を新規発行し、その番号を伝えるだけ

面倒な鍵の受け渡しが不要で、紛失や盗難・複製などリスクも軽減されます。

導入には工事が必要です。

LAN配線や電気配線などは必要なく、WiFi接続および乾電池で動作する仕様です。

RemoteLOCKはWiFi経由でカギを開けることが出来る仕組みです!

②RemoteLOCKの利用シーン

RemoteLOCKは事業者から個人まで幅広く使えます。

ですが、基本的には

セキュリティの一括管理

がメインとなっています。

なので、個人向けというよりは事業者向けの商品となっています。

たとえば、次のような施設での利用が想定されます。

【RemoteLOCKの利用が想定される施設】

  • ホテル・民泊などの宿泊施設
  • マンションなどの賃貸物件
  • レンタルスペース
  • オフィスや店舗
  • 研修施設や保養施設
  • 自宅
RemoteLOCKは事業者向けの商品ですが、セキュリティ強化に役立ちます

⑴ホテル・民泊などの宿泊施設

宿泊施設の予約と同時に、

利用期間だけ使える暗証番号が自動的に発行されるシステム

が使えます。

発行された暗証番号は自動的に利用者へメールで通知されます。

そのため、ホテルのスタッフがカギを受け渡したり回収したりする手間が削減できます。

これによりホテルフロントの無人化もできるので、人件費の大幅な削減につながるでしょう。

宿泊者が変わるたびに暗証番号も変わるため、セキュリティ面でも安心できます。

ホテルならフロント業務をRemoteLOCKで行えます!

⑵マンションなどの賃貸物件

マンションなどの賃貸物件は、入居者が入れ替わる度に鍵の交換するケースが多いと思います。

RemoteLOCKを使えば、

入居者が入れ替わるごとに新しい暗証番号を発行

できます。

なので、鍵交換のコストがなくなります

それに物理的な鍵があると、受け渡しの手間や紛失のリスクなどもあります。

それのリスクがなくなるのはセキュリティ面でも安全です。

賃貸物件なら鍵の交換が不要になり、コスト削減&セキュリティ向上につながります!

⑶レンタルスペース

RemoteLOCKは、スケジュール管理システムと連携できます。

なので、

利用時間のみ施設に入室できる暗証番号が発行

できます。

RemoteLOCKでは

  • ドア単位
  • 施設単位
  • エリア単位

で利用者権限を設定できるため、柔軟な対応が可能です。

また、

  • 入力番号の間違い
  • 本来利用できないときに不正アクセスがあった時

メール通知してくれるという防犯面でも安心できる機能が付いています。

レンタルスペースでは細かい設定も可能&メール通知で防犯面もばっちりです!

⑷オフィスや店舗

RemoteLOCKは、

  • 社員
  • アルバイト
  • 清掃事業者

など分けて暗証番号を発行することができます。

曜日と時間帯に応じての設定も可能です。

また、出社時間や退社時間の履歴と照らし合わせることにより、

正確な労働時間を把握する

といった使い方も想定できます。

また、RemoteLOCKなら鍵の紛失や勝手に複製されてしまうなどのリスクもゼロになります。

オフィスのセキュリティを強化することができます。

オフィスなどでは労働時間の管理やセキュリティ強化にも強い味方となってくれます!

⑸研修施設や保養施設

研修施設や保養施設のような、たまに利用する施設にRemoteLOCKを導入すれば、

常に管理人がいなくても運営できるため人件費が削減

できます。

場所が遠隔地にあっても、クラウド上での管理のため距離的な問題も解決します。

遠隔操作も可能なRemoteLOCKなら管理人を雇うコストの削減にもなります!

⑹自宅

RemoteLOCKは、個人宅で使うケースはそれほど多くはありません。

しかし、鍵を持ち歩かなくてもいいというメリットがあります。

また、

  • 子供の帰宅
  • 在宅介護の訪問

を遠隔から管理したいという人などにも需要があるでしょう。

RemoteLOCKは個人宅でもいろんな面で活躍してくれます
比較の達人
比較の達人

より詳しい、

  • 製品の特徴
  • 導入までの手順

を知りたい方は、remoteLOCKの公式サイトで資料請求をするのをおすすめいたします。

⬇︎資料請求は無料⬇︎

remoteLOCK 公式サイトはこちら

③RemoteLOCKの便利な機能を紹介

RemoteLOCKは単なる電子錠じゃありません。

「遠隔から管理」ができるのは単なるメリットの1つに過ぎません。

他にも利用シーンごとに便利な設定ができるので例を紹介します。

⑴スケジュール管理

RemoteLOCKでは様々なスケジュールを設定して開錠の許可が出せます。

【RemoteLOCKのスケジュール設定例】

  • 宿泊施設でチェックアウトからチェックインの間でしか使えない暗証番号を発行
  • 半永久的に使えるが平日の9:00~17:00までしかアクセスできないといった時間限定の番号の発行

【オートロック機能が付いている「7i」の使用例】
7:00~22:00までオートロックをOFFにする

【オートロック機能がない「5i」の使用例】
鍵のかけ忘れ防止のために宿泊施設のチェックアウト時刻から1時間後に自動的に鍵をかけるといったスケジュール設定

スケジュール管理機能が充実しており、シーンに合わせ開錠の許可が発行できます!

⑵ドアグループ/共通ドア設定

ユーザーに複数のドアへのアクセス権限を発行することができる機能もあります。

【ドアグループ使用例】

  1. オフィスに複数のRemoteLOCKのドアがある場合、それらをグループ化
  2. そのグループ内であれば「従業員はすべて一つの番号でアクセスを可能にさせる」といった設定

この設定は自由にカスタマイズできるため、セキュリティレベルに応じて同グループ内でも

サーバー室は限られた人だけアクセス可能

といったような設定も可能です。

また、

共用部分のドアを別のドアの暗証番号と同じ番号でアクセスできる

ようにするといった設定も可能です。

【共通ドア設定使用例】
ホテルの部屋の暗証番号は各部屋でバラバラだが、そのいずれの番号でも「1階の共用スペースの部屋のドアへアクセスは可能にする」設定
ドアグループや共通ドア設定なら複数の人にドアへのアクセス権限を与えることも可能です!

⑶API連携機能

APIとは、あるシステムの機能を外部から呼び出すための仕様のことです。

RemoteLOCKでもAPI連携機能により様々なIoTデバイスやシステムと連携ができます。

【API連携機能の使用例①】
世界最大級の宿泊予約サイトAirbnbと連携して、ゲストに解錠キーを自動発行することが可能
【API連携機能の使用例②】
カメラ付きインターフォンと連携して、外出中に来客を確認・会話、必要に応じてリモートロックを解錠などができる
【API連携機能の使用例③】
Googleカレンダーと連携して、カレンダーに予定を登録すると予定日時のみ利用可能な暗証番号を自動でメール通知する
API連携機能を利用すると外部システムとの連携ができます!
比較の達人
比較の達人

より詳しい、

  • 製品の特徴
  • 導入までの手順

を知りたい方は、remoteLOCKの公式サイトで資料請求をするのをおすすめいたします。

⬇︎資料請求は無料⬇︎

remoteLOCK 公式サイトはこちら

④RemoteLOCKの利用料金

RemoteLOCKの利用料金は、大きく分けて3つあります。

【RemoteLOCKの利用料金】

  1. 鍵本体の購入費
  2. 取付工事費
  3. クラウド管理システム利用料

⑴鍵本体の購入価格

RemoteLOCK機能一覧 RemoteLOCK購入価格

鍵本体は、

  • RemoteLOCK5i
  • RemoteLOCK7i
  • アクセスコントロールシステムTOBIRA

があります。

一番安いのはRemoteLOCK5iの35,000円です。

RemoteLOCKの鍵本体は3種類あります!

取付工事費

ドアの形状により取付工事費は変動します。

お近くの施工パートナーへ見積もりを依頼してください。

参考価格:1ヵ所1個取り付けの場合、概算費用で3万円~
RemoteLOCKには取り付け工事が必要で費用は変動します!

クラウド管理システム利用料

RemoteLOCK導入には月額料金が発生します。

1台当たりの従量課金制となっており、3つのプランがあります。

月額料金
ホーム 500円/台
ビジネススタンダード 1,500円/台
ビジネススターター 1,000円/台

料金の高いプランほど多機能となっています。

たとえば、ビジネススターターでRemoteLOCKを10台導入した場合、月額10,000円です。

RemoteLOCK機能一覧

RemoteLOCK導入には月額料金がかかり、保有台数で変わります
比較の達人
比較の達人

より詳しい、

  • 製品の特徴
  • 導入までの手順

を知りたい方は、remoteLOCKの公式サイトで資料請求をするのをおすすめいたします。

⬇︎資料請求は無料⬇︎

remoteLOCK 公式サイトはこちら

⑤RemoteLOCK5iと7iの違い

RemoteLOCKには5iと7iがありますが、違いはオートロック機能があるかないかです。

5iオートロック機能がありません

暗証番号で解錠し、鍵をかける場合はLOCKSTATEのボタンを2回押しでロックがされます。

7iオートロック機能が標準搭載されています。

暗証番号で解錠し、ドアを閉めるだけで自動的に鍵がかかります。

宿泊施設やセキュリティを強化したい場所の出入り口は7iのほうがいいでしょう。

設定をすればオートロック機能をOFFにすることもできます。

RemoteLOCK5iと7iの違いはオートロック機能の有無です!

⑥RemoteLOCKのよくある疑問

RemoteLOCKのよくある疑問について解説します。

<暗証番号はいくつ発行できるの?>
ビジネススターターとビジネススタンダードは最大1000個、ホームは10個発行できます。
<電池はどれくらい持つの?>
半年に1度ほど交換が必要です。電池残量はクラウドで確認できますし、交換時期にメールでお知らせも来ます。
<物理的な鍵も使えるの?>
製品本体に2本付属しています。
<通信障害が発生した場合は解錠できなくなるの?>
一度設定された暗証番号は本体が記憶しています。なので、たとえWiFiが切れたりネット回線に障害が発生していても解錠可能です。
<商品の納期はどれくらい?>
RemoteLOCK5iは5営業日以内での発送となります。RemoteLOCK7iとTOBIRAは在庫状況により数週間かかります。
<マスターの暗証番号は作ることができるの?>
任意のドアを共通の暗証番号で出入り可能に設定できます。
<工事事業者は自分で頼むの?>
お近くのカギ屋・内装の会社へ依頼してください。依頼先が見つからない場合は紹介もしています。
RemoteLOCKに関する疑問は解消してから購入しましょう!

RemoteLOCKまとめ

RemoteLOCKはただの電子錠ではなく、

クラウドシステムを使った様々な機能を便利に使えるスマートロック

です。

RemoteLOCKは

  • オフィスに導入してセキュリティを強化
  • 宿泊施設やレンタルスペース、マンションなどの賃貸物件に導入
  • 管理にかかわる無駄なコストや人件費を削減したりする

ことができます。

それに、様々なAPI連携ができるなど機能が豊富です。

RemoteLOCKはWiFi接続だから配線も不要といった便利で導入しやすい製品です。

比較の達人
比較の達人

より詳しい、

  • 製品の特徴
  • 導入までの手順

を知りたい方は、remoteLOCKの公式サイトで資料請求をするのをおすすめいたします。

⬇︎資料請求は無料⬇︎

remoteLOCK 公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました