光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

ぷらら光の評判が悪い3つの理由|あなたに最も良い光回線をご紹介します!

2017.06.01

ぷらら光の評判が悪い3つの理由|あなたに最も良い光回線をご紹介します! はコメントを受け付けていません。

 

 

基本料金がやすことで評判のぷらら光ですが、実は初期費用や割引などを考慮して、トータルコストを見てみると、あまりお得なインターネット回線ではありません。

基本料金の安さにつられそうになりますが、実はぷらら光を選ぶメリットはあまりなく、ほとんどの方が他社を選んだほうがよりリーズナブルに光インターネットを利用することができます。

 

この記事ではぷらら光の特徴や評判を他社と比較しながらご紹介していきます。

後半ではあなたの環境(家族構成・使っているスマホ)に合わせて、最も低料金で使える光回線をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

①ぷらら光の基本情報

まずはぷらら光の基本情報からご紹介していきましょう。

 

1.1ぷらら光ってどんなサービス?

フレッツ回線をそのまま利用した「光コラボ」の一つです。

 

ぷらら光はフレッツより月々1,000円程度安くなる光回線ということを売り文句で広告しています。
ですが、実はこれはぷらら光に限ったことではなく、光コラボすべての特徴です。

 

1.1.1「光コラボ」って何?

光コラボは2015年に始まった、フレッツ回線を使った他社サービスです。
光コラボはぷらら光以外にも下記のようなものがあります。

 

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光
  • BIGLOBE光
  • so-net光

などなど…

 

これらの事業者は光回線を所有しているわけではないので、フレッツ回線をNTTからレンタルしてサービスを行っています。
ぷらら光を始めとする光コラボは下の図のように「回線とプロバイダー」を一括で管理しているので、運営コストを抑えることができ、安い料金で利用できます。

 

 

光コラボの基本料金はどこも同じようなものなので、各事業者が独自に行っている「割引」「キャッシュバック」に着目して、よりお得なところを選ぶのが、お得にインターネットを利用するコツです。

 

割引を考慮してどこが一番お得になるのかは、「お使いのスマホ」「家族構成」によって変わってきます。

あなたにとってどこが一番お得なのかは、記事の後半で詳しくご紹介しますね。

 

1.2安いと評判!ぷらら光の基本料金

まずはぷらら光の基本料金を評判の良い他社と比較してみましょう。

 

基本料金の比較(プロバイダ料金込み)
ぷらら光 戸建て:4,800
マンション:3,600
auひかり 戸建て:5,100円
マンション:3,800円
ソフトバンク光 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
ドコモ光 戸建て:5,200円
マンション:4,000円
OCN光 戸建て:5,100円
マンション:3,800円
フレッツ光 戸建て:6,200円
マンション:5,100円

 

フレッツよりも各社1,000円以上安いことがわかると思います。
その中でもぷらら光は基本料金が特に安く、評判がよくなっています。

 

ですが、実はぷらら光は「工事費がかかる」「割引が無い」「キャッシュバックが少ない」というデメリットがあり、評判ほどのお得さはありません。

基本料金の割にトータルコストは割高になってしまうので、簡単に判断しないようにしてくださいね。

詳しくは記事の後半でご紹介します。

 

1.3評判はぼちぼち…速度はフレッツと同じ

ぷらら光などの光コラボは、使っている回線自体はフレッツです。
設備自体は全く同じなので、通信速度も同じになります。

 

②ぷらら光の評判が悪い3つの理由

ここからはぷらら光の評判が悪い点・デメリットについてご紹介しますね。

 

評判が悪い点1 工事費がかかる

光回線を選ぶときに、料金と同じくらい重要なポイントが工事費がかかるかどうかです。

ぷらら光は開通時に初期工事費18,000円が必要な点が評判が悪いです。

 

auひかりなどの人気回線は工事費無料のキャンペーンを行っているところもあるので、せっかく同じような光回線を使うなら工事費がかからないところを選ぶのがお得です。

 

評判が悪い点2 セット割が無い

ぷらら光には特にお得な「セット割」が無く、この点は他社より評判が良くないです。
基本料金にはさほど差がない、最近の光回線では、独自の割引があるかどうかが、選択の基準でもあり、評判の分かれ道となります。

 

ぷらら光は「ひかりTVのセット割」がお得だという評判もありますが、実は他社でも同じ料金でひかりTVを付けることができるので、この点では差はつきません。

※ぷらら光のセット割:通常 月々2,500円のひかりTVが900円で利用できる。ただ、他社でも600~900円でひかりTVを利用できる。

 

auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光などの大手携帯キャリアの光回線なら、スマホ代が月500~2,000円も安くなるセット割があり、これがかなり評判が良いです。
しかも対象は家族全員なので、月々の通信費は大幅ダウン。
家族全員のスマホ割引額が5,000円を超えているご家庭も多く、それだけで光回線の利用料金を上回っているというところもあります。

 

このように大幅な割引がないので、ぷらら光は評判ほどお得な光回線というわけではないんですね。

 

評判が悪い点3 キャッシュバックが少ない

契約時のキャッシュバックも、光回線選びに重要なポイントです。

 

主要各社のキャッシュバックを比較してみましょう。

 

各社のキャッシュバック金額
ぷらら光 新規:18,000円(マンションは15,000円)

乗換え:5,000円

auひかり ひかり電話同時契約:43,000円

ネットのみ契約:36,000円

ソフトバンク光 新規:24,000円+Wi-Fiルーター(販売価格10,000円)

乗換え:34,000円

ドコモ光 dポイント10,000円+現金5,000円+Wi-Fiルーター

※ルーターはbuffalo製の新型(販売価格15,000円)

OCN光 10,000円
フレッツ光 なし

 

ぷらら光のキャッシュバックは最も高額な「戸建ての新規契約」でも18,000円です。
しかし新規契約の場合は工事費で18,000円かかってしまうので、手元には何も残りません。
実質キャッシュバックはないものと同じです。

 

一方auひかりは、キャッシュバックはネットのみ契約でも36,000円、ひかり電話を同時契約すれば43,000円とさらに高額。
この額のキャッシュバックがもらえるのは相当評判が良いです。
しかも工事費無料なので、受け取った分のキャッシュバックはすべて自由に使うことができる点も良い評判につながっています。

 

確かにぷらら光はauひかりより基本料金が安いですが、その差はせいぜい300円程度です。
キャッシュバックの差 36,000円分を取り返すには、120か月…つまり10年もかかってしまいます。

 

同じインターネット回線を10年も使うことは現実的に考えられないので、まず間違いなくauひかりの方がお得だということになりますね。

 

 

まとめ:ぷらら光の評判は微妙…ならどこを選べばよい?

ぷらら光は基本料金の安さで評判ですが、実は工事費や割引、キャッシュバックを考えると、そこまでお得じゃないことがわかってもらえたと思います。

 

ではどの光回線があなたにベストなのかというと、大手3キャリアのスマホを使って言うなら「スマホと同じ会社の光回線」です。

理由は2つ。

 

  • 顧客満足度トップ3を独占していて評判が良い
  • ダントツで割引額が大きいのが「スマホのセット割」だから

 

auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光は同じ会社のスマホが月々500~2,000円割引になる「セット割」があります。
これは家族全員(離れて暮らしていてもOK)が対象になるので、月々の通信費は大幅に安くなります。

 

さらにキャッシュバックもこの3社がトップ3なので、スマホ割引とキャッシュバックだけで他社と大きな差が付きます。(2年間のコストで考えると10万円以上の差になります。)

 

格安スマホを使っている方は、特に魅力的なセット割は存在しないので、最もキャッシュバックが多く、かつ工事費も無料のauひかりを選ぶのがベストです。

 

下に、各光回線の評判や特徴をまとめた記事を載せているので、まずはあなたのお使いのスマホに合った光回線の特徴をつかんでみてください。

間違いなくぷらら光を使うより低料金で、かつ快適にインターネット回線を利用することができますよ。

 

【2017最新】auひかり口コミを徹底調査!まだ評判が悪い回線だと思ってるんですか?

 

【2017 最新版】ドコモ光の評判が急上昇している3つの理由!速度・プロバイダー・料金を徹底解説!

 

【2017 最新】今のソフトバンク光は評判が良いって知ってる?古い記事に騙されるな!

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら