光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

WiMAXとPS4の相性は最悪?遊ぶゲームの種類や生活スタイルであなたに合うネット回線が決まります

2019.02.14

WiMAXとPS4の相性は最悪?遊ぶゲームの種類や生活スタイルであなたに合うネット回線が決まります はコメントを受け付けていません。

インターネットは今や生活必需品ですが、どの端末でどのように使用するかによって相性の良い回線は異なります。

まず家の中だけでインターネットをするのか、はたまた外出時にも必要なのかといった「インターネットの利用場所」で大きく2つに分けることができ、その中でさらにどのネット回線にするかを最終的に決まります。

  • 自宅でのみ使用する:固定回線(光回線・ADSLなど)・ホームルーターを使った通信サービス(ソフトバンクエアー・WiMAXホームルーターなど)
  • 外出時も使用する:モバイル通信サービス(WiMAXモバイルルーター・ポケットワイファイ・ネクストモバイルなど)

今回は「WiMAXでPS4を楽しめるのか?」という疑問を解説しながら、持ち運び可能な端末を使ったネット通新サービスのメリット・デメリットを考え、あなたに合ったネット回線の選び方を紹介します。

 

①WiMAXでPS4を満足に楽しめるの?

結論から先にいうとモバイル端末を使ったWiMAXでもPS4でオンラインゲームをする事は可能ですが、WiMAXは光回線などと比べて通信状況が不安定になりがちなので、ゲームの内容や通信環境によっては満足に楽しめないケースもあります。

 

PS4などのオンラインゲームをするときは、以下の3つが重要になるので一つづつ見ていきましょう。

 

1.1 通信速度

インターネット回線はそれぞれ異なった「通信速度」でサービスを提供されています。

通信速度が速ければ速いほどデータを転送する時間が短くすみますが、ネット上のそれぞれのサービスごとに必要な通信速度が異なりますので、全てのサービスで高速の通信環境が必要なわけではありません。

 

例えば、ホームページやSNSなどの閲覧であればそれほど高速での通信は必要ありませんが、動画や音楽を高画質・高音質で途切れることなく楽しむためには、ある程度の速度が求められるといった具合です。

 

オンラインゲームをするために必要な通信速度は意外と低く、ほとんどのオンラインゲームは「1Mbps程度」でよく、データの通信量が多めのゲームでも「3Mbps程度」もあれば十分です。

 

PS4の各ソフトのメーカー公式サイトなどで推奨される通信速度が書いてあるので、プレーしたいソフトの推奨速度を満たしていれば大丈夫です。

推奨速度が書いていないものの場合は、3Mbps以上の通信速度を目安にするといいでしょう。

 

PS4ゲームのタイトルと推奨される通信速度(下り)

ドラゴンズドグマオンライン 1Mbps
GTA5 3Mbps
バイオハザードアンブレラコア 128Kbps
ストリートファイターV 1Mbps

 

WiMAXの通信速度の最大理論値は「下り440Mbps/上り30Mbps」ですが、周辺の環境で電波の強弱が変わるので、実際は10~50Mbpsあたりの通信速度になるケースが多いようです。それでも、オンラインゲームをするための速度としては十分あります。

 

1.2 通信の安定性

PS4などのオンラインゲームを楽しむには「安定して通信できる」ことも重要です。

プレイ中に何らかの影響で通信が切断されるとゲームが止まってしまい、頻繁に通信が切断されるような事があるとゲームの進行に支障をきたすからです。

 

WiMAXは、ルーターという通信機器がWiMAXの基地局と無線の電波で繋がっているため、ケーブルで繋がった固定ネット回線に比べると安定性に関してはどうしても悪くなりがちです。

 

1.3 サーバーからの応答の速さ

サーバーからの応答の速さを「ping値」といい、格闘系やFPSなどのリアルタイム性があるオンラインゲームは、通信速度よりもping値が低いことが重要です。

ping値の単位はmsで表しますが、格闘系やFPSといったゲームを快適にプレイする場合は「50ms以下」が望ましく、ping値が「100ms」を超えるとタイムラグがひどくなるのでこういったゲームのプレイは難しいでしょう。

 

特に「eスポーツでトップレベルを目指したい」という方であればping値は「15ms以下」が望ましいping値です。

 

サーバー応答速度とping値の相対表

超速い 1~15ms
速い 16~35ms
普通 36~50ms
遅い 51~99ms
超遅い 100ms以上

 

WiMAXのping値はどれくらいかというと、エリアや周辺の環境によって「35~120ms」と結構幅がでるようです。

 

このツイッター利用者さんはWiMAXのping値に満足している様子ですが、どんなに電波状況にめぐまれていてもWiMAXでping値が15ms以下になるケースはないので、FPSや格闘ゲームを快適にプレイしたい方には固定光回線をおすすめします。

 

ただしRPGやシミュレーション系などのゲームであれば、多少反応が遅くてもコンマ数秒の差で撃ち負けるようなことがないので、ping値はそれほど気にしなくても大丈夫です。

このように、プレイしたいゲームの内容によってping値の重要性が異なるので、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

②WiMAXでPS4を快適にプレイするためにできること

すでにWiMAXを利用中の方は、他の回線に乗り換えるには手間がかかりますから、今の状況をいかに快適にするかがポイントです。

 

2.1 クレードルを使って有線接続しよう

クレードルとは付属品の充電台のことですが、クレードルがなくてもコードのみで充電は可能なのでクレードルの購入は自分の意志で決めることができます。

 

しかし、クレードルには充電以外に、電波性能をUPさせる機能があります。

WiMAXのモバイルルーターの機種は「WXから始まるNEC製」と「Wから始まるファーウェイ製」がありますが、このうち電波性能がUPするクレードルはWXから始まるNEC製です。

WXシリーズのクレードルには拡張アンテナが内部に搭載されているからです。

 

しかし、Wシリーズのクレードルでも全く意味がない訳ではありません。

なぜなら、モバイルルーターは水平に置くよりも、クレードル等で立てかけた方がアンテナの通信性能が良くなるからです。

 

また通常、WiMAXのモバイルルーターはWi-Fiの電波で各端末と無線通信を行いますが、クレードルに搭載のLANポートを使えば、LANケーブルでPS4等と有線で通信が可能になるのもクレードルを使う事のメリットです。

 

PS4の機種の中で「5GHz帯」の電波の周波数帯に対応していない「CUH-1000・CUH-1100・CUH-1200」のPS4初期モデルでは、LANケーブルで有線接続をすることで通信状況の向上が期待できます。

Wi-Fi電波の周波数帯は次項で解説します。

 

2.2 5GHz帯を利用する

PS4をWiMAXでプレイする際は、LANケーブルで有線接続が出来ると通信が安定しますが、PS4の設置場所などでLANケーブルでの接続が難しい場合は、Wi-Fiの5GHzの周波数帯を利用しましょう。

 

Wi-Fiは「2.4GHzと5GHz」の周波数帯が違う2つの電波が使用できますが、WiMAXの初期設定で2.4GHzになっているのは、5GHzを屋外で使うと電波法違反になってしまうからです。

そのため自宅のみでの使用にとどめる必要がありますが、5GHzでどれくらい体感が変わるか試してみるといいでしょう。

 

モバイルルーター本体メニューから「設定」⇒「LAN側設定」⇒「Wi-Fi設定」から5GHzを選択すると使用する周波数帯が変更できます。

 

5GHzと2.4GHzは以下のような特徴の違いがあるので、使用目的に合わせて設定するとより快適にWiMAXでインターネットができるようになります。

  • 5GHz(高周波数帯):通信速度が速く電波干渉にも強いが障害物に弱い
  • 2.4GHz(低周波数帯):電波干渉が起こりやすいが障害物に強い

2.4GHzは家電製品やBluetoothに使われる周波数帯で、特にps4の場合はコントローラーとPS4本体をBluetoothで接続しているため、同じ2.4GHzの電波と干渉して影響が出やすいのです。

 

Wi-Fiを5GHzに設定すれば11acの最速の規格が利用でき、電波干渉も起こらないため通信速度が速く安定します。

 

2.3 ホームルーターに変更する

WiMAXといえばモバイル型のルーターが有名ですが、自宅専用で使うホームルーターという機器も選ぶことができます。

ホームルーターは常時コンセントに繋げて使用するため外へは持ち運べませんが、電波性能はモバイルルーターよりも優れているのが特徴です。

 

自宅でしかネットをしない場合は固定回線という選択もありますが、固定回線は必ず工事が必要ですので、工事ができない方や、工事は面倒だという方はこういったホームルーターもおすすめです。

 

外でインターネットをしないのであれば、モバイルルーターではなく据え置き型のホームルーターにした方が快適にPS4で遊ぶことができます。

 

2.4 PS4以外のネット通信をしない

PS4でオンラインゲームをしている時にその他の端末もネットに繋がっている状態だと、ゲームで必要な通信容量をほかの端末が消費してしまっていることがあります。

 

インターネット回線は、接続中の端末が多ければ多いほど1台あたりが使える通信容量が少なくなります。

 

たとえば、タブレットで音楽を再生しながらps4を使う、スマホでアプリのダウンロードをしながらPS4を使うといった場合は、ping値や通信速度が不安定になります。

 

また、スマホやタブレットなどは自分ではネット通信を行っていない場合でも、自動でアプリやソフトウエアの更新を行っていることもあるので、いったんそれらの端末のWi-Fi接続を切ってPS4の通信が安定するかを見てみるのもおすすめです。

 

③WiMAXでPS4を楽しむときの注意点

いままで紹介した以外にWiMAXでPS4を楽しむための注意点をいくつか紹介します。

 

3.1 ギガ放題プランにする

WiMAXは月間データ通信量が7GBまでのプラン「通常プラン」と、月間データ通信量が無制限の「ギガ放題プラン」があります。

 

通常プランとギガ放題では、どのプロバイダでも月に700円ほどの料金差がありますが、WiMAXでPS4を楽しむならギガ放題で契約をしましょう。

7GBの通常プランにしてしまうと、月間の使用量を超えた場合に通信速度が128Kbpsに落とされてしまい、オンライゲームどころか普通のネット通信もできません。

 

オンラインゲームの通信量自体はそれほど多くありませんが、PS4以外にも動画やネットサーフィンをすると考えればデータ通信量は多いに越したことはありません。

7GBのデータ量では、1カ月インターネットを存分に使用するには少ないでしょう。

 

3.2 3日で10ギガ使うと通信制限がかかる

たとえ「ギガ放題プラン」で契約をしていても3日間で10GBのデータ量を超えて使用すると、翌日18時から翌々日2時頃まで概ね1Mbpsに速度制限がかかります。

 

1Mbpsというのはps4の一部のオンラインゲームがギリギリ遊べる速度ですが、2Mbps以上を推奨しているゲームの場合はプレイが困難になるでしょう。

 

制限時間が約8時間と短いので、その日一日ゲームをしなければよいのですが、短期間での使いすぎは注意するに越したことはありません。

 

3.3 PS4ゲームのダウンロードや本体のアップロードがあった場合

PS4のゲームソフトはオンラインストアからダウンロードして購入することができますが、ほとんどゲームは10GB以上のデータ量があります。

つまり、ゲームソフトを1本ダウンロードするだけで「3日間で10GB」の通信制限に引っかかるので、ダウンロードを行った日はPS4のプレイは困難になります、そのためゲームソフトのダウンロードは計画的に行いましょう。

PS4は本体のアップデートも定期的にする必要があり、このアップデートも10GBを超えるデータ通信量が必要です。

また、ダウンロードほどのデータ通信量は不要ですが、ゲームソフト自体のアップデートがあった場合も数GBが消費されるので、ここでも速度制限に引っかかる可能性があると頭に入れておくといいでしょう。

 

④あなたのPS4使い方と生活スタイルに応じて最適なネット回線を選ぼう

インターネットをどう利用するかはユーザーによって違いますので、それぞれに合ったネット回線の選び方を紹介します。

 

4.1 FPSや格闘ゲームをするには光回線がおすすめ

FPSや格闘ゲームは、ネット回線の通信状況の良し悪しによって勝敗が左右されることがありますので、こういったゲームでトップレベルを目指したいプレイヤーであれば、光回線が絶対おすすめです。

 

WiMAXの電波状況が良い場所に住んでいるのであればプレイ自体は可能ですが、WiMAXはping値が高めなので多少の不具合は覚悟する必要があるでしょう。

 

光回線であれば「通信速度・通信の安定性・ping値が低い」などの理由でFPSや格闘ゲーム向きと言えます。

 

4.2 家だけでネットを使う人も光回線がおすすめ

自宅だけでインターネットを使うのであれば、特にWiMAXを使う理由はないので光回線がおすすめです。

 

光回線は工事が必要なので面倒だと思う方もいますが、工事が完了してしまえば快適さはWiMAXと比較にならないほど優れています。

  • 速度制限がなく完全に使い放題
  • 最大1Gbps(NURO光は最大2Gbps)で高速なネット通信が可能
  • 光ファイバーによる安定した通信
  • 低いping値

4.3 外出先でもネット環境が必要な方はWiMAXがおすすめ

WiMAXは「外出先でもスマホをWi-Fiで接続し契約ギガの消費を抑え高速で通信したい」「Wi-Fi通信のみのタブレットやPCを外出時も使う必要がある」というが方の需要に答える事ができます。

また、外用にスマホのデータ通信量を増量し、家に固定回線も引くとなるとコストが高くなりますが、外でも家でも使えるWiMAXならば費用の節約ができます。

 

WiMAXでPS4のFPSや格闘系のゲームをする事はあまりおすすめできませんが、RPGやシミュレーションゲームなどであればWiMAXでも問題はないでしょう。

ただし、PS4のソフトや本体のアップデートやダウンロードをすると「3日間で10GB」の速度制限にかかりますので注意が必要です。

 

自分の使用方法ならばWiMAXで十分と感じた方は、以下のWiMAXまとめ記事で一番お得なプロバイダから契約をしてくださいね。

【全29社|WiMAX比較】おすすめプロバイダ4社の人気ランキング

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら