光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

OCNモバイルONEの評判まとめ|9つの強みと2つのデメリットを理解しよう!

2017.06.19

OCNモバイルONEの評判まとめ|9つの強みと2つのデメリットを理解しよう! はコメントを受け付けていません。

 

この記事ではOCNモバイルONEの特徴をご紹介します。

 

 

格安スマホの中でもトップクラスに両社が多く(楽天モバイルに次いで2位)、お得度が高いのが特徴です。

格安スマホは種類が多いので、選ぶのが大変ですが、OCNモバイルONEには他社にない特徴がいくつもあるので、シェアを獲得しているんですね。

 

この記事ではOCNモバイルONEの特徴の中から、重要度の高い9つのメリット、そして利用する前に知っておきたいデメリットを2つご紹介していきます。

 

OCNモバイルONEの評判の理由、他社格安スマホとの違いがすべてわかる内容となっているので、ぜひ確認してみてくださいね。

 

 

①まずは知っておこう!格安スマホ選びのコツ

OCNモバイルONEの特徴をお話しする前に、格安スマホ選びのコツについてご紹介しておきましょう。

 

格安スマホは「料金ではなく、各社の特徴を重視して選ぶ」のが失敗しないコツです。

複数の格安スマホを比較している方はわかると思いますが、ハッキリ言って格安スマホの料金自体はどこもほとんど同じです。

 

 

例えば利用者数No.1で最も評判が良い格安スマホの一つ「楽天モバイル」とOCNモバイルONEを比較しても、料金は月々100前後しか違いはありません。

ワイモバイルは一社だけ割高ですが、それ以外の格安スマホは「どこも料金は同じくらい」と思っていて良いです。

 

とにかく重要なのは、「大手キャリアのスマホは高すぎる」という点で、格安スマホに乗り換えさえすれば、どこであってもコスト的には「月3,000円以上の節約ができる」というザックリとしたイメージを持っておけばOKです。
なので、格安スマホの料金自体を入念に比較する意味はあまりありません。

 

 

各社の特徴を見比べて「最も使い勝手が良いものを使う」のが、格安スマホ選びのコツです。

 

 

②OCNモバイルONEの評判と特徴

では早速OCNモバイルONEの特徴と評判をご紹介していきますね。

 

 

2.1利用者数は全格安スマホの中で2位

OCNモバイルONEの最大の特徴といえば、すべての格安スマホの中で利用者数2位である点でしょう。

楽天モバイルに続いてシェア2位を維持している、非常に評判が良い格安スマホの一つです。

 

 

現在の格安スマホは、圧倒的な知名度と大規模な宣伝広告でシェアを拡大している楽天モバイルに続いて、OCNモバイルONE、mineoが続いている状態です。

NTTの傘下である点や、プロバイダーで長年シェアNo.1のOCNが運営していることで、信頼度が非常に高いことが評判の良さにつながっています。

 

もちろん利用者数だけではサービスの質は図れませんが、一定数のユーザーに評価されているのは信頼できるポイントです。

 

 

2.2料金プラン

OCNモバイルONEは、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)より月3,000円以上安い料金でスマホを使うことができる点が評判が良いです。

 

料金は下記の通りです。

 

OCNモバイルONEの料金
110M/1日 (1日単位プラン) データSIMのみ:900円

音声通話SIM付き:1,600円

170M/1日 (1日単位プラン) データSIMのみ:1,380円

音声通話SIM付き:2,080円

3G/月 データSIMのみ:1,100円

音声通話SIM付き:1,800円

6G/月 データSIMのみ:1,450円

音声通話SIM付き:2,150円

10G/月 データSIMのみ:2,300円

音声通話SIM付き:3,000円

20G/月 データSIMのみ:4,185円

音声通話SIM付き:4,850円

30G/月 データSIMのみ:6,050円

音声通話SIM付き:6,750円

最大速度500kbpsプラン(月15Gまで) データSIMのみ:1,800円

音声通話SIM付き:2,500円

 

※データSIMのみでは、音声通話(電話番号での電話)はできません。(ラインやスカイプは利用できます)
音声通話を使いたい方は通話SIMを利用する必要があります。

 

 

OCNモバイルONEの料金は表の通りです。

 

先ほども触れた通り、この金額は格安スマホでは一般的なもので、他社と大きな差はありません。

「大体これくらいか~」という大まかなイメージを持っていてくださいね。

 

ただ、OCNモバイルONEだけにしかない特徴的なプランがあるので、そちらについては少し説明しておきましょう。

 

 

2.2.1 1日単位のプラン

OCNモバイルONEの評判が良い点は1日単位のプランがあることです。

 

具体的には、表の上2つの「110M/1日」「170M/1日」の2プランです。

これは通信量を1日単位で制限するプランで、1日の通信量が「110M」「170M」を超えてしまうと、通信量制限がかかるというものです。

 

110Mは月に換算すると、3.3Gとなります。

では月単位で計算する3ギガのプランと何が違うのかというと、「必ず月末まで速度制限なしの状態を続けられる」という点です。

 

月単位だと、月の途中で規定の通信量を超えると、それ以降はずっと速度制限がかかってしまいますよね。

ですが、これでは仕事中など不便な思いをすることがあるかと思います。

 

1日単位であれば、前日に通信量を使いすぎても、翌日はまた通常の通信速度からスタートすることできます。

月の最終日まで、きっちり通常の速度が使えるのが大きなメリットとなります。

 

自分ではつい「月初めに通信量を使い切ってしまう」という方に、「強制的に通信量を節約できる」というメリットがあるんですね。

 

 

また、このプランは前日の通信量を翌月に繰り越すことができるので、通信量が無駄になる心配もないんですね。

「データ通信の節約が苦手」という方、「月末でも仕事・学校が終わるくらいまでは、通常の通信速度を維持したい」という方には、かなり便利なプランです。

 

 

2.2.2 超格安!最大速度500kbpsプラン

こちらのプランは、最初から通信速度が最大500kbpsと低速な代わりに、月々の料金が非常に安いプランです。

 

OCNモバイルONEは通常の速度が最大200Mbpsなので、かなり速度は抑えられています。

通信量を使い切った後の速度制限の状態が200Kbpsなので、それよりは早いです。

500kbpsはユーチューブを低画質で見ることができるくらいの速度になります。

 

 

  • ネットはWi-Fi環境下でしか使わない
  • 基本は通話だけで良いけど、一応データ通信もできる状態にしておきたい

 

という、必要最小限の機能で十分という方には、コストを抑えることができる評判が良いプランです。

 

 

ただ、500Kbpsでは動画や音楽を快適に再生することはできない(低画質・低音質でしか使えない)ので、普通にデータ通信を使いたい方は、このプランは使わない方が良いでしょう。

 

 

2.2.3 毎月プランを変更できる

OCNモバイルONEの評判が良い点の一つに「毎月プランを変更できる」というものがあります。

 

特に格安スマホを始めて使う場合、「どのくらいのプランがちょうど良いのか、使ってみないとわからない」という方も多いと思います。

 

OCNモバイルONEは毎月1回プランの変更が可能なので、いろいろと試しながらあなたにちょうど良いものを選ぶことができます。

手続きもネット上で簡単に行えるので、この点は非常に評判が良いです。

 

 

2.3トップクラスの安さ!10分以内の通話し放題で「850円」

通話し放題プランは格安スマホのお得さの差を分ける大きなポイントです。

 

OCNモバイルONEはNTT系列の企業ということもあり、通話プランについては他社よりも力を入れています。

具体的には、月850円の追加で「10分以内の通話し放題」プランを使うことができます。

 

通話し放題プランで評判の良いUQモバイルなどでも、追加750円で5分以内の通話し放題。

5分なら他社でもよく見かける通話し放題プランですが、10分のプランがこの金額で利用できるのはOCNモバイルONEくらいしかありません。

 

無料通話が5分では短い、電話もガッチリ使いたいという方にはOCNモバイルONEはかなり好評です。

 

 

2.4通話はSIM不要!?IP電話「050 plus」とのセットがお得

OCNモバイルONEの大きな特徴の一つに「050 plus」とのセットが使える点があります。

 

「050 plus」というのは、IP電話(インターネット網)を利用した通話サービスです。
基本的にはスカイプやラインでの通話と同じ仕組み。

ですが、「050 plus」は普通の電話番号にもかけられる点が評判が良い点です。

 

ラインやスカイプと違って、電話番号もあるので相手がこれらのアプリをもっていなくても発信・着信ができるんですね。

 

限りなく普通の電話に近くて、料金は月々150円とかなりお得。
データSIM+150円なので、かなりリーズナブルにスマホを利用できます。

これだけで十分という方は、通話SIMを使わないでOKなので、かなりコストを抑えることができます。

 

 

注意点として、フリーダイヤル(0120)や緊急電話番号(110、119など、「1」で始まる番号)に発信ができないというものがあります。

普段このような番号にかけることがないという方には、この「050 plus」セットは、かなり好評です。

 

 

2.5口座振替が使える

OCNモバイルONEは、口座振替での支払いができる点も評判です。

 

一般的に格安スマホはクレジットカードでの支払いしかできません。

OCNモバイルONEはその中でも比較的珍しい、口座振替での支払いができる格安スマホです。

 

クレジットカードでの支払いが嫌だという方には、数少ない選択肢なので評判がよいです。

 

 

2.6ドコモスマホはSIMロック解除無しでそのまま使える

OCNはドコモと同じNTT系列の企業です。

なのでドコモとは提携関係にあり、ドコモスマホをそのまま利用できるようになっています。
通常の乗換えよりひと手間省けて、楽に手続きができるので、ドコモユーザーには特に評判が良いです。

 

ソフトバンクやauのスマホを使っている方は、一旦SIMロック解除の手続きを行えば、問題なくOCNモバイルONEを使うことができます。(各ショップ、「My softbank」「My au」などで手続きが可能です)

 

 

2.7キャンペーン

OCNモバイルONEは新規契約時にキャッシュバックなどのキャンペーンがある点も評判が良いです。

 

今月のキャンペーンは、JCB商品券2,000円分です。

 

契約するだけで2,000円のキャッシュバックがあるので申し込むには非常に良いタイミングとなっています。

 

 

2.8光セット割

固定インターネット回線のOCN光とセットで使った場合、OCNモバイルONEの月額料金が毎月200円割引されます。

 

自宅に光回線があれば、Wi-Fiが使い放題になるのでOCNモバイルONEも最小限のデータ通信プランで契約することができ、節約にもつながります。

 

OCN光については下の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

元販売員が最近のOCN光の評判が良い理由を詳しくご説明!料金・速度・キャンペーンを徹底検証!

 

 

2.9低速モードでも最低限の速度は確保されている

低速モードでも最低限の速度が出るかどうかは、スマホ選びで重要なポイントです。

 

スマホは契約しているデータ通信量を超えてしまうと、低速モードに入ってしまいますね。
実は低速モードでの通信速度はどこでも同じわけではありません。

 

 

格安スマホで低速モード時の速度が速いのは、下記3つです。

 

低速モードの速度が速い格安スマホ
UQモバイル おしゃべりプランとぴったりプラン 最大300Kbps
イオンモバイル(タイプ2) 最大240Kbps
OCNモバイルONE 最大240Kbps

 

 

もちろん低速モードなので、動画や音楽の再生、マップの利用はかなり厳しいです。
ですが、240Kbps程度あれば写真のないテキストだけのウェブページは問題なく開くことができますし、ラインなどのやり取りも十分に行えます。

 

他社では低速モードになると50Kbpsなど、ほぼ使用不可能に近いものもあるので、この点は結構重要です。

 

さらにOCNモバイルONEには、低速時でも一瞬だけ高速通信ができる「バーストモード」が搭載されています。
通信を行う一瞬だけ通常の速度になるので、ウェブサイトの閲覧やラインの送受信に関しては、ほぼ普段通り使うことができます。
(数秒の通信が必要な写真や動画、音声の送受信は低速になる)

 

これら3社以外にも、ラインモバイルや、IIJmioのみおふぉん、マイネオあたりは、バーストモードがついているので、低速時でも最低限の役割をこなすことができます。

 

 

③OCNモバイルONEのデメリット

ここからはOCNモバイルONEの評判が悪い点、デメリットと言える部分をご紹介しましょう。

 

結論を言うと、スマホ本体を新たに購入する方にはOCNモバイルONEは評判がいまいちよくないです。

 

 

3.1端末保障が無い

OCNモバイルONEでスマホを購入しても、端末保障が無いという弱点があります。

 

他社だと故障や破損の場合も、機種代金の一部を支払えば交換や修理が可能ですが、OCNモバイルONEでは、新たに購入するしか手段がありません。

この点は評判が良くない点と言えますね。

 

 

3.2端末代金が一括払い

端末代金を分割で支払えないのも、OCNモバイルONEの弱点です。

 

他社であれば分割にして月々の利用料に上乗せして支払うことができます。

 

 

OCNモバイルONEを使う場合は、「手持ちのスマホを使う」、もしくは「スマホ本体は別で購入(カードなどで分割払い)にして、SIMカードだけ契約する」といった工夫が必要になる場合があります。

 

 

まとめ:通話し放題を付けるならOCNモバイルONE

端末代金一括払い、端末保障が無いというデメリットはありますが、それ以外の面ではかなり優秀なOCNモバイルONE。
利用者数2位だけあって、評判通り、メリットが非常に多いのが特徴です。

 

基本料金は他の格安スマホとほとんど同じですが、下記メリットが大きいです。

 

  1. 1日単位のプランを選べる
  2. 10分以内の通話し放題が安い
  3. 毎月プランを変えられる
  4. 口座振替が使える
  5. OCN光とのセット割がお得

 

格安スマホはどこを選んでもほとんど料金的な差はないので、他社にはないメリットがあるOCNモバイルONEの評判が良いんですね。

 

低速時でも240Kbpsが出る上に、バーストモードがついているので必要最低限の機能をこなせる安心感があります。

 

特に音声通話をきちんと使いたい方には、最適な格安スマホと言えるでしょう。

 

今月は2,000円のJCB商品券キャッシュバックもあるので、利用するには絶好のタイミングです。

OCNモバイルONEで通信費を節約してみてくださいね。

 

 

キャッシュバックは下記キャンペーンサイトから申し込んだ場合のみの特典なので気を付けてくださいね!

OCNモバイルONE キャンペーンサイト

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら