光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

フレッツ光からOCN光への転用手順・メリット・デメリットまとめ|おすすめ回線もご紹介

2018.05.02

フレッツ光からOCN光への転用手順・メリット・デメリットまとめ|おすすめ回線もご紹介 はコメントを受け付けていません。

現在フレッツ光を利用中の方で、光コラボレーション回線のOCN光へ乗り換えようと検討中の方もいるでしょう。

 

光コラボレーション回線とは、フレッツ光の回線設備をそのまま使用し、サービスのみを提供するネット回線の総称です。

光コラボ回線は全国に300社程あると言われており、有名なところはドコモ光・ソフトバンク光・OCN光等があります。

 

今回は、フレッツ光から光コラボのOCN光へ乗り換える際のメリット・デメリットを紹介します、契約の前にぜひ参考にしてくださいね。

 

①フレッツからOCN光に転用するメリット

フレッツ光から光コラボ回線への乗換えは「転用」と呼ばれ、光コラボ回線と契約を結びなおすだけで済むので簡単です。

 

フレッツ光からOCN光へ乗り換える場合、デメリットよりメリットの方が多くないと意味がないので、先にメリットについて考えていきましょう。

 

1.1月額料金

フレッツ光でプロバイダーをOCNにした場合と、OCN光の月額基本料金を比較してみましょう。

 

フレッツ光東西とOCN光の料金比較表
戸建て フレッツ光東日本:5,800円

フレッツ光西日本:5,400円

OCN光:5,100円

 マンション

(光配線方式)

フレッツ東日本:3,950円

フレッツ西日本:4,060円

OCN光:3,600円

 

フレッツ光は、東日本エリアと西日本エリアで料金が違います。

それに対しOCN光は、戸建てかマンションかのシンプルな2パターンになり、どちらもフレッツ光より安くなるでしょう。

 

 

1.2工事費がかからず簡単

フレッツ光から光コラボ回線への乗換えは、転用と呼ばれ回線工事を必要としないので工事費がかかりません。

 

契約元が今までNTT東西だったのが、NTTコミュニケーションズ(OCN)に変わるだけなので、簡単な手続きで乗り換えが完了します。

 

1.3スマホ割引

OCN光は、OCNモバイルONEという格安スマホとのセット割が利用できます。

OCN光じゃなくても、フレッツ光でプロバイダーにOCNを契約している人も適用される割引きサービスです。

 

対象固定回線1契約あたり5契約まで適用でき、割引額が1契約あたり200円です。

もともと安い格安スマホですが、このセット割を利用することにより、1家族で最大1,000円まで割引になります。

 

1.4申込み特典

OCN光の申し込みにあたり、直接公式サイトから申し込むのはおすすめできません。

 

代理店を経由してOCN光を申し込むだけで、お得なキャッシュバックがゲットできるので、代理店のほうがお得なのです。

 

OCN光の代理店はいくつかありますが、最もお得なキャンペーンを行っているのが代理店BIGUPです。

 

BIGUPは、「キャッシュバックの条件にオプション加入が不要」「Web申込み後に折り返しかかってくる電話口で口座番号を伝えるだけで特典の申請が完了」「最短1ヶ月で現金振り込み」という評判の良い代理店です。

 

BIGUPのOCN光キャンペーン
適用条件 ・新規、他社転用どちらでも適用

・OCN光を8ヶ月継続利用

特典内容 15,000円キャッシュバック

or

10,000円キャッシュバック+高速無線ルーター(7,200円相当)

 

以上のキャッシュバックは、新規でもフレッツ光からの転用でも適用されるところが嬉しいポイントです。

 

ただし、同じ転用でも自社転用と他社転用があり、自社転用(フレッツ光でプロバイダーOCNを使ってる人)は適用外なので注意しましょう。

 

BIGUPのもう一つの特典である、無線ルーターのスペックも簡単に紹介します。

BIGUPの申込み特典 無線ルーターのスペック
メーカー BUFFALO
型番 WHR-1166DHP4
無線速度 最大866Mbps
インターネットポート 1Gbps(1000Mbps)
LANポート 100Mbps×4つ
定価 7,00円

 

WAN側の規格が1Gbps(1000Mbps)なので、このルーターを使用すれば1ギガのプランでも速度を落とすことがないです。

WAN側の規格が100Mbpsの安物の無線ルーターでは、無線区間でそれ以上の通信速度が出ても100Mbps以上は出ない仕様になっているものがあります。

 

無線規格も11ac対応の高性能無線ルーターですので、無線ルータが欲しい方はルーターが付く方のキャッシュバックを選ぶのが賢いでしょう。

 

OCN光の代理店BIGUPの、詳しいキャンペーン情報は以下のキャンぺーンサイトよりご確認ください。

記事の後半では、フレッツ光からの乗換えでOCN光よりお得な回線を紹介しますので、そちらも楽しみにしておいてくださいね。

 代理店BIGUPのキャンペーンサイト

 

②フレッツ光からOCN光へ転用する時のデメリット

フレッツ光からOCN光へ乗り換えて、反対に料金が高くなったり、不便な事があるようなら乗り換えはしない方が良いですよね。

ここから、OCNに光に乗り換えた場合のデメリットと転用時に気を付けた方が良い点を紹介します。

 

2.1フレッツ光に戻ることはできない

一度フレッツ光からOCN光へ転用で乗り換えてしまうと、再度フレッツ光へ戻すことはできません。

どうしても戻したい場合は、OCN光を解約し、フレッツ光を新規に契約するしかありません。

 

この方法だとフレッツ光の工事が再度必要となり、初期費用が高くついてしまいますので、転用は簡単でもフレッツ光に再度戻すのは大変と覚えておいてください。

 

2.2光電話の番号が変わる

一度フレッツ光から転用で光コラボ回線へ乗り換えた場合は、光電話の番号が、フレッツ光で取得した番号であっても、転用先の回線に引き継げるのですが、一度転用してしまうと再転用は不可能なため、また別の回線へ乗り換えた時に同じ電話番号は引き継げません。

 

フレッツ光で新規に取得した光電話の番号
乗り換え方法 電話番号引き継げるか
転用 引き継げる
転用⇒さらに他社へ乗り換え 引き継げない
NTTの固定電話から引き継いだ光電話の番号
乗り換え方法 電話番号引き継げるか
転用 引き継げる
転用⇒さらに他社へ乗り換え 一度アナログ戻しで引き継げる

 

ただ、もともとNTT発番の電話番号を番号ポータビリティでフレッツ光のひかり電話にしていたのであれば、一度NTTアナログ電話へ戻すことにより引き継ぐ事が可能です。

 

2.3 OCNのプロバイダーは一社のみ

フレッツ光ではプロバイダーをいろいろな会社から選択できましたが、OCN光はプロバイダーがOCN限定ですので、フレッツ光で利用していたプロバイダーはほとんどの方が変更となるでしょう。

 

その場合、メールやホームページサービスなど、転用前のプロバイダーのサービスが使えなくなる点にも注意しましょう。

 

逆に、フレッツ光でもプロバイダーにOCNを使っていた人が、OCN光へ転用しても、光回線設備とプロバイダーがまったく変わらないため、通信品質もまったく同じという点にも注意してください。

 

OCN光へ転用すれば速度が速くなることはあり得ませんので、現状のフレッツ光の速度に不満があって光コラボ回線へ転用したいのであれば、現在使っているプロバイダー以外を利用できる光コラボへ転用すべきです。

 

③OCN光がお得な人損な人

契約者毎の条件によっても、OCN光への転用がお得なのか損なのかが変わります。

 

3.1OCN光がお得なケース

フレッツ光の場合は、プロバイダーによって料金が変わるので個別に判断する必要がありますが、ほとんどのケースでOCN光へ転用したほうが安くなるでしょう。

 

3.2 OCN光以外の光回線に乗り換えた方が良い方

実はほぼ全員の方が、フレッツ光からの転用先にOCN光以外の回線を選んだ方がお得です。

なぜなら、OCN光のキャッシュバック額は、その他の光回線のキャッシュバック額より低いからです。

 

特に現在、プロバイダーにOCNを利用している方は、乗り換え時に代理店の特典が受けられませんので、OCN光を選ぶと損をしてしまいます。

 

基本料金は以下の表で分かるように各社ほぼ同じなので、スマホとのセット割・入会時のキャッシュバックが大きい所を選ぶのが、ネット回線代節約のコツになります。

 

主要光回線とOCNひかりの料金表
auひかり 戸建て:5,200円

マンション:4,050円

ソフトバンク光 戸建て:5,200円

マンション:3,800円

ドコモ光 戸建て:5,200円

マンション:4,000円

OCN光 戸建て:5,100円

マンション:3,600円

 

3.3他回線の入会特典が豪華

主要光回線を代理店経由で申込んだ際の入会特典を紹介します。

ここでは、フレッツ光からの転用を想定していますので、転用時に貰えるキャンぺーン特典のみを書いています。

 

各社キャッシュバック等の特典
auひかり ネット+電話:50,000円

ネットのみ:43,000円キャッシュバック

※マンションタイプはそれぞれ1万円減額

ソフトバンク光 転用:13,000円キャッシュバック
ドコモ光

(GMOとくとくBB)

15,000円キャッシュバック(TV契約が条件)

5,500円キャッシュバック(条件なし)

転用でdポイント5,000pt

OCN光 10,000円+無線ルーター贈呈

 

上記紹介した回線の中で、auひかりだけは光コラボ回線ではないので、フレッツ光から転用とはならず、新規でauひかりを契約する形になりますが、キャッシュバックが大変お得なので、フレッツ光回線にこだわりの無い方は、auひかりもおススメです。

 

【auひかりお得な申込み窓口】

auひかりは、代理店のNNコミュニケーションズから申込みを行うと上記のキャッシュバックが貰えます。

 

より詳しいキャッシュバックの内容は、以下のキャンぺーンサイトをご確認くださいね。

NNコミュニケーションズ キャンぺーンサイト

 

また、auひかりの総合的な情報は以下の記事も参考にしてくださいね。

【2018最新】auひかり口コミを徹底調査!まだ評判が悪い回線だと思ってるんですか?

 

【ソフトバンク光お得な申込み窓口】

ソフトバンク光は、エヌズカンパニーから申し込むと上記の特典が受け取れます。

転用申し込みでキャッシュバックを行っている代理店はあまりないのでお得です。

 

キャッシュバックと申込み方法は、以下のキャンぺーンサイトで確認してくださいね。

エヌズカンパニー キャンぺーンサイト

 

ソフトバンク光の評判などはこちらの記事にまとめてありますので、契約前にチェックしてくださいね。

【2018 最新】今のソフトバンク光は評判が良いって知ってる?古い記事に騙されるな!

 

【ドコモ光お得な申込み窓口】

ドコモ光は、プロバイダーのGMOとくとくBBを選んで特設サイトから申込みをした際の特典となっています。

キャッシュバックの条件などは、以下のキャンぺーンサイトでご確認してみてください。

GMOとくとくBB キャンぺーンサイト

 

ドコモ光のまとめ記事は以下です、ドコモ光の事が良く分かる内容になっていますので目を通してみてくださいね。

 

【ドコモ光の評判|2018年最新】 利用者数No.1なのに口コミ悪い?速度・料金を徹底解説!

 

※フレッツ光からドコモ光への転用をご検討中の方は、「【事前に確認!】フレッツからドコモ光に転用すると損する場合がある!失敗しない手続き方法を解説します!」の記事をご参考ください。

 

3.4大手スマホとのセット割がとってもお得

現在大手キャリアである「ドコモ・ソフトバンク・au」のスマホを利用中の方は、スマホとネット回線のセット割が大きいので、自分が使っているスマホキャリアが提供する光回線の方が断然おすすめです。

 

OCN光と大手携帯キャリアのセット割比較表
OCN光+OCNモバイルONE 200円引き(5回線まで)
auひかり+auスマホ 500円~2,000円(10回線まで)
ソフトバンク光+ソフトバンクスマホ 500円または1,000円(10回線まで)
ドコモ光+ドコモスマホ パケットパック:100円~1,600円(1回線のみ)

シェアパック :800円~3,500円(1回線のみ)

 

au光とソフトバンク光は、セット割を適用させるために光電話(月500円~)の契約が別途必要ですが、家族内で10回線まで割引きが受けられるので大変お得です。

 

3.5 OCN光以外を選択するデメリット

フレッツ光を利用中で転用先にOCN光以外を選択して困るケースは、現在プロバイダーがOCNで、OCNメールを使っている人です。

 

プロバイダーが変われば今まで使っていたOCNメールが使えなくなってしまうので、OCNメールをメインのメールアドレスとして使っている方には不便になるでしょう。

 

OCNを完全に解約せずに月額250円のプランへ変更することで、メールアドレスを残すことはできますが、せっかく安い他の光回線へ変更する意味もなくなってしまうので、あまりおすすめできません。

 

④転用の具体的な手順

フレッツ光から各光コラボ回線へ転用するためには、まずNTTから転用承諾番号というものをWebまたは電話で取得します。

 

NTT転用承諾番号取得
東日本エリア NTT東日本公式サイト

0120-140-202

西日本エリア NTT西日本公式サイト

0120-553-104

 

①転用承認番号取得後、それぞれ申し込みたい回線に代理店経由で申し込む

②申し込み後、転用先の回線事業者から転用完了の通知が来たら乗り換え完了

③新しいプロバイダーから接続設定に必要なユーザーIDとパスワードが届いたらルーターに設定する

 

新しい回線に転用と同時にフレッツ光は解約したことになるので、NTTへ解約の連絡をする必要はありません。

その際、転用前に使っていたプロバイダーは解約にはならないので、必ず解約の連絡を入れましょう。
(転用前後でプロバイダーが同じ場合は連絡不要)

 

プロバイダーの解約は各プロバイダーの公式サイトから行う事ができます。

ただし、転用が完了する前にプロバイダを解約してしまうと、インターネットが使えなくなってしまうので気を付けましょう。

 

⑤フレッツ光からの乗換えはOCN光以外がおすすめ

OCN光に転用すれば、フレッツ光よりも安くなる場合があるので、乗換えを検討中の方も多いでしょう。

しかし、同じ光コラボ回線であるソフトバンク光やドコモ光、またはauひかりのほうがセット割やキャッシュバック、通信品質などで有利なケースが多いので、OCN光よりおすすめです。

 

特に、現在プロバイダーでOCNを使っている人がOCN光に転用するのは、キャッシュバックが受けられず、変更後も回線品質は全く変わらないのでおすすめできません。

 

「フレッツ光から光コラボ回線への転用は料金が安くなる」と、営業をかけられる事も多いですが、「転用によって本当に安くなるのか」、また「その回線が自分にとって一番お得なのか」といったことはよく確かめないと分からないのです。

 

今回の記事を読んで、乗換え先ネット回線の再検討をする方は、以下の診断によって自分にピッタリの回線が分かりますので、ぜひこちらもお試しくださいね。

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら