光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

OCN光からドコモ光への乗り換えはダメ?一番お得な乗り換え先はどこ?

2018.02.22

OCN光からドコモ光への乗り換えはダメ?一番お得な乗り換え先はどこ? はコメントを受け付けていません。

今回は、OCNからドコモ光へ乗り換えたいと検討している方へ、ドコモ光に乗り換えるメリットとデメリットをご紹介します。

OCNとドコモ光は同じ光コラボの商品なので、乗り換えには少し面倒な部分があります。

例えば、「転用」サービスは使えず、まずは乗り換え前の回線を解約してから、新しい回線を新規契約する必要があります。

ドコモ光へ乗り換えるメリットはあるのか?通信速度や料金なども含めて詳しくOCNと比較していきますね!

一番お得な乗り換え先はどこなのかもご紹介していきます♪

 

※フレッツ光からドコモ光への転用をご検討中の方は、「【事前に確認!】フレッツからドコモ光に転用すると損する場合がある!失敗しない手続き方法を解説します!」の記事をご参考ください。

 

OCN光からドコモ光に乗り換えるメリット

OCNからドコモ光へ乗り換えた場合、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

①プロバイダーを選べる

OCN光のプロバイダーは、OCNです。

それに比べて、ドコモ光のプロバイダーは、26社の中から好きな会社を選べるようになっています。

ドコモ光タイプA ドコモ光タイプB
・ドコモnet
・plala
・So-net
・GMOとくとくBB
・DTI
・Tigers-net.com
・BIGLOBE
・BBexcite
・andline
・IC-net
・U-Pa!
・エディオンネット
・SYNAPSE
・TikiTiki
・楽天ブロードバンド
・hi-ho
・01光コアラ
・ネクス
・スピーディアインターネットサービス
・@TCOM
・OCN
・@nifty
・TNC(静岡県限定)
・ASAHIネット
・WAKWAK
・ちゃんぷるネット(沖縄県限定)

選択できるプロバイダーによってタイプA、タイプBとタイプが分かれます。

その違いは月額料金で、タイプAが5,200円、タイプBが5,400円です。

 

②ドコモ光にすると通信速度が速くなる可能性も!

プロバイダーのOCNが原因で通信速度が遅い場合、ドコモ光へ乗り換えることで改善する可能性があります。

ドコモ光へ乗り換える時は、同じOCNを選んでは意味がないので、それ以外を選んでくださいね。

26社の中から特にお勧めなのは、v6プラスに対応しているプロバイダーです。

 

  • v6プラスがお勧めな理由

v6プラスを利用すると、プロバイダーを経由しないインターネット接続方法になるので、インターネット利用者が増える夜間帯でも混雑しません。

つまり、快適な速度でインターネットを利用できるという事です。

 

  • v6プラス対応プロバイダー

対応しているのは、GMOとくとくBB、@niftyです。

v6プラスではありませんが、BIGLOBEもv6オプションという同じ仕組みがありますよ。

 

ドコモ光の評判が気になる方は、こちらの記事も参考にして下さい↓

【ドコモ光の評判|2018年最新】 利用者数No.1なのに口コミ悪い?速度・料金を徹底解説!

 

③ドコモスマホのセット割「光パック」が使える

自宅ネット回線をドコモ光にして、携帯・スマホをドコモにすれば「光パック」が使えます。

光パックとは、パケットプランに応じて、月々の通信料から割引が受けられるサービスです。

 

ドコモでは、一人用のパケットパックと、家族間でシェアできるシェアパックがあります。

シェアパックは月額料金が安く、光パックの割引額が大きくなっています。

 

  • ドコモ光パック
容量 月額割引額
パケットパック シェアパック
2GB -500円
5GB -800円 -800円
10GB -1,200円
15GB -1,800円
20GB -900円
30GB -1,100円 -2,000円
50GB ・戸建
-2,500円
・マンション
-2,400円
100GB ・戸建て
-3,200円
・マンション
-3,000円

光パックの割引は、ドコモの携帯・スマホが1回線のみしか適用されません。これをペア回線といいます。

そのため、光パックを適用させるのであればシェアパックにし、シェアパックをペア回線として登録するのが一番お得です。

 

④ドコモ光のキャンペーンが豪華

OCN光から乗り換えの場合は、ドコモ光の「新規」になるので、新規キャンペーンをチェックしましょう。

v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルも無料なので、光電話契約不要でv6プラスが利用出来ることもメリットです。

 

  • キャッシュバック
キャッシュバック 必要なオプション加入条件
新規
5,500円
2年自動更新プランタイプAとあわせて、ひかりTV(2ねん割)またはスカパーを申し込む。
転用
10,500円

現金キャッシュバックには、受け取るための条件があります。

 

  • dポイント贈呈
dポイント
プレゼント
適用条件
新規
20,000pt
2年自動更新プランを契約すること、ペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること。
転用
10,000pt

dポイントは加盟店で1pt=1円で買い物ができ、携帯の支払いにも充当できます。

 

  • 地域限定dポイント贈呈
dポイントプレゼント
(期間・用途限定)
適用条件
10,000pt
(新規のみ、転用不可)
2年定期契約プランを契約すること、ペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること。

関西・東海・九州のみ対象。

 

  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターレンタル無料
条件 最低利用期間
ドコモ光開通後に申し込む 37カ月以内に解約すると、解約料10,000円

 

  • マカフィーセキュリティ1年無料
条件 無料期間終了後
ドコモ光開通後に申し込む

※パソコン・スマホの合計3台まで

月額500円

 

ドコモ光の最新キャンペーンについてより詳細に知りたい方は「公式は損!ドコモ光 キャンペーンはキャッシュバックとポイントをWゲットせよ」の記事を確認してみてくださいね。

 

OCN光からドコモ光に乗り換えたら起こるデメリット

①基本料金が高くなる

OCN光からドコモ光へ乗り換えた場合、基本料金が少し高くなってしまいます。

ドコモ携帯・スマホとのセット割を適用していない場合だと、コスト面ではマイナスと言えるでしょう。

 

  • 基本料金比較
  OCN光 ドコモ光
戸建て 5,100円 5,200円
マンション 3,600円 4,000円

 

②OCN光の解約金が掛ってしまう

乗り換え時にOCN光を解約しますが、OCN光の解約金を支払う必要があります。

解約金は11,000円です。

 

ただし、更新月にOCNを解約すれば掛りません。更新は契約満了の翌月です。

OCN光は2年自動更新なので、

1回目が25ヶ月目
2回目が49ヶ月目
3回目が73ヶ月目

以上が更新月になります。

 

OCN光が開通してから間もない時期にドコモ光へ乗り換えすると、OCN光の初期工事費の支払いが終わっていないケースも考えられます。

OCN光戸建てタイプの工事費が18,000円で、分割払いが初回3000円+500円×30回です。

支払い終わる前に乗り換えてしまうと、工事費残金を一括請求されるので注意です。

 

③ドコモ光の初期費用が必要

ドコモ光への乗り換えには、初期費用が必要です。

光コラボから光コラボへの乗り換えるには、ドコモ光の新規工事の費用が発生します。

 

  • 新規工事費
戸建て 18,000円
マンション 15,000円

分割払いが可能で、12回、24回、36回、48回、60回から選べます。

なお、乗り換え時に工事費が無料になるキャンペーンは、今のところありません。

ドコモ光以外にお勧めの2つの乗り換え先!

auひかり

auひかりが開通した後にOCN光を解約すれば、インターネットが使えない期間を0日にできます。

しかもauひかりは、乗り換え時の初期費用がほとんど掛からず、キャッシュバックも高額です。

 

auひかりの申込みに一番お得な正規代理店は、NNコミュニケーションズです。

  • NNコミュニケーションズ

申し込み形態 キャッシュバック額
ネット+光電話 50,000円
ネットのみ 43,000円

  1. ネット契約のみでOK
  2. 手続きが簡単
  3. 最短1ヶ月でキャッシュバックを受け取れる

高額なキャッシュバックなので、すぐに受け取れると安心ですよね。

 

乗り換え時に適用されるキャンペーンには、工事費が月々の割引で実質無料になる「初期費用相当額割引」他社解約金をKDDIが負担する「スタートサポート」があります。

これらのキャンペーンがあるので、乗り換えコストはほぼかかりません。

 

現在au携帯・スマホを利用しているのであれば、auひかりにすることにより、「auスマートバリュー」が適用できます。

ドコモの光パックと同じように、auひかり×auスマホで月々のauスマホの通信料を節約できます。

auひかり1契約につき、auスマホ・携帯最大10回線まで適用できます。

 

auひかりのキャンペーンサイトについては、こちらの記事も参考にして下さい↓

最新速報!auひかり キャンペーン辛口比較|キャッシュバックがお得な代理店

 

②ソフトバンク光

ソフトバンク光の場合は、光コラボから光コラボへの乗り換えなので、OCN光を解約しなければなりません。

新規でソフトバンク光へ乗り換える形になり、工事が必要ですが、工事費が実質無料になるキャンペーン中です。

OCN光の解約金もソフトバンクが負担してくれるので、初期費用は事務手数料の3,000円のみで済みます。

ソフトバンクスマホとのセット割、「おうち割」が適用できるので、ソフトバンクユーザーであればソフトバンク光へ乗り換えたほうが良いでしょう。

ソフトバンク光正規代理店のエヌズカンパニーから申し込めば、28,000円のキャッシュバックが貰えますよ!

 

  • エヌズカンパニー

特典A 対象
キャッシュバック
28,000円
新規申込
キャッシュバック
13,000円
他社転用

 

特典B 対象
キャッシュバック
24,000円
新規申込

キャッシュバックは最短2カ月で受け取ることができ、受け取りの条件にはオプション加入も無いので、とても簡単で安心ですよ!

 

ソフトバンク光のキャンペーンサイトについて、詳しくはこちらの記事で解説しています↓

2018最新!ソフトバンク光 キャンペーン比較|キャッシュバックが本気でお得なのはココ

OCNからドコモ光への乗り換え手順と注意

OCN光で使っている光電話番号を、新規回線に引き継ぎたい場合は、一度NTTのアナログ電話へ戻す手続きが必要になります。

ただし、電話番号を引き継げるのはNTT発番に限ります(フレッツ光電話は含まれない)。

OCN光で初めて取得した光電話の番号を他社へ引き継ぐことはできません。

 

※注意
NTTアナログ電話へ戻す前にOCN光を解約してしまうと、電話番号が引き継げませんので注意が必要です。

 

下記は、ドコモ光(他社光コラボ)への乗り換えの流れです。

  1. 現在利用中の電話番号をNTTアナログ電話へ戻す手続き(116へ問い合わせ)
  2. (1)の工事日が決まり次第、ドコモ光へ申し込み(ネット代理店から)
  3. OCN光の解約の申し込み 0120-506-506
  4. ドコモより開通工事日のお知らせが届く
    ※開通工事日がOCN光の撤去工事から間もない場合、工事日の変更が必要になる
  5. OCN光撤去工事(撤去工事不要の場合もある)、宅内機器返却
  6. OCN光の撤去工事完了後、ドコモ光開通工事、インターネットが使えるようになる
  7. 機器接続から数日で光電話開通

このように光コラボから光コラボへの乗り換えは、数日ほどインターネットができない期間ができます。

まとめ:OCNから乗り換えるならスマホと同じ会社の回線が決め手

OCN光から乗り換えるのにお勧めなのは、スマホと同じ会社の光回線です(ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり)。

セット割を利用することで、月々の支払コストを抑えられるからです。

格安スマホユーザーであれば、乗り換えコストがほぼ掛からない、キャッシュバックが高額なauひかりもお勧めです。

NNコミュニケーションズのキャンペーンサイト

 

ソフトバンク光にも興味があれば、工事費が掛からず、高額なキャッシュバックが貰えるエヌズカンパニーもチェックしてみて下さいね。

エヌズカンパニーのキャンペーンサイト

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら