NURO光とauひかりの7つの大きな違い!あなたはどちらを選ぶべき?

auひかり

auひかりとNURO光は、

  • どちらも工事費が実質無料
  • どちらも通信速度が速い

などメリットが多く、どちらも非常に質の良い回線のため人気の回線です。

比較の達人
比較の達人

どちらの回線を選ぶべきか迷っている方に、お先に結論をお伝えします。

どちらも対応エリア内に入っていて迷っている方は次のように選ぶといいでしょう。

まず、携帯・スマホのセット割が適用できる人はそれぞれ次のように選びましょう。

【携帯・スマホのセット割が適用できる人】

  • auユーザー⇒auひかり
  • ソフトバンクユーザー⇒NURO光

次に重要なのが、住まいの建物状況です。

次のように選びましょう。

【住まいの建物状況】

  • 戸建て住まい⇒NURO光
  • マンション住まい⇒NURO光forマンションが対応していればNURO光、それ以外はauひかり

それと、ネット代理店を経由して申し込むのがおススメです。

auひかりとNURO光のどちらも高額なキャッシュバックもらえます。

申し込みの際は必ず活用しましょう。

 

「なぜ上記のような選び方になるのか」

は、auひかりとNURO光の7つの大きな違いを比較するとはっきりわかります。

 

この記事では、

「7項目の違うポイント」

を詳しく解説いたします。

最後まで目を通して頂けたら、

「あなたにピッタリの回線はどちらなのかハッキリとわかる」

内容になっています。

①対応エリアの違い

提供エリア内にお住まいなのでなければそもそも利用できません。

auひかりとNURO光の対応エリアの違いを最初に確認しましょう。

auひかりの対応エリア

auひかりは、ほぼ全国が対応エリアです。

ですが、一部の都道府県では戸建て住まい向けのホームタイプの提供がありません

auひかりホームタイプが提供されていないエリア
東海地方 静岡、愛知、岐阜、三重
関西地方 滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山、兵庫

また、正確に言えば沖縄県に関してもauひかりの提供がありません

その代わりに

auひかりちゅら

という沖縄セルラー電話株式会社の光回線を提供しています。

それと、上記の提供エリア外でも必ずauひかりが使えるというわけではありません

正確な情報を知るには事前に提供エリア検索のページで確認をしておきましょう。

NURO光の対応エリア

NURO光の対応エリアはauひかりに比べればすごく狭いです。

NURO光の提供エリア
北海道地方 北海道
関東地方 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木
東海地方 愛知、静岡、岐阜、三重
関西地方 大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀
九州地方 福岡、佐賀

上記が対応エリアですが、エリア内であっても必ずNURO光が使えるとは限りません

細かい確認は提供エリア検索のページ確認しておきましょう。

提供エリア検索
ご利用頂けません
対応しているエリアかどうかは提供エリア検索で必ず確認しましょう!

②プロバイダの違い

光回線を使うためにはプロバイダが必要です。

ただ、フレッツ光と違い、auひかりとNURO光はどちらもプロバイダセットで提供しています。

なので、どのプロバイダを選んでも料金や速度が変わらない仕組みとなっています。

各回線の対応プロバイダが以下になります。

対応プロバイダ
auひかり NURO光
・So-net

・BIGLOBE

・@nifty

・@TCOM

・AsahiNet

・au one net

・DTI

・GMOとくとくBB

・So-net

auひかりは対応プロバイダが複数あるため申し込みの際に選びます。

一方、NURO光はSo-net一択なので特にプロバイダを特に意識せずに申し込めます。

auひかりのプロバイダは複数から選択可能、NURO光はSo-netのみです!

③セット割が適用できるキャリアの違い

auひかり×auのセット割が

auスマートバリュー

です。

NURO光×ソフトバンクのセット割が

おうち割光セット

となります。

それぞれセット割の適用には光電話の契約も必須となります。

auひかり NURO光
セット割の名称 auスマートバリュー おうち割光セット
必須オプション auひかり電話(500円/月) NURO光でんわ(500円/月または300円/月)

auスマートバリューとおうち割光セットはどちらも、

家族を含め最大10回線のスマホや携帯が適用

できます。

セット割を適用か非適用かでは、トータル支払額で考えた際に大きく違ってきます。

たとえば、auスマートバリューで1台500円割引に該当するプランが家族に4人いれば

携帯代は毎月トータル2,000円割引

になるわけです。

なので、料金面でどちらがお得か選ぶ際は、

家族にauとソフトバンクのどちらのユーザーが多いかで決める

のが基本です。

それぞれのセット割は家族内のユーザー数の多い携帯会社によって決めましょう!

④料金の違い

⑴基本料金の違い

基本料金は、

  • 戸建て住まい
  • 集合住宅住まい

で異なるため分けて説明します。

戸建て住まいの基本料金

戸建て住まいに提供しているホームタイプの回線のそれぞれの基本料金です。

auひかりホーム NURO光G2V
【ギガ得プラン(2年契約)】

5,200円

【ずっとギガ得プラン(3年契約)】

1年目5,100円

2年目5,000円

3年目以降4,900円

4,743円(2年契約)

auひかりは、2年契約の「ギガ得プラン」5,200円です。

3年契約の「ずっとギガ得プラン」

  • 1年目5,100円
  • 2年目が5,000円
  • 3年目以降が4,900円

となっています。

NURO光は2Gbpsプランの2年契約だと正式名称を「NURO光G2V」といい、月額4,743円です。

つまり、戸建て住まいであればNURO光のほうが安いということになります。

集合住宅住まいの基本料金

マンションタイプの月額料金です。

auひかりマンション NURO光forマンション
【光配線方式】

ギガ:4,050円

ミニギガ:5,000円

【VDSL方式】

タイプV16:3,800円

タイプV8:4,100円

【LAN配線方式】

タイプE16:3,400円

タイプE8:3,700円

6人以下:2,500円

7人:2,400円

8人:2,300円

9人:2,200円

10人:1,900円

auひかりではその建物に導入されている回線設備が

  • 光配線方式なのか
  • VDSL方式なのか
  • LAN配線方式なのか

で契約タイプが変わります。

また、16契約以上見込める規模のマンションだと安くなります。

そうでない場合、auひかりは高い料金設定にもなっています。

NURO光に関しては、auひかりよりもさらに使えるマンションが限られています。

更に人数によって細かい段階の料金設定となっています。

注意点として、集合住宅だとしても

それぞれの光回線設備導入がない建物ではマンションタイプが使えません

光回線設備導入がない場合は、例え集合住宅であってもホームタイプを使うこととなります。(auひかりホームは4階建て以上だと契約不可能)

特に、NURO光forマンションは、設備導入済みのマンションが非常に少ないです。

なので、マンションタイプを使いたくても使える可能性は低いです。

でも、

NURO光G2V

なら、たとえ高い階層のマンションでも導入可能です。

どうしてもNURO光を使いたいという人はそちらを使うといいでしょう。

自分が住んでいる集合住宅でマンションタイプが使えるかどうかを調べる方法
それぞれ回線ごとの対応エリア検索で調べることができます。

以上、auひかりとNURO光の料金を比較した結果は、

NURO光のほうが安い

ということがわかりました。

料金を比較するとNURO光の方が安いです!

⑵初期費用の違い

初期費用には、

  • 開通工事費
  • 事務手数料

があります。

auひかり NURO光
開通工事費 ホーム37,500円

マンション30,000円

40,000円
事務手数料 3,000円 3,000円

auひかりとNURO光はどちらの開通工事費もなかなか高額となっています。

ただし、

工事費実質無料キャンペーン

が適用されるため安心してください。

工事費実質無料キャンペーンが適用されれば、

月額利用料金から工事費分割払い分と同額が割り引き

されます。

なので、全額割り引かれるまで利用し続ければ相殺されて実質無料になります。

auひかり NURO光
ホーム625円×60カ月割引

マンション1,250円×24カ月割引

30カ月割引
(初月1351円、2カ月目~30カ月目1,334円/月)

※auひかりホームは適用条件にauひかり電話の契約が必要

開通工事費は実質無料になります。

初期費用に関しては事務手数料3,000円のみで、auひかりとNURO光で差がありません

工事費実質無料キャンペーンを適用させれば、必要経費はどちらも3000円のみです!

⑶無線LANを使うための月額料金の違い

自宅にWi-Fi環境があれば、

  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット

などのすべての通信機器をネットに接続できて便利です。

auひかりやNURO光を契約した場合も無線LANが使えるので、Wi-Fi環境を作ることができます。

auひかりとNURO光のホームゲートウェイにはそれぞれ

内蔵無線LAN機能

が備わっています。

auひかりは、内蔵無線LAN機能を使うのに月額500円かかります。

でも、auスマートバリュー適用時は無料となっています。

NURO光は、基本料金に内蔵無線LAN利用料も含まれています。

なので、NURO光も追加料金は一切かかりません

auひかり NURO光
利用料金 月額500円

(auスマートバリュー適用時は無料)

無料
通信速度 ホーム最大2.4Gbps(BL1000HW)

マンション最大450Mbps(BL900HW)

最大1.3Gbps

(ZXHN F660A/HG8045Q)

無線LANの速度はホームゲートウェイの機種によります。

現在の最新機種だと

  • auひかりホームが最大4Gbps
  • auひかりマンションが最大450Mbps
  • NURO光が最大3Gbps

となっています。

ホームゲートウェイのスペックだけ見れば、auひかりホームのBL1000HWが一番ハイスペックです。

でも、auスマートバリュー適用時以外は月額500円かかってしまいます。

なので、auユーザーでないならNURO光のほうがお得です。

無線LANをお得に使うにはauスマートバリュー適用させましょう!

⑤通信速度の違い

光回線には速度の理論値というものがあります。

【理論値とは】
計算上出る最大速度のこと。

実測値はもっと遅いのですが、その回線が速いかどうかのある程度の目安となります。

auひかり NURO光
【光配線方式(ホーム・マンション)】

最大1Gbps

【VDSL・LAN配線方式】

最大100Gbps

最大2Gbps

ご覧のように、理論値はNURO光が最大2Gbpsと勝っています。

実測値のほうは、Twitterなどの評判を見るとよくわかります。

<NURO光の評判>

<auひかりの評判>

どちらも速度の評判はとても良いようです。

どちらかというとNURO光のほうが理論値が速い分、実測値も速いです。

どちらも通信速度には定評があります!

⑥導入工事の手間の多さの違い

auひかりとNURO光のどちらも導入工事は必ず必要になります。

ですが、NURO光は2回に分けて工事を行う分、auひかりよりも手間が多いです。

NURO光は、まず先に宅内側を工事し、後日屋外側の工事をします。

宅内工事と屋外工事のどちらも立ち合いが必要なので、2度手間がかかるわけです。

それに対し、auひかりの開通工事は1回だけなので立ち合いの手間は少なく済みます。

開通工事にはauひかりは1回、NURO光は2回必要です!

⑦キャッシュバック金額の違い

auひかりとNURO光の両社とも代理店キャッシュバックが多いです。

公式サイトから申し込むよりも代理店を経由して申し込むことをおすすめします。

ここで紹介するのは代理店といってもネット専用型なのでネットで簡単に申し込めます。

有料オプション条件やキャッシュバック申請の面倒な手続きが一切ない優良な窓口です。

 

【キャッシュバック内容】

auひかり NURO光
代理店 <NNコミュニケーションズ>

auひかりNNコミュニケーションズ

<アウンカンパニー>

NURO光アウンカンパニー

キャッシュバック 【ネット+電話】

ホーム52,000円

マンション47,000円

【ネットのみ】

ホーム45,000円

マンション40,000円

【ネット+電話】

35,000円

【ネットのみ】

30,000円

もらえる時期 最短1カ月 最短1カ月
申し込みはこちらから NNコミュニケーションズ auひかりキャンペーンサイト アウンカンパニー キャンペーンサイト

どちらの代理店も申し込みの際にオペレーターが電話で振込用口座番号を聞いてきます。

その時に口座番号を伝えるだけでキャッシュバック手続きが完了します。

ただし、auひかりのほうは

  • 代理店分
  • プロバイダ分

キャッシュバック両方で上記金額となります。

代理店分の受け取り手続きはオペレーターに口座番号を伝えるだけと簡単です。

ですが、プロバイダ分は後日別途ウェブ手続きが必要な点には注意してください。

満額もらえば、NURO光よりもauひかりのほうがキャッシュバックは高額です。

申し込みは高額キャッシュバックが貰える代理店経由でしましょう!

 

比較の達人
比較の達人

NURO光の代理店をアウンカンパニーの評判・特徴は、以下の記事にまとめています。

【結論】auひかりとNURO光を選ぶならどっち?

auひかりとNURO光は、

  • どちらも工事費が実質無料
  • どちらも通信速度が速い

などメリットが多いため甲乙つけがたいです。

でも、どちらも対応エリア内に入っていて迷っている方は次のように選ぶといいでしょう。

まず、携帯・スマホのセット割が適用できる人はそれぞれ次のように選びましょう。

【携帯・スマホのセット割が適用できる人】

次に重要なのが、住まいの建物状況です。

次のように選びましょう。

【住まいの建物状況】

  • 戸建て住まい⇒NURO光
  • マンション住まい⇒NURO光forマンションが対応していればNURO光、それ以外はauひかり

それと、ネット代理店を経由して申し込むのがおススメです。

auひかりとNURO光のどちらも高額なキャッシュバックもらえます。

申し込みの際は必ず活用しましょう。

 

比較の達人
比較の達人

それぞれの回線の評判が気になる方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

\NURO光 最新の評判・口コミはこちら/

\auひかり 最新の評判・口コミはこちら/

タイトルとURLをコピーしました