光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

おすすめは2社だけ!安くて快適なモバイルルーターの選び方

2017.06.07

おすすめは2社だけ!安くて快適なモバイルルーターの選び方 はコメントを受け付けていません。

 

モバイルルーターは持っているだけで、パソコンやスマホをネットに接続させられる便利な商品です。

とはいえ、複数メーカーがさまざまなタイプのモバイルルーターを販売しているので、どこを選べばよいのか難しいところです。

 

この記事では「モバイルルーターの種類と特徴」から「選び方」、そして「申し込み時の注意点」までを、直感的にわかりやすくご説明します。

1回読むだけで「モバイルルーターのことは何でもわかる!」と言えるくらい、重要なポイントを厳選してまとめています。
モバイルルーターを検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

①モバイルルーターを使う4つのメリット

まずはモバイルルーターの特徴についてご説明していきましょう。

 

現在利用できるインターネット回線には2つの種類があります。

  • 固定回線:電線・電柱内の光ファイバーを使ってネットに接続する
  • モバイルルーター:スマホの電波(回線)を使ってネットに接続する

 

モバイルルーターは固定回線と違い、スマホの電波(回線)を利用してネットに接続する商品です。
この仕組み上、次の4つのメリットが生まれます。

 

  1. 料金安い
  2. 持ち運びができる
  3. 通信速度が速い
  4. 工事不要ですぐに使える

 

メリットについて簡単にご説明しておきますね。

 

1.1料金安い

モバイルルーターがおすすめの理由の一つは、料金が安いという点です。

光回線とモバイルルーターには下のような差があります。

 

光回線・モバイルルーター 料金比較
光回線 5,100円
モバイルルーター 3,900円

 

光回線と比べると月々1,000円以上安いので、現在使えるインターネット回線の中で、最もコストがかかりません。
さらにモバイルルーターは、光回線と違って工事が不要なので、初期費用の段階で2万円以上も安く使い始めることができます。

 

※この表は光回線・モバイルルーターの料金の目安です。もちろん料金は利用するインターネット事業者によって多少前後しますが、だいたいこれくらいというイメージを持っておいてください。

 

1.2持ち運びができる

モバイルルーターと光回線の大きな違いは「持ち運び」ですね。

光回線は電線から自宅に光ファイバーを伸ばして繋いでいるので、自宅内でしかネットを利用できません。

 

モバイルルーターはスマホと同じ回線を使っているので、電波が届く限りどこでもネットに繋げるという強みがあります。
自宅での利用でも、外出先・旅行先でもネットが使えるのはかなり便利なので、モバイルルーターのおすすめポイントの一つです。

 

1.3通信速度が速い

スマホの4G回線が登場してから、携帯の電波でも容量の大きなデータをやりとりすることができるようになりました。
これにより数年前までは固定回線でしか出せなかったような通信速度を、持ち運び可能なモバイルルーターでも実現できるようになりました。

 

最新の光回線と比べると多少速度は落ちますが、それでも最大200〜350Mbpsまで出せるようになっています。
これだけあれば、普通にネットを見たり、動画・映画視聴といった一般的な使い方であれば、全くストレスを感じることなく利用することができます。(ハイビジョン動画・映画を視聴するには、10Mbpsあれば十分)

 

最近のモバイルルーターは、ちょっと遅めの光回線と互角で、驚くほどの通信速度なんですね。
たしかに最新式の光回線は1Gbps(1,000Mbps)ですから、それに比べると若干落ちます。
ですが現在でも広く使われているジェイコムなどの光回線は最大320Mbpsであることを考えると、ほぼ同じ速度を持ち運び用のルーターで出せるのは劇的な進化と言えるでしょう。

 

1.4工事不要ですぐ使える

この点もモバイルルーターが広くおすすめされている理由の一つです。

 

普段使いには全く困らない速度のネット回線にもかかわらず、工事をする必要がありません。

工事がないことは大きな2つのメリットを生みます。

 

  • 工事費がかからない
  • すぐに使える

通常、光回線を使う場合には、電柱から自宅まで光ファイバーを延長して接続する工事が必要になります。
専門業社を使っての立会い工事になるので、当然工事費がかかってしまいます。

一般的には工事費は10,000〜25,000円くらいかかるので、光回線を使うときは初期費用がかさんでしまうというデメリットがあります。
モバイルルーターなら工事費がいらないので、ほぼ初期費用はかかりません。

 

さらに工事には「業者との日程調節〜実際の工事」の期間が必要で、一般的には申し込みから利用できるまでに1ヶ月程度の期間が必要です。
その間はネットが使えないわけですから、結構不便なんですね。

 

モバイルルーターは端末を受け取ればその瞬間からネットが使えます。
ネットが使えない期間は、機器が送られてくるまでの1週間程度なので、すぐに使いたいという方にもおすすめです。

 

 

②モバイルルーターの種類と特徴

ここからはモバイルルーターの種類と、それぞれの特徴についてご紹介していきます。

 

2.1モバイルルーターには4つの種類がある

現在、モバイルルーターには大きく分けて4つの種類があります。

 

  • WiMAX(au系列)
  • ワイモバイル(ソフトバンク系列)
  • スマモバ(ドコモ系列)
  • ソフトバンクエアー

 

モバイルルーターは各携帯メーカーの系列会社が販売しているので、このような分類になります。

ソフトバンクは「ソフトバンクエアー」というちょっと毛色が違う商品も提供しているので、上の4つが主な種類になります。

 

2.2おすすめは「WiMAX」or「ソフトバンクエアー」

先ほどご紹介した4種類のモバイルルーターの中で、最もおすすめなのは「WiMAX」か「ソフトバンクエアー」の2つです。
コスト面・機能面できちんと比較すると、ワイモバイルやスマモバは現実的な選択肢に入りません。

 

下に4種類それぞれのおすすめ理由、勧めない理由を並べているので、まずはざっと目を通して見てください。

 

「WiMAX」がおすすめの理由

  • 料金が安い(モバイルルーターで最安値)
  • 最新機種の通信速度が特に早い(最大340Mbps)
  • キャッシュバックが高額
  • 契約者数もダントツ(2,000万人)
  • 顧客満足度調査で4年連続1位の信頼感(オリコン調べ)

 

「ソフトバンクエアー」がおすすめの理由

  • モバイルで唯一の通信量制限なし(完全に使い放題)
  • 料金が安い
  • 通信速度が特に速い(最大350Mbps)
  • キャッシュバックが高額
  • 建物内でも電波がしっかり入る

 

「ワイモバイル」がイマイチな理由

  • 料金が高い
  • キャッシュバックがない
  • 契約期間が3年間と長い(他社は2年)

 

「スマモバ」がイマイチな理由

  • 料金が高い
  • 端末代金が必要
  • キャッシュバックがない

 

細かい計算をするとめちゃくちゃ長くなるのでここでは省略しますが、ワイモバイルとスマモバはトータルコストが非常に高いです。
基本料金だけでもWiMAXと比べると月500円程度高く、さらに「契約時のキャッシュバックがない」「機種代金がかかる」などの点で、さらに余計なコストが発生してしまいます。

 

機種代金不要で、契約時に3万円のキャッシュバックがあるWiMAXと比較すると、2年間のトータルコストは4〜5万円程度も高くなります。
モバイルルーターを使う場合は、WiMAXかソフトバンクエアーの2択と考えていて良いです。

 

③WiMAXとソフトバンクエアーはどちらが良い?

モバイルルーターのおすすめであるWiMAXとソフトバンクエアー。
あなたのネットの使い方によって、どちらがベストなのかが判断できます。

 

結論を言うと、次の通りになります。

  • 自宅のみで使うならソフトバンクエアー
  • 持ち運びをしたいならWiMAX

 

なぜこのようになるのか、理由をご説明しますね。

 

3.1モバイルルーターで最も優れているのはソフトバンクエアー

機能的に言うと、モバイルルーターで最も優れているのはソフトバンクエアーです。
通信速度が最大350Mbpsであること、そして何より「モバイルルーターなのに、通信量が無制限」という最大の強みがあります。

 

他のモバイルルーターは最も良いWiMAXでも「3日で10ギガまで」という通信量制限があり、それを超えると速度が劇的に落ちてしまうというデメリットがあります。
※通信量10ギガの目安:高画質動画(映画)の視聴で10時間くらい

 

通信量の制限がなく、完全にネットを使い放題なのは、工事が必要な光回線か、ソフトバンクエアーの2つしかありません。
350Mbpsで無制限という条件は、光回線のジェイコムと全く同様。
工事不要のモバイルルーターでこれだけの機能があるのは、めちゃくちゃすごいです。

 

唯一の弱点は、「バッテリーが付いておらず、コンセントがある場所でしか使えない」こと。
実質自宅でしか使用できないので、持ち運び目的では使用できません。

 

特に持ち運びをするつもりがないなら、ソフトバンクエアーがダントツでおすすめです。

 

ソフトバンクエアーの細かい特徴・料金・キャンペーン情報を下の記事にまとめているので、「持ち運びが不要」と言う方は、ぜひ参考にして見てくださいね。

ソフトバンクエアーの魅力を徹底解説!口コミ・料金・速度・キャンペーン全まとめ!

 

3.2持ち運びならWiMAXがベスト

持ち運びでの使用を考えているなら、WiMAXがベストです。

 

  • 基本料金が500円ほど安い
  • 契約時に30,000円のキャッシュバックがある
  • 機種代金が不要

 

これらの点を考えると、契約する時点でワイモバイルやスマモバよりも30,000円以上、さらに月々500円程度安く使えることになります。

 

通信速度や提供エリアに関しては、WiMAX・ワイモバイル・スマモバには差はないので、純粋にコスト面が優れているWiMAXがベスト。
実際、利用者数もダントツの2,000万契約、なおかつ顧客満足度も1位(オリコン調べ)なので、他社よりも高く評価されていることがわかると思います。

 

④WiMAXの機種は何がおすすめ?

WiMAXを探している方がよく気にしているのが、「機種はどれにすれば良いのか」と言う点です。

WiMAXと一言に行っても機種がいくつもあって、どれを選べば良いかわからないと感じる方が多いのでしょう。

 

ですが、実はWiMAXの機種選びはかなり簡単です。

 

最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT W04」を選んでおけば間違いないからです。
とにかく「W04」とだけ頭に入れておけば良いです。

 

「W04」は過去最高の最大速度440Mbpsなど、他機種(旧機種)と比べて、すべての面で優れています。
実は他の機種はすべて「W04」の全世代のもので、昨日的には完全に劣っているだけなので、わざわざ選ぶ意味がありません。

次の項目でご紹介する窓口を利用すれば「機種代金は何を選んでも無料」ですから、最新型をとにかくゲットしておけばOKとだけ覚えておきましょう。

 

 

⑤WiMAXを使うときは申し込み窓口選びが重要!

WiMAXを使うときに一つ気をつけてほしいのは、申し込み窓口(プロバイダー)によって、料金やキャッシュバックなどの条件が大幅に変わると言う点です。

使う物自体は全く同じWiMAX(速度や機種も全く同じ)ですが、プロバイダーによって契約の条件が随分と違って来るんですね。

 

5.1おすすめ窓口は2つ

WiMAXを申し込める窓口は全部で10社ほどありますが、ここではその中でも条件が良い3社をご紹介します。
それ以外の条件が悪い窓口については別の記事でご紹介しているので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

 

WiMAXを申し込むのに最も条件が良いのは下記の窓口(プロバイダー)です。

 

  1. GMOとくとくBB WiMAX
  2. broad WiMAX

 

では、それぞれの特徴・おすすめポイントをご紹介しましょう。

 

5.2キャッシュバックが最高額「GMOとくとくBB」

WiMAXで最も条件が良く、おすすめなのが「GMOとくとくBB」を窓口にしての契約です。

 

5.2.1GMOとくとくBBの3つのメリット

GMOとくとくBBの特徴は下記の3点です。

  1. キャッシュバックは最高額
  2. 最初の2ヶ月間600円割引のキャンペーン中
  3. 機種代金が無料

 

おすすめの理由は何と言ってもキャッシュバックが最高額である点です。
GMOとくとくBBから申し込むと、33,500円のキャッシュバックがもらえます。

 

さらに最初の2ヶ月間の利用料金が600円割引されます。

キャッシュバックがダントツなので、長期的に見てもトータルのコストは最も少なくなります。

 

機種代金も無料なので初期費用もかからず安心。
当然、最新機種の「W04」も無料です。

 

総合的に見て最もお得な窓口なのでおすすめです。

 

5.2.2GMOとくとくBBの2つの注意点

全面的にお得なGMOとくとくBBですが、2つだけ注意点があります。

  1. 口座振替が使えない
  2. 手続きを忘れるとキャッシュバックが貰えない

 

1つ目は、口座振替が使えない点です。
クレジットカード払いのみなので、口座から引き落としで支払いたい方にはおすすめできません。
クレジットカード払いが嫌な方は、次の紹介する2社がおすすめです。

 

2つ目は、手続きを忘れるとキャッシュバックが貰えないと言う点です。

「契約から11ヶ月後に送られて来る、振込口座確認のメールに返信する」という手続きを忘れると、キャッシュバックが貰えなくなります。
メール受信から1ヶ月以内が手続き機嫌なので、うっかり忘れる方がちらほらいます。

 

利用開始から11ヶ月後に手続き必要なことを、手帳かカレンダーなどにメモしておくことをお勧めします。
どうしても忘れそうな方は、下に紹介するbroad wimaxがおすすめなので、そちらをご覧ください。

 

「キャッシュバックは最高額をゲットしたい」「手続きも忘れない」と言う方は、下記のGMOとくとくBBキャンペーンサイトからお申し込みしてOKです。
キャッシュバックは期間限定で、予告なく終了するので、なるべく早めの判断をお勧めします!

 

GMOとくとくBB キャンペーンサイト

 

5.3キャッシュバックの代わりに割引で還元!もらい忘れの心配が無い!「broad WiMAX」

2番目におすすめなのが「broad WiMAX」を窓口にした契約です。

 

5.3.1「broad WiMAX」3つのメリット

「broad WiMAX」にはGMOとくとくBBには無い3つのメリットがあります。

  1. キャッシュバックの代わりに基本料金の割引で還元
  2. 手続きが不要なので、もらい損ねる危険がない
  3. 口座振替が使える

 

broad WiMAXのおすすめポイントは、何と言っても「特典をもらい損ねる危険がない」という点です。
他社ではキャッシュバックでの還元が普通なのですが、broad WiMAXでは、基本料金を安くすることで、利用者に還元する仕組みを取っています。

 

基本料金なので、特に手続きをする必要がありません。
他社と比べて月々800円ほど安いので、2年間利用すれば19,200円キャッシュバックを受け取ったことと同じになりますね。

手続きがないので、受け取り損ねるリスクがなく、安心です。

 

さらに口座振り替えで支払いができることも魅力の一つです。

 

GMOとくとくBBに比べると還元額は少なくなりますが、手続きを忘れてしまいそうな方は安全策として「broad WiMAX」を選ぶと良いでしょう。

 

broad WiMAX キャンペーンサイト

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら