カシモWiMAXの評判!実際の利用者が感じるメリット・デメリットを総まとめ

WiMAX

WiMAXは、小型の通信端末を使い場所を選ばずインターネットができるサービスです。

WiMAXは、サービス提供元のUQコミュニケーションズ以外に、各プロバイダなどが取り扱いをしているため、どの契約先にするか選ぶ必要があります。

同じWiMAXのサービスでも、月の利用料金やキャンペーンなどが全然違うため、よく内容を確かめて契約先を選びましょう。

 

今回は、カシモWiMAXで契約をした場合を例に挙げ、一番お得にWiMAXを契約する方法を考えていきますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

①カシモWiMAXの評判は?

すでにカシモを利用しているユーザーさんの評判をみてみましょう。

 

カシモWiMAXは端末が新古品という評判も以前はありましたが、現在は全て新品を提供しています。

 

 

利用料金が安いという投稿も目立ちますが、よく見てみるとカシモの広報担当の投稿の場合もあるので、その他のWiMAXとしっかり比べてみることが大事です。

 

②WiMAXのプロバイダを選ぶ基準は3つ

WiMAXの契約先を決める基準は、以下の3つです。

  • 支払い総額
  • キャンペーン
  • 支払い方法

なぜなら、どこで契約しても通信品質や使用する端末は変わらないからです。

 

2.1 支払総額で選ぼう

なぜ支払い総額で選ぶ必要があるのかというと、プロバイダごとにWiMAXの基本料金は異なりますが開通してから数カ月間はどのプロバイダでも安めに設定されているので、使い始めの数か月だけに適用される基本料金を見ても本当にお得な契約先かは分からないからです。

 

例えば、始めの2か月間だけは他社より2千円安いプロバイダがあったとしても、その後ずっと千円高いのであれば、そのプロバイダで契約をするとトータルでは損となります。

 

また、入会時キャンぺーンでもらえるキャッシュバックの金額も計算に入れることが重要です。

基本料金が高くてもキャッシュバックが高額なのであれば、結果的に総支払額が安くできることがあるからです。

 

2.2キャンペーンで選ぼう

入会時のキャンペーンはプロバイダごとに様々ですが、キャッシュバックがいくらなのかという点に注目すると良いでしょう。

キャッシュバックが多くもらえれば、月額基本料金が他社より少し高くてもトータルではお得だからです。

 

また、キャッシュバックの手続き方法がどうなっているのかも、契約前にチェックしておきましょう。

キャッシュバックはWiMAXの申し込みとは別に、「振り込みのための手続き」が必要となるケースがほとんどです。

また、キャンペーンの内容を見てみると有料のオプション加入が必須な場合もあるので、キャンペーンの条件も目を通す必要があります。

 

「基本料金に対する値引き」をキャンペーンとして行っているところもあります。

基本料金値引きはキャッシュバックを貰った場合よりお得になることはほぼありませんが、キャッシュバックのように別途手続きが要らないので、手間がかからないという点ではおすすめです。

 

2.3支払方法で選ぼう

WiMAXの支払方法はクレジットカードがほとんどで、口座振替が使えるプロバイダは少数なので、口座振替を希望する方は選択肢がいっきに狭まります。

 

また、口座振替には振込手数料が毎月200円かかる場合がほとんどで、端末は代金引換え払いとなるため代引き手数料もかかることから、クレジットカード払いより年間の支払いは数千円は高くなってしまいます。

 

③カシモWiMAXのデメリット

カシモでWiMAXを契約するのは、あまりおすすめできない理由は4つあります。

 

3.1総支払額が最安値ではない

カシモWiMAXの基本料金は他社と比べ安い部類ですが、最安値ではありません。

 

カシモWiMAX基本料金と初期費用
基本料金 初月:1,380円

1カ月目:1,380円

2~24カ月目:3,580円

25カ月目以降:4,079円

初期事務手数料 3,000円

 

カシモWiMAXは2年契約なので、25カ月目の更新月に解約した場合、総支払額は92,179円になります。

この金額を他社と比べてみると、同じ2年プランならキャッシュバックが貰える@niftyやBIGLOBEのほうが安いという結果になります。

 

2年間の総支払額の比較

カシモWiMAX 92,179円
BIGLOBE 88,750円
@nifty 87,390円

 

3.2魅力的なキャンペーンがない

カシモWiMAXのキャンペーンは基本料金からの値引きだけしかなく、上記の基本料金はキャンペーン適用後の値段になっています。

キャッシュバックがないため、総支払額では他社に劣ります。

 

また、その他のキャンペーンもないので、カシモWiMAXを選ぶ必要性はあまり感じられません

 

3.3口座振替は選べない

カシモWiMAXはクレジットカード払いのみに対応しているため、口座振替での支払いはできません。

口座振替は、手数料がクレジット払いより余計にかかるため、お得な支払い方法ではありませんが、クレジットカードを持たない方には有効な支払い方法です。

 

現在、口座振替ができるWiMAXは、UQコミュニケーションズ、Broad WiMAX、BIGLOBEの3社のみです。

 

3.4 auスマートバリューmineが使えない

auスマートバリューmineは、WiMAXとauのスマホの両方をセットで契約している方が、auスマホの料金から月々割引を受けられるお得なサービスです。

 

たいていのプロバイダはこの割引きサービスを採用していますが、カシモwimaxではauスマートバリューmineを受けることはできません。

 

auスマートバリューmineは、最大で毎月1,000円の割引が受けられお得度が高いので、auスマホユーザーがカシモWiMAXを選ぶのはおすすめできません。

 

3.5 LTEオプションが有料

LTEオプションとは、メインで使う「WiMAX2+」という電波では繋がりづらい時に「au 4G LTE」の電波が使える便利なサービスですが、手元の端末を手動で切り替えるだけなので事前の申込みは不要です。

 

LTEオプションは通常一か月に1,000円の利用料金がかかりますが、「auスマートバリューmineに加入」または「3年契約」とすることで無料で使えるオプションです。

しかし、カシモWiMAXはauスマートバリューmineが使えす、2年契約しかないため、カシモWiMAXではLTEオプションを使う際は必ず有料となります。

 

間違えて1回でもLTEオプションに切り替えてしまうと、オプション代金を請求されますので、カシモのようにLTEオプションが無料でない場合は特に注意が必要です。

 

④カシモWiMAXのメリット

次に、カシモWiMAXのメリットについても考えてみましょう。

 

4.1 2年プラン

カシモWiMAXは2年プランです、2年プランはないプロバイダが多いので、長くWiMAXを使う予定がない方にはメリットと言えます。

 

同じWiMAXでも乗り換えを行うことで新たにキャンペーンを受けられることや、乗り換えることで新しい端末を手にする事ができるので、2年契約には利点があります。

 

4.2キャンペーン手続き不要

カシモWiMAXのキャンペーンは月額料金からの値引きなので、申込むだけで自動的に値引きが適用されます。

 

キャッシュバックがあるプロバイダは、振込指定口座情報の登録などの手続きがWiMAXの申込みとは別に必要で、もし手続きを忘れてしまうとカシモWiMAXよりも総支払額が高くなってしまいます。

面倒な手続きはしたくない方は、カシモWiMAXのようにキャンペーンで月額料金割引きを設定しているプロバイダがおすすめです。

⑤カシモWiMAXはどんな人に合ってるの?

カシモWiMAXをおすすめできる方は

2年プランにしたい

キャッシュバックではなく月額割引キャンペーンにしたい

auユーザーではない

という3つの条件が当てはまる人です。

 

2年プランができるプロバイダはカシモWiMAX以外にも何社かありますが、

「月額料金割引キャンペーンを選びたい」

かつ

「2年プランが希望」

というのであれば、カシモWiMAXが一番

今月は、

  • 初月月額料金無料
  • 端末代金&端末の送料無料

のキャンペーン期間中!!

キャンペーン期間中で申し込みが殺到しており、対応が遅れる可能性がこざいますので、申し込まれる方は早めに決断されることをおすすめいたします。

カシモWiMAX 公式サイトで詳細をチェック

⑥カシモ以外のおすすめWiMAXプロバイダ

3年プランを選ぶのであれば、カシモWiMAXはお得とは言えません。

なるべくお得にWiMAXを使いたいという方に、当サイトが一番のおすすめしているのはGMOとくとくBBです。

 

現在のGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは3年プランのみ対象ですが、総支払額で計算するとたとえ途中の2年間で解約したとしてもカシモWiMAXよりもお得です。

もちろん、3年プランの他のプロバイダと比較してもGMOとくとくBBが一番安くWiMAXを使えます。

GMOとくとくBB(ギガ放題3年プラン)
基本料金 1~2カ月目:3,609円

3カ月目以降:4,263円

1回目の更新月 37カ月目
初期事務手数料 3,000円
キャッシュバック 最大:32,000円
解約違約金 1~24カ月目:24,800円

25カ月目以降(更新月以外):9,500円

3年間の総支払額 123,160円
2年間の総支払額

(25カ月目で途中解約し違約金9,500円を払った場合)

81,504円

※開通月は3,609円の日割となるため総支払額から除いています。

 

カシモWiMAXを2年間使った場合の総支払額は「92,179円」です、GMOとくとくBBを25カ月目で違約金を支払って解約した場合の総支払額が「81504円」という事は、GMOとくとくBBのほうがカシモWiMAXよりも2年間の総額で「10,675円」も安く使えるという計算です。

 

GMOとくとくBBで一つ注意してほしいのが、キャッシュバックの受取手続きです。

 

GMOとくとくBB新規入会時に基本メールアドレスを作りますが、この基本メールアドレス宛に、端末発送月を含む11カ月目にキャッシュバック案内が届きます。

このキャシュバックの案内が届いてから翌月の月末までに手続きを行わなかった場合は、キャッシュバックは対象外となり貰えません。

 

しかし、きちんと申請しキャッシュバックが受け取れれば、一番安くWiMAXを利用できるのでおすすめです。

GMOとくとくBBのWiMAXのキャッシュバックキャンペーンと申し込みについては、以下のサイトで確認してくださいね。

GMOとくとくBB WiMAX キャッシュバックキャンペーンサイト

 

GMOとくとくBBのWiMAX詳しい内容は、以下の記事を参考にしてくださいね。

GMOとくとくBB WiMAXの評判!キャッシュバック手続きに注意せよ!
WiMAXはさまざまな窓口で契約することができますが、GMOとくとくBB経由での申し込みが最もお得で人気です。 理由単純で、GMOとくとくBBのキャッシュバックが一番多いから。 WiMAXは月々の使用料金などはどこから契約しても...

GMOとくとくBB以外も含めた、申し込み窓口を全て比較してから選びたい方もおられるはず。

慎重に選びたい方は、以下の記事を読むと、あなたに一番ピッタリの窓口を自信を持って選ぶことができますよ。

【全29社】WiMAXのキャンペーン・料金を比較!おすすめプロバイダ4社の人気ランキングも紹介
【最終更新日2019年6月1日】 「インターネット比較の達人」をご覧いただきありがとうございます! 当サイトでは「全員が安く、快適なネット環境をつくれる」ことを目標に最新のネット回線事情を徹底調査し情報を公開しています!...
タイトルとURLをコピーしました