光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

J:COMからauひかりに乗り換えるのは損?得?他社への乗り換えと比較検討

2018.02.19

J:COMからauひかりに乗り換えるのは損?得?他社への乗り換えと比較検討 はコメントを受け付けていません。

J:COMは、地上波・BS/CS・専用番組などをケーブル通信で配信している会社ですが、「TVの視聴サービス」以外にも「ネット通信サービス」や「電気・ガス・スマホ・固定電話」のサービスも提供してます。

 

J:COMは、TV視聴サービスとセットで契約すると割安の料金でネットが利用できるので、利用している方も多いですが通信速度が遅いため光回線へ乗り換えをするケースも増えています。

 

そこで今回は、同じグループ会社の「J:COM NETからauひかりへ乗り換え」をする際の、メリット・デメリットを考えていきますので、乗換えを検討中の方は是非参考してくださいね。

 

 

※今回の記事はJ:COM→auひかりの乗り換えについて解説しています。

auひかり→J:COM等の他社回線へ乗り換えを検討されている方は、「auひかりからフレッツへの乗り換えはダメ!キャンペーンと割引を使って安い回線を選ぼう!」の記事でよりお得な回線の選び方を解説しているので、こちらご参考ください。

 

 

①J:COMからauひかりに乗り換えるメリット

J:COMからauひかりに乗り換える場合、デメリットよりメリットが多くないと乗り換える意味がありませんので、まず乗換えで自分はお得になるのかどうか確認してくださいね。

 

1.1 J:COMからauひかりへの乗り換えで月の料金が安くなる

回線のメリット・デメリットを考える際に月額料金の比較は重要ですが、「J:COMはTV視聴サービスとセットのプランが主流」となっているため、auひかりの料金と単純に比較するのは難しくなっています。

 

そこでJ:COMの料金は、「ネットとTVの視聴サービスとのセットプラン」と「ネットのみプラン」の両方を紹介します。

J:COMとauひかりの料金比較表
J:COM(320M) ネットのみ:6,000円

ケーブルテレビセット:5,505円

auひかり(1G) ネットのみ:5,100円

 

J:COMをネット回線のみで利用する場合、320Mコースで月額料金が6,000円、ケーブルテレビとセットの場合は5,505円と値段が下がります。

 

auひかりは、ネット回線のみで月額料金5,100円(戸建て・3年契約)であるため、J:COMのネット回線のみの契約とでは900円、ケーブルテレビとセットとでは405円の差があります。

 

数百円の差でも年間で考えると、ネット回線のみでは10,800円、ケーブルテレビとセットでは4,860円がも違って来ます。

 

1.2 J:COMからauひかりへの乗り換えは通信速度が向上する

J:COMからauひかりへの乗り換えは、月の利用料金だけでなく、通信速度でもメリットがあります。

 

J:COMの場合、一部地域では「光1Gコースon auひかり」という1Gのコースを提供していますが、その他の地域では、320Mコースが最大となっています。

 

J:COMの通信方法は、ケーブルテレビで利用する同軸ケーブルに、ネット回線の信号を流しているため、どうしても速度に制限がかかり、今の同軸ケーブルを利用した技術では320Mが最大となります。

 

それに比べauひかりの場合は、光ファイバーを利用しており、通信速度は最大1Gbpsになっています。

 

光ファイバーは、同軸ケーブルに比べ「通信速度が速い」、ネット専用回線で「早く安定した通信速度」で供給されてます。

 

なお、両社とも「ベストエフォート(最高値)」でのご案内ですので、必ず320Mや1Gの通信速度が約束されるわけではありません。

 

1.3 auスマートバリューは引き続き使える

J:COMでもauスマホとセットで「auスマートバリュー」の割引きを受けることができます。

 

もともとは、auひかりとauスマホとのセット割ですが、「同じKDDI傘下のJ:COMでも、この割引が適用されないのか?」という意見が多かったため、J:COMでも利用できるようになった経緯があります。

 

J:COMからauひかりに乗り換えた場合も「auスマートバリュー」は引き続き利用可能で、J:COMとauひかりの割引き額は変わりませんので、安心してauひかりへ乗り換えることができます。

 

1.4初期工事費が実質無料

J:COMからauひかりに乗り換える場合、初期費用として「工事費」と「事務手数料」がかかります。

  • auひかりの工事費戸建て:37,500円
  • auひかりの工事費マンション:30,000円

auひかりの工事費は他社と比べ高額ですが、auひかりでは「戸建てで60カ月間ネットとひかり電話を利用」「マンションで24ヵ月間ネットを利用」を前提に、初期工事費用相当額を月額料金から割り引くキャンペーンを実施しています。

 

auひかりはこのキャンペーンで「工事費が実質無料」ですので、事務手数料の3,000円のみで始められます。

 

1.5高額なキャッシュバックがもらえる

J:COMからauひかりに乗り換える場合、直接auひかりに申し込むよりお得な方法は、auひかりの代理店を利用することです。

 

代理店は顧客獲得の為に独自でキャンペーンを行っており、代理店を経由して契約するだけで高額のキャッシュバックを受けることができるからです。

 

代理店独自のキャンペーンと公式で行っているキャンペーンは併用して受けられますので、auひかりの契約をau公式から行うともったいないです。

 

1.6 auひかりのお得な代理店を紹介

こちらでおススメするauひかりの代理店は「NNコミュニケーションズ」です。

 

NNコミュニケーションズは、追加オプション不要で、高額のキャッシュバックが手に入るお得な代理店です。

 

NNコミュニケーションズのキャンペーン内容
キャッシュバック額 ネットのみ :50,000円

ネット+電話:43,000円

※マンションタイプは共に1万円減額

受け取り時期 ネット開通後最短で1ヵ月後
申請方法 申込時にオペレーターが振込先を聞き取るだけ
条件 オプション追加不要

 

NNコミュニケーションズのキャンペーンは、特設のキャンペーンサイトから申込みをしないと適用されません、以下のリンクからキャンペーン内容等をご確認くださいね。

 

NNコミュニケーションズ キャンぺーンサイト

 

②J:COMからauひかりに乗り換えるデメリット

J:COMからauひかりに乗り換えるメリットをお伝えしましたが、メリットがあるということは、デメリットもあります。

デメリットも知っておかないと安心して乗り換えが出来ませんので、デメリットも確認してくださいね。

 

2.1開通工事が必要

J:COMからauひかりに乗り換える場合、J:COMとauひかりは利用するネット回線のケーブルが異なるため、必ず開通工事が必要となります。

 

開通工事は、基本的に立ち合いが必要となります。

 

工事にかかる時間は長くて2時間程度ですが、工事担当者の到着が前後することもありますので、半日ほど時間が取れる日にすると良いでしょう。

 

また、引っ越しのシーズンなどは、数カ月待たされる場合もありますので、乗り換えを決断された場合は、早目の連絡が必要です。

 

2.2 J:COMの解約違約金が必要

J:COMからauひかりに乗り換える場合、J:COMへ解約違約金の支払が必要なケースがあります。

 

auひかりには、他社回線からの乗り換えの際に、他社回線の解約違約金を最大3万円負担してくれる「auひかりスタートサポート」という割引きサービスがありますが、J:COMからauひかりへの乗り換えは「auひかりスタートサポート」の対象外となっています。

 

詳細は、auひかり公式ホームページの「au ひかりスタートサポート/au スマートバリュースタートサポート」対象外事業者・サービス一覧」にJ:COMの正式名称である「株式会社シュピターテレコム」が記載されていますのでご覧ください。

au公式サイト auスタートサポート対象外事業者確認ページ

 

J:COMの解約には戸建てで最大で20,000円の解約金と撤去工事費が必要となりますが、J:COMは地域により解約違約金と撤去工事費が違ってきますので、ご自分の契約を見直してみてくださいね。

 

2.3テレビに関するデメリット

J:COMからauひかりに乗り換える場合、一番の問題となるのはテレビの視聴に関する事です。

 

J:COMは基本的にケーブルテレビとセットでネット回線を提供しているため、解約をする場合に「ネット回線のみを解約する」か「ケーブルテレビも同時に解約するか」を決める必要があります。

 

ケーブルテレビを解約すると、いままで見ていたTV番組が視聴できなくなりますので、ネット回線のみを解約する方法もありますが、そうなると、今までより料金が割高になることは確実です。

 

そのため、TVも今までと同じように視聴したいという場合は、auひかりのTVオプションでも同じ番組を提供しているのか、金額はいくらなのか等、確認する必要があります。

 

2.4固定電話に関するデメリット

J:COMのJ:COM PHONEを利用している場合、auひかりへその電話番号を移行することはできません。

 

なぜなら、J:COM PHONEはIP電話であり、J:COMが保有するIP電話の電話番号を払い出されているため、ナンバーポータビリティができないのです。

 

よって、J:COMからauひかりに乗り換える場合、電話番号は変わってしまい、友人や職場などの変更の通知する手間がかかります。

 

③auひかりへの乗り換え手順

J:COMからauひかりに乗り換える際の申込みの順番を紹介します。

 

J:COMとauひかりでは利用する回線のケーブルが異なるため、同時にネットを利用することが可能ですので、まずauひかりに申し込みを行い、auひかりの工事を完了させ開通が確認できてから、J:COMを解約するとネットが利用できない期間が発生しません。

 

利用が重なる期間は両方の料金がかかってしまいますので、料金の節約を考えた場合、auひかりの工事日にJ:COMを解約する方法もあります。

 

auひかりの工事日と同日にJ:COMを解約すれば、費用が重なって支払いとないっても最低限で済みますが、工事日に開通とならない可能性もありますので、その点は留意しておいたほうがよいでしょう。

 

①auひかりを代理店から契約する

②auひかりが開通

③J:COMを解約する

 

④J:COMからauひかりへの乗り換えでお得に

利用料金や通信速度から考えると、J:COMからauひかりへの乗り換えは、メリットが多いですが、テレビや電話に関してのデメリットが気になる方は、そのままJ:COMを利用するか、ネット回線のみauひかりにしたほうが良いでしょう。

 

auひかりのオプションにもテレビ視聴サービスが提供されていますので、そちらでも見たい番組があるかチェックしてみると良いでしょう。

 

auひかりへの乗り換えは、J:COMの解約違約金・撤去費用がかかるので、代理店からのキャッシュバックで賄うのがおすすめです。

NNコミュニケーションズの詳しいキャッシュバック内容は、以下のキャンぺーンサイトでご確認くださいね。

NNコミュニケーションズ キャンぺーンサイト

 

また、auひかりキャンぺーンの情報は以下の記事でも確認する事が出来ますので、あわせてご覧くださいね。

 

最新速報!auひかり キャンペーン辛口比較|キャッシュバックがお得な代理店

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら