光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

【フレッツ光v6】IPv6の仕組みとメリット|使わないと損!タダで速度が速くなる

2017.09.25

【フレッツ光v6】IPv6の仕組みとメリット|使わないと損!タダで速度が速くなる はコメントを受け付けていません。

 

最近利用できる環境が増えてきた「Ipv6プラス」ですが、何が良いのかきちんと理解できている方は少ないのではないでしょうか。

この記事では従来の接続方式であるIPv4とIPv6の違いメリット利用するまでの具体的な手順を解説していきます。

 

IPv6での通信は初期工事費、月額料金すべて無料で利用で、通信速度を早くすることができるので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

 

①IPv6とはなに?

 

IPv6(読み:アイピーブイシックス)は、インターネット・プロトコル・バージョン・シックスの略称です。IP(インターネットプロトコル)は「通信のルール」のことで、IPのVer.6がIPv6です。

 

 

現在主流のIPアドレスの規格がIPv4なのですが、IPアドレスが「枯渇してしまう」という問題があります。IPv6は、IPv4の問題を解決するために開発された新しいアドレス体系なのです。

※IPアドレス:スマホやPCなど各端末の住所のようなもの。この住所があるおかげで、データを送受信することができます。郵便物を送るときに住所を書かないといけないのと同じことですね。

 

 

IPv4は32ビット(桁)の数字で、理論的には43億個のIPアドレスが使用できます。しかし、国際的にインターネットが普及し、利用者が爆発的に増え続け、1990年代になって、「IPv4アドレスが足りなくなってしまう」という問題が出てきました。そこで登場したのがIPv6です。IPv6は128ビット(桁)の表記ができるようになるので、その数は天文学的な数値になり、枯渇することはあり得ません。

 

1.1v6プラスとは?

v6プラスとは、「IPoE + IPv4 over IPv6」の技術を使った名称です。v6プラスを利用することにより、従来に比べ高速にインターネット通信をすることができます。v6プラスを利用するには、プロバイダ側へのv6プラス利用申し込みとフレッツ側へのフレッツv6オプションの申し込みが必要になります。

 

 

1.2フレッツv6オプションとは?

個人ユーザーは、「v6プラスを使うために申し込む」くらいしか使い道は無いでしょう。しかし、そもそもフレッツv6オプションでできることは「インターネットを利用しない、ユーザー間でのダイレクト通信」です。フレッツv6オプションを申し込むと、IPv6のアドレスと、ネームというIPv6アドレスに代わるIDが割り振られます。これらを使い、フレッツv6オプションに加入している人同士でダイレクト通信ができるのです。しかし、あまり使い道が無いので、やはり、「v6プラスを使うために必要な契約」くらいに留めておきましょう。

 

1.3「v6プラス」を提供している会社はどこなの?

 

v6プラスを使いたい場合は、プロバイダに申し込めばいいのですが、実際にv6プラスを提供している会社は「日本ネットワークイネイブラー株式会社(略して:JPNE)」です。この会社のネットワークを経由することにより、従来のIPv4の通信でもIPv6と同じルートを通ることができ、通信がより高速になります。JPNEのこの技術の名称がv6プラスです。ビッグローブに関しては独自にv6通信に対応する設備を設けていて、v6オプションという名でサービスを提供しています。

 

②IPv6プラスのメリットとは?

v6プラスを取り入れるメリットは、通信速度の改善です。現在フレッツ光を使っていて、速度が遅い場合、v6プラスを契約すると通信速度が速くなります。それには以下の2つの理由があります。

 

2.1高速通信の仕組み

従来のIPv4の通信方法だと、フレッツ網からインターネット網に抜ける途中のNTE(ネットワーク終端装置)が混雑して、通信速度が遅くなってしまうことが多いのです。しかし、IPv6の通信は、このNTEを経由しません。GWR(ゲートウェイルーター)という装置を経由しインターネットの世界へ繋がります。GWRはNTEと違い、認証作業が要らないのでスムーズに通過することができます。

 

NTEは、プロバイダとNTTで設置費用を負担しますが、費用負担の多くがNTT持ちのため、プロバイダが増やしたくてもなかなか増やせない実情がありますが、GWRに関してはプロバイダが自由に増設できます。今後はv4からv6へ通信の主流が移行していくでしょう。v6プラスに対応しているプロバイダは限られますが、対応プロバイダを選ぶことにより、高速でのインターネットが可能になるのです。

 

2.2契約が1ギガじゃなくても下りが1ギガになる

フレッツ光の契約プランで200Mを選択している場合でも、v6プラスを付ければ下り速度が1Gbpsになります。それは、本来1Gbpsで通信できるものを帯域制限により200Mbpsへ落としているからです。この帯域制限はPPPoE接続に対してのもので、v6プラスを契約した場合の通信に関しては制限がされません。

 

③IPv6の種類には何があるの?

v6には「IPv6 PPPoE」、「IPoE」、「IPoE + IPv4 over IPv6」があります。まず、「IPv6 PPPoE」ですが、これは従来のIPv4 PPPoE方式とほぼ同じ仕組みです。IPv6 PPPoE方式では速度の改善には役立ちません。

 

そして、速度の改善に役立つのが「IPoE」と「IPoE + IPv4 over IPv6」です。この2つに関しては、PPPoE方式ではないので、プロバイダを経由しません。ネットワークが混雑する一番の原因はプロバイダのインターネットへの入り口ですが、ここを経由しないので通信が速いのです。

 

しかし、「IPoE」の場合は、v6対応のサイトしか接続できません。v6対応サイトはとても少なく、有名なサイトはYouTubeがあります。v6対応サイトであれば高速通信ができるけど、それ以外の非対応サイトは従来通りIPv4 PPPoEで通信するのが「IPoE」です。

 

そして、v6プラスと呼ばれるサービスが「IPoE + IPv4 over IPv6」です。v6対応サイト以外でもIPoEと同じルートを通ることができるようになり、IPv4のみ対応のサイトも高速通信することが可能なのです。

 

 

※図1(http://www.jpne.co.jp/service/v6plus/ JPNEのサイトより引用)

 

④IPv6プラスを利用したい場合は?

v6プラスを使う場合の手順をご紹介していきましょう。

 

4.1 IPv6プラス対応機器を用意する

 

NTTからルーターをレンタルしている場合は、それがv6プラスの対応機器になります。市販のものだとバッファローのWXR-1751DHP2、WXR-1900DHP2などが対応しています。

 

4.2 IPv6プラス利用可能のプロバイダへ申し込む

 

フレッツ光を利用の場合、v6プラスに対応しているプロバイダと契約する必要があります。IPv6対応でもv6プラスに対応していないと速度改善には役立ちませんので注意が必要です。対応プロバイダは以下の3つです。

 

  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE(v6オプションにサービス名変更有)
  • @nifty

 

現在は選択肢が少ないですが、今後増えてくると思われます。

 

v6プラスを利用するためには、フレッツv6オプションも契約が必要になるのですが、プロバイダが代行で申し込んでくれます。

 

上記はフレッツ光を利用の場合ですが、光コラボの場合はもう少し選択肢が増えます。

 

  • GMOとくとくBB×ドコモ光
  • BIGLOBE光
  • @nifty光
  • DMM光
  • ソフトバンク光(サービス名:IPv6高速ハイブリッド)
  • IIJmioひかり(サービス名:IPoEオプション)

 

⑥IPv6プラスにかかる料金は?

v6プラスは、初期費用、月額料金ともにかかりません。ただし、v6通信対応の機器が必要になりますので、その分の費用はかかります。

 

ひかり電話(月額500円~)を利用している方は、ひかり電話ルーターを無料レンタルしています。ひかり電話ルーターがv6対応機器になるので、特に用意する必要はありません。

 

ひかり電話利用者以外は、NTTから無線ルーターをレンタルしていれば、それが対応機器です。または、市販のルーターを購入する必要があります。

 

⑦IPv6プラスが利用できない原因は?

IPv6プラスが利用できないケースをご紹介しておきましょう。

 

7.1 市販ルーターの設定が原因

NTTからルーターをレンタルしている場合、v6プラスの接続準備がプロバイダ側で整うと、PPPoEの設定ができなくなります。この場合、特に設定は必要ないのですが、市販ルーターの場合は簡単な初期設定が必要です。

 

7.2 フレッツv6オプションが利用中になっていない

フレッツv6オプションが利用中になっているかを確認しましょう。フレッツのサービス情報サイトに入ると各種申し込みや設定ができます。

 

NTT東日本公式サイト

NTT西日本公式サイト

 

 

サービス申込受付から入り込み、フレッツv6オプションが利用中になっていることを確認しましょう。もし利用中出ない場合は、プロバイダに申し込む際に、フレッツv6オプションの申し込みが漏れていた可能性があります。未契約になっていた場合は、そのページから申し込めます。

 

7.3 パソコンやブラウザが対応していない

古いパソコンだとIPv6のプロトコルがインストールされていなかったり、インストールされていても有効になっていない場合があります。「ネットワーク接続」からプロパティを参照し、TCP/IPv6の項目にチェックが入っているかを確認しましょう。ブラウザも古いバージョンだと対応していないケースもあります。

 

⑧解約することはできるの?

どうしても使っている端末でインターネットが見られないとき、v6プラスを解約する必要があります。各プロバイダのMyページから解約申請は可能です。または、フレッツサービス情報サイトからフレッツv6オプションを解約すれば、プロバイダ側のv6プラスも自動で解除されます。解約について料金は特に発生しません。

 

8.1フレッツv6オプションは勝手に契約される?

 

フレッツ光ネクストを新規・移転・プラン変更で申し込んだ人には、最初からフレッツv6オプションが利用できる状態になっています。ただし、フレッツv6オプションを契約しているからといって、v6プラスを契約していることにはなりませんので、特に気にする必要はありません。それと、プロバイダ側のサービスがIPv6へ移行して行くに伴い、フレッツv6オプションの契約が必須になることもあり、プロバイダ経由で勝手に契約させられるというパターンもあります。

 

特にフレッツv6オプションを契約したからといって、ユーザーにデメリットは一つもありません。後者のパターンで勝手にフレッツv6オプションが契約になるケースだと、あくまで利用できるIPv6通信は、「IPv6対応サイトはIPoE方式になり、IPv4のみ対応サイトはPPPoE方式」となるだけです。IPv4のみ対応サイトも高速になる「IPoE + IPv4 over IPv6」(v6プラス)になるわけではありません。

 

 

まとめ:使ったほうがお得!無料で速度が速くなる!

 

IPv6はいろいろあって、わかり辛いと思いますが、簡単に言うと「IPoE + IPv4 over IPv6」にすればインターネットが速くなるということです。

重要なのは下記の4点ですね。

 

  • フレッツ光の通信の基本はIPv4PPPoE
  • インターネットを高速化させる通信がIPoE + IPv4over IPv6
  • IPoE + IPv4over IPv6のサービス名称がv6プラス、またはv6オプションなど
  • 申し込みはプロバイダにする

 

フレッツ光でIPoE + IPv4over IPv6に対応しているプロバイダは、下記のものだけになります。

 

  • GMOとくとくBB(v6プラス)
  • BIGLOBE(v6オプション)
  • @nifty(v6プラス)

 

フレッツ光でIPoE + IPv4over IPv6を利用するにはフレッツv6オプションが必要だが、フレッツv6オプションだけ申し込んでも意味がない

フレッツ光以外の回線であれば、IPoE + IPv4over IPv6の選択肢は多くなります。

 

  • GMOとくとくBB×ドコモ光
  • BIGLOBE光
  • @nifty光
  • DMM光
  • ソフトバンク光
  • auひかり

 

なので、高速通信を利用する場合は、フレッツ光よりも、IPv6に対応している光コラボのほうがおすすめです。特にドコモ光、ソフトバンク光、auひかりは「スマホのセット割」のおかげで、他社よりも通信費を抑えられるので、おすすめです。

詳しくはそれぞれについて解説している、下記ページをご参考ください。

 

【2017 最新版】ドコモ光の評判が急上昇している3つの理由!速度・プロバイダー・料金を徹底解説!

 

【2017最新】auひかり口コミを徹底調査!まだ評判が悪い回線だと思ってるんですか?

 

【2017 最新】今のソフトバンク光は評判が良いって知ってる?古い記事に騙されるな!

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら