光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

フレッツ光東日本の全て|料金・キャンペーンからプロバイダー・解約・トラブルまで

2017.11.14

フレッツ光東日本の全て|料金・キャンペーンからプロバイダー・解約・トラブルまで はコメントを受け付けていません。

インターネットの光回線と言えば、一番に思いつくのはNTTのフレッツ光でしょう。

 

フレッツ光でも、NTT東日本とNTT西日本では、料金やサービスが若干異なり、またその中でも、複数のプランが用意されています。

 

今回は、フレッツ光東日本の以下の情報を全て一つにまとめています。

  • 料金
  • キャンペーン
  • プロバイダー
  • 契約方法
  • 解約方法

また後半では、ほかの光回線とも比較しているので、ご自分に合ったネット回線選びに役立てて下さいね。

 

①フレッツ光東日本の各種料金について

フレッツ光東日本の各種料金を紹介します。

 

1.1フレッツ光戸建てタイプの料金

フレッツ光東日本の戸建てタイプ中でも、主力と言われる「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」の費用をまとめました。

 

フレッツ光ネクスト・ギガファミリー・スマートタイプの料金比較表
フレッツ光ネクスト 契約料:800円

工事費:18,000円

月額料金:5,700円

プロバイダー料:500円~

 

フレッツ光の月額料金には、プロバイダー料が入っていないため、別にプロバイダーと契約をする必要があり500~1,200円ほどかかります。

 

1.2フレッツ光マンションタイプの料金

マンションタイプの主要なプランは「フレッツ光ネクスト ギガマンション スマートタイプ」です。

 

マンションタイプと戸建てタイプの違いは、マンションタイプはさらに3つのプランに分かれているところです。

 

フレッツ光マンションタイプ料金表
プラン1(16契約以上) 3,350円+プロバイダー料(500円~)
プラン2(8契約以上) 3,750円+プロバイダー料(500円~)
ミニ  (4契約以上) 4,350円+プロバイダー料(500円~)

 

初期費用は、いずれのプランも同額で、契約料800円、初期工事費15,000円で工事費は分割で支払う事も可能です。

 

マンションタイプの料金プランは、入居されているマンションの規模と契約数によって決まるので、ご自分で選べるものではありません。

 

1.3フレッツ光のお得な月額料金割引サービス

上記のフレッツ光ネクストの金額は、契約に縛りのない通常プランでの月額料金です。

2年間以上フレッツ光を利用する予定の方は「にねん割」という2年単位の契約にすると、基本料金が割引かれます。

 

このプランはすでに標準タイプのフレッツ光を利用中の方も申し込む事ができ、申込みの翌月1日から適用されます。
※適用となるプランには限りがあるので公式ページでご確認下さい。

フレッツ光東日本2年割詳細

 

新規でフレッツ光東日本をにねん割で契約するとさらに「ギガ推し!割引」が適用され、30カ月の間、戸建てなら月々300円、マンションでは月々200円割引かれます。

【割引き後の料金】

  • 戸建て:5,700円⇒4,700円
  • マンション:3,350円⇒2,950円/3,750円⇒3,350円/4,350円⇒3,950円

2年ごとの契約更新月以外で解約すると、戸建てでは9,500円/マンションでは1,500円の違約金が発生するので注意が必要です。

 

②フレッツ光東日本の主要なプロバイダーについて

フレッツ光東日本を利用する場合、必ずプロバイダーと別途契約が必要ですので説明します。

 

フレッツ光東日本で選べる、主なプロバイダーの料金です。

  • OCN  :1,100円
  • @Nifty :1,000円
  • BIGLOBE:1,200円

フレッツ光で利用できるプロバイダーは、とても多いのですが、最も安いプロバイダーは「excite」の500円です。

いずれのプロバイダーも、料金の差以外に「メンテナンスの頻度や安定性」など一長一短あるので、それらの点を考慮して選んぶと良いでしょう。

 

③フレッツ光東日本の主要なオプションと料金

フレッツ光東日本では、さまざまなオプションが提供されているので主要な物を紹介します。

 

3.1ひかり電話(IP電話)

ご利用中の固定電話の電話番号は、そのままでひかり電話に変更することができます。

 

「ひかり電話」に変更すると、加入電話への発信は全国どこへ発信しても、3分約8円となり通常の加入電話より安くなります。

また、携帯電話への発信も同様に、加入電話より安くなります。

 

「ひかり電話」を利用する場合は、オプション費用として、初期費用と月額料金が必要となります。

初期費用は、NTT局内での交換機等工事のみであれば、1,000円となりますが、宅内の機器交換などが必要な場合は、8,000円の追加費用が必要です。

 

【フレッツ光東日本のひかり電話の月額料金】

  • 基本プラン:月額500円
  • ナンバーディスプレイなどを追加する場合:月額1,500円

他にもオプションサービスを追加する場合は、別途費用が掛かります。

 

3.2映像サービス

主要な映像サービスは「フレッツ・テレビ」です。

「フレッツ・テレビ」では、自宅にアンテナをつける必要がなく、光回線を使って地デジやBS放送・CS放送などを視聴することができます。

 

また、プランによっては、地デジやBS放送、CS放送のほかにビデオを視聴できるものもあります。

 

フレッツ光を契約の場合、初期費用はスカパー施設利用登録料2,800円と伝送サービス工事費7,500円が必要です。

月額料金は660円で、ビデオ視聴を行う場合や、スカパー!の有料チャンネルを視聴する場合は、別途月額費用が必要です。

 

④新規でフレッツ光東日本を契約する場合

フレッツ光東日本を契約する場合、以前は家電量販店でキャシュバックやパソコン等がもらえるキャンペーンなどがありましたが、現在はほとんどなくなってしまいました。

 

そのため、フレッツ光東日本公式サイトからの申し込みが一番いいでしょう。

フレッツ光東日本公式サイト

 

ネットでの申込みの場合、すぐにご自宅がフレッツ光の提供エリアなのかが分かり、時間や場所にかかわらず申し込むことが可能です。またサイト限定のキャンペーンが適用されるのでお得です。

 

フレッツ光東日本を電話で契約する場合は、以下に連絡をしてください。

 

フレッツ光東日本電話番号
0120‐116‐116

営業時間:午前9時から午後5時(年末年始を除く、土日祝日も営業)

 

反対におすすめできないのは、NTT東日本の代理店を名乗る「電話勧誘」による契約です。

 

電話勧誘にて申し込みをしてしまった場合、知らないうちに不要なオプションサービスに加入させられていたなど、様々なトラブルが発生しています。

 

そのような被害にあわないよう「電話勧誘」での申し込みは避けたほうがよいでしょう。

 

⑤光コラボ回線を選んだ方が断然お得になる理由とは?

今から新規でネット回線を契約する場合、フレッツ光東日本よりお得でおススメなネット回線があるんです。

それは、フレッツ光回線を使用し、プロバイダー料金を込でサービスを提供する「光コラボ回線」です。

 

ここからは、数ある光コラボ回線の中で「ドコモ光」と「ソフトバンク光」の料金や割引きなどを取り上げ、フレッツ光よりどれ位お得なのか紹介します。

 

5.1フレッツ光と光コラボの基本料金比較

まず、基本料金の比較をする際に、ネット回線の契約は数年ごとの自動更新契約で料金が割引かれる事がほとんどですので、ドコモ光・ソフトバンク光・フレッツ光の戸建て2年契約で比べてみました。

 

ドコモ光・ソフトバンク光・フレッツ光基本料金比較表(2年契約・戸建)
ドコモ光 タイプA:5,200円

タイプB:5,400円

ソフトバンク光 5,200円
フレッツ光 4,700円+プロバイダー料(500円~)

 

このように、各社ほとんど変わらない料金になっていますが、光コラボ選んだほうが圧倒的にお得になるケースがあるので次項で解説します。

 

5.2光コラボはスマホとセットでお得

光コラボ回線のドコモ光とソフトバンク光は、同社のスマホ/携帯とセットにする事で毎月割引きが受けられるので、フレッツ光よりずっとお得です。

  • ソフトバンクのスマホをお使いの方⇒ソフトバンク光
  • ドコモのスマホをお使いの方⇒ドコモ光

このように組み合わせると、セット割引きで毎月500円~2,000円の割引きが受けられます。

 

5.3フレッツ光から光コラボへの乗換えは簡単

すでに、フレッツ光を利用中の方が、光コラボのソフトバンク光やドコモ光へ変更される場合、フレッツ光の解約金や新規の工事費が不要で乗り換えることが出来るのでとても簡単です。

 

フレッツ光から他の光コラボ回線へ乗り換えることを「転用」と呼び、支払い先の変更だけで、新しい回線へ移行出来ます。
※転用時にプロバイダーが変更になる場合は、プロバイダーの解約金が必要となる場合があります。

 

「転用」で光コラボの契約を行う場合、フレッツ光の転用承諾番号が必要ですので以下で先に取得してください。

NTT東日本のホームページ

電話:0120-140202(営業時間午前9時から午後5時まで)

 

フレッツ光転用承諾番号を取得後、次に利用する光コラボ回線との契約という流れになります。

 

携帯電話会社のショップでは、その場でフレッツ光転用承諾番号の取得を手伝ってくれるところもあります。

 

⑥フレッツ光東日本の解約と注意点について

フレッツ光を解約する場合、契約時と同じ電話番号で電話のみで受け付けています。

 

フレッツ光東日本解約
0120‐116‐116

営業時間:午前9時から午後5時まで(年末年始を除く、土日祝日も営業)

 

又解約の際は、以下の点について注意が必要です。

  • 初期工事費を分割で支払っている場合、残金は一括での支払いとなる
  • ひかり電話を利用中の場合、事前にNTT東日本に連絡し、加入電話へ変更する旨を伝えないと電話が使えなくなる
  • NTT東日本から機器をレンタルしている場合、契約者負担で東日本に返却が必要

 

⑦フレッツ光とコラボ光の両方を検討しましょう

光回線を選ぶ場合、費用や回線の安定性を考え決める方がほとんどでしょう。

その中で、フレッツ光東日本を検討される方は、お伝えした金額等を参考に検討してください。

 

フレッツ光東日本を解約する際は、乗り換え先に「光コラボ」を選ぶと、フレッツ光の工事費の残額や解約違約金がかからないので、負担がなく始められます。

 

またソフトバンクとドコモのスマホをお使いの方は、同じ回線の光コラボ光を契約すると、スマホとのセット割りでさらにお得になりますので「フレッツ光東日本」と「光コラボ」の両方を検討して決める事をおすすめします。

 

フレッツ光を検討していたけれど、光コラボも気になるし、結局どこが一番なんだろうと思った方は、簡単な4つの質問に答えるだけですぐにあなたにピッタリの回線が分かる、こちらの記事も参考にしてくださいね。

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら