光回線を乗り換えるべき4つのケース!おすすめ回線・乗り換え手順・注意点を紹介

光回線乗り換え インターネット

現在使っている光回線を乗り換えようかどうか迷っている方に多い悩みには次のようなものがあります。

  • 光回線の利用料金をもっと安くしたい
  • 現在使っている光回線の通信速度が遅いのが不満
  • スマホのセット割がお得って聞いたことがあるけど本当?

 この記事では、光回線の乗り換えを検討している方のために、

  • 光回線を乗り換えた方がよい4つのケース
  • 具体的な乗り換え手続きの方法
  • 乗り換え時の注意点
  • パターン別に本当にお得な乗り換え先

を紹介しています。

 上手に光回線を乗り換えれば、月額料金が月々数千円安くなります。

さらに通信速度が速くなる可能性もあるので、ぜひ参考にしてください。

 ①光回線を乗り換えたほうが良い4つのケース

 光回線は

  • 乗り換えたほうが良い人
  • 特に乗り換える必要がない人

がいます。

 その判断は、最低次の4つの内いずれか1つでも当てはまるかどうかで決めると良いです。

  • 乗り換えにより月額料金が安くなる
  • 乗り換えにより通信速度が速くなる
  • キャンペーンでキャッシュバックが貰える
  • スマホのセット割ができるようになる

4つそれぞれ詳しく説明します。

1.1乗り換えで月額料金が安くなる

 現在高い利用料金の光回線を使っている人は、

安い光回線

への乗り換えによりお得になります。

 たとえば、下記表の光回線のように月額料金は各社バラバラです。

ピンからキリまでになっています。

光回線 戸建て マンション
フレッツ光 5,500~6,500円 3,000~5,000円
auひかり
  • 1年目5,100円
  • 2年目5,000円
  • 3年目以降4,900円
  • タイプE3,400円
  • タイプV3,800円
  • ギガ4,050
  • ミニギガ5,000円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
OCN光 5,100円 3,600円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ぷらら光 4,800円 3,600円
エキサイト光 4,360円 3,360円
エキサイトMEC光 4,500円 3,500円
DMM光 4,820円 3,780円
@nifty光 5,200円 3,980円
So-net光プラス 5,580円 4,480円
enひかり 4,300円 3,300円
NURO光 4,743円
ソフトバンクエアー
  • 1~12カ月3,800円
  • 13カ月目以降4,880円

※フレッツ光は平均的なプロバイダ料金との合計金額です

※ソフトバンクエアーだけは光回線ではありません

たとえ乗り換えで数百円の差にしかならなりません。

ですが、長い目で見れば結構な差額になるでしょう。

 基本的にフレッツ光は高いので、乗り換えるとほとんどの場合フレッツ光より安くなります。

 ただし、フレッツ光マンションタイプで

LAN配線方式かつ大規模マンション(プラン2)」

だとかなり低価格で提供しています

ですので、それを使っている人は乗り換えで逆に高くなってしまいます。

  •  安い光回線に変える
  • フレッツ光は高い!
  • LAN配線方式かつ大規模マンションは安い!

1.2乗り換えで通信速度が速くなる

光回線を乗り換えると、多くの場合プロバイダも変わります。

プロバイダによっては、通信速度がすごく遅いところがあります

ですので、なるべく速度の評判が良い光回線にすべきです。

ただし、速度の速い遅いは地域でも違います

ですので評判だけを基準に選ぶのはなかなか難しいです。

そこで、おすすめの選び方が、

IPoE IPv4 over IPv6

に対応している光回線にすることです。

 IPoE IPv4 over IPv6の光回線は、

『ネットが混雑してしまう時間帯』

でもスイスイ接続できて速いといった特徴があります

【IPoE IPv4 over IPv6の光回線】

  • auひかり
  • NURO光
  • エキサイトMEC光

【オプションをつければIPoE IPv4 over IPv6になる光回線】

光回線 オプション名 オプション料金
enひかり v6プラス、transix 180円
DMM光 v6プラス 無料
So-net光プラス v6プラス 無料
ぷらら光 v6エクスプレス 無料
OCN光 v6アルファ 500円
ビッグローブ光 v6オプション 無料
@nifty光 v6プラス 無料
ドコモ光 v6プラス 無料
ソフトバンク光 IPv6高速ハイブリッド 無料

※ドコモ光はプロバイダを複数から選ぶ仕様なのでv6プラスに対応していないプロバイダもあります

 現在利用中の回線が遅いと不満を持っている人は、これら

IPoE IPv4 over IPv6の光回線

に乗り換えれば通信速度が改善する可能性は高いです

  • プロバイダによって通信速度が変わる
  • 地域によっても速度が変わる!
  • IPoE IPv4 over IPv6は速度が速い!

1.3キャンペーンでキャッシュバックが貰える

 光回線の乗り換え特典で、キャッシュバックが貰えるキャンペーンをやっている会社は多いです。

どうせ乗り換えるなら、高額なキャッシュバックが貰えるところにしましょう。

それに、400~600円程度月々安くなる光回線を選ぶより、

月額はほとんど変わらないけどキャッシュバックが数万円分も貰える光回線

のほうが断然お得です。

たとえば、ある光回線を3年間使うとします。

  • 3万円キャッシュバック:833円割引と同等です。
  • 5万円キャッシュバック:1,388円割引と同等になります。

なので、微妙な月額料金の差を気にするより、

キャッシュバックが高い光回線

に乗り換えたほうが、利用期間が3~4年程度であれば総支払額はお得です

【キャッシュバックが出る光回線】

光回線 キャッシュバック額
新規 転用・事業者変更
ドコモ光※1
  • dポイント20,000pt
  • オプションなし5,500円
  • オプションあり最大20,000円
  • dポイント5,000pt
  • オプションなし5,500円
  • オプションあり最大20,000円
ソフトバンク光※2 35,000円 15,000円
ソフトバンクエアー※2 35,000円
ぷらら光※3
  • ネット+ひかりTV55,000円
  • ネットのみ35,000円
  • ネット+ひかりTV30,000円
  • ネットのみ10,000円
ビッグローブ光※4 25,000円 10,000円
@nifty光※4 25,000円 10,000円
NURO光※5
  • ネット+電話35,000円
  • ネットのみ30,000円
auひかり※4 【戸建て】

  • ネット+電話52,000円
  • ネットのみ45,000円

【マンション】

  • ネット+電話47,000円
  • ネットのみ40,000円

※ソフトバンクエアーだけは光回線ではありません

※1GMOとくとくBB/※2エヌズカンパニー/※3ぷらら公式サイトのキャンペーン/※4NNコミュニケーションズ/※5アウンカンパニー

  •  キャッシュバックの高い回線を選ぶ!
  • 月額が多少高くてもお得!

1.4セット割でスマホ料金が安くなる

セット割でスマホの料金が安くなるのも乗り換えメリットの1つです。

たとえば、フレッツ光を使っていてもセット割ができないため1円も安くなりません。

ですが、

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光

など、

『携帯キャリアが提供している光回線』

へ乗り換えれば、家族全員のスマホから割引が受けられます。

 3大キャリアのセット割】

セット割の名称 適用回線 割引額
ドコモ光セット割

(ドコモ)

ドコモ光 最大1,000円×20台まで(ギガホ・ギガライト)
auスマートバリュー

(au)

  • auひかり
  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • So-net光プラス
最大2,000円×10台まで
おうち割光セット

(ソフトバンク)

  • ソフトバンク光
  • NURO光
  • ソフトバンクエアー
最大1,000円×10台まで

家族で同じ携帯キャリアが多ければ多いほどお得になります

たとえば、ドコモユーザーの家族が4人いたとします。

それぞれ、セット割による割引額が

  • 父1,000円
  • 母500円
  • 姉1,000円
  • 弟500円

だとすると、毎月合計4,000円の割引です。

ドコモ光マンションタイプは月額4,000円です。

が、セット割で光回線が安くなったと考えれば、毎月0円でドコモ光が使えていることと一緒です。

(実際はドコモ光からではなくドコモの携帯料金からの割引です)

なので、

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

の3大キャリアを使っている人は、上記の適用回線の中から選択するのがベストです

また、格安SIMに対応しているセット割もあるので紹介します。

 格安SIMのセット割】

格安SIM 適用できる光回線 割引額
UQ mobile enひかり 100円
DMM mobile DMM光 500円
OCN モバイル ONE OCN光 1契約200円×最大5契約
BIGLOBE mobile ビッグローブ光 300円

3大キャリアのセット割と違い、割引額がかなり少ないです

一番多い割引でも

OCN光 × 家族5人でOCNモバイルONE」

合計1,000円にしかなりません。

なので、格安SIMを使っている場合は、そこまでこだわって

セット割対応の光回線

選ぶ必要はありません

  • 3大キャリアのセット割でお得に!
  • 家族割の人数によっては実質0円も!
  • 格安SIMのセット割は少額!

②光回線の乗り換え方法は3つのパターンがある

ここからは、具体的な光回線の乗り換え方法について説明します。

光回線の乗り換えは、

「現在どんなインターネット接続サービスを使っているのか」

で次の3パターンに分かれます。

【乗り換えパターン】

  • 転用
  • 他事業者変更
  • 新規

それぞれ詳しく説明していきます。

 2.1フレッツ光からの転用

現在フレッツ光を利用している人が、光コラボへ乗り換えることを転用といいます。

光コラボとは、

  • OCN光
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光

などたくさんありますが、フレッツ光の

  • 光ファイバー
  • 回線終端装置

などと全く同じ設備を使っている光回線のことです

 同じ設備をそのまま転用して使うので、工事が不要になります。

 また、ひかり電話を使っている方は、電話番号もそのまま引き継ぐことができます。

 乗り換え方法は、まずNTT東日本・西日本公式サイトから

転用承諾番号

を取得します。

【転用承諾番号】

NTT東日本
https://flets.com/app4/input/index/

NTT西日本
https://flets-w.com/collabo/tenyou/entry/

そして、乗り換えたい光コラボの申込時に転用承諾番号を申し込みフォーム内で入力します。

すると、今使っている回線をそのまま転用して新しい回線へ切り替えることができます。

 回線が切り替わると、フレッツ光は自働的に解約となります。

ただ1点注意なのが、フレッツ光は別途

プロバイダ

を契約しなければ使えないインターネット接続サービスです。

 なので、プロバイダへの解約申請は別途必要になります

【転用の手順】

  1. NTTから転用承諾番号を取得
  2. 各光コラボの申し込みフォームで転用承諾番号を入力
  3. 切替完了後、以前のプロバイダの解約手続きをする
    (フレッツ光は自働解約)

【転用のメリット】

  • ひかり電話番号がそのまま引き継げる
  • 工事が不要
  • 宅内の設備もそのままなので手軽に乗り換えられる
  • いつ乗り換えてもフレッツ光側へ違約金がかからない

2.2他光コラボからの事業者変更

光コラボから光コラボへの乗り換えを事業者変更といいます。

たとえば、

  • OCN光からソフトバンク光へ乗り換える
  • ぷらら光からビッグローブ光へ乗り換える

といったケースです。

転用のケースと同じように、回線設備をそのまま同じように使うので工事は不要です。

また、ひかり電話番号も引き継ぐことができます

 手順は、まず現在契約中の光コラボから

事業者変更承諾番号

を発行してもらいます。

そして、乗り換え先の各光コラボの申し込みフォームに事業者変更承諾番号を入力して申し込みます。

乗り換えが完了と同時に、乗り換え前の光コラボは自動解約となります

【事業者変更の手順】

  1. 乗り換え前の光コラボ事業者から事業者変更承諾番号を取得
  2. 各光コラボの申し込みフォームで事業者変更承諾番号を入力
  3. 切替完了後、以前の回線は自働的に解約

【事業者変更のメリット】

  • ひかり電話番号がそのまま引き継げる
  • 工事が不要
  • 宅内の設備もそのままなので簡単に乗り換えられる

1点注意してほしいのが、転用のケースと違い、

「事業者変更」

だと乗り換え前の光コラボ側に違約金がかかってしまうということです。

なので、単純な解約と同じようになるべく違約金がかからない

更新月での事業者変更

が望ましいです。

  • 更新月での乗り換えで違約金を回避!

2.3新規で申込む

 新規は必ず工事が必要になる申し込み形態です。

 たとえば、新規になるのは次のようなケースです。

【新規の例】

  • フレッツ光からauひかりへ乗り換え
  • 光コラボからauひかりへ乗り換え
  • auひかりから光コラボへ乗り換え
  • NURO光から光コラボへ乗り換え
  • なにもない状態から光コラボを申し込み
  • なにもない状態からauひかりを申し込み
  • auひかりからNURO光へ乗り換え
  • フレッツ光からソフトバンクエアーへ乗り換え
  • auひかり
  • NURO光

は光コラボでないのでこのようになります。

 それと、ソフトバンクエアーも光回線と関係ないサービスなので新規申し込みとなります。

 新規は、転用や事業者変更と違い、

  • 工事を予約
  • 工事日に立会い
  • 開通後は初期設定をする

など少し手間がかかります。

【新規申し込みの手順】

  1. 希望の光回線を申し込み
  2. 工事の予約、工事日に立会い
  3. 開通後、以前の光回線の解約申請をする

③光回線の乗り換えでこれだけは注意しよう

 光回線の乗り換えで注意してほしい点を紹介します。

 3.1違約金が発生することがある

フレッツ光から光コラボへの転用であれば、フレッツ光側への違約金はかかりません

しかし、それ以外の方法で乗り換え前の光回線を解約した場合、違約金が発生します。

ただし、解約しても違約金がかからない月を各社

更新月

として定めているので、更新月でタイミングよく解約できるのであれば違約金はかかりません

もしくは、

他社違約金還元キャンペーン

をやっている回線に乗り換えるのであれば、違約金を気にしなくても良いです。

他社違約金還元キャンペーンをやっている回線は、

  • ソフトバンク光
  • ソフトバンクエアー
  • auひかり

の3つです。

  • 転用は違約金は不要!
  • 更新月に解約で違約金なし!
  • 他社違約金還元キャンペーンで違約金を負担!

3.2乗り換え前の光回線の工事費残債にも注意

新規開通工事費は、分割払いが可能なところだと数年かけて支払います

だいたい、2~3年で支払い終えます。

ですが、長いところだとauひかりホームが5年かけての分割払いとなっています。

なので、支払いが終了していない内に乗り換えた場合、工事費残債があります。

ですので残金を一括で請求されてしまいます

 特に、キャンペーンで

「工事費分割払いと同等割引」

が行われていた場合、解約で同額割引も修了してしまいます。

ですので、残債を実費で支払う必要が出てくるので注意です。

  • 工事費分割払いの場合は残債に注意!
  • 残金は一括支払い

3.3新規や品目変更時には工事費がかかる

新規は必ず工事が必要なので、工事費がかかります。

光回線の工事費は会社により違いますが、15,000~20,000円が相場です

ちなみに、高いところだと

  • auひかり:37,500円
  • NURO光:40,000円

というのもありますが、キャンペーンで実質無料になっています。

しかし、キャンペーンが無い光回線は、新規では工事費がかかってしまうということを頭に入れておきましょう。

(工事費実質無料キャンペーンがある光回線の工事費は高く、工事費実質無料キャンペーンがない光回線の工事費は安い傾向があります)

それと、

  • 転用
  • 事業者変更

は光回線をそのまま使うため基本的に工事はしません。

ですが、品目変更したい場合には工事をします

 品目変更とは、

  • 100Mbps契約を1Gbpsにする
  • VDSL方式を光配線方式にする

などの変更です。

  • 新規の場合は工事費が発生
  • 工事費が高いところは実質無料キャンペーンがある!
  • 転用・事業者変更は工事不要!
  • 品目変更は工事が必要

3.4乗り換え後は契約期間の縛りで簡単に解約できない

 光回線を乗り換えるということは、

「新たに乗り換え先の光回線」

契約期間の縛りを受けるということになります。

 光回線によって

  • 2年自動更新契約
  • 3年自動更新契約

などの縛りがありますが、更新月以外で解約すると解約違約金が発生します

 なので、キャッシュバック目的に短いスパンでコロコロと光回線を変えることはできないと思ってください。

  • 乗り換え先で契約期間の縛りがある!
  • 更新月以外での解約は違約金が!

3.5乗り換え前のプロバイダメールアドレスが使えなくなる

インターネットプロバイダが発行しているメールアドレスは、

プロバイダの解約

とともに使えなくなります

その対策としてプロバイダによっては、月々数百円程度の

ダイヤルアッププラン

へ変更すると、メールアドレスを残すことができるのもあります。

ですが、そもそもプロバイダメールではなく、

  • Gmail
  • Yahoo!メール

などのフリーメールを活用したほうが、今後

「プロバイダ」

を変更してもずっと使い続けられるのでおすすめです。

  • アドレスは使えなくなる
  • 有料で使える場合も!
  • フリーメールはプロバイダに関係なく使える!

3.6電話番号が変わるケースもある

  • フレッツ光から光コラボへの転用
  • 光コラボから光コラボへの事業者変更

であれば光電話の番号は変わりません

 以前は、光コラボから光コラボへの乗り換えだと電話番号を

アナログ戻し

できない限り(NTT発番でない限り)引き継げませんでした。

ですが、2019年7月以降に

事業者変更手続き

ができるようになってからは、

「アナログ戻しができない電話番号」

でもそのまま引き継げるようになりました

 ただし、

  • ソフトバンク光のホワイト光電話
  • auひかりのauひかり電話
  • NURO光のNURO光でんわ

など、その会社独自の光電話サービスは乗り換え時に引き継ぐことができないケースがあります。

 これら会社独自の電話サービスは、2019年7月以前と同じように、

アナログ戻し工事

をして引き継ぐので、NTT発番でない番号は引き継ぎが不可能です。

 また、

050IP電話

もプロバイダ独自サービスなので、乗り換えでプロバイダが変わると使えなくなります

  •  転用・事業者変更は電話番号は変わらない
  • 会社独自の光電話サービスは使えない場合も!
  • 会社独自の光電話サービスはNTT発番のみ使用可能!
  • 050IP電話も使えなくなる!

④条件別おすすめ光回線の乗り換え先

 光回線の

  • 乗り換え手順
  • 注意点

が分かったところで、パターン別におすすめの光回線を紹介します。

 4.1ドコモユーザーはドコモ光

 ドコモのスマホ利用者は、

ドコモ光セット割

でスマホ料金が安くなるドコモ光がおすすめです。

 ドコモとのセット割が可能な光回線はドコモ光だけです。

ですので、基本的に他に選択肢はありません。

 また、ドコモ光は光コラボなので、

  • 現在フレッツ光利用中の方
  • 他の光コラボを利用している方

であれば工事不要で乗り換えができます。

サービス名 ドコモ光
区分 光コラボ
月額料金
  • 戸建て5,200円
  • マンション4,000円
初期費用 【新規開通工事費】

  • 戸建て18,000円
  • マンション15,000円

【契約事務手数料】

  • 3,000円
ドコモ光セット割の対象 家族のドコモ携帯が最大20台まで
ドコモ光セット割に必須なオプション 特になし
通信速度高速化のオプション v6プラス(無料)
特典 【dポイントプレゼント】

  • 新規20,000pt
  • 転用・他事業者変更5,000pt

【キャッシュバック】

  • オプションなし5,500円
  • オプションに応じて最大20,000円

【その他】

  • v6プラス対応WiFiルーターレンタル無料
  • 訪問サポート初回無料
  • セキュリティ1年無料

ドコモ光はプロバイダを複数の中から選べますが、

GMOとくとくBB

特典が一番豪華なのでおすすめです

  • ドコモ光セット割が適応できる!
  • フレッツ光・光コラボ使用者は工事不要!
  • GMOとくとくBBで豪華特典!

4.2ソフトバンクユーザーはソフトバンク光

 ソフトバンクのスマホ利用者はソフトバンク光にすれば

セット割(おうち割光セット)

ができるのでおすすめです。

 家族にソフトバンクユーザーが多ければ多いほどトータル割引額が大きくなります。

 また、

他社違約金還元キャンペーン

があるので乗り換え前の回線解約で違約金がかかっても大丈夫です。 

サービス名 ソフトバンク光
区分 光コラボ
月額料金
  • 戸建て5,200円
  • マンション3,800円
初期費用 【新規開通工事費】

24,000円
(キャンペーンで実質無料)

【契約事務手数料】

3,000円

おうち割光セットの対象 家族のソフトバンク携帯が最大10台まで
おうち割光セットに必須なオプション
  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話、光電話(N)+BBフォン、BBフォンのいずれか
    (3つセットで500円/月)
通信速度高速化のオプション IPv6高速ハイブリッド(無料)
特典 【キャッシュバック】

  • 新規35,000円
  • 転用・事業者変更15,000円

【その他】

  • 乗り換え時工事費実質無料
  • 他社違約金還元

 ソフトバンク光は光コラボなので、

  • フレッツ光からの転用
  • 他の光コラボからの事業者変更

ができ、工事不要で簡単に乗り換えられます

 それ以外での乗り換えのケース(新規)でも、乗り換えの場合に

工事費が実質無料になるキャンペーン

が適用されるので工事費用はかかりません。

  • おうち光セット割が適応できる!
  • 他社違約金還元キャンペーンがある!
  • 転用・事業者変更は工事不要!
  • 新規でも工事費実質無料キャンペーンが!

4.2.1NURO光やソフトバンクエアーもおすすめ

 戸建てタイプであれば、ソフトバンクユーザーは

  • NURO光
  • ソフトバンクエアー

もおすすめできます。

 NURO光とソフトバンクエアーもソフトバンクのスマホとのセット割である

おうち割光セット

が適用できます。

 戸建てにおすすめしたい理由は、ソフトバンク光と比較すると

戸建てタイプ

安いのですが、

マンションタイプ

が高いからです。 

サービス名 NURO光 ソフトバンクエアー
区分 光ファイバー 無線
月額料金 4,743円 【おうち割光セットあり】

  • 1~12カ月4,300円
  • 13カ月目以降4,880円

【おうち割光セットなし】

  • 1~12カ月3,800円
  • 13カ月目以降4,880円
初期費用 【新規開通工事費】

40,000円
(キャンペーンで実質無料)

【契約事務手数料】

3,000円

【契約事務手数料】

3,000円

おうち割光セットの対象 家族のソフトバンク携帯が最大10台まで 家族のソフトバンク携帯が最大10台まで
おうち割光セットに必須なオプション NURO光でんわ
(関東500円/月、東海・関西・九州300円/月)
特になし
通信速度高速化のオプション デフォルトでIPoE IPv4 over IPv6なので不要 なし
特典 【キャッシュバック】

  • ネット+電話35,000円
  • ネットのみ3,000円

【その他】

  • 工事費実質無料
【キャッシュバック】

35,000円

【その他】

他社違約金還元

 NURO光は光コラボではないので、必ず新規扱いになるため工事が必要です。

 キャンペーンで工事費は実質無料にはなります。

ですが、2回に分けて工事を行うので、導入が少し面倒なところがあります。

 それに対し、ソフトバンクエアー

「ホームルーター」

をコンセントに繋ぐだけで簡単にWi-Fi環境が作れるインターネット接続サービスです。

なので、工事要らずで最も手軽に導入できます。

  • おうち割光セットが適応できる!
  • NURO光は工事が必要(実質無料)!
  • ソフトバンクエアーは置くだけで使用可能!

4.3auユーザーはauひかりがおすすめ

 auスマホとのセット割である

auスマートバリュー

が適用できる光回線はいくつかありますが、auひかりが一番おすすめです。

 なぜなら、auひかりはキャッシュバックがかなり高額です。

ですので、3年や4年の期間使うと考えた場合、総支払額が一番安くなるからです。

 それに、

他社違約金還元キャンペーン

があるので、乗り換え前の回線の解約違約金が発生してしまう人でも安心です。 

サービス名 auひかり
区分 光ファイバー
月額料金 【戸建て】

  • 1年目5,100円
  • 2年目5,000円
  • 3年目以降4,900円

【マンション】

  • タイプE3,400円
  • タイプV3,800円
  • ギガ4,050円
  • ミニギガ5,000円
初期費用 【新規開通工事費】

  • 戸建て37,500円
  • マンション30,000円
    (キャンペーンで実質無料)

【登録料】

  • 3,000円
auスマートバリューの対象 家族のau携帯が最大10台まで
auスマートバリューに必須なオプション auひかり電話(500円/月)
通信速度高速化のオプション デフォルトでIPoE IPv4 over IPv6なので不要
特典 【キャッシュバック】

<戸建て>

  • ネット+電話52,000円
  • ネットのみ45,000円

<マンション>

  • ネット+電話47,000円
  • ネットのみ40,000円

【その他】

  • 工事費実質無料
  • 他社違約金還元

auひかりの唯一のデメリットは、光コラボではないので必ず新規開通工事が必要な点です。

しかし工事費自体はキャンペーンで実質無料なので料金面ではお得です。

 

  • 転用
  • 事業者変更

で工事不要で気軽に乗り換えたいという人は次に紹介する

ビッグローブ光

のほうが良いでしょう。

  • auスマートバリューが適応できる!
  • 高額キャッシュバックがある!
  • 他社違約金還元キャンペーンで違約金を負担!
  • 新規開通工事が必須
  • 工事費は実質無料!

4.3.1ビッグローブ光もおすすめ

 ビッグローブ光もauスマートバリューが適用できます。

 ビッグローブ光はauひかりと違い光コラボなので、

  • 転用
  • 事業者変更

で工事不要で簡単に乗り換えることができます。

 また、新規だとしても工事費実質無料キャンペーンをやっています。

し、キャッシュバックも多いのでメリットが大きい光回線です。 

サービス名 ビッグローブ光
区分 光コラボ
月額料金 【戸建て】

4,980円

【マンション】

3,980円

初期費用 【新規開通工事費】

  • 戸建て30,000円
  • マンション27,000円
    (キャンペーンで実質無料)

【申し込み手数料】

  • 3,000円
auスマートバリューの対象 家族のau携帯が最大10台まで
auスマートバリューに必須なオプション ビッグローブ光電話(500円/月)
通信速度高速化のオプション v6オプション(無料)
特典 【キャッシュバック】

  • 新規25,000円
  • 転用・事業者変更10,000円

【その他】

工事費実質無料

  •  auスマートバリューが適応できる!
  • 転用・事業変更は工事不要!
  • 新規でも工事費実質無料キャンペーンも!
  • キャッシュバックがある!

4.4 3大キャリアスマホ以外の人におすすめの乗り換え先

  •  ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

の3大キャリア以外の人におすすめの乗り換え先光回線は、enひかりです。

 enひかりは光コラボなので、現在

  • フレッツ光
  • 他の光コラボ

を利用中の方は工事不要で簡単に乗り換えができます

サービス名 enひかり
区分 光コラボ
月額料金 【戸建て】
4,300円
【マンション】
3,300円
初期費用 【新規】

  • 工事費15,000円
  • 契約事務手数料3,000円

【転用又は事業者変更手数料】

  • 2,000円
勝手に割り enひかり契約者又は家族名義でUQ mobileの契約があれば100円割引
通信速度高速化のオプション
  • v6プラス(180円)
  • transix(180円)
特典 なし

キャッシュバックは一切出ないです。

ですが、月額料金が業界最安値なのでおすすめできます。

  •  キャッシュバックはない!
  • 月額は業界最安値
  • 光コラボ使用中なら工事が不要

⑤光回線をお得に乗り換える方法まとめ

 光回線は、乗り換えで月額料金が安くなり、通信速度も速くなることがあります。

 どの光回線に乗り換えれば良いのかは、基本的に使っている

スマホ

がどこなのかで決めると良いでしょう。

  • ドコモ ⇒ ドコモ光
  • ソフトバンク ⇒ ソフトバンク光、NURO光、ソフトバンクエアー
  • auひかり ⇒ auひかり、ビッグローブ光
  • それ以外 ⇒ enひかり

 また、現在利用中の乗り換え前の回線が

  • フレッツ光なのか
  • 光コラボなのか
  • それ以外なのか

で乗り換え時にかかる手間や費用が異なるということも分かったかと思います。

今回紹介した

  • 乗り換えの手順
  • おすすめ光回線

を参考にして、今までよりお得に利用できるインターネットサービスに乗り換えましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました