光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

無料Wi-Fiスポットを使う危険性|正しいセキュリティの方法を解説します

2018.05.10

無料Wi-Fiスポットを使う危険性|正しいセキュリティの方法を解説します はコメントを受け付けていません。

無料で使えるWi-Fiスポットが街中で目に付くようになってきたので、利用している方も多いでしょう。

 

フリーWi-Fiは、カフェ、コンビニ、役所、駅、空港など公共性の高い場所に設置されています。

 

しかし、無料のWi-Fiをそのまま使用するのは危険が潜んでいるので、無料Wi-Fiの危険性を解説し、安全に利用する方法とおすすめセキュリティソフトなどを紹介していきます。

 

①無料Wi-Fiスポットにはどのような危険があるの?

無料で使えるフリーWi-Fiは、外出時でもスマホのパケット通信量を消費せず、インターネットに早く接続できるのでとても便利ですが、家庭用のWi-Fiと違い、不特定多数の人間が利用し、暗号化設定がされていないので注意が必要です。

 

1.1フリーWi-Fiのセキュリティーの脆弱性

暗号化設定をしていないWi-Fiを通して通信を行うと、親機であるWi-Fiアクセスポイントから子機であるスマホの間までの通信内容を第三者に覗かれてしまう可能性があるのはご存知ですか?

 

Wi-Fiの設定をしたことがある方であればわかると思いますが、家庭用のWi-Fiであれば、暗号化キー(パスワード)をスマホ等の端末に入力して始めて通信できるようになります。

 

しかし、街中のフリーWi-Fiは暗号化設定がされておらず、誰でも電波が届く範囲へ行けばWi-Fi接続ができるので、セキュリティ的にはかなり危険な状態といえます。

 

たとえ暗号化設定があるようなフリーWi-Fiでも、不特定多数で暗号化キーを共有している場合は、セキュリティはそれほど強くありません。

 

1.2フリーWi-Fiを通じて受ける被害の例

フリーWi-Fiを利用し、悪意のある第三者に通信内容が覗かれてしまった場合の被害は、次のようなものが考えられます。

  • メールやチャットで送った内容が見られてしまう(プライバシー侵害)
  • ネット銀行などサイト上のログインID・パスワードが盗まれる
  • クレジットカード番号が盗まれる
  • 無線LAN経由で端末にアクセスされ、勝手にデータの書き換え、ネットに写真などをアップされる
  • ウイルス配布や犯罪予告の書き込みなどの踏み台端末として犯罪に利用される

通信内容を盗みられたり、直接犯罪にかかわるような重要情報の漏洩・データの書き換えやサイトの乗っ取りなど、かなりの危険があることが分かります。

 

1.3フリーWi-Fiをセキュリティーなしで利用するための対策

フリーWi-Fiを利用する場合はセキュリティ対策が欠かせませんが、めったに使わないものにお金をかけて対策なんてしたくないという方も多いでしょう。

 

その場合、最低限守ってほしいことは、フリーWi-Fiの利用中は有名なブラウザのみを使い、かつ、『https』から始まるサイトだけにアクセスすることです。

 

httpsのサイト上での通信は、サーバーと端末間の通信を暗号化しているので、セキュリティが高くなっていますが、その場合でもフリーWi-Fiを使用する時は重要情報の入力や、ネットショッピングは止めておいた方が良いでしょう。

 

②セキュリティ対策の方法

外出時にフリーWi-Fiを使う機会が多い方は、セキュティ対策をとって適切に利用しましょう。

 

2.1 VPNソフトとは何か

フリーWi-Fi用のセキュリティソフトとしてVPNを利用したものがあります。

 

VPNは、Virtual Private Networkの略で、離れた場所同士を仮想的な専用線で接続し安全にデータをやり取りするための技術のことで、主に企業のネットワーク構築に利用されています。

 

VPNを利用すると、端末からVPNが接続されているサーバーまでの通信を暗号化してくれます。

 

VPNを利用するには有料のVPNソフトをインストールするのが簡単です。

VPNの費用は、年間で3千円前後(月額250円程度)が相場です。

 

2.2おすすめできるセキュリティソフト(アプリ)

フリーWi-Fi用のセキュリティソフトはいろいろあるので、おすすめを一部紹介します。

 

【Wi-Fiセキュリティ(ソースネクスト)】
1年間3,218円/5台まで

PCはWindows/Mac、スマホ・タブレットはiOS/Androidに対応しています。

SSL認証に対応していないサービスやアプリでも通信を暗号化してくれます。

フィッシングサイトに接続しようとすると自動でブロックしてくれるフィッシング対策機能もあります。

ソースネクストのWi-Fiセキュリティは、海外版の「Hotspot Shield」を改題したもので、「Hotspot Shieldのアカウント作成」「ライセンス購入」「アカウントの紐づけ」「デバイスの追加」など、導入まで多少面倒な作業が必要になります。

【フリーWi-Fiプロテクション(トレンドマイクロ)】
1年間2,900円・2年間5,000円/1台のみ

iPhone/iPad/Androidのスマホやタブレットの利用の場合は、アプリで簡単に導入できるのでおすすめです。

通信速度が速いと評判なので、スマホやタブレットだけでフリーWi-Fiを利用する場合はこちらが良いでしょう。

基本的な使い方は、Wi-Fiに繋ぐとVPNを使用するかどうかの選択を求めてくるので、フリーWi-Fiの場合はONにして、自宅のWi-Fiの場合はOFFにします。

VPNがONになった状態で、Wi-Fiエリアから外れると自動でOFFになります。

トレンドマイクロは日本の企業なので、アプリ導入から使い方まで、一番簡単です。

【フリーWi-Fiプロテクション(トレンドマイクロ)】
1年間2,900円・2年間5,000円/1台のみ

iPhone/iPad/Androidのスマホやタブレットの利用の場合は、アプリで簡単に導入できるのでおすすめです。

通信速度が速いと評判なので、スマホやタブレットだけでフリーWi-Fiを利用する場合はこちらが良いでしょう。

基本的な使い方は、Wi-Fiに繋ぐとVPNを使用するかどうかの選択を求めてくるので、フリーWi-Fiの場合はONにして、自宅のWi-Fiの場合はOFFにします。

VPNがONになった状態で、Wi-Fiエリアから外れると自動でOFFになります。

トレンドマイクロは日本の企業なので、アプリ導入から使い方まで、一番簡単です。

【ノートンWi-Fiプライバシー(シマンテック)】
1年間3,229円/1台 1年間3,769円/3台まで

PCはWindows/Mac、スマホ・タブレットはiOS/Androidに対応しています。

VPNセキュリティの基本的な機能はトレンドマイクロの製品とほぼ同じですが、速度はこちらのほうが速いと評判です。

トレンドマイクロと違い、常にVPNでの接続状態を維持するように動きます。

VPNのON/OFFの操作はアプリ上の画面から可能です。

【auスマートパスプレミアム】
月538円/1台

auユーザーであれば、月額538円で加入できるauスマートパスプレミアムがあります。

これに加入すると、ソースネクストのWi-Fiセキュリティが使えます。

Wi-Fiセキュリティのためだけだと高額ですが、auスマートパスプレミアムのメインサービスは、アプリ取り放題(Androidのみ)、映画割引や飲食店で使える無料クーポン、データ復旧サポートなどセキュリティ以外のサービスが多く受けられます。

 

③ソースネクストのWi-Fiセキュリティの導入手順

おすすめのセキュリティとして紹介したソースネクストの導入方法が少し複雑なので、詳しく紹介します。

 

1.Wi-Fiセキュリティの購入

まずは、ソースネクストのWi-Fiセキュリティを購入します。

ネットで購入すると、ライセンスコードがメールで送られてくるので、後程使用します。

 

2.Hotspot Shieldのアカウント登録

下記URLにアクセスしてアカウント新規登録します。

hotspotshieldアカウント登録

 

メールアドレスを登録⇒パスワードを作成⇒「私はロボットではありません」にチェック⇒「アカウント新規登録」をクリック

 

登録したメールアドレスにメールが届いたら「ダッシュボードを開く」をクリックすればアカウント登録完了です。

 

3.ライセンスコードの登録

ここで、Wi-Fiセキュリティ購入時に取得したライセンスキーを登録します。

ログインし最初に出てくる画面上側にライセンスコードを入力する欄があるので、こちらに入力します。

 

4.デバイスを追加する

画面下にあるダウンロードの項目から、利用したいデバイスを選びます。

iPhoneで利用する場合はHotspot Shield iOSを選ぶと、アプリのダウンロード画面に飛ぶので、App Storeからアプリをインストールします。

 

保護状態になっているかどうかは、Wi-Fiマーク右側にVPNマークが表示されているかどうかで確認しましょう。

これで、外出先でフリーWi-Fiに接続しても、セキュリティ上保護されます。

 

④安全にフリーWi-Fiを使おう

お店にとってフリーWi-Fiは、お客を呼び込む一つの手段でもあるので、積極的に導入しているところが増えていますが、セキュリティに関して、お店側は一切責任を負いません。

あくまで、利用者が個々人で気を付けて利用するように促しているにとどまります。

 

フリーWi-Fiを安全に使うためには、VPNセキュリティを利用すると良いでしょう、今回ご紹介したソフトを参考に、利用台数や予算などで上手にセキュリティソフトを選んでくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら