光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

フレッツ光からドコモ光への乗り換え(転用)は得する?損する?料金や速度を比較

2018.03.16

フレッツ光からドコモ光への乗り換え(転用)は得する?損する?料金や速度を比較 はコメントを受け付けていません。

現在フレッツ光を契約中の人は「転用」を利用して、同じ光コラボである「ドコモ光」への乗り換えが簡単にできます。

転用を利用すると、乗り換え先回線の工事費やフレッツ光の解約金が掛からず、乗り換えのタイミングで、インターネットが使えない期間も極力少なくすることができます。

今回はフレッツ光からドコモ光へ転用を利用して乗り換えると、得するのか損するのか、メリットやデメリットをまとめました。

ドコモ光へ乗り換える際に、お得なキャンペーンを利用できるサイトもご紹介していますよ!ぜひチェックして下さいね。

 

フレッツ光からドコモ光に転用する3つのメリット

現在フレッツ光を利用中の人は、もれなく転用が利用できます。

月額料金・キャンペーン・割引などを比較して、自分に一番あった光コラボへ乗り換えすることをお勧めします。

 

①基本料金が安くなる

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えると、月々の基本料金が安くなるケースが多いです。

 

  • 戸建て
ドコモ光 フレッツ光
東日本 西日本
5,200円 5,700円  5,300円

 

  • マンション
ドコモ光 フレッツ光
東日本 西日本
4,000円 4,500円 4,100円

表は一般的な割引プラン適用で比較してあります。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えれば、月々の基本料金が安くなりますね。

 

②ドコモスマホならセット割「光パック」が使える

ドコモ携帯・スマホを利用している人は、月々の通信料から割引がされます。

家族数人がドコモ携帯・スマホを利用していたとしても、対象となる契約回線は1回線のみです。これをペア回線といいます。

 

  • ドコモ光パック割引額
容量 パケット
パック
シェア
パック
2GB -500円
5GB -800円 -800円
10GB -1,200円
15GB -1,800円
20GB -900円
30GB -1,100円 -2,000円
50GB ・戸建
-2,500円・マンション
-2,400円
100GB ・戸建て
-3,200円・マンション
-3,000円

パケット通信容量の大きいプランは月額料金が高いですが、光パックの割引額も大きいです。

家族の中で、一番大きいパケットプランを契約しているスマホをペア回線にするとお得でしょう。

または、シェアパックすると家族全員で使う場合に安くなるので、シェアパックで契約した回線をペア回線に登録するのもお勧めです。

 

③初期費用は事務手数料しか掛からない

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは、転用の手続きを利用するので、工事費が0円です。

フレッツ光側への解約違約金も発生しないので、フレッツ光の更新月も気にする必要がありません。

そもそも光コラボは、フレッツ光の回線を卸売りして提供しています。

光コラボユーザーが増えれば、フレッツ系回線のシェアが広がりNTTにも利益があるので、転用に関しては工事費や解約金を取っていないのです。

乗り換え時に発生するのは、事務手数料の3,000円のみです。

豪華なキャンペーンや高額なキャッシュバックを利用できる

GMOとくとくBB

ドコモ光へ乗り換えると、キャッシュバック等の豪華なキャンペーンが適用されますよ。

特に、「GMOとくとくBB」から申込むのがお勧めです。

 

  • GMOとくとくBBから申込むと貰える特典
特典 適用条件
キャッシュバック
5,700円
フレッツ光からの転用
dポイント10,000pt ドコモ光のペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること
v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料 最低37カ月利用すること
セキュリティーサービス1年無料 特に無し

v6プラスを利用するためには、通常、光電話ルーターが必要ですが、GMOとくとくBBでは無料で「v6プラス対応Wi-Fiルーター」をレンタルできます。

光電話の契約不要でv6プラスが利用できることは、大きなメリットと言えるでしょう。

 

  • v6プラスの契約をすると速度が速くなる
    v6プラスを契約すると通信方式が変わり、プロバイダーの混雑と無縁になるので、インターネットが快適に利用できますよ。

ドコモ光のキャンペーンサイトについては、「公式は損!ドコモ光 キャンペーンはキャッシュバックとポイントをWゲットせよ」の記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してみてくださいね。

 

ドコモ光に乗り換え(転用)のデメリット

プランによっては料金が上がる可能性も

フレッツ光からドコモ光に乗り換え後、月々の基本料金が高くなる事があります。

  • 「光もっともっと割」
    西日本エリアで長く使うと安くなるサービスで、3年目以降はドコモ光より安くなります。
  • 「Web光もっともっと割」
    このサービスを利用しているなら、フレッツ光のままの方が安いです。

西日本エリアに住んでいて上記のようなサービスを利用している場合は、ドコモ光に転用することで月額料金が上がってしまいます。

 

フレッツ光マンションプラン2なら安い?

フレッツ光は、マンションの契約見込み数によって料金が変わります。

契約見込み数が多いマンションから順に「プラン2」、「プラン1」、「ミニ」と分けられていて、プラン2が一番安い設定です。

フレッツ光マンションプラン2なら、ドコモ光より料金が安いです。

 

プロバイダがエキサイトBBなら・・・

業界最安値の「エキサイトBB」だと、プロバイダー料金は500円です。

それに対しドコモ光はどのプロバイダーを選んでも料金が一律のため、フレッツ光で激安プロバイダーを選んだ場合よりも高くなってしまいます。

 

通信速度が落ちる可能性がある?

ドコモ光に乗り換えても、フレッツ光で利用しているプロバイダーと同じものを選べば、速度が落ちることは無いです。

ドコモ光では26種類もプロバイダがあり、乗り換え時に選択したプロバイダーによっては、通信速度が落ちるので注意が必要です。

 

通信速度が低下する原因

インターネット速度低下の主な原因は、プロバイダーの認証装置での混雑によるものです。

認証装置はプロバイダーごとで設備の規模やユーザー数が違うため、通信速度に差が出るのです。

インターネットを利用中のユーザー数と、認証装置の規模の比率で通信速度が決まりますが、プロバイダーの加入ユーザーが少なければ速いという訳でもありません。

加入ユーザーが少ないプロバイダーは、認証設備の規模も小さいからです。

この比率は地域ごとでまったく違ったりするので、どのプロバイダーが速いか遅いかを正確に知る術はありません。

ご自身のお住まいのエリアと、プロバイダーのクチコミを参考程度にした方が良いでしょう。

 

通信速度を向上させる方法

通信速度に関しては、対処する方法もあります。

それは、「v6プラス」対応のプロバイダーを選ぶことです。

  1. GMOとくとくBB
  2. ビッグローブ光
  3. @ニフティ

v6プラスは無料で契約できますが、v6プラス対応ルーターが必要になります。

光電話ルーターがその対応ルーターになるので、ビッグローブ光と@ニフティは、光電話の契約が必要です。

先ほども紹介しましたが、GMOとくとくBBに関しては、無料でv6対応Wi-Fiルーターをレンタルできるので光電話契約が不要です。

 

GMOとくとくBBのキャンペーンサイト

 

プロバイダーの変更が必要になる場合もある

現在フレッツ光で使っているプロバイダーが、ドコモ光でも使えるプロバイダーでなければ、ドコモ光へ乗り換えと同時にプロバイダーも変更する必要が出てきます。

プロバイダーを変更すると、現在のプロバイダーが提供しているメールアドレスが使用できなるデメリットもあります。

プロバイダーメールアドレスを残す手続きも取れますが、月々200~300円ほど掛かるのでお勧めはしません。

 

再転用ができない

光コラボの「転用」は、一度きりしか使えません。

一度フレッツ光からドコモ光へ乗り換えてしまうと、さらに、ドコモ光から別の光コラボへの転用は出来ないという事です。

違約金が発生したり、契約の解除はとても面倒なので、「転用」を利用して乗り換える場合はよく検討するようにしましょう。

フレッツ光からドコモ光への乗り換え手順

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは、比較的簡単です。

転用サービスはを利用するために、フレッツ光側から転用承諾番号を受け取り、次に乗り換え先にその番号を伝える流れです。

 

①フレッツ光WEBサイトから転用承諾番号を取得

東日本:
転用承諾番号を取得

西日本:
転用承諾番号を取得

 

②GMOとくとくBBのWEB申し込みフォームに必要事項を入力

③GMOとくとくBBから確認の電話がかかってくるので、利用プランやキャンペーン情報などの説明を聞く

④利用開始日までに開通のご案内が届く

⑤開通(工事は無い)

⑥プロバイダーのユーザーIDとパスワードをルーターまたはPCに設定し、インターネットが使えることが確認できたら、旧プロバイダーを解約する(フレッツ光はドコモ光が開通と同時に自動解約になる)

⑦v6プラス対応Wi-Fiルーターを申し込む(1週間ほどで届く)

⑧v6プラス対応Wi-Fiルーターを設置後30分ほどでv6プラスでの通信が可能になる

特に気を付けて欲しいのは、旧プロバイダーの解約を忘れないようにする事と、新プロバイダーのID・PWでインターネット接続を確認できるまで解約しないようにする事です。

先走って旧プロバイダーを解約してしまうと、インターネットができない期間ができてしまいますし、旧プロバイダーを解約し忘れると、料金を無駄に支払う事になります。

フレッツ光とプロバイダーは別物です。

ドコモ光へ切り替わりと同時にフレッツ光は解約になりますが、プロバイダーは自動で解約されないので注意しましょう。

まとめ:基本料金はフレッツ光よりドコモ光が安い

基本的に、フレッツ光よりもドコモ光の基本料金のほうが安いですが、フレッツのプランによっては、乗り換えたほうが割高になるケースもあります。

ドコモ光に乗り換え(転用)するのであれば、キャンペーンなどをお得に受け取れるGMOとくとくBBサイトを利用してみて下さいね。

GMOとくとくBBのキャンペーンサイト

 

ドコモ光の評判は、こちらの記事で詳しく解説しています↓

【ドコモ光の評判|2018年最新】 利用者数No.1なのに口コミ悪い?速度・料金を徹底解説!

 

 

※転用に関するより詳細な情報は、「【事前に確認!】フレッツからドコモ光に転用すると損する場合がある!失敗しない手続き方法を解説します!」の記事でも解説しています。ぜひこちらも参考にして、判断してみてくださいね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら