enひかりの評判と特徴をプロが解説!大手の光回線並みに口コミが良い理由

enひかりの評判と特徴 インターネット

enひかりは2017年9月に提供開始した比較的新しい

光コラボレーションモデル

の光回線です。

実はこれ、知る人ぞ知るかなりおすすめできる光回線なのです。

提供開始直後は全然話題に上がりませんでした。

ですが、そのお得さから

「SNS等」

での口コミ評判が広まり最近徐々に知名度も上がってきています

おすすめできる理由が次の4つです。

【enひかりがおすすめの理由】

  • 月額料金が業界最安値
  • v6プラスとtransixに対応なので速い
  • 最低利用期間なし
  • 光コラボなので転用や事業者変更が可能

この記事では、これらの

おすすめできる理由

について実際使っている人の評判もそえて詳しく説明します。

比較の達人
比較の達人

また、メリットだけではなく

デメリット

についても余すことなく紹介しているのでしっかりとチェックしてください。

①enひかりの4つのメリットと実際に使っている人の口コミ評判

パソコンするスーツの女性では早速、

enひかり

をおすすめできる最大の理由である4つのメリットからお話します。

1.1月額料金がとにかく安い(業界最安値)

電卓と書類enひかりの月額料金は、

  • 戸建て:4,300円
  • マンション:3,300円

です。

<enひかり月額料金>

住まい 月額料金
戸建て 4,300円
マンション 3,300円

もちろんこの金額は、プロバイダ料金込みです。

一般的な光回線より500~1,000円ほど安い価格になっています。

<人気光回線と月額料金を比較>

戸建て マンション
enひかり 4,300円 3,300円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
OCN光 5,100円 3,600円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
@nifty光 5,200円 3,980円
エキサイト光 4,360円 3,360円

ちょっと前までは、

エキサイト光

が業界最安値なんて言われていた時期もありましたが、

enひかり

エキサイト光をも上回る安さです。

この安さのヒミツはおそらく、宣伝にそれほどお金を掛けていないからかと思われます。

大手の光回線はいたるところで広告を見かけますし、代理店も多く取り扱っています。

しかし、enひかりの広告を大手メディアで見かけることはほぼ無いです。

また、代理店を使って販売しているという話も聞きません。

なので、質を落とさずこれだけ安い価格で提供できているのかと思われます。

Twitterで見つけたenひかりの安さに関する評判も紹介します。

評判では、みんな口をそろえてenひかりの安さを称えているようですね。

  • 月額料金がかなり安い

1.2v6プラスとtransix対応で通信速度が速い

地球と電波

安いと通信速度の質が悪いのでは?

と疑問に思う人も出てくるでしょう。

しかし、その心配いりません

enひかりは

  • v6プラス
  • transix

のどちらかのオプションを付けることができるので、通信速度は速く快適です。

  • v6プラス
  • transix

のオプションを付けるとなぜ通信速度が速くなるのかというと、

IPv4 over IPv6のデュアルスタック

の技術を使ったネイティブ接続事業者がインターネット接続を代行してくれているからです。

つまり、

  • 光回線
  • プロバイダ

がどこを使っていようと関係なくなります

なので、マイナーな光回線でも設備の質を一切気にする必要がないわけです。

  • v6プラス
  • transix

の速さに関する評判もかなり高く、平均実測値で200Mbps前後は出るようです。

1点、注意してほしいのはv6プラスやtransixはオプション料が180円/月かかります。

なので、月額料金と合計すると

  • 戸建て:4,480円
  • マンション:3,480円

です。

だとしても、料金はまだまだ他社と比較しても安いので問題ありません。

(エキサイト光よりは高くなりましたがエキサイト光は速度が遅いのでenひかりのほうがおすすめです)

ちなみに、v6プラスとtransixのどちらを選べばいいのかは、

v6プラス

をおすすめします。

なぜかというと、まずどちらも対応ルーターを取り付ける必要があります。

対応ルーターには

  • バッファロー製
  • NEC製

など市販のものがいろいろ出ていますが、

v6プラス

に関しては市販のルーターを付けなくとも、

NTTのホームゲートウェイ

でもOKだからです。

光電話を契約している人は、

「NTTのホームゲートウェイ」

無料で貸し出されるので別途用意しなくていいので簡単です。

1.2.1オンラインゲームにも最適

enひかりは安い上に速度が速いという口コミ評判がとても多いです。

この時点でenひかりに興味を持った人はとても多いはずです。

でも、それだけではなく

ping値の低さ

も評判で多く上がっています。

口コミ評判ではping値が1桁~15ms以下の人が多いようです。

ping値は、サーバーからの応答速度を表しており、値が低ければ低いほど優秀です。

なので、

  • シューティングゲーム
  • 格闘ゲーム

などの少しでもラグがあると負けてしまうようなオンラインゲームをする人が気にしている数値です。

だいたい35ms以下であれば快適にプレイできます。

ですので、15ms以下だと超速い応答速度です。

  • v6プラス・transixで速度が速い
  • v6プラスは「NTTのホームゲートウェイ」が使える!
  • ping値が低くゲームに最適

1.3最低利用期間なしでいつでも解約できる

カレンダーとチェックシート一般的な光回線は

  • 2年
  • 3年

で更新を繰り返す契約になっていることが多いのですが、

enひかり

利用期間の縛りはありません

つまり、解約違約金という概念もないわけです。

2年縛りや3年縛りがある他社の光回線だと、

解約違約金

9,500円~15,000円ほどかかるります。

ですので、そういった制約がないのがenひかりのメリットです。

口コミ評判を調べて見ると、○年縛りが嫌いな人は結構多いようです。

ですので、縛り契約がないenひかりはそんな人たちにも評判が高いです。

  • 利用期間の縛りが無い
  • 解約違約金も無い

1.4光コラボなので転用や事業者変更が可能

電卓を見せるスーツの女性enひかりは、

  • OCN光
  • ドコモ光

などと同じ光コラボです。

つまり、現在

  • フレッツ光
  • 他社光コラボ

を使っている人は工事不要でenひかりに乗り換えができます。

現在フレッツ光を使っている人が光コラボへ乗り換えることを

転用

といい、光コラボから光コラボへ乗り換えることを

事業者変更

といいます。

そのまま同じ設備を使い、

  • 契約先
  • プロバイダ

が変わるだけなので申し込みから乗り換え完了まで1週間程度で簡単に完了します。

しかも、

転用

であればフレッツ光側への解約違約金がかからないので、現在

フレッツ光

を利用中の方は今すぐに乗り換えても差し支えありません

  • 転用・事業者変更なら、工事不要で使える!
  • 転用は解約違約金もかからない

1.5固定IPも最安値(おまけ)

電卓とメガネとパソコン上記で紹介した4つのメリットは一般向けですが、もう一つだけ必要な人には必要な

固定IP

とても安いという点もお話します。

固定IPが必要な人は次のような方に限られます。

【固定IPが必要な人】

  • 自宅や自社サーバーに遠隔地からアクセスしたい
  • VPNを使いたい
  • Webカメラを遠隔監視したい
  • 固定IPが必要な一部のオンラインゲーム
  • グループウェア等

実は、enひかりは固定IPも業界最安値で使うことができます。

<enひかり固定IPの料金>

初期費用 2,000円
月額料金 700円

enひかり自体がマイナーなので、固定IPに関する評判はまだ少ないです。

ですが、必要な人にはとてもありがたいメリットです。

  • 固定IPも業界最安値

②enひかりのデメリット

スマホと悩む女性全体的な口コミ評判が好評でメリットが多いenひかりです。

ですが、他社と比較した場合のデメリットも多少あるので紹介します。

2.1キャッシュバックが貰えない

両手で頭を抱える女性enひかりを取り扱っている代理店がないので

代理店キャッシュバック

がありませんし、公式サイトでもキャッシュバックを行っていません

ただし、キャッシュバックが出る他社の光回線は、

キャッシュバックを貰うための手続き

若干面倒だったりします。

そういった面倒がなく、

とにかく月額料金が安い

という点がenひかりの魅力なので、どちらがいいのかは人の好みによるところです。

  • キャッシュバックがない!

2.2新規工事費無料にはならない

業者と話す女性

  • 転用
  • 事業者変更

なら工事不要なので気にする必要はないのですが、

新規開通

だと工事が必要です。

enひかりの新規工事費用はこのようになっています。

<enひかり新規工事費用>

内容 工事費
無派遣工事 2,000円
訪問工事あり、屋内配線新設なし 7,600円
訪問工事あり、屋内配線新設あり 15,000円

※新規契約事務手数料3,000円が別途かかります。

工事費はむしろ安いほうではあるのですが、

工事費実質無料キャンペーン

を行っている他社の光回線と比べると実費になってしまう点はデメリットです。

たとえば、工事費実質無料キャンペーンを行っている光回線には下記の回線があります。

光回線 戸建て マンション
auひかり 工事費37,500円が60カ月割引で実質無料 工事費30,000円が24カ月割引で実質無料
ビッグローブ光 工事費30,000円が40カ月割引で実質無料 工事費27,000円が40カ月割引で実質無料
ソフトバンク光 工事費24,000円が24カ月割引で実質無料(他社からの乗り換え時に限る)
NURO光 工事費40,000円が30カ月割引で実質無料

ただし、そもそも

工事費実質無料キャンペーン

を行っている光回線はそんなに多くはありません

  • 転用・事業者変更以外は工事費がかかる
  • 実質無料キャンペーンが無い

③enひかりのキャンペーンや割引

森で電卓を見せる女性

  • 工事費無料キャンペーン
  • キャッシュバック

がないenひかりですが、enひかりならではの

特別なキャンペーン

が何かないのか調査しました。

3.1「勝手に割り」でUQ mobileユーザーが家族にいれば100円割引

パソコンを見て話す夫婦enひかりを提供している株式会社縁人は、

UQ mobile

の販売代理店もやっています。

そのため、契約者もしくは同居の家族名義で

UQ mobileの契約

があると、enひかりの月額料金から100円割引してくれる

勝手に割り

を行っています。

UQ mobileは

株式会社縁人

経由で契約しなくても、どこで契約したものでも関係なく適用できます。

勝手に割りは、その名の通り

『株式会社縁人』

勝手に割り引いているだけなので、UQ mobile側は関与していません。

enひかりカスタマーセンターへ連絡し、勝手に割りの申請をすれば適用できます。

  • UQ mobile契約者は月額100円割引

3.2Wi-Fiルーター大特化キャンペーン

叫ぶ笑顔の女性2019年8月23日~2019年10月31日

までに新規でenひかりとv6プラスを申し込むと、

エレコム製WRC-1167GST2のIPv6(IPoE)対応無線LANルーター

1,000円の特化価格で買えます。

ただし、送料が800円かかるので実際は合計1,800円での購入です。

エレコム製WRC-1167GST2はv6プラスに対応しているので、

v6プラス対応の市販のルーター

を買おうと思っていた方はこのキャンペーンでついでに購入してしまったほうがお得です。

  • IPv6(IPoE)対応無線LANルーターが1800円で買える

④他社と比較してenひかりがおすすめできる人は?

スマホを見る二人の女性他社の光回線と比較した場合、どんな人にenひかりがおすすめできるのか紹介します。

4.1ドコモ・au・ソフトバンク以外のスマホを使っている人

スマホとパソコンとノート

  • ドコモユーザー:ドコモ光
  • auユーザー:auひかり
  • ソフトバンクユーザー:ソフトバンク光

を使ったほうがそれぞれのセット割でトータル料金が安くなります。

なので、enひかりはこれら3大キャリアを使っていない方におすすめします。

先ほど

UQ mobileユーザー

は勝手に割りで100円値引きが受けられると説明しました。

ですが、別にUQ mobileじゃなくても

格安スマホ

ならenひかりを利用する価値はあります

enひかりの安い月額料金+格安スマホの安い利用料

は、通信費の節約にとても役立ちます。

また、たとえ3大キャリアを使っている人だとしても、

毎月500円程度

しかセット割が受けられないのであれば

enひかり

にしたほうがまだ安いです。

なので、

  • スマホのデータ通信量が低いプランにしている方
  • 自分以外に同じ3大キャリアを使っている家族がいない

であれば、enひかりのほうがお得になるケースが多いです。

  • 格安スマホの方!
  • セット割が少ない方!

4.2現在フレッツ光または光コラボを使っている人

パソコンとスマホをする人現在フレッツ光を使っている人は

転用

  • 工事不要
  • 違約金不要

で乗り換えができます。

現在別の光コラボを使っている人は

事業者変更

で同じく工事不要で乗り換えができます。

この2つのケースだと、申し込みから1週間程度で乗り換えができるため早いです。

また、工事が要らないので立会いなどの面倒なことがありません。

転用と事業者変更の際にかかる費用は、事務手数料2,000円だけです。

  • フレッツ光光コラボ使用中の方!

4.3短い期間だけ使いたい人

砂時計とカレンダー契約期間の縛りがないため、短い期間だけ使いたい人にも有効です。

他社光回線だと契約の縛りがあり、特定の更新月以外に解約すると

違約金

が発生するので簡単には解約できません。

ですが、enひかりには違約金もないので解約が自由だからです。

  • 短期間使用したい方!

4.4長期間使いたい人

虫眼鏡と電卓とパソコン短い期間だけ使いたい人のケースと反対ですが、enひかりは

長期間使いたい人

にもおすすめできます。

ここでいう長期間とは、

  • 5年以上
  • 10年以上

使いたい方です。

enひかりの月額料金の安さは、

キャンペーン

で一時的に安くなっているのではなく、永年変わらずこの価格です。

なので、ずっと使い続けても大丈夫ということです。

また、キャッシュバックが出る他社光回線だと、

  • 2年
  • 3年

の更新月スパンで乗り換えないと、元々の月額料金が

enひかり

よりも高いためそれ以上長く使い続けるとお得度が減っていきます

enひかりはキャッシュバックが出ない代わりに

月額料金の安さ

でカバーしているので、いちいち乗り換える必要がありません。

キャッシュバックを目的に光回線をコロコロと変えるより、

enひかり

をずっと使い続けたほうが楽なはずです。

  • 長期間使い続けたい方!

⑤enひかりが向いていない人

スマホを見て悩む女性enひかりが向いていない人は、3大キャリアのスマホを使っている人です。

たとえば、auを使っている人は

auひかり

にすればauスマートバリューが適用できます。

auスマートバリューの適用例として、以下のような家族のケースでシミュレーションしてみます。

【例:家族にauユーザーが3人のケース】

  • auひかりマンションギガ:4,050円/月
  • auひかり電話:500円/月
    (スマバリュ必須オプションのため)
  • auユーザーが家族に3人
    (全員が新auピタットプラン)

新ピタットプランのスマートバリューの割引は500円/月です。

なので、それが3人だとすると合計1,500円/月の割引になります。

auひかりマンションギガ:4,050円/月

とスマートバリューの必須オプションである

auひかり電話:500円/月

の合計からスマートバリュー分を割引と、実質auひかりは3,050円で使えることになります。

こうなると、enひかりの月額3,300円より安く使えるということになります。

  • ドコモ
  • ソフトバンク

も同じく、ドコモ光やソフトバンク光でそれぞれセット割ができます。

もちろん、同キャリアを使っている家族の人数に左右されます。

ですので、全員が当てはまるわけではありません

きちんと計算して、

3大キャリアのセット割のほうがお得になる

という人は、enひかりではなく、それぞれセット割対応の光回線にしたほうが良いでしょう。

  • 3大キャリアの割引が大きい方!

大手3キャリアでenひかりのメリットを生かせない方は、下記の記事で最適な回線を判断してみてください。

⑤enひかりの申し込み方法

電話する笑顔の女性enひかりは公式サイトの

申し込みフォーム

から申し込みが可能です。

現在フレッツ光を使っている人は、申し込みの段階で

転用承諾番号

の入力が必要なので、事前にNTTのサイトから入手しておいてください。

【転用承諾番号の入手先】

▶︎東日本エリア 
https://flets.com/app4/input/index/

▶︎西日本エリア 
https://flets-w.com/collabo/tenyou/entry/

また、現在他社の光コラボを使っている人も似たように

事業者変更承諾番号

の入力が必要です。

事業者変更承諾番号は、現在契約中の

光コラボ事業者

電話等で連絡して発行してもらいます。

そして、enひかりの公式サイトにある

お申し込み

から申し込みフォームに入り、各項目を埋めて送信します。

そうすると、担当者から確認の電話がかかってきます。

担当者から

  • 開通日
  • 注意事項

などの説明を受けて開通までの段取りを決めます。

enひかりが開通すると、

  • 以前使っていたフレッツ光
  • 事業者変更前の光コラボ

自動的に解約になります。

転用の方は、

プロバイダ

だけは自分で連絡しないと解約にならないのでその点だけ忘れないようにしましょう。

  • 申込みフォームから申し込む!
  • 転用承諾番号事業者変更承諾番号を事前に確認!
  • 転用な場合はプロバイダにも連絡が必要!

⑥enひかりまとめ

通帳を見てokサインをする女性enひかりはキャッシュバックが無い代わりに、とにかく月額料金が安い光回線です。

プロバイダ込みで

  • 戸建て:4,300円
  • マンション:3,300円

のこの安さは業界最安値です。

ただ安いだけではなく、

  • v6プラス
  • transix

などのオプションを付ければ通信速度も快適ですし、

契約期間の縛りが一切ない

というメリットもあります。

新規だと

  • 事務手数料:3,000円
  • 工事費:15,000円

かかりますが、

  • 転用
  • 事業者変更

であれば事務手数料2,000円のみで乗り換えが可能です。

口コミ評判でも、特に

  • 料金
  • 速度

については高評価の光回線です。

ですので、これから

  • 光回線を乗り換えようとしている方
  • 新たに新設しようとしている方

にぜひおすすめします。

enひかり キャンペーンサイト

上記の条件に当てはまらない方は、enひかりよりもお得な回線があります。

比較の達人
比較の達人

下記の記事で最もコスト・速度の条件が良い回線を選んでみてください

タイトルとURLをコピーしました