イージートーク(Easytalk)の評判!利用者の口コミからメリット・デメリットを解明

翻訳機

海外旅行へ行った時などに、

「言葉が分からず困った」

という方も多いですよね。

また、これからは海外からの観光客の増加に伴い、

「ますます日本語以外で交流する機会が増える」ことが予想できます。

ほとんどの方は英語には多少なじみがあっても、その他の言語はお手上げでしょう。

この記事では、

言葉が分からなくて困っているあなたへ。

「多言語翻訳機イージートーク」

について紹介いたします。

多言語翻訳機の

  • 翻訳機能
  • 料金
  • 対応言語数

など調べてみたので、検討中の方は参考にしてくださいね。

① イージートーク(Easytalk)の評判・口コミ

イージートーク(Easytalk)のいい評判と悪い評判をご紹介します。

1.1 良い評判・口コミ

 

Easytalkの良い評判を紹介します。

翻訳の精度の高さに関しては、翻訳機の中でも特に評判が高いポケトークと比較しても、遜色のないようです。

EasytalkはAmazon内での評判もかなり高いようです。

そして、料金も他社の人気翻訳機と比べると数千円安いため、評判が良くなっています。

1.2 悪い評判・口コミ

 

Easytalkの悪い評判を紹介します。

Easytalkのサイズが大きいという評判です。

Easytalkは縦と横のサイズはスマホよりちょっと小さいぐらいで、特別大きいわけではないので、気にならない人もいます。

しかし、Easytalkは

  • ez:commu
  • ili

などのコンパクトサイズの他社翻訳機と比べると多少大きいので、ちょっとした荷物になるかもしれません。

Easytalkは164か国で使われている38言語に対応していますが、ベンガル語には対応していません。

翻訳言語の数ではポケトークに劣ってしまうという評判です。

② イージートーク(Easytalk)のメリット

イージートーク(Easytalk)のメリットについてご紹介します。

2.1 料金が安い

 

自動翻訳機は2~3万円が相場なので、決して安い買い物ではありません。

しかし、その中でもEasytalkは比較的安いほうになるので、少しでも料金を抑えたい方には評判が良い商品です。

翻訳機 購入費用
Easytalk  22,037円
ポケトーク 24,800円
ez:commu 26,780円
Mayumi Ⅱ 24,056円
Langie 29,800円
ili 19,800円

※税別

2.2 液晶画面が大きいので見やすい

Easytalkはスマホ画面のように液晶パネルが付いているので、翻訳結果が表示されます。

自分が喋ったことと相手が喋ったことを両方表示してくれます。

ですので、周辺環境がうるさくてスピーカーの音が聞こえないような状態でも目視で確認できて便利です。

また、その表示結果は画面をスクロールすることにより1000件までさかのぼることができます。

そして、過去の会話履歴から何度でも再生ができるため、繰り返し何度も同じ発言をする必要もありません。

このような履歴をさかのぼれる機能は、ポケトークやez:commuなどの他社翻訳機にも当然備わっています。

ただ、画面の大きさはEasytalkが一番なので、高齢者など小さい文字が視にくいような方には向いています。

翻訳機 画面のサイズ
Easytalk 2.4inch
ポケトーク 2.4 inch
ez:commu 2.0 inch
Mayumi Ⅱ 2.0 inch
Langie  1.08 inch
ili 液晶なし

2.3 モバイルルーターとして使える

Easytalk本体にSIMカードを入れて使う場合は、Easytalk本体をモバイルルーターとして使うこともできます。

翻訳機能とルーター機能の同時利用もできるので、翻訳機能を使いながらスマホなどの外部端末とWi-Fi接続が可能です。

ただ、評判を見る限りだと海外旅行へ行く人のほとんどは別に

海外用ポケットWi-Fi

を契約して行っているようなので、あまりEasytalkをモバイルルーターとして使っている人は少ないです。

それに、モバイルルーターとしてのスペックは低いです。

ですので、Easytalkをモバイルルーターとして使った場合の通信速度に関してはあまり期待しないほうが良いでしょう。

2.4 操作はシンプル

Easytalkの使い方はシンプルなので簡単です。

タッチパネルで言語を選び、自分が話すときは

「下のボタンを押しながら」

相手が話すときは

「上のボタンを押しながら」

使用します。

「ポケトークよりEasytalkのほうが操作は簡単」という評判もあり、機械操作が苦手な人でも安心して使えます。

③ イージートーク(Easytalk)のデメリット

では、デメリットはどうでしょうか。

3.1 対応言語が少な目

翻訳機の中でも最大の対応言語数を誇るポケトークに対応言語数で適わないのはもちろんのこと、

  • Mayumi Ⅱ
  • ez:commu
  • その他の人気翻訳機

と比較してもEasytalkの対応言語は少ないです。

とはいってもEasytalkは38言語に対応しているので、日本人がよく行く海外旅行先で使う分にはほぼ問題ありません。

自動翻訳機 対応言語
Easytalk 38言語
ポケトーク 74言語
Mayumi Ⅱ 45言語
ez:commu 48言語
Langie 53言語
ili 3言語(日本語からの一方向のみ)

 それに、Easytalkはオンライン翻訳機なので対応言語に関してはバージョンアップで増える余地があります。

公式サイトによると、近日中に42言語にバージョンアップ予定だそうです。

3.2 サイズが少しだけ大きい

Easytalkのサイズは、手のひらサイズに収まる大きさですが…

他社と比べると若干幅広で縦長なため、評判にもあったように大きく感じてしまうかもしれません。

サイズ感的には、スマホと同じぐらいですが、スマホよりは厚みがあります

自動翻訳機 サイズ
Easytalk  129mm×59.2mm×12.6mm
ポケトーク 110mm×59.8mm×15.8mm
Mayumi Ⅱ 121.2mm×48.6mm×15.7mm
ez:commu 112mm×43mm×12.3mm
Langie  148mm×48mm×17mm
ili 121.8mm×33mm×13mm

 翻訳機は、小さいほうがポケットからサッとすぐに取り出せて便利です。

コンパクトサイズにこだわるのであれば、

  • ez:commu
  • ili

が良いでしょう。

3.3 オフラインでは使えない

Easytalkはオンライン翻訳機なので、オフラインでの使用はできません

具体的には、Easytalk本体にグローバルSIMを入れて使うか、

  • ポケットWi-Fi
  • スマホのテザリング機能

を使ってWi-Fi接続するか、公共のフリーWi-Fiを使うかなどします。

それに、グローバルSIMを入れていれば必ず使えるというわけでもなく、

「電波環境が悪いと使えなくなってしまう

のがオンライン翻訳機のデメリットです。

オンラインでのみ利用可能 オフラインでのみ利用 オンライン/オフライン両方に対応
  • Easytalk
  • ポケトーク
  • MayumiⅡ
  • ez:commu
ili Langie

3.4 ノイズキャンセル機能搭載マイクじゃない

自動翻訳機は、人の音声を聞いてそれを翻訳する仕組みです。

そのため、正確に翻訳するためには周辺環境のノイズが邪魔になります。

そこで、

  • ポケトーク
  • ez:commu

などの多くの自動翻訳機にはノイズキャンセル機能搭載のマイクになっています。

ノイズキャンセル機能搭載のマイクによって、繁華街や駅などの

「騒がしい場所」

でも正確に音声を認識してくれます。

2万円以上するような自動翻訳機であれば、

「ノイズキャンセル機能」

があるマイクになっている商品がほとんどです。

しかし、Easytalkではスペック表を見たところそのような機能はありません。

なので、人混みなどでうるさい場所だと正確な翻訳ができない可能性もあります。

④ イージートーク(Easytalk)が向いている人

次の項目に当てはまる人はEasytalkが向いています。

向いている人

  • 料金を抑えたい
  • モバイルルーターとしても使いたい
  • 不特定多数の人に使わせる

Easytalkは、オンライン翻訳機の中ではなかなか安いほうになるので、料金を抑えたい方に向いています。

それと、EasytalkにSIMカードを入れればモバイルルーターとしても使えます。

そのため、プリペイドSIMなどを契約して入れておけば、わざわざ

ポケットWi-Fi

を契約しなくても良くなります。

ただ、モバイルルーターとしてのスペックは低いです。

ですので、あまりEasytalkをWi-Fiのメインで使うことはおすすめしません

それよりも、ポケットWi-Fiを契約したほうが快適にインターネットに繋がります。

そして、訪日外国人に対する接客用など、不特定の多くの人が使うような場合にも向いています。

それは、誰でも使えるシンプルな操作性だからです。

双方向翻訳した結果を2.4インチの大きな画面で確認できる点も、高齢者などで

小さな文字が視にくい人

なんかにも向いています。

⑤ イージートーク(Easytalk)以外が向いていない人

Easytalkが向いていない人は次の項目に当てはまる人です。

向いていない人

  • オフラインで使いたい
  • コンパクトサイズ希望

Easytalkはオンライン環境でしか使えないため、

  • 海上
  • 山間部

などネット回線の電波が届かないような場所での利用を想定している人には向いていません。

オフラインで使える自動翻訳機には、

  • ili
  • Langie

があります。

それと、Easytalkは手のひらサイズとはいっても、縦幅と横幅が結構あるため、少しサイズが大きく感じます

旅行に行く際は、できるだけ荷物を少なくしたいと思う方も多いと思います。

ですので、大きくてかさばってしまうEasytalkは向いていないかもしれません。

自動翻訳機は複数の会社の商品があり、

  • 料金
  • 対応言語
  • 操作性

など様々な差があります。

自分に合う自動翻訳機は使い方によって人それぞれなので、

複数の商品を比較

したうえで、ベストなものを選びましょう。

結論

Easytalkは評判も良く、翻訳機としての性能は申し分ないものです。

ただし、ポケトークなどの他の評判が高い人気翻訳機と比較すると、

  • 対応言語の少なさ
  • ノイズキャンセルマイクが付いていない

などデメリットがいくつかあります。

操作性に関する評判は他社商品よりも優っているので、誰でも簡単に使える自動翻訳機です。

 

対応言語数 38言語
翻訳タイプ 双方向翻訳
ネット環境 オンラインでのみ使用可能
SIM グローバルSIM別売り3,000円(約1,000回分)
翻訳精度 ★★★
購入費用 23,800円

\Wi-Fi環境でなくてもOK/

Easy Talk公式ページへ

イージートークは公式サイトから購入すると

「23,800円(税込)」

かかります。

しかし、イージートークは、楽天市場・yahooショッピング・Amazonからも購入可能です。

現在は、Amazonでの購入が最安値となっております!

※現在の最安値は19,800円(税込)

 

詳しくは以下のリンクから、チェックしてくださいね!

 

イージートーク以外も検討したい方は、翻訳機をまとめた記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました