どこよりもWiFiの評判!料金が激安の秘密を解説!運営会社wizは信用できない?海外でも使える?

どこよりもWiFi モバイルルーター

どこよりもWiFiというWi-Fiサービスが2019年12月に提供開始されました。

しかし、どこよりもWiFiの申し込みサイトはとても不親切で、公式サイトを見ただけでは

  • 海外では使えるのか?
  • 解約時はどうすればいいのか?

など気になる情報が全然書いてありません

そこで今回は、公式サイトよりも分かりやすく、

どこよりもWiFiがどんなサービスなのか

を解説します。

また、

競合他社と比較した場合にどこよりもWiFiはおすすめできるのか

を結論付けますので、ぜひ参考にしてください。

どこよりもWiFi 公式サイト

①どこよりもWiFiの基本概要

どこよりもWiFiの基本情報を表にまとめました。

どこよりもWiFiの基本情報
運営会社 株式会社Wiz
初期費用 3,000円
月額料金 3,380円
データ通信量 無制限(実際は300GB/月)
最大通信速度 下り150Mbps/上り50Mbps
通信ネットワーク クラウドSIM(ソフトバンク/ドコモ/au)
海外利用 GlocalMeアプリで使用可能
端末 2年→JT101

1年→U2s

発送日 不明
支払い方法 クレジットカード/口座振替(手数料700円/月)
契約期間 2年自動更新または1年自動更新
解約違約金 9,500円
端末の返却 必要
補償オプション 400円/月
補償内容 水濡れ・故障
機器弁済金(補償未加入時) 18,000円

利用料金プランと端末

どこよりもWiFiの利用料金と端末の一覧です。

2年契約更新プラン 1年契約更新プラン
無制限GB 2,980円(キャンペーン価格) 3,380円
100GB 2,780円
10GB 2,280円
端末 JT101 U2s
通信速度 下り150Mbps

上り50Mbps

下り150Mbps

上り50Mbps

どこよりもWiFiは

  • 2年自動更新プラン
  • 1年自動更新プラン

があります。

使う端末はそれぞれ違い、

  • 2年自動更新プランが「JT101
  • 1年自動更新プランが「U2s

です。

データ通信量が

  • 無制限GB
  • 100GB
  • 10GB

とあります。

基本的には無制限GBが一番お得なので、この記事では

無制限GB

について解説していきます。

どこよりもWiFiには2つの料金プランがあり、それぞれ違う端末を使用します!

②他社と比較したどこよりもWiFiのメリット

競合他社と比較した場合のどこよりもWiFiのメリットがこちらです。

【どこよりもWiFiのメリット】

  • 使えるデータ通信量が多い(300GB/月)
  • クラウドSIMで広い対応エリア
  • 一応口座振替もできる(ただし手数料が高い)
  • キャンペーン適用価格が超安い

それぞれ詳しく解説します。

メリット⑴:使えるデータ通信量が多い(300GB/月)

各社のデータ通信量がこちらです。

データ通信量 速度制限
どこよりもWiFi 無制限(300GB/月) 月末まで384Kbps
Mugen WiFi 無制限(口コミ評判によるとおおよそ300GB/月) 月末まで384Kbps
WiMAX 10GB/3日 翌日18時~翌々日2時頃まで概ね1Mbps

どこよりもWiFiはデータ通信量が「無制限」とはなっています。

しかし、実際は違います

利用規約のほうにハッキリと

月間300GBまで使える

と書いてあります。

dokoyorimo-wifi

同じく無制限のMugen WiFiは、実際使えるデータ通信量をハッキリ明言はしていません。

ですが、口コミ評判を見るに月間300GBとなっているので、どこよりもWiFiと同じです。

WiMAXと比較すると、WiMAX3日で10GBです。

どこよりもWiFiのほうが断然使えるデータ通信量が多いです。

どこよりもWiFiのデータ通信量は月300Gと大容量です!

メリット⑵:クラウドSIMで広い対応エリア

次は通信ネットワークについて見ていきましょう。

通信ネットワーク
どこよりもWiFi クラウドSIM(ソフトバンク/ドコモ/au)
Mugen WiFi クラウドSIM(ソフトバンク/ドコモ/au)
WiMAX WiMAX2+

どこよりもWiFiは

クラウドSIM

という技術を使用しています。

これにより、携帯キャリアのソフトバンク・ドコモ・auの広いエリアで使うことができます。

このエリアはWiMAXと比較してもかなり広いです。

地下や壁の厚いビル内での繋がり具合もWiMAXより優れています

WiMAXだと周波数帯の関係で、周囲に障害物が多いとは電波が届きにくいためです。

どこよりもWiFiのような携帯キャリアと同じ周波数帯を使ったWi-Fiサービスは、

地下鉄内でも電波が届くためネット接続が可能

です。

どこよりもWiFiはクラウドSIMなので、対応エリアも広く繋がり易いです!

メリット⑶:一応口座振替もできる(ただし手数料が高い)

どこよりもWiFiはクレジットカードの他に口座振替にも対応しています。

支払方法
どこよりもWiFi クレジットカード、口座振替
Mugen WiFi クレジットカード
WiMAX(GMOとくとくBB) クレジットカード

料金の支払方法は、ほとんどの競合他社はクレジットカードのみです。

なので、口座振替にも対応しているどこよりもWiFiは珍しいほうです。

ただし、口座振替は手数料が毎回700円もかかってしまいます。

そのため、基本的には口座振替はおすすめしません

どこよりもWiFiでは口座振替での支払いも出来ますが、手数料が700円かかります!

メリット⑷:キャンペーン適用価格が超安い

どこよりもWiFiの「2年契約更新プラン」は現在キャンペーンで

月額2,980円

となっています。

これは、Mugen WiFiの3,280円よりも安い金額です。

月額料金
どこよりもWiFi 2年契約プラン2,980円(キャンペーン価格)

1年契約プラン3,380円

Mugen WiFi 3,280円
WiMAX(GMOとくとくBB) 1~2カ月目3,690円

以降4,263円

このキャンペーンは

3万台限定キャンペーン

となっているため、早い者勝ちのようです。

どこよりもWiFiは現在3万台限定キャンペーンで月額料金2980円です!

③他社と比較したどこよりもWiFiのデメリット

競合他社と比較したどこよりもWiFiのデメリットがこちらです。

【どこよりもWiFiのデメリット】

  • 公式サイトの情報が少ない
  • 海外利用がめんどう
  • 自動更新の契約の縛りがある
  • 端末の返却が必要

それぞれ詳しく解説します。

デメリット⑴:公式サイトの情報が少ない

どこよりもWiFiの公式サイトを隅々までチェックしてみました。

これだけ情報が少ないWi-Fiサービスも珍しいです。

たとえば、競合他社のほとんどは

よくある質問

という項目で、親切にこんな場合はどうするのかといった内容をまとめています。

ですが、どこよりもWiFiの公式サイトには「よくある質問」はありません

それに、どこよりもWiFiを契約する人が気になるポイントの

  • 解約方法
  • 海外での利用方法

についても詳しくまとめられてはいません

また、記載ミスなのか料金が記載している箇所により金額がバラバラです。

「この会社大丈夫なの?」と不信に思ってしまいます。

どこよりも WiFi記載ミス

※キャンペーン適用前の価格が、公式サイトのトップページ上部には3,280円と書いてあるのに、トップページ中央部だと3,380円と書いてあり、利用規約のほうには3,080円と書いてある。

どこよりもWiFiの公式サイトはとても分かりづらい内容になっています!

デメリット⑵:海外利用がめんどう

どこよりもWiFiは海外でも利用できます。

ただし、利用方法に関しては

GlocalMe

というアプリの設定が必要です。

単純にモバイルルーターを持っていくだけで使えるというものではありません。

GlocalMeは、初めて設定登録すると

1.1GBは無料

で使用できます。

それ以降は

パッケージ購入orチャージ

しないと使えません。

チャージよりパッケージ購入のほうが安いので、基本的にはパッケージ購入を選びます

【価格例】

  • アメリカ1GB…約947円
  • 韓国1GB…約421円
  • ヨーロッパ1GB…約1,263円

上記のように、国や地域ごとに価格が決まっています(為替変動により価格が上下します)。

【GlocalMe】

ちなみに、競合他社のMugen WiFiの場合は日本人がよく行く渡航先のほとんどは

  • 1日1GBで1,200円/日
  • 特別な設定不要
  • モバイルルーターを持っていくだけで使える

仕様となっています。

なので、GlocalMeを使ったパッケージ購入方式のクラウドSIM型のWi-Fiサービスは、

持っていくだけで自動課金されるモバイルルーターと比較すると手続きが面倒

です。

ただし、その代わりGlocalMeは安いというメリットもあります。

なので、どちらが良いのかは好みの分かれるところです。

どこよりもWiFiは海外利用も可能ですが、アプリ設定があり手間がかかります

デメリット⑶:自動更新の契約の縛りがある

どこよりもWiFiは自動更新の契約の縛りがあります。

契約期間 違約金
どこよりもWiFi 2年自動更新または1年自動更新 更新月以外は9,500円
Mugen WiFi 最低2年 1~12カ月目9,000円

13~24カ月目5,000円

25カ月目以降なし

WiMAX(GMOとくとくBB) 3自動更新 1~24カ月目24,800円

25カ月目以降9,500円

更新月(37カ月目)0円

どこよりもWiFiは、

  • 「2年更新契約プラン」だと2年ごとの自動更新
  • 「1年更新契約プラン」だと1年ごとの自動更新

です。

【自動更新とは】
更新月以外に解約してしまうと必ず違約金が発生する仕組みになっている。

なので、

解約したいタイミングで解約するのが難しい

という大きなデメリットとなります。

ちなみに、競合他社のMugen WiFiであれば最低利用が2年とはなっています。

自動更新契約ではないため2年目以降はいつ解約しても違約金がかかりません

なので、契約の自由さを求めるならMugen WiFiのほうをおすすめします。

どこよりもWiFiの2つのプランはそれぞれ二年と一年の契約期間の縛りがあります!

デメリット⑷:端末の返却が必要

どこよりもWiFiの端末はレンタル品となります。

なので、解約時には必ず返却が必要です。

端末の返却
クラウドWiFi 必要
Mugen WiFi 25カ月以上使うと不要
WiMAX 不要

返却を怠ると、

違約金として18,000円請求

されます。

なので、紛失には十分気を付けなければなりません。

たとえ、補償(400/月)に入っていたとしても

紛失・盗難は補償の範囲外

です。

【返却が心配な方には】

  • WiMAXのような0円で端末が貰えるタイプ
  • Mugen WiFiのように25カ月以上使うと自分のものになり返却が不要になる

がおすすめです。

どこよりもWiFiの端末はレンタル品なので解約時に返却が必須です!

④どこよりもWiFiの評判・口コミ

Twitterで見つけたどこよりもWiFiの口コミ評判を紹介します。

どこよりもWiFiは、

折り返しの電話をもって申し込み完了

としている点が悪い評判になっているみたいですね。

たしかに、いちいち電話対応しなければならないのは少し面倒かもしれません。

口コミ評判はこれくらいしかなかったので、知名度としてはあまり高くないみたいです。

どこよりもWiFiは電話をしないと申し込みが完了しないようです!

⑤どこよりもWiFiの解約方法も事前にチェックしておこう

解約は

電話連絡

となっています。

【Wizカスタマーセンター】
電話番号:03-4346-0708
営業時間:9時~19時(日曜・祝日除く)

締め日が毎月25日なので、25日までに連絡をすれば当月末での解約になります。

26日以降に連絡した場合、連絡の翌月末に解約となります。

解約の連絡の際に端末返却についての説明があるので、必ず返却をしてください。

どこよりもWiFiを解約するにも電話連絡しないといけません!

⑥どこよりもWiFiはおすすめできない人のタイプ

以上のメリットやデメリットを総合的に判断してきました。

その結果、以下の項目に当てはまる人はどこよりもWiFiはあまりおすすめできません。

【どこよりもWiFiはおすすめできない人のタイプ】

  • 端末の返却を面倒に思う人
  • 更新月できちんと解約できるか心配な人
  • 運営元や口コミ評判を気にする人

 

どこよりもWiFiは

  • 2年自動更新 または
  • 1年自動更新

の契約です。

更新月(契約期間の翌月)にきちんと解約できるのであれば、違約金9,500円がかかりません。

ですが、これが心配な方にはどこよりもWiFiはおすすめできません。

また、解約時には端末の返却が必須です。

返却できない場合に18,000円が請求される点もデメリットです。

それに、どこよりもWiFiの知名度はあまり高くないので、口コミ評判も少ないです。

はじめてWi-Fiサービスを契約する人にとっては不安材料となるかもしれません。

これらが心配な方は、

  • 25カ月目以降はいつ解約しても違約金がかからない
  • 端末返却も不要

Mugen WiFiがおすすめです。

自動更新や端末の返却が面倒な方はどこよりもWiFiはおすすめできません!

どこよりもWiFiがおすすめできる人のタイプ

どこよりもWiFiがおすすめできるのは、以下の項目に当てはまる人です。

【どこよりもWiFiがおすすめできる人のタイプ】

  • 海外で安く使いたい人
  • キャンペーン期間中に申し込める人

どこよりもWiFiの海外利用は、GlocalMeを使います。

そのためパッケージ購入やチャージなど手続きは面倒です。

ですが、パッケージ購入がとても安いです。

なので、

  • 海外へよく行く
  • 海外で安く使いたい

というのであれば、慣れてしまえばどこよりもWiFiは結構お得です。

また、2年自動更新契約にはなりますが、

3万台限定キャンペーン」中に申し込めば月額2,980円

となります。

月額2,980円で国内データ通信無制限で使えるのは、

現在数あるWi-Fiサービスの中でも最安値

です。

Mugen WiFiの3,280円よりも安くなります。

とにかく安く使いたいという人にはおすすめできます。

  • 海外での利用を安くしたい方にどこよりもWiFiがおすすめできます!
  • 「3万台限定キャンペーン」中に申し込めば月額2,980円と業界最安値で利用できます!

どこよりもWiFi 公式サイト

どこよりもWiFiまとめ

どこよりもWiFiは

「3万台限定キャンペーン」月額2,980円

を現在行っています。

これは、

データ通信無制限で使えるWi-Fiサービスの中では最安値

です。

ただし、

  • 2年自動更新契約
  • 解約時に端末返却

が必要といったデメリットもあります。

しっかりチェックし、それらデメリットが問題ないという方のみ申し込みましょう

どこよりもWiFiが自分に適さないなと思った方には、月額3,280円のMugen WiFiがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました