光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

ドコモ光よりauひかりの方がお得!?料金・通信品質で徹底比較

2017.11.09

ドコモ光よりauひかりの方がお得!?料金・通信品質で徹底比較 はコメントを受け付けていません。

フレッツ光と同じ品質で、月の料金が安くなる「光コラボ回線」へそろそろ乗り換えを考えている方も多いでしょう。

 

「光コラボ回線」とは、フレッツ光の回線設備を使用しサービスのみを提供する光ネット回線の総称ですが、そんな光コラボ回線の一つにドコモ光があります。

 

ドコモ光は、ドコモのスマホ使用者はセット割引きが受けられる事もあり、利用者が多い光ネット回線です。

 

今回は、独自の光ケーブルの「auひかり」と比べて、どちらがお得で快適に使用できるのかについて説明しています。

 

どの窓口から契約するかでも、もらえるキャッシュバックなどの特典が全然違います、後半でおすすめの代理店も紹介しますので、契約の前にぜひこの記事でお得な情報をゲットしてくださいね。

 

①auひかりとドコモ光の各種料金は?

お得度を判定するためにまず、auひかりとドコモ光でかかる各種料金をまとめて比較しています。

利用者の居住状況などでかかる費用は変わりますので、ご自分のケースに当てはめてみて下さいね。

 

1.1基本料金はほぼ一緒

まず初めに、ドコモ光とauひかりの基本料金を比較します、どちらもプロバイダー料金は込みになっています。

 

戸建てとマンションで基本料金が異なります。始めに、戸建てタイプを紹介します。

 

auひかりとドコモ光の基本料金表(戸建タイプ)
auひかり ギガ得(2年自動更新):5,200円

ずっとギガ得(3年自動更新):4,900円~5,100円

 ドコモ光

(2年契約)

タイプA:5,200円

タイプB:5,400円

 

次に、マンションタイプの一覧です。

 

  auひかりとドコモ光の基本料金表(マンションタイプ)
auひかり

標準プラン(更新期間の縛りなし)

お得プランA(2年自動更新)

VDSL16契約以上 :3,800円
VDSL8契約以上   :4,100円
マンションギガ  :4,050円
マンションミニギガ:5,000円
ドコモ光(2年契約) タイプA:4,000円
タイプB:4,200円

 

ドコモ光は、20社ほどの提携プロバイダーから自分で選べ、プロバイダーによってタイプAとタイプBに分かれ、料金が200円違います。

 

選んだプロバイダーで料金は変わりますが、料金の高いタイプBのほうが優れている、ということは特にはありませんので、タイプAのプロバイダーから選んで問題ありません。

 

また、auひかりのマンションタイプは、建物の規模・設備・契約人数などで必然的に料金のプランが決まりますが、それ以外に契約期間の縛りがない「標準タイプ」と2年自動更新の「お得プランA」から選ぶことが出来ます。

 

「お得プランA」は、2年毎の自動更新となる代わりに、各種割引きキャンペーンの適用条件になっていたり、通常戸建てタイプで申込むと月に400円かかる「おうちトラブルサポート」というオプションサービスが無料で付くプランです。

 

1.2初期費用はどちらも実際あまりかからない

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用した「光コラボ回線」なので、現在フレッツ光を利用している場合、基本的に工事不要で乗り換えができます。

このようにフレッツ光からドコモ光などの光コラボ回線へ乗り換えることを「転用」と呼びます。

 

フレッツ光以外の回線を利用している方や、初めてドコモ光と契約する場合は、新規契約になります。

 

フレッツ光から、ドコモ光へ転用した場合にかかる初期費用です。

 フレッツ光からドコモ光へ転用する場合の初期費用
工事費 速度変更を伴わない: 0円

速度変更を伴う:7,600円

事務手数料 3,000円

 

それに対し、auひかりの場合は、すべて新規開通と同じ手続きになります、なぜならauひかりは、独自の回線を使っているのでどうしても工事が必要になるからです。

 

auひかりとドコモ光を新規で契約する場合の初期費用を比較します。

 

auひかりとドコモ光(新規契約時)の初期費用の比較
工事費 auひかり(戸建て):37,500円
auひかり(マンション):30,000円
ドコモ光(戸建て)  :18,000円
ドコモ光(マンション):15,000円
事務手数料:3,000円(auひかり・ドコモ光)

auひかりは必ず派遣工事になり、工事費は一律です。

 

ドコモ光は派遣工事以外に、光回線(光コンセント)が通っている住宅の場合、工事担当者が現地へ行かない無派遣工事で済む場合があり、その場合は工事費が2,000円のみで、事務手数料と合わせても5,000円で済みます。

 

auひかりは工事費が高額ですが、工事費実質無料のキャンペーン中ですので、事務手数料のみで始める事が出来ます。

 

1.3通信品質はauひかりがベター

通信品質は、auひかりのほうが優れており、それにはいくつかの理由があります。

 

【接続方式】

  • auひかり:IPoE方式(プロバイダーを経由せずにインターネットに繋がるのでいつでも快適に使える)
  • ドコモ光:PPPoE方式(フレッツ網終端装置に利用者が集まる事で混雑し遅くなる

※ただし、ドコモ光でもIPoE方式を採用している、GMOとくとくBBをプロバイダーに選ぶとauひかりと同じ環境になります。

 

【光ファイバー】

  • auひかり:NTTから借用した光ファイバーをauひかり利用者のみで使用(2~3人で利用)
  • ドコモ光:光ファイバーをフレッツ光とその他の光コラボ回線で共用(25~30人で利用)

光ファイバーは1本につき、最大32本に枝分かれさせて使います。

auひかりは1本まるまるを、auひかりユーザーだけで利用できるので、混雑する事がなく安定した速度が期待できます。

 

それに比べ、ドコモ光はフレッツ光やその他の光コラボ回線と光ファイバーを共有しているので、一本につき25~30ぐらいで利用する事が多く回線が遅くなる原因になるのです。

 

速度測定をしたユーザーのクチコミを調べて見ても、auひかりの評価は高く、200~500Mbpsぐらいは出るようです。

 

1.4スマホとのセット割はどちらも同じ位お得

auひかりも、ドコモ光も、自社の携帯・スマホとのセット割引があります。

 

どちらの場合も割り引きは、携帯・スマホの料金からとなり、割引率はパケット通信量の大きいプランほど高くなります。

 

auは、auひかり1回線につき、家族のau携帯・スマホが10回線まで適用されます。

 

しかし、ドコモはドコモ光1回線につき、ドコモパケットプラン1回線しか適用されず、一番データ通信量の大きいプランをドコモ光のペア回線として選択する形になります。

 

auひかりとドコモ光のスマホセット割引き金額
auスマートバリュー ドコモ光セット割
2GB:934円

5GB:1,410円

20GB:1,410円

30GB:2,000円

(一人用プラン)

1Gまで:100円

3Gまで:200円

5Gまで:800円

20Gまで:800円

定額20G:1,400円

定額30G:1,600円

(シェアパック)

5Gまで:800円

10Gまで:1,200円

15Gまで:1,800円

30Gまで:1,800円

定額30G:2,500円

定額50G:2,900円

定額100G:3,500円

※auひかりはスマートバリュー適用条件として光電話(500円)のオプション加入が必要

 

ドコモ光はパケットプラン1回線しか割引対象にならないので一見、割り引きが少なく感じますが、家族でシェアパックを利用する事でとてもお得になります。

 

一人あたりデータ量を5GB毎月使う3人家族の場合で、ドコモ光とauひかりの料金を計算してみました。

 

【ドコモスマホを一人5GBづつ契約する場合】

  • 1人用のドコモのデータMパック(5GB) 5,000円×3人=15,000円-スマホセット割800円=14,200円

【ドコモスマホのパケットパック15GBを家族でまとめて契約する場合】

  • シェアパック15(15GB)12,500円-スマホセット割1,800円=10,700円

家族3人で合計15GBをシェアパック15(15GB)で契約するだけで、同じパケット量でも料金は12,500円となり、この時点で2,500円安くでき、さらにスマホとのセット割が1,000円も増えます。

 

【auひかりとauスマホ(合計15GB)とのセット割の場合】

  • データ定額(合計15GB)15,000円-スマホセット割(3回線)4,230円=10,770円

auの場合は、シェアパックというものはないので、家族がそれぞれデータ量を契約する為、割高です。

データ定額(5GB)5,000円×3人=15,000円

スマホとのセット割(1回線)1,410円×3回線=4,230円

 

auはスマホとのセット割の金額が高額ですが、実は、ドコモでシェアパックを組みスマホセット割を受けた場合と同じ位金額になる事もあります。

 

1.5キャンペーンがお得な代理店を紹介します!

auひかりとドコモ光の、公式キャンペーンと代理店独自のキャンペーンを比較します。

 

どちらの場合も、公式の窓口から申し込みをすると公式のキャンペーンしか適用されないので、代理店の特典も併用して受け取れる代理店経由の申し込みが大変お得です。

 

auひかりとドコモ光の割引き特典比較表
auひかり代理店キャンペーン ドコモ光代理店キャンペーン
【キャッシュバック】

ネット+電話⇒50,000円
ネットのみ⇒43,000円

【条件】

プロバイダーにSo-netかBIGLOBEを選択

マンションタイプは上記の金額より1万円減額

条件付きキャッシュバック:15,000円

条件なしキャシュバック:5,500円

【その他特典】

Wi-Fiルーターレンタル無料
セキュリティサービス1年無料
出張サポート1回無料

auひかり公式キャンペーン

ドコモ光公式キャンぺーン

【工事費実質無料】

分割工事費と同額が割引かれ実質無料

(ホーム:625円×60カ月割引)
(マンション:1,250円×24カ月割引)

【工事費無料】

期間限定で工事費無料

【その他の割引特典】

他社違約金還元(30,000円まで)
12カ月間1,000円割引
電話オプションパック12カ月無料

【その他の割引特典】

dポイントプレゼント
新規⇒10,000pt
転用⇒5,000pt

 

上記で紹介したauひかりのキャッシュバックは、代理店NNコミュニケーションズから申込んだ際に受けられる特典です。

NNコミュニケーションズは、キャッシュバックの支払いが速く、申込み方法も簡単なことから安心して申込みができます。

 

NNコミュニケーションズの詳しいキャッシュバックの内容と申込み方法は、以下の代理店公式サイトをご確認くださいね。

NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

 

また、auひかりのより詳しい内容は、以下の記事も参考になります。

【2018最新】auひかり口コミを徹底調査!まだ評判が悪い回線だと思ってるんですか?

 

ドコモ光は、キャッシュバック以外にもセキュリティサービスや、Wi-Fi機器が無料でレンタルできる「GMOとくとくBB」がお得です。

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトで詳しい内容を、確認してみてくださいね。

GMOとくとくBBキャンペーンサイト

 

ドコモ光の最新キャンペーンについてより詳しく知りたい方は「公式は損!ドコモ光 キャンペーンはキャッシュバックとポイントをWゲットせよ」の記事を確認してみてくださいね。

 

また、ドコモ光の評判などをお知りになりたい方は以下の記事がピッタリです。

【ドコモ光の評判|2018年最新】 利用者数No.1なのに口コミ悪い?速度・料金を徹底解説!

 

②両社の料金面以外の違い

料金以外で、「使用回線の違い」と「選べるプロバイダーの違い」についてauひかりとドコモ光を比べてみましょう。

 

2.1使用回線の違い

auひかりとドコモ光は、使っている回線自体の品質は光ファイバーをどちらもNTTから借りて利用しているので同じです。

 

ただし、マンションの集合装置や、局内の装置などはドコモ光が完全にフレッツ光と同じものを使っているのに対し、auひかりでは独自の設備を設けています。

 

2.2選べるプロバイダーの違い

auひかりは7つのプロバイダーから選択し、プロバイダーによってオプションやキャンペーン内容がそれぞれ違います。

 

ドコモ光は、プロバイダーのタイプAがタイプBかで料金が変わるので基本的には、料金が安いタイプAのプロバイダーを選ぶことをおすすめします。

 

auひかりとドコモ光提携プロバイダー一覧表
auひかり提携プロバイダー(7社) ・au one net
・@nifty
・@TCOM
・ASAHIネット
・BIGLOBE
・DTI
・So-net
ドコモ光タイプA提携プロバイダー(20社) ・ドコモnet
・plala
・GMOとくとくBB
・So-net
・DTI
・Tigers-net.com
・BIGLOBE
・BBexcite
・andline
・IC-net
・U-Pa!
・エディオンネット
・SYNAPSE
・TikiTiki
・楽天ブロードバンド
・hi-ho
・01光コアラ
・ネクス
・スピーディアインターネットサービス
・@nifty
ドコモ光タイプB提携プロバイダー(6社) ・@TCOM
・OCN
・TNC(静岡県限定)
・ASAHIネット
・WAKWAK
・ちゃんぷるネット(沖縄県限定)

 

auひかりはプロバイダーを通さず、KDDIの装置が自動認証しインターネットへ接続する仕組みのため、どのプロバイダーを選んでも通信品質に差は出ません。

 

ドコモ光の場合は、ネットワークの混雑具合により安定性に差が出ますが、地域ごとのプロバイダー利用者数を把握することは困難なため、速度がプロバイダーに左右されない「v6プラス」を採用している、GMOとくとくBBをドコモ光のプロバイダーに選ぶ事をおすすめします。

 

③利用者の評価

ドコモ光は光コラボの中でもシェアが首位の回線です。

 

MM総研調べによると、2017年3月末時点の契約数はドコモ光が約340万件で、auひかりの契約件数は389万件です。

顧客満足度はどちらも高く、J.Dパワー調べによるとエリアごとの顧客満足度のランキングは以下の通りになります。

 

全国の光回線 顧客満足度ランキング
北海道・・・1位auひかり、2位ドコモ光
東北・・・1位ドコモ光、2位auひかり
関東・・・1位NURO光、2位ドコモ光、3位auひかり
関西・北陸・・1位eo光、2位フレッツ光、3位J:COM、4位ドコモ光、5位auひかり
中国・・・1位メガエッグ光、2位フレッツ光、3位ドコモ光、4位auひかり
四国・・・1位ピカラ光、2位auひかり、3位フレッツ光、4位ドコモ光
九州・・・1位BBIQ光、2位J:COM、3位auひかり、4位フレッツ光、5位ドコモ光

 

④auひかりとドコモ光はどちらがお得?

基本的に光回線は、スマホとのセット割りの割引き金額が高額なので、家族の中でauとドコモのスマホでどちらの利用者が多いかで回線を選ぶとお得です

 

家族内でドコモユーザーとauユーザーの比率が同じ場合や、格安スマホなどをお使いの場合は、キャッシュバックが多い「auひかり」を選択するほうがお得です。

 

まとめますと「キャッシュバック」「工事費無料」「通信速度」の点でauひかりのほうがお得ですが、auひかりは提供エリアが限られているのがデメリットといえます。

 

今回紹介したauひかりの代理店の詳しいキャシュバック情報と申し込み方法は以下のキャンペーンサイトをご確認くださいね。

NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

 

auひかりの評判などは以下の記事も参考になりますよ。

【2018最新】auひかり口コミを徹底調査!まだ評判が悪い回線だと思ってるんですか?

 

ドコモひかりはプロバイダーのGMOとくとくBBからの申込みがお得です。

GMOとくとくBBキャンペーンサイト

 

ドコモ光の詳しい内容は、以下の記事がおすすめです。

【ドコモ光の評判|2018年最新】 利用者数No.1なのに口コミ悪い?速度・料金を徹底解説!

 

※フレッツ光からドコモ光への転用をご検討中の方は、「【事前に確認!】フレッツからドコモ光に転用すると損する場合がある!失敗しない手続き方法を解説します!」の記事をご参考ください。

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら