光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

【間違えると高くなる!】ドコモ光の料金プランの選び方~セット割をわかりやすく解説

2017.12.12

【間違えると高くなる!】ドコモ光の料金プランの選び方~セット割をわかりやすく解説 はコメントを受け付けていません。

 

ドコモ光の月額料金はなにもオプションを付けなければ戸建て5,200円、マンション4,000円です。
光電話(500円)を契約する人が多いので、ナンバーディスプレイ(400円)のオプションをつけて、月々の支払いが下記の金額ならドコモ光の適正な料金です。

 

ドコモ光の適正料金
戸建て 6,100円
マンション 4,900円

 

ひかりTVなどを契約すれば、もう少し高くなりますが、ネット+電話だけの契約なのに、上記の金額をオーバーしているような場合は、間違いなく不要なオプションに加入しています。
納得いったうえで付けているオプションなら良いですが、不要なもの、意味が分からないものはすべて解約しましょう。

 

【光電話も不要なら思い切って外そう!】

ドコモ光の場合、auひかりやソフトバンク光と違い、光電話を契約しなくてもスマホとのセット割が使えます
今の時代、固定電話の必要性も薄れてきているので、不要な人は光電話も付けなくて良いでしょう。

 

この記事では余計な支払いをしないための、料金プランの選び方から、初期費用、その他雑費(周辺機器の設置など)を出来るだけ少なくする方法を一挙にまとめています。
ドコモ光はプランや、オプションが複雑に組み合わさっているので、この記事を読んで、必要最低限の契約で快適にネットを使えるようにして下さいね。

 

①ドコモ光の料金プラン

まずはドコモ光の料金プランから解説していきましょう。
通信速度は十分に残しつつ、最安の料金で契約できる組み合わせをご紹介していきます。

 

1.1基本料金

ドコモ光の基本料金はタイプAとタイプBがあります。タイプAとタイプBでは選べるプロバイダーが違います。

それぞれの基本料金と選べるプロバイダーの一覧です。

ドコモ光の基本料金(プロバイダー料込み)
タイプA 戸建て:5,200円

マンション:4,000円

タイプB 戸建て:5,400円

マンション:4,200円

 

タイプAのプロバイダー

 

 

 

タイプBのプロバイダー

 

 

1.2プロバイダーの選び方

プロバイダーは料金が安いタイプAから選びましょう。
料金が高いからといって、タイプBのプロバイダーが優れているわけではありません。

 

タイプAだけで、19社もプロバイダーがあるので何を基準に選択すればいいのか迷うと思います。
そこでおすすめの選び方は、「通信品質」と「キャンペーン」で選ぶことです。

 

タイプAで通信速度が速いプロバイダー2社

タイプAの中で通信品質が優れているのは、v6プラス対応の「GMOとくとくBB」かv6オプション対応の「BIGLOBE」です。
この2社は通信速度が他に比べて速いです。

 

v6プラス(BIGLOBEはv6オプション)を契約すると、IPoE(IPv4/IPv6)方式で接続になり、従来のPPPoEと違い、ネット利用者が増える夜間帯でも通信速度が遅くなりません。
ドコモ光の回線契約が1Gbpsであれば、常に100Mbps~300Mbps程度の安定した高速通信が可能です。
逆に、それ以外のプロバイダーだと、夜間帯に1Mbps~20Mbpsしか出ないことがよくあります。

 

キャンペーンが最も良いプロバイダー

次に、キャンペーンが一番良いプロバイダーを選びましょう。
一番キャンペーンの条件が良いのは「GMOとくとくBB」です。

 

GMOとくとくBBのキャンペーンを紹介します。

GMOとくとくBBのキャンペーン
現金キャッシュバック 新規:5,500円

転用(乗換え):10,500円

dポイントプレゼント 新規:20,000pt

転用(乗換え):10,000pt

地域限定dポイントプレゼント 新規:10,000pt
高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
(v6プラス対応品)
BUFFALO製WXR-1750HP2
(15,000円相当)

※現金キャッシュバックは、ひかりTV(2ねん割)もしくはスカパーの申し込みが条件。

 

※地域限定dポイントプレゼントは下記エリアが対象です。

地域限定dポイントプレゼント 対象エリア
関西エリア 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、和歌山県、奈良県
東海エリア 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
九州エリア 福岡県、佐賀県、熊本県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
中国エリア 広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県
四国エリア 香川県、愛媛県、高知県、徳島県

 

GMOとくとくBBのキャンペーンでは、現金キャッシュバックや15,000円相当の高機能ルーターの無料レンタルなど、他社窓口で申し込んでは手に入らない特典が付いています。
なので、契約条件としても最も良い窓口です。

 

速度・キャンペーンの2つを満たすのは「GMOとくとくBB」のみ

これまで紹介した点をまとめると…
ドコモ光で最もおすすめなプロバイダーは「タイプAで基本料金が安い」、「v6プラスで通信速度が速い」、「キャンペーンでお得」すべての条件を満たしたGMOとくとくBBです。

 

実際に最近はGMOとくとくBBを利用している方が非常に増えている状況です。
申し込む場合は、GMOのキャンペーンサイトを利用することを忘れないようにしておきましょう。

 

GMOとくとくBB キャンペーンサイト

 

ドコモ光の最新キャンペーンについてより詳しく知りたい方は「公式は損!ドコモ光 キャンペーンはキャッシュバックとポイントをWゲットせよ」の記事を確認してみてくださいね。 

 

1.3適用される割引

ネットとスマホをまとめると、ドコモ光パックでスマホ料金が安くなります。
ドコモスマホを使っている場合は、他社の光回線を使うよりも、ドコモ光にしたほうがスマホとトータルコストが安くなります。

 

たとえば、ビッグローブ光は4,980円(戸建)なので、ドコモ光の5,200円より220円安いです。
ドコモ光パックを計算に入れると、一番安い割引額だったとしても-500円なので、スマホとまとめるとドコモ光が4,700円と同じことになるので、ビッグローブ光よりも280円お得になります。

 

ドコモ光パックの料金割引については、記事後半で詳しくご紹介します。

 

1.4初期費用

ドコモ光を開通するにあたり、最初に必要な費用について説明します。

 

1.4.1初期工事費

開通には工事費がかかります。
工事パターンによって下記のように料金が異なります。

 

パターン別の工事料金
新規:派遣工事①
(屋内配線の工程がある場合またはVDLS機器工事がある場合など)
戸建18,000円

マンション15,000円

新規:派遣工事②
(屋内配線の工程がない場合またはLAN配線方式の場合など)
7,600円
新規:無派遣工事 2,000円
フレッツ光から転用
(速度そのままの場合)
無料(工事なし)
フレッツ光から転用
(速度変更がある場合)
7,600円

※工事費は60回の分割払いが可能です(無派遣工事を除く)。

 

1.4.2事務手数料

事務手数料はどのような開通パターンでも一律3,000円です。
転用で工事無しでも発生します。

 

1.4.3他社回線の解約金(乗り換えの場合)

ドコモ光へ乗り換え時に他社回線を解約しますが、解約違約金が発生する場合があります。

 

ドコモ光では他社解約違約金を還元してくれるようなキャンペーンが無いので、これらの料金が初期費用としてかかることに注意しましょう。

 

解約違約金は会社ごとに違うので一例を挙げます。

主要な光回線の解約料金
フレッツ光 ドコモ光に乗り換える場合は解約気なし
ソフトバンク光 2年更新プラン:9,500円

5年更新プラン:15,000円

auひかり ギガ得:9,500円

ずっとギガ得:15,000円

マンションお得プランA:7,000円

マンション標準プラン:なし

OCN光 11,000円

 

ドコモと同じNTT系列会社のフレッツ光からの乗り換えは「転用」手続きを使えば解約違約金は発生しません。

 

 

1.5ドコモ光の解約料金

将来、ドコモ光を解約するときに発生する解約費用についても説明します。
解約時に発生する費用には解約違約金と工事費分割払いの残高があります。

 

ドコモ光の契約期間は2年です。2年経過すると自動で更新されます。
この更新のタイミングで解約すれば解約違約金が発生しませんが、それ以外の月に解約すると違約金が発生します。

 

具体的なタイミングは、契約満了月の翌月と翌々月に解約すれば解約違約金は発生しません。
2年更新なので、24ヶ月目が契約満了月になり、翌月25カ月目と翌々月26カ月目は解約違約金がかからない月です。
以降49カ月目、50カ月目、73カ月目、74カ月目…となります。

 

それと、解約時に工事料金分割払いの残債がある場合は、解約の翌月に一括で請求されます。
ドコモ光の工事料金分割払いは60回なので、5年以内の解約だと工事料金分割払いの残債がある状態です。

 

1.6オプションサービス

ドコモ光には様々なオプションがありますが、ほとんど不要だと思われます。
オプションを付けると月々の料金が高くなってしまうので要らないものは解約しましょう。

 

不要なオプションの例

・料金明細書類郵送【100円】⇒eビリングMYdocomoに掲載で無料

・ドコモ光電話バリュー【1,500円】(キャッチホン、転送電話、ナンバーディスプレイ、ナンバーリクエスト、迷惑電話ストップサービス、着信お知らせメールの計6つの電話オプションがセットになった料金)⇒必要なオプションだけ契約で節約(光電話+ナンバーディスプレイ=900円)

・ドコモルーター01【350円】⇒GMOとくとくBBからの申し込みで無料Wi-Fiルーターがレンタルできるので不要

・ネットトータルサポート【500円】(通信機器の修理、サポート、オンラインパソコン教室など)⇒使わない場合は解約(必要になったらいつでも契約できる)

 

このように実際には使わない人が多いオプションばかりなので、不要なものは付けないように気を付けましょう。

 

②スマホ代はいくらくらい安くなる?

次にスマホ料金についてみてみましょう。

 

2.1光パックの割引金額

ドコモ光パックは、ドコモ携帯・スマホ1回線のみペア回線として登録し割引が受けられます。
ドコモ光の場合は、セット割の適用に関してオプション加入条件などはありません。
(auひかりやソフトバンク光は、光電話オプション(月500円)をつけるのがセット割の条件)

ドコモ光とドコモをセットで契約すればOKです。

 

割引金額は下記の通りです。

 

1人向けデータパックの場合・・・

データパックの場合の割引金額
データSパック(2GB) パケット定額料:3,500円

光パックの割引金額:-500円(最大1年間のみ)

データMパック(5GB) パケット定額料:5,000円

光パックの割引金額:-800円

ウルトラデータLパック(20GB) パケット定額料:6,000円

光パックの割引金額:-900円

ウルトラデータLLパック(30GB) パケット定額料:8,000円

光パックの割引金額:-1,100円

 

家族で使うシェアパックの場合…

シェアパックの場合の割引金額
シェアパック5(5GB) パケット定額料:6,500円

光パックの割引金額:-800円

シェアパック10(10GB) パケット定額料:9,500円

光パックの割引金額:-1,200円

シェアパック15(15GB) パケット定額料:12,500円

光パックの割引金額:-1,800円

ウルトラシェアパック30(30GB) パケット定額料:13,500円

光パックの割引金額:-2,000円

ウルトラシェアパック50(50GB) パケット定額料:16,000円

光パックの割引金額

戸建ての場合:-2,500円
マンションの場合:-2,400円

ウルトラシェアパック100(100GB) パケット定額料:25,000円

光パックの割引金額

戸建ての場合:-3,200円
マンションの場合:-3,000円

 

 

2.2併用できるスマホ割引

光パック以外にも、「ずっとドコモ割」が併用して適用されるとさらに安くなります。

 

ずっとドコモ割は、契約期間に応じて割引額が増えるサービスです。
自動で適用されるので、特に申し込み等は不要です。

 

 

 

2.2.1シェアパック

シェアパックとは、ドコモのデータ量を家族内で分け合うことができるプランです。

1人向けデータパックとシェアパックの月額料金を比較すると、シェアパックのほうが安いことが分かります。

 

たとえば、家族3人で1人頭5GBのデータ消費量がある場合、1人向けデータパックは、「データMパック(5GB)」(5,000円)×3人分で15,000円です。
これがシェアパックだと、「シェアパック15(15GB)」(12,500円)+シェアオプション500円×2人で1人向けデータパックをバラバラに契約するよりも1,500円も安くなります。

 

光パックの割引額もデータMパックが-800円、シェアパック15が-1,800円です。
そのため光パックを適用させる場合も、シェアパックで契約した回線をドコモ光のペア回線として登録したほうがお得なのです。

 

2.2.2その他割引

ドコモ携帯・スマホのその他の割引サービスは以下の通りです。

 

その他の料金割引
docomo with 同じスマホを長く使うと毎月1,500円割引
U25応援割 25歳以下はカケホーダイプランが500円割引

パケットパックデータ量1GB追加

更新ありがとうポイント ずっとドコモ割コースの更新のたびに3000ptプレゼント

 

③フレッツやauひかりと比べて

最後に他社の人気回線である、フレッツはauひかりと比べて料金が高いのか安いのか、比較してみましょう。

 

3.1料金比較

ドコモ光以外に人気の回線、フレッツ光やauひかりと料金を比べてみます。契約回線は1Gbpsで比較します。

 

フレッツ光はプロバイダーで料金が変わってしまうので、もっともシェア率の高いプロバイダーOCNで比較します。
3回線ともWi-Fiルーター込みの料金です(ドコモ光はGMOとくとくBBの無料Wi-Fiルーター、auひかりはauスマートバリュー適用で無料)。

 

その他の料金割引
ドコモ光 戸建:5,200円

マンション:4,000円

セット割に必要なオプション:なし

auひかり 戸建:5,200円

マンション:4,050円

セット割に必要なオプション:光電話(500円)

更新ありがとうポイント 戸建て(西日本):5,260円
マンション(西日本):4,090円戸建て(東日本):5,800円
マンション(東日本):4,250円セット割無し

 

 

基本的にフレッツ光の料金は高いので選択肢から外して良いでしょう。
ドコモ光とauひかりの料金はおおよそ同じですが、スマホとのセット割を利用するためのオプションが無い分ドコモ光が安いです。

 

まとめ

ドコモ光は、光電話を付けなくてもセット割が使えるので、ドコモスマホを利用かつ光電話が要らない家庭におすすめします。

 

いずれにしても家族内でドコモスマホの利用人数が多い場合はドコモ光にしたほうがドコモ光パックで安くなります。
たとえば、5人家族でウルトラシェアパック50に入れば毎月2,500円の割引になるので、年間3万円の節約になります。

 

このように光パックを計算に入れると他社回線と比べても断然安くなるのです。

 

プロバイダーは。「速度」「料金」「申込み特典」の3点を考慮して、GMOとくとくBBをに選ぶこと、そしてキャンペーンサイトから申し込みをすることをおすすめします。
他社を使うと、IPv6プラスが使えず、速度が遅くなります。
さらに契約特典だけで10,000円近く損することになるので、気を付けましょう。

 

GMOとくとくBB キャンペーンサイト

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら