光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

【事前に確認!】フレッツからドコモ光に転用すると損する場合がある!失敗しない手続き方法を解説します!

2016.12.13

【事前に確認!】フレッツからドコモ光に転用すると損する場合がある!失敗しない手続き方法を解説します! はコメントを受け付けていません。

当サイト「インターネット比較の達人」では10年以上インターネット回線の販売員を務めてきた私が、経験と徹底調査した最新情報をもとにお得な光回線の選び方をご紹介しています。

この記事では、フレッツ光からドコモ光に転用するメリット・デメリット、注意点を徹底的にご紹介します。

  • 基本料金がどれくらい変わるのか
  • 通信への影響はあるのか
  • 転用で損をしない方法

1回読むだけでそのすべてが理解できるので、迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

フレッツからドコモ光に転用するメリット

まずはフレッツからドコモ光に転用するとどんなメリットがあるのか、詳しくご説明しますね。

 

プロバイダー料が不要なので、基本料金が安い

フレッツからドコモ光に転用するメリットはまず月々の料金が安くなることです。
今あなたがお使いのプランによって違いはありますが、プロバイダーへの支払いが無いドコモ光に転用すれば1000円前後は必ず安くなります。

 

ドコモ光とフレッツ光の月額料金(プロバイダー料込み)
フレッツ光(目安) 戸建て:6100円
マンション:5200円
ドコモ光 戸建て:5200円~5400円
マンション:4000円~4200円

フレッツをお使いであればプロバイダー、料金プランともにうまく安いプランを使っていたとしても月々の支払いは上の表に近い額になっているはずです。
ドコモ光はプロバイダーも込みで表の通りの料金ですから、今支払っている料金よりは間違いなく安いはずです。

 

フレッツ光でも月額500円程度の格安プロバイダー(exiteなど)を選べば、ドコモ光に近いくらいの金額まで落とすことができますが、通信品質がかなり不安定になるのでおすすめしません。

大規模な設備(バックボーン)を持っている大手プロバイダーを選べて、なおかつ料金が安くなる点が転用する大きなメリットの一つです。

 

スマホ代もセット割引でやすくなる

ドコモ光は月々の料金が安いことに加えて、スマホのセット割がついてきます。
お使いのスマホ料金が毎月割引されるので、光回線とスマホ両方合わせた月々の支払いは1500円~3000円程度少なくなります。

 

年間で考えると数万円の節約になりますから、かなり大きいですね。
参考までにドコモ光のスマホのセット割「光パック」の割引額を表にまとめてみました。

 

 

 

契約しているスマホのプランによって割引額は変わりますが、フレッツを使っている時よりは確実に安くなります。
「光パック」は、シェアパックになるとさらに割引金額が大きくなるので、家族でドコモスマホや携帯を使っているご家庭は特にお得度が高くなります。

 

他の割引(ずっとドコモ割やU25応援割など)とも併用できるので、ほぼ全ての人が今よりスマホ代が安くなります。

 

タイプAのプロバイダーを選べばさらにお得!

ドコモ光はフレッツ光と違って、基本料金にプロバイダー料金が込みになっています。

ドコモ光は数ある光コラボ(ソフトバンク光やOCN光など)と比較しても、対応プロバイダーが圧倒的に多いのが特徴です。

フレッツで利用される人気プロバイダーはすべて網羅されているので、転用することで困ることはないでしょう。

 

料金は下記の様な仕組みになっています。

ドコモ光基本料金(2年自動更新プラン)
タイプ 戸建て マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

 

選ぶプロバイダーのタイプで200円料金の差が出ますが、通信品質は変わらないので、基本的には料金が安いタイプAをおすすめします。

 

おすすめのプロバイダーはGMOとくとくBB

ドコモ光のプロバイダーの種類は下記の通りです。

 

タイプAにはso-netなどの人気プロバイダーが入っていますが、その中でも特におすすめなのがGMOとくとくBBです。

理由は大きく2点あります。

  • 通信速度が速いこと
  • 契約時に独自の特典(キャンペーン)をつけていること

ドコモ光にはキャッシュバックなどの特典が少ないのですが、GMOとくとくBBはオリジナルのキャッシュバックなどがあるので、非常におすすめです。

 

フレッツ光とドコモ光の通信速度は全く同じ

料金や割引の面では、ドコモ光に転用するほうが間違いなくお得です。
なので多くの人が気になっているのは通信速度ではないでしょうか。

 

ですが、通信に関しても心配する必要はありません。
ドコモ光とフレッツ光は同じNTT系列の会社で、フレッツ回線をそのまま使っています。
利用者からする転用手続きをおこなうので別回線を使っているような気分になるかもしれませんが、実は管理する会社が変わるだけで中身は全く同じなんですね。

 

転用の場合は工事もないので、同じ回線を使っていることが分かると思います。

 

GMOとくとくBBを使えば「IPv6プラス」接続でさらに高速に!

回線自体は同じなので、フレッツ光とドコモ光に通信速度の差はありません。

ですが、プロバイダーによって通信速度に差が出ることがあります。

 

特にインターネット通信を行なっている人が増える、夜間の時間帯などはプロバイダーによってはかなり速度が落ちるケースがあります。

GMOとくとくBBは、従来の「Ipv4」という方式に加えて、最新技術の「IPv6プラス」接続という方式で通信を行うことができます。

 

この方法により、利用者が多い時間帯でも、通信混雑を避けて快適にネットを使うことができるので、おすすめです。

 

IPv6通信は、OCNなどのプロバイダーでも対応していますが、IPv6に対応した専用のWi-Fiルーターなどの機器を自腹で購入しなければ使うことができません。

次の項目でご紹介しますが、GMOとくとくBBの場合は、IPv6対応の最新Wi-Fiルーター(15,000円相当)を無料でレンタルしてくれるキャンペーンを行なっているため、非常に人気が高まっています。

 

キャンペーンでの特典をゲットできる

現在ドコモ光はキャンペーンを展開していて、新たに使い始める方にはキャンペーンの特典がついてきます。
ドコモ光だけではdポイントのみの特典ですが、GMOとくとくBB経由で申し込みをすれば、さらに下記のキャンペーン・キャッシュバックが追加さ、さらに転用するメリットが大きくなります。

 

ドコモ光 今月のキャンペーン内容
dポイント
(通常特典)
新規:10,000ポイント転用:5,000ポイント
セキュリティソフト
(GMOとくとくBB限定)
人気ウィルス対策ソフト「マカフィー」が1年間無料
新型Wi-Fiルーター無料提供
(GMOとくとくBB限定)
新型ルーターを無料レンタル
(市販価格15,500円相当)
キャッシュバック
(今月のGMOとくとくBB限定)
ネットのみの契約:3,500円(関西エリアは5,000円)ひかりTV同時契約:15,500円(関西エリアは11,000円)
出張サポート
(今月のGMOとくとくBB限定)
『インターネット接続設定パック』が無料
(ネットをつなぐ初期設定を無料で行なってくれます)

 

現金キャッシュバックや出張サポート無料などは、今月限りの特別キャンペーンとなっています。

さらにドコモショップや公式サイト、他のプロバイダーなどの窓口から申し込むと、dポイント以外の特典は一切ありません。

通信速度とキャンペーンでの割引との両面で最も条件が良いので、ドコモ光ではGMOとくとくBBからの契約者が多くなっています。

 

今月は最大で35,000円の還元となっているので、特に申し込みが増えています。

オプション加入などの条件なしで特典がもらえるので、安心して利用することが可能です。

※限定の特典の詳細はGMOとくとくBBのキャンペーンサイトで確認してみてくださいね!

 

フレッツより口コミも良い

大規模な口コミ調査である、「顧客満足度調査」の結果をみても、フレッツからドコモ光に転用したほうが良いことがわかります。
ICT総研がおこなっている大規模な市場調査でも、フレッツ光とドコモ光は大きくさがついています。

 

※ICT総研:スマホやネット回線の大規模な調査を行い、報道用にデータを提供している会社です。

docomohikarimanzokudo

 

最新の顧客満足度調査ではフレッツ光は5位、ドコモ光は2位という結果になっています。

ドコモ光は1位とほとんど差がなく、満足度調査ではソフトバンクとドコモの2強という状態です。

 

この調査は実際のユーザーに対して、料金・通信速度・サービスを総合的に判断してもらっている口コミなので、かなり信頼性が高いデータです。
通信が遅くても、料金が高くても満足という回答をすることは絶対にないので、この調査で高い評価を得ていることは全面的に満足している人が多いということの証明になります。

 

違約金も工事費も一切ナシ

フレッツからドコモ光の転用では違約金や工事費は一切かかりません。
今お使いの回線が更新月じゃなくても違約金は免除されるので、時期を気にすることなくいつでも転用して大丈夫です。

 

ドコモ光に転用するデメリットは無いの?

hikatatsu-51

なんらかのデメリットが無いか心配になっている方もいると思いますが、フレッツからドコモ光に転用する場合デメリットは特にありません。

使う回線自体もそのままですし、選べるプロバイダーも全く同じ。
料金は安くなりますし、スマホの割引も付く。
言ってしまえばフレッツからドコモ光への転用は、「同じものを安く売っている所で買い替える」というだけの話なので、デメリットになるものはないんですよね。

 

フレッツはドコモ光にお客さんを取られていいの?

ここまで差があると、なぜフレッツが料金など高いままにしているか疑問に思う方もいると思います。
実はフレッツはドコモ光に転用してほしいというホンネがあるんです。

 

フレッツの契約者数はすでに2000万人にも増えていて、フレッツだけで管理するのが難しい状況になっているんです。
かといって、他の回線にみすみすお客さんを譲るわけにもいかないので、光回線を貸し出してサービスを行ってもらうという方法をとりました。

 

ドコモ光は同じフレッツから光回線を借りて、サービスの提供から管理まですべてドコモがおこなっています。
ドコモはフレッツに回線のレンタル料を支払う代わりに、新たにインターネットのサービスを提供できるようになりました。
フレッツは顧客の管理をドコモに任せられる上に、レンタル料を徴収できる。
両者ともにメリットがある仕組み何ですね。

 

フレッツ自体もドコモ光に転用してもらいたいという意向があって、あえてドコモ光のほうがお得な状態をそのままにしているというわけなんですね。

 

 

転用手続き

これまで話してきた通り、フレッツを使っている方は間違いなくドコモ光を使ったほうがお得です。
転用手続きもかなり簡単なので、すぐにでも乗り換えてOKです。

 

転用手続きは2つの手順だけです。
まず下に書いているフレッツのコールセンターに電話をするか、申込みフォームで転用することを伝え、「転用承諾番号」を取得します。
取得した「転用承諾番号」を、ドコモ光の申し込み時に伝えれば手続きが完了します。

転用承諾番号取得できる窓口
西日本エリア WEB:http://flets-w.com/collabo/
(受付時間 7:00~25:00 土日・祝日も営業(年末年始を除く))電話:0120-553-104
 (受付時間 9:00~17:00 土日・祝日も営業(年末年始を除く))
東日本エリア WEB:https://flets.com/tenyou/
(受付時間 8:30~22:00 土日・祝日も営業(年末年始を除く))電話:0120-140-202
 (受付時間 9:00~17:00 土日・祝日も営業(年末年始を除く))

 

ドコモ光に申し込む際に転用承諾番号を記入する欄があるので、そこに教えてもらった番号を書き込めばOKです。
これだけなので特に難しい手続きは不要です

 

転用時のお得なキャンペーン

ドコモ光に転用するときは、dポイントやWi-Fiルーターをゲットできるキャンペーンを利用したほうが断然お得です。

 

さらに現在ではGMOとくとくBBが現金キャッシュバックなどのキャンペーンも行っているため、申し込み窓口を間違えると、3万円近くの金額を損することになります。

ドコモショップや公式サイトなどでは特典が少ないので、転用する場合はGMOとくとくBBを利用することをおすすめします。

 

GMOとくとくBB キャンペーンサイト

 

お得なキャンペーンについての詳細は「公式は損!ドコモ光 キャンペーンはキャッシュバックとポイントをWゲットせよ」の記事で詳しくご紹介します!
申込む窓口によって受け取れる特典が全く違うので、転用の申込身をする前に一度目を通しておいてくださいね!

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら