光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

【ドコモ光】光パックの割引を受けるとどれだけお得?料金~解約時の注意まで

2018.04.21

【ドコモ光】光パックの割引を受けるとどれだけお得?料金~解約時の注意まで はコメントを受け付けていません。

ネット回線は、ご利用中のスマホと同じ会社にするとお得になるのをご存知ですか?

 

ドコモ光でも、ドコモにスマホ/携帯もセットで契約すると、「光パック」という割引きが受けられます。

 

その際、ドコモのスマホのデータ量のプランに合わせて「光パック」の割引き金額が決まるのですが、スマホのデータ量は、1人で契約するものと、家族でデータ量が分け合えるプランがあります。

 

ほとんどの場合、家族で分け合うシェアパックがお得ですが、契約データ量と契約人数で、異なるので分かりずらくなっています。

今回は、様々なケースで、基本料金と割引きを計算し最終的な支払い金額を出していますので、是非ご自分とご家族の契約に当てはめて確認してみてください。

 

①ドコモ光とシェアパックを使った場合の割引金額

固定回線をドコモ光、スマホをドコモにした場合、光パックで毎月料金の割引きが受けられます。

また、長くドコモを使っている方は、ずっとドコモ割も適用されます。

 

ドコモ光ではこれらの割引サービスを計算に入れて、トータルでいくらの支払いになるのかを考える必要があります。

 

1.1ドコモ シェアパックの料金

シェアパックは、パケット通信量を家族で分け合うプランです。

家族が2人以上いる場合、バラバラに単独のデータプランに入るよりも同じ通信量であれば、基本的にはシェアパックのほうが安くなります。

 

パケットをドコモの子回線がシェアするためには、子回線1回線あたり500円のシェアオプションの加入が必要です。

 

シェアパック料金表
名称(データ量) パケット定額料
シェアパック5(5GB) 6,500円
シェアパック10(10GB) 9,500円
シェアパック15(15GB) 12,500円
ウルトラシェアパック30(30GB) 13,500円
ウルトラシェアパック50(50GB) 16,000円
ウルトラシェアパック100(100GB) 25,000円
シェアオプション子回線1回線あたり 500円

 

比較のために、1人用データパックの料金についても記載します。

 

1人用データパック
名称(データ量) パケット定額料
データSパック(2GB) 3,500円
データMパック(5GB) 5,000円
ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円
ウルトラデータLLパック(30GB) 8,000円

 

1.2シェアパックとデータパックの契約例

1人用データパックとシェアパックで、どれくらい金額に違いがあるのか見てみましょう。

 

【家族2人で4~5GB使う場合】

5GBを2人で分け合う場合⇒シェアパック5(6,500円)+シェアオプション500円(子回線1回線の場合)=7,000円

1人2GBづつ契約する場合⇒1人用データSパック2GB(3,500円)×2人=7,000円

 

家族でシェアパックにした場合と、一人用パックをそれぞれ契約する場合で、金額は同じになりましたが、使えるデータ量が1GB多い分シェアパックのほうがお得です。

 

【家族2人で10GB使う場合】

10GBを2人で分け合う場合⇒シェアパック10(9,500円)+シェアオプション500円(子回線1回線の場合)=10,000円

1人5GBづつ契約する場合⇒1人用データⅯパック(5,000円)×2人=10,000円

 

10GBを二人で分け合うと、使えるデータ量と料金がどちらのプランでも同じになりましたが、後程説明するネット回線との割引き額が違うのでシェアパックの方がお得です。

 

【家族3人で15GB使う場合】

15GBを3人で分け合う場合⇒シェアパック15(12,500円)+シェアオプション1,000円(子回線2回線の場合)=13,500円

1人5GBづつ契約する場合⇒1人用データⅯパック(5,000円)×3人=15,000円

 

15GBとなると、シェアパックの方が、1,500円もお得です。

 

このように、基本的には家族がいる場合は、シェアパックのほうがお得になります。

ただし、1人で大容量を使いたい場合は、1人用データパック20GB、30GBのほうが安いです。

 

1.3ずっとドコモ割を適用した場合のシェアパックの料金

ドコモでは、利用年数に応じて割引される「ずっとドコモ割」があります。

割引金額は、契約中のパケットプランによって異なります。

 

それぞれのパケットプランとずっとドコモ割の割引金額を紹介します。

 

 シェアパック ずっとドコモ割の割引額
4年 8年 10年 15年
シェアパック5 -100円 -200円 -600円 -800円
シェアパック10 -400円 -600円 -800円 -1,000円
シェアパック15 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ウルトラシェアパック30 -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ウルトラシェアパック50 -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラシェアパック100 -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円

 

1人用データパック  ずっとドコモ割の割引額
4年 8年 10年 15年
データSパック 割引なし -600円
データMパック -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLパック -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLLパック -200円 -400円 -600円 -800円

 

 ケータイパック ずっとドコモ割の割引額
4年 8年 10年 15年
ケータイパック 割引なし パケット利用金額3,900円超過分を割引(最大300円)

 

1.4ドコモ光のセット割「光パック」を使った場合のシェアパックの料金

固定回線をドコモ光にすると、ドコモスマホ・携帯のパケット通信料から割引が受けられる「光パック」が適用されます。

光パックもパケットプランによって割り引かれる金額が変わります。

 

光パックの割引金額と割引後のパケット料金を記載します。

 

先に、家族で分け合うシェアパックのセット割(光パック)の割引き額を紹介します。

 

シェアパックと光パックの対応表
名称(データ量) 光パック割引額 割引後のパケット料金
シェアパック5(5GB) -800円 5,700円
シェアパック10(10GB) -1,200円 8,300円
シェアパック15(15GB) -1,800円 10,700円
ウルトラシェアパック30(30GB) -2,500円 11,500円
ウルトラシェアパック50(50GB) ー2,900円 13,100円
ウルトラシェアパック100(100GB) ー3,500円 21,500円

 

次に、1人用データパックに対するセット割の金額です。

 

1人用データパックと光パックの対応表
名称(データ量) 光パック割引額 割引後のパケット料金
データSパック(2GB) -500円(最大1年間のみ) 3,000円
データMパック(5GB) -800円 4,200円
ウルトラデータLパック(20GB) -1,400円 4,600円
ウルトラデータLLパック(30GB) -1,600円 6,400円

 

ケータイパックについても紹介します。

ケータイパックと光パックの対応表
名称(データ量) 光パック割引額 割引後のパケット料金
ケータイパック(2GB) -500円(最大1年間のみ) 3,700円(上限額)

 

1.5ドコモ光の料金プラン

固定回線のドコモ光の基本料金は、プロバイダーによってタイプAとタイプBに分かれます。

選ぶプロバイダーの違いで200円料金の差が出ますが、通信品質は変わらないので、基本的には料金が安いタイプAをおすすめします。

 

ドコモ光基本料金(2年自動更新プラン)
タイプ 戸建て マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

 

1.6家族全体の通信費(ドコモ光の料金+スマホ代)はいくらくらいになる?

ドコモ光とドコモスマホのトータルの代金がどれくらいになるのか、割引も含めて計算します。

 

ドコモ光はタイプA、パケット通信プランはシェアパックで表します。

スマホ代は、パケット料金以外にも通話プランやspモードの基本料金がかかります。

 

【子回線スマホ代⇒基本料980円+シェアオプション500円+spモード300円=1,780円】

【親回線スマホ代⇒基本料980円+spモード300円+シェアパック料金】

 

これらのスマホ代にドコモ光の基本料金を足し、光パックとずっとドコモ割で、割り引いた合計を表にしました。

 

ドコモ光タイプA戸建てのトータル支払額

ドコモ光タイプA 戸建てのトータル支払額
人数(利用パック名) 利用年数
4年 8年 10年 15年
2人(シェアパック10) 16,160円 15,960円 15,760円 15,560円
3人(シェアパック15) 20,140円 19,940円 19,740円 19,540円
4人(ウルトラシェアパック30) 22,370円 22,170円 21,970円 21,770円
5人(ウルトラシェアパック50) 26,300円 26,100円 25,900円 25,300円

 

ドコモ光タイプAマンションのトータル支払額

ドコモ光タイプA マンションのトータル支払額
人数(利用パック名) 利用年数
4年 8年 10年 15年
2人(シェアパック10) 14,960円 14,760円 14,560円 14,360円
3人(シェアパック15) 18,940円 18,740円 18,540円 18,340円
4人(ウルトラシェアパック30) 21,170円 20,970円 20,770円 20,570円
5人(ウルトラシェアパック50) 25,200円 25,000円 24,800円 24,200円

 

②光パック利用上の注意点

光パック適用に際し、注意すべき点をまとめました。

 

2.1適用条件

ドコモの光パックは、固定回線のドコモ光の契約者と同一名義・同一住所のドコモスマホ契約者であることが条件です。

 

ドコモのスマホとドコモ光とのセットで割引きが適用になるのは、1人(1回線)のみです。

つまり、家族で複数ドコモスマホ利用者がいる場合は、ドコモ光契約者が代表の親回線になりシェアパックを契約し、他の人はシェアパックの子回線の登録(シェアオプション契約)をすれば良いのです。

 

光パック利用にあたり、必須オプションなどはありません。

 

2.2割引対象

光パック自体に難しい条件はありませんが、シェアパックの子回線になるには、ファミリー割引グループ内の回線でのみ設定可能で、上限回線は20回線です。

 

ファミリー割引グループは「ドコモが定める3親等以内」と決まっています。

 

離れて住んでいても3親等以内であればファミリー割引グループになります。

または、他人でも同住所(事実婚などの理由)の場合もファミリー割引グループに入れます。

 

③ドコモ光とシェアパックのデメリット

家族内にヘビーユーザーが居る場合は、シェアパックはあまり適しません。

1人で20GB近く使うのであれば、1人用データパックのほうが安い設定になっているからです。

 

シェアパック50や100の大容量プランも、なるべく多くの家族で分け合った方が得です。

 

一例として、家族2人の合計データ量が50GBで、データパックとシェアパックの料金を比べてみましょう。

【1人用データパックの場合】
ウルトラデータLLパック(30GB)8,000円+ウルトラデータLパック(20GB)6,000円ー光パック割1,600円=12,400円

【シェアパック50の場合】

シェアパック50(16,000円)+シェアオプション(500円)ー光パック割2,900円=13,600円

 

この場合は、光パック割なしの場合:2,500円・光パック割ありの場合:1,200円、シェアパックの方が高い計算になります。

 

これが家族5人居るケースであれば、1人用データパックはデータMパック(5GB)5,000円×5人=25,000円なので、シェアパックのほうが断然お安くなります。

 

つまり、大容量プランを使うヘビーユーザーが居る場合は、シェアパックでは損をしますが、1人1人はそんなに使わないけど、家族がたくさんいるという場合にシェアパックはお得なのです。

 

④解約方法と解約時の注意点

ドコモ光の解約は、ドコモインフォメーションセンターまたはドコモショップで行えます。

解約時にはドコモのネットワーク暗証番号が必要です。

 

ドコモインフォメーションセンター
ドコモ携帯から:151

その他の電話から:0120-800-000

営業時間 午前9時~午後8時

 

ネット回線のドコモ光を解約すると、光パックが適用されなくなるので、スマホの料金が高くなることに注意しましょう。

 

ドコモ光の2年自動更新プランの解約金は、戸建て:13,000円、マンション:8,000円かかります。

契約満了月の翌月・翌々月に解約すれば解約金は発生しません。

 

解約時は、ドコモ光の工事費を分割払いにしている場合、払い終わっていない残りの工事費は、解約時に一括で支払うことになるので注意しましょう。

 

⑤ドコモ光とドコモスマホの上手なプラン選びまとめ

ドコモのスマホは、一人でデータ量を契約するプランと、家族で分け合うシェアパックがあり、契約者の人数とデータ量で、料金が変わる事を紹介しました。

 

また、ドコモ光の契約がある場合は、さらにスマホとのセット割も適用されるのでさらに複雑ですが、ざっくりこのように選びましょう。

 

  • 1人当たりのデータ量が5GBほどでいい場合⇒シェアパックがお得
  • 1人当たりのデータ量が20GB程必要な場合⇒1人用のデータパックがお得

大容量のデータ量でスマホを契約している方は、家にいる間は固定回線のドコモ光でWi-Fi通信をして、スマホの契約データ量を節約するのも一つの案です。

 

ドコモ光をまだ始めていない方は、プロバイダーの「GMOとくとくBB」のキャンぺーンサイトから申込むだけで、高性能のWi-Fiルーターをずっとレンタルできるのでおすすめです。

 

GMOとくとくBBは、ドコモ光の提携プロバイダーで、料金の安いタイプAに分類され、また、Wi-Fiルーター以外にも「キャシュバック」「セキュリティ1年間無料」などの特典が受けられます。

 

GMOとくとくBBのお得なキャンぺーン情報は以下のサイトでご確認くださいね。

GMOとくとくBB キャンぺーンサイト

 

さらに詳しいドコモ光のキャンペーン情報は以下の記事にまとまっていますので、こちらも参考にしてくださいね。

公式は損!ドコモ光 キャンペーンはキャッシュバックとポイントをWゲットせよ

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら