光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

ドコモ光の工事内容と費用まとめ|初期費用を抑えてお得に申し込む方法は?

2018.03.17

ドコモ光の工事内容と費用まとめ|初期費用を抑えてお得に申し込む方法は? はコメントを受け付けていません。

ドコモ光を利用したい場合、フレッツ光からの転用、または新規開通のどちらかで申し込みをします。

転用は事務手続きのみですが、新規開通では工事をしてもらう必要があります。

今回はドコモ光を利用するために、どんな工事が必要なのか、費用はどれくらい掛るのかご紹介していきますね。

初期費用を安く済ませるために、ドコモ光をお得に申し込める窓口も紹介していますよ!

 

 

※フレッツ光からドコモ光への転用をご検討中の方は、最初から工事費がかかりません。

それ以外の申し込み条件が重要になってくるので、「【事前に確認!】フレッツからドコモ光に転用すると損する場合がある!失敗しない手続き方法を解説します!」の記事をご参考ください。

 

 

ドコモ光の工事内容|戸建て・マンションでの違い

工事の内容は、お住まいが戸建てかマンションかで違いがあります。

戸建てタイプの工事内容

①光ファイバー線を引き込む

戸建てタイプで光回線を使うためには、まず電柱から光ファイバーを家まで引き込む必要があります。

引き込み線を金具で固定するために、場合によっては外壁にネジ穴を開ける事もあります。

 

②ONUの設置について

戸建てタイプは、光ファイバーをどうやって部屋まで引き込むかで、多少苦労するケースがあります。

 

  • 電話線の配管を通す方法

配管を使えば家のどこにも穴を開ける必要が無く、綺麗に配線できて一番簡単です。

電話線は外壁についている保安器から宅内へ引き込まれているので、光ファイバーも保安器から電話線と一緒に配管を通し宅内へ配線します。

 

  • エアコンダクトを利用する

電話線の出口(モジュラージャック)がある部屋とは違う部屋にONUを設置したい場合、エアコンダクトを使うことが多いです。

エアコンダクトの周辺は、エアコンパテという粘土のような詰め物で隙間を防いでいて、柔らかい素材なのでドリルで簡単に穴が開きます。

その隙間から光ファイバーを宅内へ引き入れます。

 

  • 外壁に穴を開ける場合もある

宅内へ引き入れた光ファイバーは、ONUを設置したい場所まで壁を伝って配線し、光ファイバーの先端を光コンセント化し、ONUと接続します。

上記で紹介した「電話線の配管」、「エアコンダクト」の両方が駄目なとき、壁に直径10mmほどの穴を開けて光ファイバーを引き込まなければなりません。

 

マンションタイプの工事内容

マンションタイプは既に引込み線の設置工事が済んでいるケースが多いので、構内ケーブルの配線だけで終わります。

 

  • VDSL方式

マンション共有部に設置してある集合装置に、各部屋まで延びている電話線を差し込むだけ

 

  • LAN配線方式

集約スイッチにLANケーブルを挿すだけ簡単設定なので、30分程度で終わります。

 

構内ケーブルが光ファイバーの光配線方式の場合は、配管を通して光ファイバーを部屋の中へ引き込み、光コンセントを作る作業が必要になります。

 

ドコモ光の申し込みの前に、評判をチェックしたい場合は下記の記事を参考にして下さい。

【ドコモ光の評判|2018年最新】 利用者数No.1なのに口コミ悪い?速度・料金を徹底解説!

新規契約の工事費用はどれくらい掛る?

現在フレッツ光ユーザーでは無い人は、ドコモ光へ乗り換えると新規契約になります。

例えば、auひかり・NURO光・他社光コラボ・JCOMを利用しているというケースです。

 

工事費用について

工事には、担当者が自宅まで来る立ち合いが必要な派遣工事と、局内だけの無派遣工事があります。

  工事料金(税込)
戸建て 19,440円
マンション 16,200円
無派遣工事 2,160円

他社光コラボからの乗り換えは、基本的に派遣工事です。

自宅にNTTの引込線、屋内配線、光コンセントの設備が完備されていれば無派遣工事になりますが、あくまでNTTの設備が完備されている場合です。

auひかりや、NURO光の設備の使い回しはできません。

 

  • 戸建て分割払い1回あたりの支払額(税込)

( )内は、ドコモ光の基本料金を加えた毎月の支払金額をシミュレーションしたものです。

12回 1,620円
24回 810円
(税込 6,426円)
36回 540円
(税込 6,156円)
48回 405円
(税込 6,021円)
60回 324円
(税込 5,940円)

 

  • マンション分割払い1回あたりの支払額(税込) 
12回 1,350円
24回 675円
(税込 4,995円)
36回 450円
(税込 4,770円)
48回 337円※
(税込 4,657円)
60回 270円
(税込 4,590円)

※端数は初回請求(361円)

工事費以外には、契約事務手数料が3,240円(税込)掛ります。

 

その他初期費用

ONUやルーターから別の部屋までLANを伸ばしたい場合など、LAN配線工事を希望の方は、開通工事とは別に15,000円ほど掛ります。

インターネットの設定が自分では難しい場合、1万円程度で訪問サポートしてくれるサービスもありますよ!

ドコモ光の申し込みから工事までの流れ

まずはドコモ光の申し込み先には、プロバイダーやドコモ公式サイト、ドコモショップなどがあります。

 

ドコモ光の新規契約を申し込む場合

①ドコモ又はキャンペーンサイトから申し込み

ドコモ公式サイトから申し込むと、ドコモから工事日確認の電話が来ます。

自分が立ち会える都合の良い日を選びましょう。

プロバイダーキャンペーンサイトから申し込むと、プロバイダーから確認電話が入ります。

その後に自分からドコモ光サービスセンター0120-766-156へ連絡し、工事の都合の良い日を伝えます。

 

②資料の確認・工事の立ち合い

申し込みが完了すると、開通日前日までに、開通に必要な資料が届きます。

そして後日、派遣工事の場合は工事担当者が自宅に来るので立会いましょう。

 

申し込みから工事日までの期間は、およそ2週間~1カ月程度です。

引っ越しシーズンは非常に混雑するので、早めに申し込みを済ませるのがお勧めですよ。

 

ドコモ光を転用で申し込む場合

現在フレッツ光を利用中の方は、転用手続きを利用するため、ドコモ光への乗り換えが簡単です。

転用は基本的に工事を行わず、既存の設備をそのまま使います。

ただし、品目変更(100Mbps⇒1Gbpsへ速度変更など)が伴う場合は、局内側のみの工事が必要です。

※工事と言っても、担当者が遠隔で設定コマンドを入力するだけです。

 

申し込みから転用完了までの流れ

まず、転用承諾番号をNTTから取得する必要があります。

フレッツ光のWEBサイトにアクセスして取得するか、電話で問い合わせます。

東日本エリア
WEB サイトから申し込む
電話 0120-140-202

 

西日本エリア
WEB サイトから申し込む
電話 0120-553-104

 

後の手順は、新規申し込みと同じ流れです。

①ドコモショップまたはドコモ公式サイト、プロバイダーキャンペーンサイトなどから申し込み。

②工事日前日までに必要資料が送られてきて、開通予定日になると自動で開通。

申し込みから転用完了まで10~20日ほどかかります。

 

  • 転用の申し込みが済んだら

予定日に転用が完了しているのかを調べるためには、新規プロバイダーのIDとPWでインターネットが接続できるかを確認します。

接続が確認ができたら、以前のプロバイダーが不要になるので、解約の連絡を忘れずに行って下さい。

 

  • 工事料金について

工事料金は、品目変更(速度変更)がある場合のみ、税込8,208円(分割払い60回初回184円2~60回目136円)発生します。

品目変更をする必要が無い場合は、工事をしないので無料です。

事務手数料は新規と同じく3,240円(税込)かかります。

 

オプションを付けると発生する工事費用

①ドコモ光テレビ

工事費が発生するオプションには、ドコモ光テレビがあります。

ただし、フレッツテレビと同じものなので、フレッツテレビを利用中の方が転用する場合は、工事費が掛りません。

 

  • ドコモ光の派遣工事と同時にドコモ光テレビの工事をする

テレビ接続工事料 7,020円(税込)
基本工事料 3,240円(税込)

合計で、10,260円(税込)掛ります。

ドコモ光開通後に、追加でドコモ光テレビを申し込むと、プラス6,500円高くなるので注意して下さい。

その他、スカパーJSAT施設利用登録料3,024円(税込)や、テレビの台数に応じた追加工事費が掛ります。

 

②光電話の工事費

光電話の工事費も、転用でそのまま利用する場合は費用が掛りませんが、新規で契約すると発生します。

ドコモ光と光電話を同時に申し込めば、交換機工事費が1,000円のみです。

後から追加オプションで申し込むと、プラス1,000円掛るので、最初にまとめて申し込みするのがお勧めです。

ドコモ光をお得に申し込む方法

ドコモ光新規の申し込みなら、2/1~5/7まで、工事料最大18,000円が無料になるキャンペーンを利用できます。

※戸建て派遣工事を実施した場合・新規契約の事務手数料は別途必要など注意点もあります。

しかし、申し込み窓口のキャッシュバックを利用すれば、もっとお得にドコモ光を始めることも可能です。

 

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのキャンペーン窓口から申し込むと、

  • 現金キャッシュバック

新規 11,000円
転用 15,500円または11,500円

 

  • dポイントプレゼント

新規 10,000pt

転用 5,000pt

 

上記のように、キャッシュバックやdポイントプレゼントがあるので、ドコモ光を契約したい場合は、GMOとくとくBBの窓口を利用するのがお得ですよ!

 

ドコモ光の最新キャンペーンについてより詳細に知りたい方は「公式は損!ドコモ光 キャンペーンはキャッシュバックとポイントをWゲットせよ」の記事を確認してみてくださいね。

 

ドコモ光へ乗り換える前に気を付けること

現在利用中の回線の、工事費未払い残高に注意が必要です。

フレッツ光からの転用であれば、フレッツ光の工事費残高が残っていても、ドコモ光に転用してから継続して分割で支払い続ける事が可能です。

auひかりや、NURO光などの光コラボ以外からの乗り換え、または他社光コラボからの乗り換えだと、解約時に一括で請求される事もあります。

解約金の発生について

フレッツ光からの転用以外だと、解約違約金が発生します。

利用の回線によって金額はバラバラですが、7,000円~15,000円が相場です。

「この月に解約すれば違約金が発生しない」という期間もあるので、現在利用中の回線事業者へ問い合わせておくと良いでしょう。

 

プロバイダー側への解約金

フレッツ光からの転用でも、プロバイダー側への解約違約金が発生する場合もあります。

必ず発生するわけではないですが、最低利用期間未満で違約金を取るプロバイダーもあるので注意して下さいね。

まとめ:ドコモのスマホを使っているならセット割ができるドコモ光がお得

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合であれば、工事費がかかりません。

そもそもフレッツ光の基本料金は、割高な場合が多いので(タイプや割引内容で異なる)、特にドコモスマホを使っているなら、セット割で安くなるドコモ光へ転用しましょう。

転用手続きは簡単ですし、面倒な工事がありません。

また、ドコモ光開通では工事費の分割払いが出来ますが、工事費を実質無料にするために、GMOとくとくBBのようなキャンペーン窓口から申し込むのがお勧めですよ!

GMOとくとくBBキャンペーンサイト

 

ドコモ光の評判は、こちらの記事で詳しく解説しています↓

【ドコモ光の評判|2018年最新】 利用者数No.1なのに口コミ悪い?速度・料金を徹底解説!

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら