光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

auひかりからドコモ光への乗り換えはメリットよりデメリットの方が多い理由

2017.11.22

auひかりからドコモ光への乗り換えはメリットよりデメリットの方が多い理由 はコメントを受け付けていません。

auひかりをお使いの方が、ドコモ光に乗り替えてしまうと、デメリットの方が多くなるケースがほとんどです。

 

それは、ドコモ光の初期費用が高額な事と、auのスマホとのセット割引き「auスマートバリュー」が使えなくなるからです。

 

この記事では、「auひかりからドコモ光への乗り換えがおすすめできない理由」を詳しく説明しています。

 

一部、ドコモ光に乗り替える事で今より安くなるケースもあるので、メリット・デメリットをしっかり確認したうえで、ネット回線の乗換えは慎重に行ってくださいね。

 

①auひかりからドコモ光に乗り換えるメリット

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は「転用」が使えるので簡単・低コストで乗り換えることができますが、auひかりからドコモ光へ乗り換えるためには、auひかりの解約とドコモ光の新規開通が必要になります。

 

手間とコストを考えるとあまりおすすめできませんが、ドコモ光へ乗り換えるとメリットがある場合も多少あるので、きちんと両方をお伝えします。

 

1.1ドコモのスマホは「光パック」でお得になる

自宅のネット回線をドコモ光へ乗り換える最大のメリットは、ドコモのスマホとセットで「光パック」の割引きが受けられる事です

 

ドコモ以外のスマホを利用中の方は、ネット回線をドコモ光に乗り替えるのと同時に、スマホもドコモに乗り換える事をおすすめします。

 

ドコモ光の「光パック」に適用できるスマホ契約は、1回線のみです。

これをペア回線とよび、家族内でパケットパックの容量が一番大きいプランで契約しているスマホをペア回線に登録するか、または、家族でパケットをシェアできるシェアパックにして登録するとお得です。

 

  ドコモ光パック割引額
2GB パケットパック:500円
シェアパック :ー
5GB パケットパック:800円
シェアパック :800円
10GB パケットパック:ー
シェアパック :1,200円
15GB パケットパック:ー
シェアパック :1,800円
20GB パケットパック:1,400円
シェアパック :ー
30GB パケットパック:1,600円
シェアパック :2,500円
50GB シェアパック:2,900円
100GB シェアパック:3,500円

 

パケットプランは、1人でパケットパックに入るよりも、シェアパックを家族全員で利用したほうが、基本料金的にもお得で、ネット回線との割引き額も大きくなります。

 

1.2パケットパック(個人)とシェアパック(家族)はどれだけ違うの?

個人でパケットパックを契約するのと、家族でシェアパックを分け合うのとではどれだけ違うのか、分かりやすくするために、家族3人で月に合計15GB必要なケースを例に見てみましょう。

 

【一人づつバラバラでパケットパックを契約する場合】

1人用のデータMパック(5GB)の基本料金は、5,000円です。

家族3人が5GBづつ、バラバラに契約すると、5,000円×3人=15,000円かかります。

データMパックのセット割引は、-800円です。

個別でデータ量の契約をしセット割を受けると、15,000円-800円で合計14,200円になります。

【家族で15GBをシェアパックで契約する場合】

15GB分のシェアパック15の料金は、12,500円です。

この時点で、家族が別々でパケットパックを契約するより2,500円安くなります。

シェアパック15の光パックのセット割は、ー1,800円です。

家族でシェアパックにし、セット割を受けると12,500円-1,800円で合計10,700円になります。

 

シェアパックのほうが同じデータ量のパケットパックを、3回線別に契約するより3,500円も毎月安くなるという計算になります。

このように、ドコモは契約の仕方を少し変えるだけで、通信料金を下げる事が出来るのです。

 

1.3ドコモ光は通信速度が速い

ドコモ光には、IPv6を利用した通信速度を速くする技術があります。

これを利用すると、下り200Mbpsの契約(フレッツ光から転用した方)でも下り1Gbpsになります。

 

さらに、従来のIPv4PPPoE方式では混雑していた、プロバイダーの認証装置での遅延と無縁になります。

その仕組みは、IPoE+IPv4overIPv6の技術を使いプロバイダーを経由しない仕組みになっているからです。

 

プロバイダーの代わりに、ネットワークイネイブラー株式会社というネイティブ接続事業者を経由してインターネットに繋がります。

 

ただし、これを利用できるプロバイダーは限られており、v6プラスに対応しているプロバイダーと契約する必要があります。
ドコモ光のプロバイダーで、GMOとくとくBBがv6プラスに対応しています。

 

1.4ドコモ光のキャンペーンは豪華

ドコモ光の入会キャンペーンは、プロバイダーの「GMOとくとくBB」が一番豪華です。

 

GMOとくとくBBのお得な特典表
条件なしキャッシュバック 新規:5,000円または3,500円(地域により異なる)

転用:3,500円

条件付きキャッシュバック

※ひかりTV2年割契約要

新規:12,500円または6,000円(地域により異なる)

転用:12,500円

dポイント 新規:20,000pt

転用:10,000pt

その他 Wi-Fiルーターレンタル無料
セキュリティサービス1年無料
出張サポート1回無料

 

キャッシュバック以外にも、ドコモポイントが貰えるため、最大で35,000円お得に入会できます。

ドコモポイントは1pt=1円でポイント加盟店で使え、ネット通販などでも使えるところが結構あるので重宝します。

 

さらに、GMOとくとくBBでは、高品質のWi₋Fiルーター(BUFFALO製WXR-1750DHP2)を無料でレンタルできます。

 

GMOとくとくBBのキャンペーンさらに情報は、以下のキャンぺーンサイトでご確認くださいね。

GMOとくとくBB キャンぺーンサイト

 

ドコモ光の契約を検討中の方は、以下の記事で評判などもチェックしてくださいね。

【ドコモ光の評判|2018年最新】 利用者数No.1なのに口コミ悪い?速度・料金を徹底解説!

 

②auひかりからドコモ光に乗り換えるデメリット

auひかりからドコモ光への乗り換えは、メリットよりも実はデメリットの方が多くなるので、その理由を説明します。

 

2.1基本料金が若干割り高となる

基本料金はほとんどのタイプで、ドコモ光よりauひかりの方が低く設定されています。

 

そのため、auひかりからドコモ光へ乗り換えるとほとんどの方は、基本料金が今より高くなるでしょう。

 

auひかりとドコモ光の戸建てタイプ料金比較表
auひかり ギガ得 (2年自動更新)

5,200円

ずっとギガ得(3年自動更新)

1年目5,100円
2年目5,000円
3年目以降4,900円

ドコモ光(2年契約) タイプA:5,200円

タイプB:5,400円

 

次にマンションタイプですが、auひかりは配線方式の違いで料金が変わるので、どのタイプで契約となるのか先に調べましょう。

 

auひかりとドコモ光のマンションタイプ料金表
ドコモ光 タイプA:4,000円

タイプB:4,200円

auひかり

VDSL16契約以上  :3,800円
VDSL8契約以上  :4,100円
マンションギガ   :4,050円

 

ドコモ光の料金には、タイプAとBがありますが、選べるプロバイダーが違うだけで通信品質に差はありませんので、基本的に安いタイプAを選んで正解です。

 

先ほど紹介した「GMOとくとくBB」は、タイプAのプロバイダーです。

 

2.2 auひかりの解約金がかかる

ドコモ光へ乗り換えるには、auひかりを解約することになります。

ドコモ光は他社の解約違約金を負担してくれないため、更新期間以外の解約は、auひかりへ解約違約金を支払わなくてはなりません。

 

auひかりの解約i違約金は以下の通りです。

  • ギガ得プラン(2年自動更新)      :9,500円
  • ずっとギガ得(3年自動更新)      :15,000円
  • マンションお得プランA(2年自動更新) :7,000円

ネット回線の契約初月は、工事費に加え事務手数料などがかかるため、負担が大きくなります。

 

2.3ドコモ光の開通工事が必要

ドコモ光へ乗り換えるには、ドコモ光を新規開通する必要があり、開通工事費用が発生します。

 

工事費と事務手数料はこのようになります。

ドコモ光の初期費用
通常工事費:18,000円(戸建て)

通常工事費:15,000円(マンション)

無派遣工事:2,000円
事務手数料:3,000円

 

ドコモ光では、工事費の割引きサービスはほとんど行われていないため、分割した工事費が毎月の料金に加算されます。

 

2.4 auスマートバリューが使えなくなる

auひかりとauスマホのセットで今まで「auスマートバリュー」を適用していた方は、ドコモ光へ乗り換えると、auスマートバリューが使えなくなります。

 

家族全員がauスマホを使っている場合は特に、ドコモ光へ乗り換えると月々のスマホ代がかなり高くなってしまうので、おすすめできません。

 

③auひかりから乗り換えにおすすめの回線は?

これまでの説明で、auひかりからドコモ光への乗り換えがおすすめできない理由が分かってもらえたと思います。

 

auひかりを他回線へ乗り換える際に、auのスマホユーザーの方が引続き、スマホとのセット割が受けられるように「auスマートバリュー」が適用される回線を紹介します。

 

3.1 auひかりから乗換えにおすすめの回線は?

auひかりからの乗り換え先でおすすめの回線は、光コラボ回線のSo-net光とビッグローブ光です。

 

So-netはもともと、「auひかり、フレッツ光、ドコモ光」などでサービスを提供している、大手プロバイダーです。

So-net光は、信頼性の高いカスペルスキー社製のセキュリティーが使えるなど、オプションサービスも充実しています。

 

ビッグローブ光は、So-netに次ぎ業界第4位のシェアを誇るプロバイダーが提供している光コラボ回線です。

 

この2社をおすすめする理由は、どちらも「auスマートバリュー」が使えるので、乗り換えても通信費が上がらないため、auひかりからの乗り換え先としてとても相性が良い光回線だからです。

 

3.2 So-net光とビッグローブ光はドコモ光より安い

では、So-net光、ビッグローブ光、ドコモ光の3社で基本料金の比較をしてみましょう。

 

so-net光・ビッグローブ光・ドコモ光料金比較表
ドコモ光 戸建て  :5,200円/5,400円

マンション:4,000円/4,200円

So-net光 戸建て  :5,200円⇒30ヵ月間4,500円

マンション:4,100円⇒30ヵ月間3,400円

ビッグローブ光 戸建て  :4,980円

マンション:3,980円

 

このように、基本料金がドコモ光が一番高いことが分かります。

 

3.3 So-net光とビッグローブ光でもauスマホとのセット割引きがある

So-net光とビッグローブ光は、auひかりと同条件で「auスマートバリュー」が使えるので、乗換え先にピッタリの回線です。

 

ビッグローブ光に関しては、「auスマートバリュー」か「auセット割」のどちらかを選択することができます。

 

「auセット割」と「auスマートバリュー」は割引き金額と条件が違うので、表にまとめました。

 

 auスマートバリューとauセット割の違い
auスマートバリュー 割引額:スマホ1台につき500~2,000円
(家族で10回線まで適用)光電話の契約:必要3年目以降:減額
auセット割 割引額:スマホ1台のみ大容量1,200円/低容量500円

光電話の契約:不要

3年目以降:変わらない

 

auセット割りを選んだ方がお得になるケースは、auのスマホを使っている人が1人で固定電話を必要としない家庭です。

auのスマホを使っているの人が家族の中で2人以上で、光電話を使いたい場合は、auスマートバリューを選んで間違いありません。

 

3.4 So-net光とビッグローブ光の入会特典が豪華

So-net光とビッグローブ光を代理店経由で申込むと、受けられる特典が豪華なので紹介します。

 

So-net光とビッグローブ光のキャッシュバック表
So-net光 戸建て:5,000円キャッシュバック

マンション:20,000円キャッシュバック

ビッグローブ光 特典A:キャッシュバック 25,000円

特典B:キャッシュバック 20,000円+Wi-Fi無線ルーター

現在ビッグローブ光のキャッシュバック額の方が高くなっていますが、So-net光は月の基本料金の大幅割引きをしているので、トータルでは、どちらもそれほどお得さに違いはありません。

 

それぞれの詳しいキャンペーン内容を、キャンぺーンサイトでよくご確認のうえ申込みをしてくださいね。

So-net光 キャンぺーンサイト

 

ビッグローブ光 キャンぺーンサイト

 

④乗り換える手順

乗り換える手順を間違うと、インターネットが使えない期間ができてしまいますので、基本的には、新しい回線が開通後にauひかりを解約します。

 

【ネット回線乗換え手順】

ネット代理店から新規の回線を申し込む

新規回線の工事、開通

auひかりのプロバイダーへ解約の連絡

auひかりの宅内機器をKDDIへ返送

このような流れになります。基本的にはオペレーターの指示通りにすればいいので、難しくはありません。

 

⑤auひかりからドコモ光への乗り換えはおすすめできない

基本的にはauひかりからドコモ光へ乗り換えるとデメリットのほうが大きくなるので、auひかりのままがいいでしょう。

 

どうしてもauひかりから他社回線へ乗り換える必要がある場合は、ドコモ光よりも「auスマートバリュー」が使える、So-net光かビッグローブ光のほうが良いでしょう。

 

ドコモ光に乗り換える場合は、スマホもドコモに乗り換えると「光セット割り」が適用となるので通信料が割安になります。

 

auひかりからの乗換え先で、迷った場合は以下の診断ツールに「お使いのスマホ・お住いの地域・居住環境」などを入力すると、すぐにあなたにピッタリの回線が分かりますので、ぜひこちらもお試しください。

 

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら