光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

【徹底比較】戸建てタイプのネット回線の選び方とおすすめ回線

2017.10.18

【徹底比較】戸建てタイプのネット回線の選び方とおすすめ回線 はコメントを受け付けていません。

今の時代、自宅でのネット回線は必需品となってきましたが、ネット回線は種類が多く、「自分に合った回線の見つけ方」や「利用中の回線が自分に合っているのか」といった事で悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は、戸建てにお住いの方へ、ネット回線の上手な選び方を紹介します。

これから新規でネット回線を契約される方も、乗り換えを検討中の方にも参考になる内容になっています。

 

①戸建てで利用できるネット回線の種類とその特徴

ネット回線と言っても多くの種類があり、どれを選べばよいか迷う方も多いはずです。

そこで「戸建て」で利用できるネット回線の種類と特徴をまとめました。

 

1.1光回線

現在、主流となってきているは、光ファイバーを利用して、ネットの信号を送受信する「光回線」です。

 

光ファイバーであるため、通信速度の低下や外的要因(電子レンジが発生する電磁波など)によるネット切断が少なく、高速で快適な回線ですが、各種費用が割高というところが、デメリットといえます。

 

1.2 ADSL回線

ADSL回線は、光回線が登場するまで主流のネット回線だったため、現在も多くの利用者がいます。

 

ADSL回線の速度は光回線より劣りますが、料金は割安な事がメリットとして挙げられます。

 

電話回線を利用するため、工事が複雑ではなく、比較的簡単に利用できますが、NTT局舎からの距離が遠くなると速度低下を起こし、外的要因によってネット切断が発生する、といったデメリットがあります。

 

1.3ケーブルテレビ系ネット回線

ケーブルテレビ系のネット回線は、主にケーブルテレビの利用者がセットで利用するケースがほとんどです。

テレビサービスなしでも契約は可能ですが、テレビとネット回線をセットにすることで割安の料金となっています。

 

テーブルテレビ系ネット回線の速度は、ADSL回線よりは高速ですが、光回線には劣ります。

また、回線工事は、ケーブルテレビを利用している方は、そこまで費用がかかることはありません。

 

しかし、提供範囲がそれほど広域でないため、サービス提供エリア外に引っ越しを行った場合は解約となり、メールアドレスなどの継続利用ができないといったデメリットがあります。

 

1.4電力会社系ネット回線

電力会社などが提供するネット回線は、独自の回線を使用する為、ケーブルテレビ系ネット回線と同じように提供エリアが限られますが、光回線と同等の速度で提供されています。

 

独自回線であるため、利用者が多くないことで安定した速度が保てるのがメリットで、最近では、ガスや電気などとセットで割引きをしている回線も増えてきています。

 

しかし、提供範囲が限られているので、サービス提供エリア外に引っ越した場合は解約となり、メールアドレスなどを継続利用できないことがデメリットです。

 

1.5モバイル回線

ネット回線の中で、一番安価に利用できるネット回線です。

持ち運べる端末なので自宅だけでなく、屋外でも利用できることが、最大のメリットです。

 

しかし、他のネット回線と比較すると通信速度が遅く、一日のデータ通信量に制限があったり、携帯電話の電波が入りにくい場所では、利用できない場合があるといったデメリットがあります。

 

②どうやって光回線を選べばいいの?

現在では、インターネット上にデータ量の大きいコンテンツが増えたので、通信速度が速い光回線でないと満足なネット通信が出来ません。

そのため、建物の関係で工事が出来ないといった方や、引っ越しが多く固定回線の契約が難しい方以外は、光回線がおすすめです。

 

基本料金なども、以前に比べだいぶ下がったので、ADSL回線の高速タイプより安く済むことさえあります。

 

光回線にも多くの種類がありますので、ここからは「主な光回線の特徴」と「自分に合った回線の選び方」について解説していきます。

 

2.1フレッツ光の新規契約はおすすめでない

フレッツ光は、光回線の先駆けです。

フレッツ光も進化を遂げ、開始当時は最高速度が100Mbpでしたが、現在では最大1Gbpsまで出るようになりました。

 

フレッツ光の料金は、初期費用として「契約料800円」と「工事費用18,000円」がかかり、月額料金は5,700円にプロバイダー料金(月500円~)が加算されます。

フレッツ光の特徴は、回線とプロバイダーが別契約になっており、支払い先も二つに分かれているところです。

 

フレッツ光は2年契約を条件として、月額費用を割り引くなどのキャンペーンを行っていますが、それでも他回線と比べると高めの料金設定になっているので、これから新規での契約はおすすめしていません。

 

2.2 auユーザーならauひかりがお得

auひかりはKDDIが提供する独自の光回線で、通信速度は最高1Gbpsでフレッツ光と同等です。

なお、auひかりの提供エリアはフレッツ光より狭く、一部府県を除いた地域となり、希望しても必ず契約が出来るとは限りませんので、ご注意ください。

 

初期費用は、「登録料3,000円」と工事費「37,500円」で、月額費用は5,100円となります。

 

またauひかりでも、各種キャンペーンを行っており、工事費実質無料のキャンペーンや、auのスマホや携帯電話とセットで月額費用から1台あたり500円~の料金を割り引く、セット割(auスマートバリュー)があります。

 

auスマホユーザーは下記の記事で、auひかりの特徴を確認してみてくださいね。

【2018最新】auひかり口コミを徹底調査!まだ評判が悪い回線だと思ってるんですか?

 

2.3 ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がお得

ソフトバンク光は、最近契約数の多い「光コラボ回線」の一つです。

光コラボ回線とは、フレッツ光の回線設備を利用し、プロバイダーをセットで提供するお得な光回線の総称です。

 

回線料金とプロバイダー料金が一括して、ソフトバンクから請求されるので、フレッツ光のように「回線料金はNTTへ」、「プロバイダー料金はプロバイダーへ」支払うといった面倒がなく、利用料金も割安です。

 

ソフトバンク光の各種料金は、初期費用として「登録料3,000円」と「工事費用24,000円」がかかり、月額費用は5,200円です。

現在は、お得にソフトバンク光が始められるように、他回線からの乗換え新規契約で工事費用が実質無料になるキャンペーンをしています。

 

また、ソフトバンクのスマホとのセットで、月額費用を割り引くセット割り(おうち割光セット)があるので、ソフトバンクのスマホ利用者さんには一番おすすめのネット回線です。
※割引き率はスマホの契約プランによって異なる

 

その他、他社のスマホからソフトバンクのスマホに切り替え、あわせてソフトバンク光を契約すると、旧スマホ回線の解約違約金(9,500円)が無料になるキャンペーンがありますので、ネット回線とスマホを同時にソフトバンクする方も多くいます。

 

ソフトバンクスマホ利用者の方は、下記の記事でソフトバンク光の特徴を確認してみてくださいね。

【2018 最新】今のソフトバンク光は評判が良いって知ってる?古い記事に騙されるな!

 

2.4ドコモユーザーにはドコモ光がお得

ドコモ光は、ソフトバンク光と同様にフレッツ光回線を使用した「光コラボ回線」ですので、通信速度はフレッツ光と同等です。

 

ドコモ光の各種料金は、初期費用として「登録料3,000円」と「工事費用18,000円」となり、月額費用は5,200円です。
なお、ソフトバンク光同様、フレッツ光ネクストからの転用(切り替え)の場合は、工事費用は不要となります。

 

ドコモ光もドコモのスマホや携帯電話を利用していると、月額費用から500円~が割り引かれるスマホ割りがあります。

 

ドコモのスマホユーザーは、下記の記事でドコモ光の特徴を確認してみてくださいね。

【ドコモ光の評判|2018年最新】 利用者数No.1なのに口コミ悪い?速度・料金を徹底解説!

 

2.5 主要光回線4社の比較

4つの回線の比較が簡単に出来るように、特徴や各種料金を一覧にまとめました。

 

各光回線の特徴
フレッツ光 利用回線:NTTフレッツ網

回線速度:1Gbps

基本料金:5,700円(プロバイダー別500円~)

初期費用:18,800円

スマホ割:なし

auひかり 利用回線:KDDI網

回線速度:1Gbps

基本料金:月5,100円

初期費用:40,500円 ※工事費はネットと電話で実質無料

スマホ割:auスマートバリューで1回線500円~

ソフトバンク光 利用回線:NTTフレッツ網

回線速度:1Gbps

基本料金:月5,200円

初期費用:27,000円 ※工事費は実質無料

スマホ割:おうち割光セットで1回線500円~

ドコモ光 利用回線:NTTフレッツ網

回線速度:1Gbps

基本料金:月5,200円

初期費用:21,000円

スマホ割:ドコモ光パックで月500円~

 

③TVのオプションが知りたい

光回線各社では、いろいろなオプションサービスを提供しています。

その中で今回は、戸建てで利用の多いテレビのオプションサービスについてお伝えします。

 

テレビのオプションは、各社大体同じような内容で、大きく分けると以下の二種類があります。

  • 地上波やBS放送を再送する「有料チャンネル放送サービス」
  • レンタルビデオのように映画を視聴できる「オンデマンド配信サービス」

通常BS/CS放送にはアンテナが必要ですが、光回線のオプションで契約をすると光回線で映像が配信されるため、天候などの影響を受けずらく安定してTV番組が楽しめるという特長があります。

 

【フレッツ光のTVオプション】

フレッツ光では「フレッツテレビ」「ひかりTV」「U-NEXT」「Hulu」が視聴可能です。

 

「フレッツテレビ」はスカパーが提供している地上波と、BS放送の有料チャンネル放送サービスで、その他はオンデマンド配信サービスとなります。

 

月額費用は「フレッツテレビ」が660円、「ひかりTV」は1,080円~3,780円とチューナーレンタル料540円の合計1,620円~4.260円、「U-NEXT」が2,419円、「Hulu」が1,070円となります。

 

【auひかりのTVオプション】

auひかりでは、CMで有名な「スマートパス」という映像配信サービスが提供されています。

 

月額費用は1,980円~とセットトップボックスレンタル料(視聴用機器)540円となります。

なお、選択するチャンネル数などにより、月額費用は変動します。

 

【ドコモ光のTVオプション】

ドコモ光には「ひかりTV」「スカパー」「dTV」などがあります。

「ひかりTV」「スカパー」については、フレッツ光と同等の料金で提供されています。

「dTV」の月額費用は500円の、オンデマンド配信サービスです。

 

【ソフトバンク光のTVオプション】

ソフトバンク光では「ひかりTV」「スカパー」「Netflix」が契約できます。

「ひかりTV」と「スカパー」は、フレッツ光と同等の料金、サービスとなります。

「Netflix」は、インターネットにつながった複数の端末で、お好きな映像を選んで視聴できる、世界最大のオンデマンド配信サービスで、一か月無料でお試しが出来ます。

 

④戸建て特有の悩み

戸建てでネット回線を利用する場合、戸建て特有の事情により、利用できないケースがあります。

 

携帯電話などの電波が届きにくい家庭の場合、モバイル回線は携帯電話の電波を利用するため、利用できません。

また、各社光回線の提供エリアであっても、光回線を引き込む電柱と家までの間に障害物があったり、借家で家主から工事の許可がおりないなどの理由で、光回線が利用できない事もあります。

 

このように、お住いの地域や構造物の形状などで、希望するネット回線が利用できない場合もあることを理解しておく必要があります。

 

⑤本当にお得なネット回線を選ぶコツ

ネット回線はお住いの環境や地域、使っているスマホなど、さまざまな条件によって、ベストな選択肢が変わってきます。
多くの方は営業マンのトークを鵜呑みにしてしまいますが、多くの場合、もっと良い条件のネット回線があります。

 

あなたの条件にぴったりのネット回線を下記の記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
住まいやスマホなどの条件を入力すると、1分程でピッタリの回線が分かります。↓↓↓

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら