光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

ビッグローブ光への転用はメリット・デメリットどっちが多い?!

2018.05.16

ビッグローブ光への転用はメリット・デメリットどっちが多い?! はコメントを受け付けていません。

現在フレッツ光を契約中の方は、光コラボ回線へ乗り換えをする事で、今より利用料金をお得にする事が可能です。

 

光コラボ回線とは、フレッツ光のネット回線を借用しサービスのみを提供するネット回線の総称で、全国に300社ほどあると言われています。

 

ビッグローブ光もそんな光コラボ回線の一つで、auのスマホとセットで契約すると料金の割引きが受けられる事から、auスマホとの相性がいい光回線です。

 

そこで、この記事では、フレッツ光からビッグローブ光へ乗り換えを検討中の方に、「ビッグローブ光の詳しい情報」「お得な申込み方法」「ビッグローブ光へ替えるメリット・デメリット」についてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

①フレッツ光からビッグローブ光に転用するメリット

フレッツ光から各光コラボ回線へ乗り換える事を「転用」と呼びます。

 

転用手続きは、通常のネット回線の乗換え作業に比べて簡単という特徴がありますが、それでもメリットが多くないと転用する意味はありませんよね。

 

そこで、まず始めにフレッツ光からビッグローブ光へ転用する際のメリットを考えていきます。

 

1.1フレッツ光とビッグローブ光の月額料金比較

フレッツ光とビッグローブ光の月額料金を比較してみました。

 

フレッツ光は、東日本エリアと西日本エリアで料金が異なり、さらに、マンションタイプは配線方式と契約見込み人数でも料金が細かく分かれています。

 

フレッツ光に対しビッグローブ光は、戸建てタイプとマンションタイプ、そして、2年プランと3年プランで料金が分かれているだけです。

 

フレッツ光とビッグローブ光の料金比較表
 

フレッツ光東日本

(プロバイダーにビッグローブを利用)

【戸建て2年契約】

5,700円

【マンション・2年契約】

光配線方式:3,850円~4,600円

VDSL方式:3,650円~4,400円

LAN配線方式:3,300円~4,050円

フレッツ光西日本

(プロバイダーにビッグローブを利用)

【戸建て・初回は2年、以後3年契約】

4,810円

【マンション・初回は2年、以後3年契約】

光配線方式・VDSL方式:3,380円~4,070円

LAN配線方式:2,780円~3,470円

ビッグローブ光 【戸建て】

2年プラン:5,180円

3年プラン:4,980円

【マンション】

2年プラン:4,080円

3年プラン:3,980円

※フレッツ光…東日本エリア「にねん割」適用、西日本エリア「Web光もっともっと割」適用

 

フレッツ光のマンションタイプは、プランによって料金がだいぶ違うので、ビッグローブ光へ転用すれば必ず安くなるわけではありませんが、東日本エリアの戸建ての方は、ビッグローブ光の3年プランへ転用で月々720円も安くなる事がわかります。

 

ビッグローブ光にすることで毎月の利用料金が今より安くなる場合は、転用にメリットがあります。

 

1.2工事費がかからない

ビッグローブ光へ転用のメリットは、工事が不要でWeb上での作業だけで乗り換えが完結するところです

 

光コラボは、フレッツ光の回線設備をそのまま使って、光コラボレーション事業者が提供しているインターネット回線サービスなので、サービスの提供元が変わっても、使っている設備は同じため、当然工事をする必要がありません。

 

通常、インターネット回線の新規契約だと、15,000~40,000円ほどの工事費が発生しますが、転用であれば1,000~3,000円程度の事務手数料だけで済むのがメリットです。

 

契約プラン転用申込手数料
2年 2,000円
3年 3,000円

 

ビッグローブ光に転用する際に発生する費用は、2年プランへの転用は2,000円、3年プランへの転用は3,000円の手数料のみです。

 

1.3スマホとのセット割引

ビッグローブ光で利用できるスマホとのセット割は、3種類ありますが、このうち1つを選びます。

  • auスマホとのセット割:「auスマートバリュー」または「auセット割」
  • ビッグローブモバイルとのセット割:「光☆SIMセット割」

【auスマートバリュー】

auのスマホとセットで割引きが受けられるサービスで一番有名なのは、auスマートバリューです。

家族で10回線まで割引きが適用となるため、複数のauスマホ利用者がいる場合は一番得な割引きサービスです。

 

auスマートバリュー割引き額
データ定額30 2年間2,000円割引、3年目以降934円割引
データ定額5/20 2年間1,410円割引、3年目以降934円割引
データ定額2/3 永年934円割引
データ定額1 2年間934円割引、3年目以降500円割引
ビッグローブ光1契約につき10回線まで割引対象

光電話の契約が必須

 

【auセット割】

auセット割は、auのスマホとセットで、500円または1,200円の割引を永年受けられます。

 

auセット割の割引き額
データ定額5/20/30 1,200円割引
データ定額2/3 500円割引
ビッグローブ光1契約につき1回線のみ割引きが適用される

光電話などのオプションは不要

 

【光☆SIMセット割(タイプDのみ対応)】

ビッグローブの格安SIMスマホとのセット割を光☆SIMセット割といいます。

どの契約でも、割引き額は変わりません。

 

光☆SIMセット割(タイプDのみ対応)割引き額
6ギガプラン

12ギガプラン

20ギガプラン

30ギガプラン

スマホまる得Mプラン

スマホまる得Lプラン

スマホまる得2Lプラン

スマホまる得3Lプラン

300円割引
ビッグローブ光1契約につき1回線のみ割引きが適用される

光電話などのオプションは不要

 

1.4申込み特典

ビッグローブの代理店から申し込みをすると、キャッシュバックが貰えますが、「他社転用」の場合に限ります。

 

他社転用とは、フレッツ光でビッグローブ以外のプロバイダーを使っている方という事です。

フレッツ光のプロバイダーにビッグローブを使っている方は「自社転用」となり、キャッシュバックの対象外ですのでご注意ください。

 

ビッグローブ光の代理店は複数ありますが、こちらでは「NNコミュニケーションズ」をおすすめしています。

 

NNコミュニケーションズのキャンペーン
他社転用の方 現金10,000円キャッシュバック

 

NNコミュニケーションズのキャッシュバックは、「オプション加入が不要」「手続きが簡単」「最短2ヶ月で指定口座に振り込み」と好条件なので、安心して申込みが出来ます。

 

NNコミュニケーションズのキャッシュバック方法などは、以下のキャンペーンサイトでご確認ください。

NNコミュニケーションズ キャンぺーンサイト

 

②ビッグローブ光へ転用するときの注意点

フレッツ光からビッグローブ光へ転用する時の注意点をいくつか紹介します。

 

2.1必須オプションと不要なオプション

申し込み窓口によっては、不要なオプションをあたかも強制のように紹介されることがありますが、ビッグローブ光に必ず入らなければいけないオプションというものはありません。

 

しかし、「auスマートバリュー」で割引きを受けるためには、光電話のオプション加入が必須となっています、ビッグローブ光電話の基本料金は500円です。

auスマートバリューの割引き額は最低500円なので、光電話が不要な方は「auセット割」の方がお得な場合があります。

 

また、申し込み先の代理店によっては、キャッシュバックを受ける条件に「有料のオプション加入」が設定されているケースがあります。

こういった条件があると、キャッシュバックを貰ってもオプション代に消えてしまうので、オプション加入が不要の代理店を選ぶべきです。

 

その他、必要に応じて任意でオプションに加入できます。

たとえば、月額380円で利用できる「セキュリティセット・プレミアム」は、パソコン、スマホ、タブレット端末も含めて3台までセキュリティーが受けられ、初回2ヶ月は無料なので利用価値の高いオプションといえます。

 

これらのオプションは、ビッグローブ光の開通後でも申し込めますので、じっくり考えて必要なオプションのみ契約しましょう。

 

2.2その他注意点

ビッグローブ光へ転用すると、もうフレッツ光へは戻せません。

 

どうしても戻したい場合は、「ビッグローブ光を解約(違約金発生)⇒フレッツ光を新規契約(工事費発生)」となり、費用が大変高額になります。

 

フレッツ光では、数多くのプロバイダーから選択できましたが、ビッグローブ光はプロバイダーがビッグロープ一社のみとなっている為、現在お使いのプロバイダーがお気に入りの人は、ビッグローブ光へ転用しない方がいいでしょう。

 

③ビッグローブ光へ転用したほうが良い人・悪い人

フレッツ光からビッグローブ光へ、転用した場合のメリット・デメリットを一通り紹介しましたので、ここではどのような方がビッグローブ光に転用した方がお得なのか、またしない方がいいのかという視点でまとめてみました。

 

3.1フレッツ光のままのほうがお得なケース

現在のフレッツ光の基本料金が安い場合は、無理にビッグローブ光へ転用する必要はありません。

 

マンションタイプでLAN配線方式の場合は、フレッツ光の月額料金方がビッグローブ光より安く設定されています。

 

ビッグローブ光のマンションタイプは、「光配線方式、VDSL方式、LAN配線方式」の関係なく一律料金なので、ビッグローブ光にすると利用料金が上がってしまい乗換える意味がありません。

 

3.2ビッグローブ光以外に乗り換えた方が良い方

フレッツ光からの乗換えは、ビッグローブ光以外にもいくつか候補がありますが、お使いのスマホで光回線を選ぶのが最も有効です。

  • auスマホユーザー⇒ビッグローブ光・auひかり
  • ソフトバンクスマホユーザー⇒ソフトバンク光
  • ドコモスマホユーザー⇒ドコモ光

auのスマホユーザーの場合は、ビッグローブ光とauひかりでセット割が受けられますが、どちらかというと「キャッシュバックが高額」で「通信品質が優れている」auひかりの方がおすすめです。

 

各回線の「キャッシュバック額・基本料金・初期費用」を比較し一覧にしたので参考にしてください。

 

auひかりは、独自回線なので、転用という概念が無くすべて新規申し込みとなります、ソフトバンク光とドコモ光はフレッツ光から転用した際に受けられる特典です。

 

代理店経由の申込み特典一覧
auひかり

(NNコミュニケーションズ)

ネット+電話:50,000円

ネットのみ:43,000円

※マンションタイプはそれぞれ1万円減額

ソフトバンク光

(エヌズカンパニー)

他社転用:13,000円
ドコモ光

(GMOとくとくBB)

15,000円(条件付き)

5,500円(条件なし)

dポイント:5,000pt

ビッグローブ光

(NNコミュニケーションズ)

他社転用:10,000円

 

次に各社の基本料金を比較した表です。

 

ビッグローブ光と主要ネット回線の基本料金比較表
auひかり 【戸建て】

2年プラン:5,200円

3年プラン:5,100円~4,900円

【マンション】

タイプV16契約以上:3,800円

タイプV8契約以上:4,100円

タイプE16契約以上:3,400円

タイプE8契約以上:3,700円

マンションギガ:4,050円

マンションミニ:5,000円

ソフトバンク光 【戸建て】

2年契約:5,200円

【マンション】

2年契約:3,800円

ドコモ光 【戸建て】

2年契約:5,200円

【マンション】

2年契約:4,000円

ビッグローブ光 【戸建て】

2年プラン:5,180円

3年プラン:4,980円

【マンション】

2年プラン:4,080円

3年プラン:3,980円

 

最後に、初期費用を比較しました。

フレッツ光から転用ができる光コラボ回線は、工事費用がかからないため事務手数料のみとなっています。

 

初期費用一覧表
auひかり 【戸建】

工事費37,500円(光電話を契約すれば625円×60回割引で実質無料)+登録料3,000円

【マンション】

工事費30,000円(1,250円×24回割引で実質無料)+登録料3,000円

ソフトバンク光 契約事務手数料3,000円
ドコモ光 契約事務手数料3,000円
ビッグローブ光 転用申込手数料

2年プラン2,000円

3年プラン3,000円

 

auひかりは光コラボではないので転用ができず、開通工事が必要ですが、工事費用が実質無料になるキャンペーンがあるので、初期費用の面では問題ありません。

 

3.3ビッグローブ光に転用するとよい人

フレッツ光でプロバイダーにビッグローブを使っている人が、ビッグローブ光へ転用すれば、ビッグローブメールのアドレスはそのまま引き継げるため、変更の手間を一番少なくする事が出来ます。

しかし、キャッシュバックは貰えないので、他社と比べて数万円損をしてしまいます。

 

  • キャッシュバックはなくても手間が少ない方が良い人⇒ビッグローブ光がおすすめ
  • 手間がかかってもキャッシュバックが多い方が良い人⇒フレッツ光を解約して新規での契約がおすすめ

④転用の具体的な手順

では、具体的に転用手続きでビッグローブ光を申込む方法を紹介します。

 

4.1転用承諾番号とは?

転用手続きの際は、新規回線の申込みより先に、NTTから「転用承諾番号」というものを受け取る必要があります。

 

転用承諾番号は、電話かネットの手続きで簡単に取得できます。

転用承諾番号 取得窓口
東日本エリア NTTフレッツ光公式サイト東日本

0120-140-202

西日本エリア NTTフレッツ光公式サイト西日本

0120-553-104

 

転用承諾番号には有効期限(15日間)があるので、受け取ったらなるべく早めに新たな回線へ申し込みをしましょう。

 

ビッグローブ光への申し込みには、転用承諾番号の有効期限が4日以上残っている必要があります、もし有効期限が4日未満になってしまった場合は、再度取得すればOKです。

 

4.2ビッグローブ光の申込みは代理店経由がお得

ビッグローブ光は、NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトを経由して申し込むとお得です

NNコミュニケーションズ キャンペーンサイト

 

WEBの申込みフォームから申請が済むと、担当オペレーターから電話が来るので、申し込み意思の確認、キャッシュバック振込口座番号を伝えます。

 

1日から20日の間に申し込むと翌月1日から、21日から末日まで申し込むと翌々月1日からサービスが開始となります。

 

開通したら、ビッグローブ会員証に記載のビッグローブ接続情報(ユーザーID・PW)をルーターに設定します。

 

ビッグローブのID・PWで接続できることが確認できたら、いままで使っていたプロバイダーへ解約の連絡をします。

フレッツ光のほうは、転用と同時に解約になっているので何もする必要ありません。

 

⑤ビッグローブ光へ転用は慎重に行いましょう

フレッツ光から、光コラボ回線のビッグローブ光へは転用手続きで簡単に乗換えが可能です。

その際、フレッツ光でプロバイダーにビッグローブ以外を利用している人は、ビッグローブ光へ転用するとキャッシュバックまで貰えます。

 

しかし、光コラボ回線にも様々な種類があり、ビッグローブ光が一番お得な回線かどうかは、お使いのスマホやお住いの地域などでも異なるため、今回紹介した主要回線などとじっくり比較して選ぶことをおススメします。

 

何社も比較するのが面倒な方は、簡単な質問に答えるだけですぐに最適なネット回線が分かる診断ツールを用意していますので、ぜひこちらをお試しくださいね。

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

 

 

※フレッツ光からドコモ光への転用をご検討中の方は、「【事前に確認!】フレッツからドコモ光に転用すると損する場合がある!失敗しない手続き方法を解説します!」の記事をご参考ください。

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら