光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

UQモバイルの解約はどこでする?解約方法と注意点を解説します

2018.09.20

UQモバイルの解約はどこでする?解約方法と注意点を解説します はコメントを受け付けていません。

格安SIMスマホのUQモバイルの解約を検討中の方のために「解約方法」や「解約時の注意点」をまとめました。

 

これを読んでおけばきっと解約がスムーズで、余計な費用が発生することなくUQモバイルの解約ができるでしょう。

これから新規でUQモバイルを契約する方でも、参考になる記事なのでぜひ目を通してくださいね。

 

①UQモバイルの解約方法

au、ドコモ、ソフトバンクであれば日本全国にショップがたくさんあるので、ショップに行けば解約ができますが、UQモバイルの場合は「UQスポット」や「UQモバイル取扱店舗」の店頭での解約は受け付けておらず電話でのみ解約することができます。

 

1.1解約受付電話番号と解約時に必要な情報

UQモバイルの解約は「UQお客さまセンター」でのみ受け付けています

 

UQお客さまセンター(ケータイ・一般電話から)
電話番号 0120-929-818

受付時間 9:00~21:00

 

解約時は以下の質問をオペレーターにされるので事前に用意しておくとスムーズです。

  • 解約の理由:アンケートのようなものなので本当のことを言えばOK
  • 解約するUQモバイルの電話番号:090/080/070等から始まる電話番号
  • UQモバイルの契約名義
  • 暗証番号:契約時に決めている

解約の手続き自体はごく簡単ですが、違約金や端末残代などいくつか注意すべき点があるので後程詳しく説明します。

 

また、利用中の電話番号を乗り換え先のスマホに引継ぎたい場合は「MNP転出手続き」もこの電話で行えます。

MNP転出手続きをした場合は、他社へMNP転入後に自動的にUQモバイルは解約になります。

音声通話プランではなくデータ通信プランのみの方は、普通に「解約」だけをすればOKです。

 

解約や他社へMNPで乗り換えた後は、UQモバイルのSIMカードは不要となり、UQコミュニケーションズへ返却の必要もありません。

解約後のSIMカードは再利用することもできないので破棄して大丈夫ですが、個人情報保護のためハサミ等で切断すると安心です。

他のMVNO(格安SIM会社)は解約済みSIMを返却しないと違約金を取るところがありますのでご注意ください。

 

1.2解除されるタイミング

MNP(ナンバーポータビリティ)ではなく通常の解約の場合は解約の電話かけたその日に「即日解約」となります

基本料金については日割り計算になりますが、オプション使用料は1ヶ月分かかります。

 

② UQモバイルからの乗り換え

UQモバイルを解約した後にどこのスマホを使うか決めたら、どのような手順で他社へ乗り換えるのかといった具体的な方法を解説します。

 

2.1乗り換え(MNP)時に必要な準備

UQモバイルをやめて違う会社に乗り換えても同じ電話番号を使いたい場合は、新規契約の前にUQモバイルで「MNP転出手続き」が必要です。

 

「MNP転出手続き」をするとMNP予約番号が発行されますが、MNP予約番号には15日間という有効期限が定められています、有効期限が切れると使えなくなってしまうので余裕をもって乗り換え先へ申し込みましょう。

 

申し込み先によっては「MNP予約番号の取得から2日以内」「MNP予約番号の有効期限の残りが10日以上」などタイトなスケジュールを指定しているので、基本的にはMNP予約番号を取得した当日に乗り換え先に申込みをする事をおすすめします。

 

MNP予約番号の取得後に使用出来ずに15日間の有効期限が切れても無効になるだけですので、また必要になればMNP予約番号は何度でも取得できます。

そのため、MNP転出手続きをしたからといって必ずUQモバイルが解約となるわけではなく、MNP予約番号を使って他社回線の申込みをした時点でUQモバイルの解約となるので注意が必要です。

 

MNP転出手続きの方法は解約と同じく、UQお客さまセンターへ電話して行います。
(現在my UQ mobileウェブ上での手続きは不可能)

 

UQお客さまセンター(ケータイ・一般電話から)
電話番号 0120-929-818

受付時間 9:00~21:00

解約と同じく、MNP転出手続きの際もオペレーターに「解約理由」「UQモバイルの電話番号」「UQモバイルの契約名義」「暗証番号」は聞かれるので事前にこれらの情報を用意しておきましょう。

 

2.2契約が解除されるタイミング

乗り換え先でMNP予約番号を伝えて新規契約を申し込むのですが、この段階ではまだUQモバイルは解約になっていません。

ネットで新規契約をした場合は、新しいSIMカードが届いた後に「MNP転入手続き」を取り、新しいSIMカードが開通した時点でUQモバイルが解約になります。

つまり、乗り換え後のスマホが使えるようになった日がUQモバイルの解約日です。

 

MNP転入手続きは、乗り換え先のSIMカードが届いた後にネットもしくは電話で行いますが、これを「即日MNP」といいます。

即日MNP対応の乗り換え先であれば自分のタイミングで切り替えられますが、即日MNPが未対応だと事業者のほうで切り替えが行われるので、数日間電話が使えない期間が発生し大変不便です。

 

ただ、現在ほとんどの主要格安SIM事業者は即日MNPに対応しているので、マイナーな格安SIM事業者を選ばない限りは大丈夫でしょう。

また、SIMカードが届いても自分でMNP転入手続きをしないままでおくと数日はUQモバイルが通じている状態にあり、その後MNP予約番号有効期限以内に自動的に切り替えが行われます。そうなるとUQモバイルは解約になります。

 

③解約時に気を付ける事(費用編)

解約や乗り換え時には解約違約金や新規手数料など、意外と費用がかかるものです。

予想外の出費に慌てる事がないように、UQモバイルの解約と乗り換えにかかる費用を解説します。

 

3.1UQモバイル解約時の費用はどれくらいかかる?

UQモバイルのMNP転出手数料は、3,000円です。

乗り換え先の回線によりますが、新規契約の事務手数料は約3,000円かかるので、MNPで乗り換えると最低6,000円位かかると見積もっておきましょう。

その他にUQモバイルを解約する時に気を付けるべきポイントは、「違約金と端末残債」です。

 

UQモバイル解約(MNP乗換)時に発生する費用をまとめました。

  • MNP転出手数料:3,000円
  • 新規契約事務手数料(他社):3,000円程度
  • UQモバイル解約違約金:9,500円
  • 端末残債:契約期間と端末により異なる

 

違約金について具体的にみていきましょう。

UQモバイルで違約金が発生するのは音声通話が付いているプランです。

「データ高速のみ」と「データ無制限のみ」の音声通話がないプランはいつ解約をしても違約金はかかりません。

 

UQモバイル解約違約金のかかるプランと条件
違約金がかかるプラン名 9,500円の違約金がかかる条件
データ高速+音声通話 最低利用期間12ヶ月以内に解約
データ無制限+音声通話 最低利用期間12ヶ月以内に解約
おしゃべりプラン 更新月以外に解約
ぴったりプラン 更新月以外に解約

「データ高速+音声通話」と「データ無制限+音声通話」であれば、最低利用期間の12ヶ月以内に解約した場合のみ違約金(9,500円)がかかるので条件としてはわかりやすいでしょう。

一方「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の2年ごとの自動更新となっているのでで自分の更新月を忘れてしまう事もありますよね、次項で更新月の確認方法を紹介します。

 

3.2「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の更新月の確認方法

課金開始月を1カ月目として数えて、解約違約金がかからない更新月は「26カ月目」になります。

更新月に解約をしなかった場合は、さらに24ヶ月間契約が自動更新されます。

この更新月がいつか忘れてしまった方は「my UQ mobile」へログインすると確認することが出来ます。

 

my UQ mobileログインページ

 

my UQ mobileにログインすると端末の分割払い残債の有無も確認できます。

端末の分割払いはUQモバイル解約後も継続できるので解約時に一括で支払う必要はありませんが、マンスリー割で端末割引きを受けていた場合はその割引が終了してしまう点に注意が必要です。

 

マンスリー割とは「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の契約と同時にUQモバイルで端末を購入した方に適用される端末割引サービスです。

マンスリー割りで24回の分割払い代金のほぼ全額、または一部が割引かれますが分割払いが終わる前にUQモバイルを解約するとマンスリー割も終了になるため残債が実費になるという事です。

 

④解約時に気を付けること(費用以外)

費用以外でいくつかUQモバイルを解約する際に気を付けるべき点を紹介します。

 

4.1 SIMロック解除方法と注意点

UQモバイルで購入したAndroid端末はSIMフリースマホなので、解約時にSIMロック解除の必要はありません。

しかし、iPhoneをUQモバイルで購入した方は、UQモバイルのSIMロックがかかっているので、乗り換え先のSIMで使う場合はSIMロック解除が必要です。

UQモバイルで現在SIMロック解除ができる機種は「iPhone6s」と「iPhoneSE」のみになっています。(iPhone5sはSIMロックがかかっているが解除不可能)

 

SIMロック解除は、my UQ mobile(ウェブ上)で自分で手続きを行えば無料です。

my UQ mobileログインページ

 

しかし、UQお客さまセンターへ電話しSIMロック解除を依頼すると、3,000円の手数料がかかります。

UQお客さまセンター(ケータイ・一般電話から)
電話番号 0120-929-818 (ガイダンス2⇒1)

受付時間 9:00~21:00

 

乗り換え先の事業者で新しい端末に変更する場合は、SIMロック解除はしなくても問題はありませんが、SIMロックがかかったiPhoneはUQモバイルでしか使えないので中古ショップ等に売る場合に価値が低くなるため解除しておくことをおすすめします。

もしSIMロック解除前にUQモバイルを解約してしまっても、解約後100日以内なら手続きは可能です。

 

4.2 UQモバイルのメールアドレスは使えなくなる

UQモバイルでは月額200円で使えるメールアドレス「○○○@uqmobile.jp」がありますが、UQモバイルを解約した場合このメールアドレスは使えなくなります。

 

以前はスマホ会社のメールアドレスを使うのが一般的で信用度も高かったのですが、Gmailなどのフリーメールも近年では問題なく使用できますし、スマホの解約で消滅することがないのでフリーメールをメインに使う事をお勧めします。

 

⑤UQモバイルの解約方法おさらい

UQモバイルの解約は電話でのみ受け付けています。

事前に解約時にかかる「解約違約金・端末の残債」等をチェックして費用負担を最小限に抑えましょう。

 

UQモバイルの解約(他社へ乗り換え)の流れをおさらいしておきます。

①my UQ mobile(ネット)で更新月や端末残債を確認

②乗り換え先の会社を決める

③UQお客さまセンター(電話)でMNP予約番号を取得

④乗り換え先の回線を申し込む(MNP予約番号を伝える)

⑤新しいSIMカードが届く

⑥MNP転入手続き


⑦新しいSIMが開通と同時にUQモバイルが自動解約

 

今回は、UQモバイルの解約方法と注意点を紹介しました。

これからUQモバイルを新規で申し込む方は、受付窓口でキャッシュバックが異なるので以下の記事でUQモバイルのお得なキャッシュバックの情報をゲットしてくださいね。

UQモバイルのキャッシュバックの受け取りに注意!おすすめのキャンペーンと受け取り方法を解説

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら