光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

Broad WiMAXは本当に最安値?全メリット・デメリットから実証

2019.03.13

Broad WiMAXは本当に最安値?全メリット・デメリットから実証 はコメントを受け付けていません。

WiMAXはどのプロバイダで契約をしても、通信品質は同じです。

なぜなら、すべてのWiMAXは「UQコミュニケーションズ」の提供するサービスだからです。

同じサービスや商品ならば、一番安いところを選びたいですよね。

 

そこで、WiMAXの中で安いと評判のBroad WiMAXについて調べました。

WiMAXを検討中の方に、目を通してほしい記事になっています。

 

①Broad WiMAXのメリット

Broad WiMAXのメリットを紹介します。

 

1.1 月額料金が安い

Broad WiMAXには入会時キャッシュバックはありません。

その代りに月額料金をとても安く設定しています。

 

UQコミュニケーションズの月額料金と比較しました。

 

Broad WiMAXとUQコミュニケーションズの料金比較表
Broad WiMAX UQ WiMAX
ギガ放題 1~2カ月目:2,726円

3~24カ月目:3,411円

25カ月目以降:4,011円

4,380円
ライトプラン 1~24カ月目:2,726円

25カ月目以降:3,326円

3,696円

 

UQ WiMAXはずっと一定の料金なのに対し、Broad WiMAXは25か月目まで割引き料金が適用されます。

25カ月目以降に割引が終了しても、UQ WiMAXより安くなっています。

 

1.2 最新機種が無料

Broad WiMAXでは、最新機種を無料で手にする事ができます。

プロバイダによっては「分割払いと同額割引で実質0円で、返済中に解約した場合は残債一括払い」という契約の場合があります。

 

その点、Broad WiMAXの場合は完全に無料になので安心です。

 

1.3 違約金還元キャンペーン

他社WiMAXからBroad WiMAXへ乗り換えた方には、他社の解約違約金を最大19,000円までキャッシュバックしてくれるキャンペーンがあります。

 

このような違約金負担を行っているのは、Broad WiMAXだけです。

 

1.4 端末の当日受取が可能

Broad WiMAXでは、店頭で当日受け取りも可能です。

すぐにWiMAXが必要な方にはうれしい点ですが、受取可能の店舗は

  • 渋谷
  • 秋葉原
  • 大宮
  • 梅田

の限られたエリアのみです。

 

②Broad WiMAXの全デメリット

Broad WiMAXのデメリットを紹介します。

 

2.1 初期費用を無料にするために条件がある

Broad WiMAXでは、毎月の利用料金を安く設定するために「初期費用」というものが存在します。

初期費用は18,857円と高額ですが、以下の3つをクリアすれば0円になります。

 

<初期費用18,857円を無料にする条件>

  • クレジットカード払いを指定
  • 安心サポートプラス(550円/月)に加入
  • My Broadサポート(907円/月)に加入

初期費用無料キャンペーンは、有料オプションの「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」を端末の到着後に即解約しても有効です。

My Broadサポートは最大2カ月無料なので、安心サポートプラスの初回550円分だけ支払うことになります。

 

この初期費用無料キャンペーンを利用する際は注意が必要です。

契約開始月翌月から24ヶ月以内に解約した場合、通常の解約違約金とは別にキャンペーン違約金として「9,500円」が請求されるからです。

 

2.2 auスマートバリューmineを使うと基本料金が高くなる

WiMAXは、auのスマホとセットで使用すると毎月最大1,000円の割引きが受けられる「auスマートバリューmine」という優待サービスがあります。

しかし、Broad WiMAXでauスマートバリューmineを適用させると、通常より約1,000円高い「auスマホ割プラン」となるので割引きの意味がありません

 

通常時と割引き時の月額料金表
auスマホ割プラン

(ギガ放題)

1~2カ月目:3,695円

3カ月目以降:4,380円円

通常プラン

(ギガ放題)

1~2カ月目:2,726円

3~24カ月目:3,411円

他のプロバイダでは、auスマートバリューmineを適用させても月額料金は変わりません。

そのため、auスマホをお使いの方にはBroad WiMAXをおすすめできません。

 

③Broad WiMAXの評判

ネット上のBroad WiMAXの評判はどうなっているのか、口コミを調べて見ました。

 

まずは、Broad WiMAXに関する良い口コミを見てみましょう。

Broad WiMAXは、料金の安さに関して良い口コミが多く上がっています。

 

次に良くない口コミです。

通信速度に関しての口コミですが、WiMAXの通信速度はプロバイダごとに違いはないので、Broad WiMAXが遅いというのは間違いです。

通信速度に違いが出るのは、住んでいる地域や利用場所によって電波の入り具合が異なるからです。

 

④ Broad WiMAXの料金プラン

まずは、Broad WiMAXとその他のプロバイダの料金を月額料金を比較します。

 

月額料金比較表(ギガ放題)
GMOとくとくBB 1~2カ月目:3,609円

3カ月目以降:4,263円

@nifty 1~2カ月目:3,670円

3カ月目以降:4,350円

Broad WiMAX 1~2カ月目:2,726円

3~24カ月目:3,411円

25カ月目以降:4,011円

So-net 1~36ヶ月:3,620円

37カ月目以降:4,379円

BIGLOBE 1~2カ月目:3,695円

3カ月目以降:4,380円

UQ WiMAX 4,380円

 

3年間の総支払額の順位です。

  • 1位⇒GMOとくとくBB:125,423円
  • 2位⇒@nifty:132,490円
  • 3位⇒Broad WiMAX:136,187円
  • 4位⇒So-net:137,699円
  • 5位⇒BIGLOBE:150,910円
  • 6位⇒UQ WiMAX:155,060円

月額料金は最安値のBroad wimaxですが、総支払額では3位となります。

 

⑤ Broad WiMAXのキャンペーン

WiMAXを始める際はキャンペーンの内容をしっかり調べ、受けられる特典は全て適用させましょう。

 

5.1初期費用無料キャンペーン

デメリットでも紹介したように初期費用無料キャンペーンを利用しないと、18,857円の初期費用がかかります。

 

クレジットカード払いが必須ですので、クレジットカードを持っていない方は口座振替可能なプロバイダを選びましょう

 

5.2乗り換え時の違約金負担

他社WiMAXからBroad WiMAXへ乗り換えた方は、Broad WiMAXが他社違約金を最大19,000円まで負担してくれます。

 

利用方法は、一旦自分で解約したWiMAXの違約金を支払い、支払い明細の資料をメールで送ります。

その後、違約金キャッシュバック用の振込先口座番号を伝えれば、手続きは完了です。

 

5.3いつでも解約サポート

Broad WiMAXを使ってみて通信速度などが気に入らなかった場合は、違約金なしで他の回線へ乗り換えができます。

Broad WiMAXの提供会社はリンクライフといいますが、リンクライフはその他の回線の取次業もしているからです。

 

乗り換え先回線は、モバイルルーターのネクストモバイルや、大手のソフトバンク光やauひかりなどの光回線などがあります。

いつでも解約サポート専用の窓口より申し込みが必要です。

 

いつでも解約サポート申し込み窓口
電話 0120-187-727
Web https://support.broad-isp.jp/contact-gomanzoku/form.php

 

5.4機種変更無料キャンペーン

Broad WiMAXを20カ月以上使っている人は、無料で最新機種へ機種変更ができます。

Broad WiMAXは3年契約なので、契約の途中で新しい機種が欲しくなった場合に最適なキャンペーンです。

 

ただし、機種変更をするとこれまでの契約期間を引き継ぐことができず、機種変更の時点から新たに契約がスタートし、契約期間が3年後に延びます。

 

⑥ Broad WiMAXはこんな人におすすめ

Broad WiMAXを選ぶとお得に利用できる方を紹介します。

自分の状況と照らし合わせて、読み進めて下さいね。

 

6.1キャッシュバックの受取手続きに自信がない人

WiMAXの中で最安値は、キャッシュバックが高額なGMOとくとくBBです。

しかし、キャッシュバックの受取りには少々面倒な手続きが必要です。

  1. 端末発送月を含む11カ月目に基本メールアドレス宛に案内が届く
  2. 必要事項を記入して返信する

契約してから約1年後に手続きとなるので、忘れるリスクがあります。

手続きを忘れそうな方は、手続きなしで割引が適用されるBroad WiMAXがおすすめです。

 

6.2過去にGMOとくとくBBを利用したことがある方

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは、過去に1度でも何らかのGMOとくとくBBで会員になったことがある人は退会していても対象外となります。

 

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックが受けられないと支払う金額が高くなってしまうので、Broad WiMAXの方がお得です。

 

6.3 au以外のユーザー

auスマホをお使いの方は、Broad WiMAX以外のWiMAXにしましょう。

 

Broad WiMAXはauスマートバリューmineを使うと、WiMAXの基本料金が上がってしまうので意味がないからです。

 

auのスマホをお使いでない方にBroad WiMAXをおすすめします。

 

⑦Broad WiMAX契約の流れと注意点

Broad WiMAXの申し込みの流れと注意点を説明します。

 

以下のキャンペーン専用のサイトから申し込みを行います。

Broad WiMAXキャンペーンサイト

 

クレジットカード払いと有料オプション2つに加入しないと初期費用がかかるので、選択を間違えないようにしましょう。

 

その後、使用したい端末の種類と端末の色、充電器の希望の有無を選びます。

充電器は希望しないと付いてきませんが、充電器をBroad WiMAXで買うと1,800円もするので、ここで購入する必要はありません。

充電ケーブルはandroid系スマホなどと同じですので、すでに持っている人も多いはずです。

 

全ての項目にチェックを入れ終えたら、名前やクレジットカード情報等を入力して申し込みをします。

土日以外は即日発送を行っていているので、申し込みから遅くとも1週間以内には到着するでしょう。

 

この記事を参考に、自分に合ったWiMAXを見つけてインターネットを楽しんで下さいね。

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら