光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

Broad WiMAXの通信可能エリア確認方法とエリア外のときの対処法を教えます

2018.11.22

Broad WiMAXの通信可能エリア確認方法とエリア外のときの対処法を教えます はコメントを受け付けていません。

WiMAXは、持ち運べるポータブルルーターを使ったネット通信サービスです。

基地局からの電波を使って通信を行うので、スマホや携帯のように通信可能エリアが決まっています。

 

この記事では、Broad WiMAXの通信可能エリアの検索方法と、エリア外だった場合の対処法を紹介しています。

 

これからBroad WiMAXを契約する方はもちろん、現在すでにBroad WiMAXを利用中の方も参考になる内容になっていますので、ぜひお読みください。

 

①どのプロバイダのWiMAXでも通信エリアは同じ

Broad WiMAXには電波が届くエリアが決まっており、そのエリア内に入っていなければインターネット接続ができません。

また、たとえエリアマップ上では通信可能エリア内であったとしても、建物などによって電波が遮られうまく通信が出来ないこともあります。

 

WiMAXを取り扱っているプロバイダは「GMOとくとくBB・@nifty・so-net・BIGLOBE」など数社ありますが、どのプロバイダのWiMAXでも対応エリアは一緒です。

 

なぜかというと、Broad WiMAXをはじめ、so-net WiMAXやGMOとくとくBBWiMAXなど、WiMAXが名前に入っているモバイルルーターはすべて「UQWiMAX」だからです。

UQWiMAXの回線は、UQコミュニケーションズが管理しており、Broad WiMAXはその回線を借りてユーザーに提供している販売店に過ぎません。

 

つまり、Broad WiMAXの通信可能エリアは、UQWiMAXの対応エリアと同じということになり、通信速度も変わりはありません。

 

その他、WiMAXで使用する端末もUQWiMAXのものと同じですが、プロバイダごとに「月額料金・キャンペーン・オプション・契約期間や機種変更のルール」などが異なる点です。

 

WiMAX事業者ごとの相違点

同じポイント

違うポイント

  • 対応エリア
  • 選べる端末
  • 通信速度
  • 月額料金
  • キャンペーン
  • 契約期間
  • 違約金
  • 機種変更
  • オプション

 

WiMAXを選ぶときは異なる点を比較し、よりお得で自分に合ったサービスを提供するプロバイダであるかがポイントになります。

 

②wimaxWiMAXには3つの電波がある

WiMAXは電波の種類を細かく分けると「WiMAX」「WiMAX 2+」「LTE」の3種類があります。

 

このうち「WiMAX」は2018年9月30日に新規受付を終了し、サービス自体も2020年3月31日をもって終了になるので、その他2つの電波について説明します。

 

2.1 LTEはオプション

「LTE」はオプションで使える回線となっており、オプションを契約するとKDDIが提供するauのLTE回線をWiMAXの契約者も使えるようになるということです。

 

Broad WiMAXでは、契約が3年間続く3年プランで申込みをすればこのLTEのオプション料は無料となります。

しかし、2年プランの場合はLTEオプションが有料で「1,005円/月」かかります。

 

LTEは申し込みをしなくても、WiMAX端末の設定でLTEモードに切り替えて使う事ができますが、2年プランの方が間違えて1度でも接続してしまうと、毎月1,005円のオプション使用料を取られてしまうので注意が必要です。

 

LTE回線を使っての通信は、auの携帯と同じエリアなので範囲が広く、かつWiMAXやWiMAX2+と比較して建物などの遮蔽物に強い性質の電波のため、繋がりやすいという性質があるので、WiMAX2+で繋がらない場合にLTEモードに切り替えて使います。

 

また、WiMAX2+とLTEの回線を同時に繋げ、WiMAX2+を単独で使うより通信速度を上げることができるメリットもあります。

 

 

ただし、LTEでの通信は月に7GBまでという制限があり、超えてしまうとWiMAX2+の通信でも通信速度が月末まで128Kbpsに速度制限されます。

これは、ギガ放題で契約していても引っかかってしまうので、LTEモードは多用しない方が良いでしょう。

 

2.2 WiMAX2+がメイン電波

「WiMAX2+」がメイン電波なので、WiMAXの通信環境といえば、WiMAX2+のことです

 

通信エリアを調べる際も「WiMAX、WiMAX2+、LTE」の3つそれぞれで調べることができますが、WiMAX2+のエリアが一番重要だと覚えておきましょう。

 

もうすぐサービスが終了するWiMAXの通信可能エリアは現在縮小している代わりに、WiMAX2+のエリアが拡大中でauのLTEに追いつく勢いとなっています。

 

現在の通信可能エリアの広さの順位はこのようになります。

  1. auLTE
  2. WiMAX2+
  3. WiMAX

 

③Broad wimaxWiMAXの対応エリアの確認方法

どのプロバイダにしてもWiMAXの通信可能エリアを調べるには、UQコミュニケーションズのサイトでUQWiMAXのサービス提供エリアを確認します。

 

Broad WiMAX対応エリア検索(UQWiMAXサービス提供エリア)

 

3.1 検索項目の選び方

エリアを調べる項目に「WiMAX」「WiMAX2+」「LTE」のタブがありますが、「WiMAX2+」をチェックすることが一番大切です。

それは、①「WiMAX」は終了する電波だから確認不要、②「LTE」は7GBの容量制限がある回線なのでメインではない、③WiMAX2+の通信可能エリアがLTEのエリアをほぼ網羅している、という理由からです。

 

「サービスエリアマップ」は日本地図で視覚的に電波が届く範囲が調べられます。

また、ピンポイントエリア判定では主に利用する自宅住所などを入力すると、「○△×」の記号でWiMAX2+の利用可能の有無が判定されます。

 

ピンポイント判定を行う際は、WiMAXを契約するプロバイダによって少し見方を変える必要があるので次項で解説します。

 

3.2 プロバイダに合ったピンポイントエリア検索の見方

GMOとくとくBBの場合は、ピンポイントエリア判定で「○」になっているかをチェックしましょう。

なぜならピンポイントエリア判定で「○」となっているのを確認し契約した場合に、実際に利用してみて電波が届きにくい時のみ、開通後20日以内であればキャンセルが可能になるからです。

 

Broad WiMAXの場合は、GMOとくとくBBのような「20日以内キャンセル」制度がない代わりに、WiMAX端末の到着後8日以内であれば「初期契約解約制度」によりキャンセルが可能です。

「○」でも使えない場合や「△」でも使えることもあり、実際使ってみないと分からないケースが多いのが実状なので、Broad WiMAXはピンポイントエリア判定は「○」にこだわらず、実際使って判断するのが良いでしょう。

 

④Broad WiMAXがエリア外の時の対処法

では、Broad WiMAXがエリア外だった場合、WiMAXとは違う回線を使用しているモバイルルーターを使う事をおすすめします。

 

先ほど少しお伝えした通り、Broad WiMAXの代わりにSo-net WiMAXやGMOとくとくBBのWiMAXなど、他社のWiMAXしても提供エリアが一緒なので意味はありません。

 

4.1 WiMAXがエリア外の場合はネクストモバイルがおすすめ

WiMAX以外の回線を使ったモバイルルーターでおすすめは「ネクストモバイル」です。

 

ネクストモバイルでは、ソフトバンクの通信回線を使っているのでサービス提供エリアが広く、電波の性質上遮蔽物に強いため繋がりやすいからです。

WiMAXが苦手とする地下でも、ネクストモバイルでは繋がることが多いでしょう。

 

4.2 ネクストモバイルの対応エリア検索方法

ネクストモバイルの対応エリアは、ソフトバンクのサービスエリアマップで調べることが出来ます。

 

ネクストモバイル通信可能エリア(ソフトバンク対応エリア)

ソフトバンク対応エリアは、そのままネクストモバイルの対応エリアとなります。

 

4.3 ネクストモバイルの各種料金

ネクストモバイルは、WiMAXと同じく端末代金が無料ですが、初回事務手数料が3,000円かかります。

月額料金プランは「20GB・30GB・50GB」の3つから選べます。

 

ネクストモバイルのプランと料金の一覧
50GBプラン 3,490円/月

(13カ月目から4,880円)

30GBプラン 3,490円/月

(25カ月目以降3,695円)

20GBプラン 2,760円/月

(25カ月目以降3,695円)

 

月のデータ容量を超えると月末まで128Kbpsに速度制限がかかります。

 

ネクストモバイルの各種費用一覧
事務手数料 3,000円
解約手数料 0〜12ヶ月目:19,000円

13〜24ヶ月目:14,000円

26ヶ月以降(更新月以外):9,500円

 

2年ごとの更新月に解約をすれば、解約手数料はかかりません。(一回目の更新月は25か月目)

 

4.4 ネクストモバイルは繋がりやすい

ネクストモバイルの通信速度は「下り最大150Mbps/上り最大50Mbps」です。

下りの最大値がWiMAXより低いので遅いように思えるかもしれませんが、通信状況はWiMAXと比べて安定しているので、速度に関してもネクストモバイルの方が満足できる可能性は高いでしょう。

 

ネクストモバイルはソフトバンクのスマホと同じ回線を使うので、ソフトバンクのスマホが使える場所であればネクストモバイルも繋がります。

また、ソフトバンクのスマホで大容量のプランを契約するより、ネクストモバイルのほうが圧倒的に料金が安くすむのも魅力です。

 

4.5 ソフトバンクスマホとネクストモバイルの料金比較

では、ソフトバンクのスマホとネクストモバイルでは、料金にどれくらいの差があるのかみてみましょう。

 

ソフトバンクスマホとネクストモバイルのデータ量と利用料金

ソフトバンク(データ定額の料金)

ネクストモバイル

データ定額50GB:7,000円 50GBプラン:3,490円
データ定額20GB:6,000円 20GBプラン:2,760円
30GBプラン:3,490円

 

ソフトバンクのスマホは、上記以外にウェブ使用料300円/月と基本プラン(スマホ放題2,700円/月、スマホ放題ライト1,700円/月など)が必要なので、同じデータ量でネクストモバイルの倍以上の料金がかかるでしょう。

 

また、Broad WiMAXとネクストモバイルの月額料金と比較すると、Broad WiMAXはギガ放題プランが月額3,411円となっているので、ネクストモバイルと料金的にはいい勝負です。

 

⑤Broad WiMAXがエリア外の場合のおすすめモバイル回線まとめ

Broad WiMAXのエリア検索方法とエリア外の対処法をお伝えしてきました。

 

Broad WiMAXの対応エリアは、UQWiMAXと同じなので、UQWiMAXのサービスエリアを調べれば対応エリアが分かります。

その際、Broad WiMAXで対応エリア外だった場合は、Broad WiMAX以外のWiMAXサービスでもすべて対応エリア外ということになるので、ネクストモバイルのように違う回線を使ったモバイル通信サービスを選ぶのが正解です。

 

【ネクストモバイルをおすすめする理由】

  • ソフトバンクスマホの回線を使うので通信可能エリアが広い
  • 電波の性質上遮蔽物に強くWiMAXより繋がりやすい
  • 料金はWiMaXとほぼ同じ

通信制限に関しては、Broad WiMAXの場合は3日で10GBで使用制限がかかり、ネクストモバイルは1ヵ月単位の利用で制限がかかるという違いがあります。

以上の違いなどをよく確かめて、あなたにぴったりのサービスを選びましょう。

 

ネクストモバイルのお申込み方法とキャンペーンについては、以下のキャンペーンサイトで確認してくださいね。

ネクストモバイル キャンペーンサイト

 

WiMAXのキャンペーン比較!

こちらではWiMAXのプロバイダ毎にキャンペーン内容や支払総額を比較し、それぞれの特長や注意点を解説しています。

おすすめのキャンペーンも紹介しているので、プロバイダ選びに迷っている方はぜひご覧ください。

【11月最新版】WiMAXキャンペーン比較!危険なキャンペーンに注意!おすすめのキャンペーンはこれ!

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら