光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

ビッグローブ光とauひかりの差とは?違い・料金・初期費用・キャンペーンを徹底解説

2018.05.05

ビッグローブ光とauひかりの差とは?違い・料金・初期費用・キャンペーンを徹底解説 はコメントを受け付けていません。

auのスマホ・携帯を利用中の方は、ネット回線とのセット割(auスマートバリューまたはauセット割)がとてもお得なので、光回線を選ぶ際は「auひかり」か「ビッグローブ光」がおすすめです。

 

しかし実際に契約する場合は、どちらの回線にしようか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、二つの回線を様々な角度から比較しますので、あなたの条件と照らし合わせながら読み進め、べストな回線を選んでくださいね。

 

①ビッグローブ光とauひかりの違い

auひかりといえば、KDDI株式会社が運営する光回線インターネットサービスですが、実は、ビッグローブ光もKDDI株式会社の子会社が運営しているので同じグループなのです。

 

では、この二つの回線はなにが違うのか、「使用する回線設備・プロバイダーの数・回線速度」に沿って解説します。

 

1.1ビッグローブ光回線とauひかり回線の違いは?

ビッグローブ光とauひかりの一番の違いは、使用している回線設備です。

 

  • ビッグローブ光:NTTフレッツ光の設備を使用した光コラボレーション回線の一つ
  • auひかり:KDDIが独自で敷いている光回線設備を使用した光回線

つまり、同じグループ会社の光回線なのですが、両社は全く異なった回線を使用したネット通信サービスなのです。

 

光コラボレーション(略して光コラボ)は、NTTのフレッツ光の設備を使用するため、フレッツ光利用者がビックローブ光への乗り換えは、工事不要で簡単です。

 

一方、auひかりは独自のネット回線を使用する為、auひかりへ乗り換えまたは新規で始めるには、KDDIの光ファイバーケーブルを自宅に引き込む工事が必ず必要です。

 

1.2ビッグローブ光とauひかりで使えるプロバイダーは?

ビッグローブ光は、提携するプロバイダーがビッグローブ一社に限られます。

 

auひかりは、「@nifty・@TCOM・AsahiNet・au one net・ビッグローブ・DTI・So-net」の7社から選べます、フレッツ光と比べると数は少ないですが、大手のプロバイダーが揃っています。

 

1.3ビッグローブ光とauひかり通信速度の違い

通信速度の最大理論値は、戸建てタイプの場合、auひかり・ビッグローブ光のどちらも一緒で「1Gbps」です。

 

ただ、これらの速度は最大理論値と呼ばれ、最大速度が同じでも、実際に速度を測ってみるとauひかりの方が上の場合がほとんどです。

 

その理由は、ネット上のデータをやり取りする光ケーブルは、利用者で最大32分割して使用し、各ケーブルで混雑具合が違うためです。

 

ビッグローブ光が使用する光ケーブルには、フレッツ光を始め、OCN光、ドコモ光など、たくさんの光コラボ回線のユーザーが混在しているので、1本の光ケーブルあたりの加入率がどうしても高くなります。

 

それに対し、auひかりの光ケーブルはauひかりユーザーのみで使用できるので、必然的に光ケーブル1本当たりの加入率がビッグローブ光よりも少なく、混雑が起きにくいのです。

 

②ビッグローブ光とauひかりはどちらがお得か

お得なネット回線を選ぶには、「基本料金」だけでなく「初期費用」「各種キャンぺーン」「入会時キャッシュバック」などもしっかりチェックしないと分からないので、各項目ごとに詳しく見ていきましょう。

 

2.1ビッグローブ光とauひかりの基本料金

ビッグローブ光の基本料金は、2年契約自動更新プランか3年契約自動更新プランかによって異なり、3年契約自動更新プランのほうが安い設定になっています。

 

ビッグローブ光料金表
戸建て 2年プラン:5,180円

3年プラン:4,980円

マンション 2年プラン:4,080円

3年プラン:3,980円

 

auひかりも、戸建てタイプは2年契約自動更新(ギガ得)と3年契約自動更新(ずっとギガ得)が選べ、ずっとギガ得の方が割安です。

 

マンションは、契約期間の定めが無い(標準プラン)と、2年契約自動更新(お得プランA)があり、金額はどちらも同じです。

 

auひかりの料金表
戸建て 2年プラン 5,200円
3年プラン 1年目:5,100円

2年目:5,000円

3年目以降:4,900円

マンション タイプV 16契約以上:3,800円

8契約以上:4,100円

タイプE 16契約以上:3,400円

8契約以上:3,700円

 ギガ ギガ:4,050円

ギガミニ:5,000円

※タイプV…VDSL、タイプE…LAN配線

auひかりマンションの契約タイプは、建物内の契約者数と建物内の設備の違いで決まり、利用者が選べるものではないので、ビッグローブ光のほうが安い場合もありますが、戸建てではどちらもほとんど変わらない料金になっています。

 

2.2ビッグローブ光とauひかりの初期費用の違い

ビッグローブ光はフレッツ光から乗り換える場合、転用という手続きとなり、工事が不要の為、2年プランが2,000円・3年プランが3,000円の申込手数料だけで済み、初期費用を抑えることができます。

 

新規でビッグローブ光を契約するケースでは、以下の工事費がかかります。

 

ビッグローブ光工事費(工事費分割額と支払い回数)
屋内配線を新設する場合 戸建て:30,000円 (750円×40回)

マンション:27,000円 (675円×40回)

屋内配線を新設しない場合 戸建・マンション:19,600円 (490円×40回)

 

次に、auひかりの初期費用を紹介します。

auひかりは、どの場合でも新規契約となるので、以下の工事費が必ずかかります。

auひかりの初期費用(工事費分割額と支払い回数)
工事費 戸建て:37,500円 (625円×60回)

マンション:30,000円 (1,250円×24回)

 

しかし、どちらの回線も分割工事費と同額を毎月割引く形で、実質無料になるので、割引きの途中で解約をしない限りは工事費はかかりません。

 

2.3スマホとのセット割の違い

ビッグローブ光とauひかりは、どちらもKDDIグループの光回線なので、auスマホとのセット割が利用できます。

 

auひかりは「auスマートバリュー」のみですが、ビッグローブ光は、「auスマートバリュー」と「auセット割」のどちらか一つの割引きから選べます。

 

この二つの割引きは、条件と割引き額が少し違うので、分けて紹介します。

 

auスマートバリュー データプランと割引き額
データ定額30 2年間2,000円割引

3年目以降934円割引

データ定額5/20 2年間1,410円割引

3年目以降934円割引

データ定額2/3 934円割引
データ定額1 2年間934円割引

3年目以降500円割引

適用条件 光電話の契約が必要(月500円)

家族で最大10回線まで割引が受けられる

割引内容は、auひかり・ビッグローブ光のどちらでも同じ

 

ビッグローブ光で利用可能な、auセット割の料金と適用条件です。

auセット割 データプランと割引き額
データ定額5/20/30 1,200円割引
データ定額2/3 500円割引
条件 光電話の契約は不要

割引き対象回線は1回線のみ

 

auセット割は、光電話を使用せずauスマホの契約者が一人の場合は、auスマートバリューより、お得になるケースもありますので、割引き額と条件を良く確認して選んでくださいね。

 

2.4キャッシュバック・キャンペーンの違い

ネット回線を契約する際は、公式で行われている各種キャンぺーンを利用すると、初期費用などが節約できます。

 

ビッグローブ光とauひかりで行われている、工事費実質無料以外の公式キャンペーンと、最もお得な申込み窓口を紹介します。

 

【ビッグローブ光公式と代理店のキャンペーン】

ビッグローブ光は、公式サイトからでも代理店からでも、申込み特典は変わらず、工事費実質無料と、以下のキャッシュバックとなります。

 

公式サイトでは、キャッシュバックの受け取りが利用開始後12ヵ月後なのに対し、代理店申し込みでは申込みから最短2ヵ月で受け取れるので、代理店の方がおすすです。

 

(代理店)ビッグローブ光キャッシュバック
新規 特典1:25,000円キャッシュバック

特典2:20,000円キャシュバック+Wi-Fiルーター

他社転用※ 10,000円キャッシュバック

※他社転用とは、フレッツ光でビッグローブ以外のプロバイダーを使っていて、ビッグローブ光に転用することで、プロバイダーがビッグローブだった場合の転用は自社転用と呼ばれ、キャンペーンの適用外となる

 

新規の契約はキャッシュバックのみか、キャッシュバックを減らし無線Wi-Fiルーターをもらう、2タイプの特典から選ぶことができます。

 

キャンペーンの受け取り条件は、12カ月間の継続利用のみなので、安心して申込むことが出来ます、以下の代理店のキャンペーンサイトで、申込方法などを確認してくださいね。

ビッグローブ光 キャンペーンサイト

 

【auひかり公式と代理店のキャンペーン】

auひかりは、ネット回線の中でキャッシュバックが一番高額で、「工事費実質無料」や「他社回線の解約違約金負担」などの公式キャンペーンも充実しているお得な光回線です。

 

auひかりの、他社回線解約違約金負担キャンペーン(auひかりスタートサポート)についてもう少し詳しく紹介します。

 

(公式)auひかりスタートサポート
戸建て 最大3万円まで他社違約金還元

(ずっとギガ得+光電話+電話オプションパックEXの加入が条件)

マンション 最大3万円まで他社違約金還元

(ネット(プラン指定なし)+光電話+電話オプションパックの加入が条件)

 

auスタートサポートは、光電話と電話のオプションの契約が必要ですが、他社回線の解約違約金を気にせずいつでも乗り換えが可能なので嬉しいサービスです。

 

次に、代理店のNNコミュニケーションズからauひかりを申込んだ際の特典を紹介します。

 

(代理店)auひかりキャッシュバック
ネットのみ 43,000円キャッシュバック

※マンションタイプは1万円減額

ネット+光電話 50,000円キャッシュバック

※マンションタイプは1万円減額

 

NNコミュニケーションズのキャッシュバックは、有料オプションが不要なので、安心して申込むことが出来ます。

 

キャッシュバックの詳細と申込み方法などは、以下のキャンペーンサイトでご確認くださいね。

NNコミュニケーションズ キャンペーンサイト

 

また契約の前に、auひかりのキャンペーンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

最新速報!auひかり キャンペーン辛口比較|キャッシュバックがお得な代理店

 

③ビッグローブ光とauひかりの上手な選び方まとめ

auひかりは、「申込み時のキャッシュバックが高額」「工事費が実質無料」「他社回線の解約違約金負担」があるので、キャンペーンの充実さやお得さで比べると、ビッグローブ光より断然お得です。

 

また、通信品質で選んだ場合も、ビッグローブ光よりauひかりが優れていますが、auひかりは提供エリアがやや狭いので、自宅がauひかり提供エリア外の場合は申込みができないのが最大のデメリットです。

 

その点、ビッグローブ光はフレッツ光と提供範囲が一緒で、ほぼ全国をカバーしているので、auひかりが提供エリア外の場合は、ビッグローブ光を使うと良いでしょう。

 

今回は、auのスマホユーザーさんに向けて、auスマホユーザーが使える回線を紹介しましたが、auのスマホ以外をお使いの方は、以下の診断ツールで、あなたの条件に合った一番お得なネット回線が分かるので、こちらも是非お試しください。

 

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら