BIGLOBE光とauひかりの6つの大きな違い!あなたはどちらを選ぶべき?

BIGLOBE光auひかり ビッグローブ光

この記事をご覧の方は、

「現在auスマホを利用しているんだけど…」

「auスマートバリューが使える光回線でどれを選べばいいのか分からない」

という悩みを抱えているかと思います。

比較の達人
比較の達人

スマートバリューが使える回線の中で、

「BIGLOBE光かauひかり」

のどちらかを選ぶのがベストです。

では、あなたはどっちの回線を選べばいいのか。

その答えを知るには、2つの回線の違いを知る必要があります。

比較の達人
比較の達人
  1. 開通工事の有無
  2. 工事費無料キャンペーン
  3. キャッシュバック
  4. セット割
  5. 速度
  6. 月額料金

以上の6点が違います。

【BIGLOBE光とauひかりの違い】

BIGLOBE光 auひかり
開通工事 光コラボなので現在フレッツ光から転用手続きで簡単に乗り換えできる 光コラボじゃないので開通工事が必ず必要
工事費無料 工事費は実質無料になるが、40カ月かけての割引なので途中解約した場合に残債は実費になる 工事費は実質無料になるが、ホームは光電話の契約要。

しかもホームは60カ月かけての割引なので途中で解約しないように注意(マンションは24カ月)

キャッシュバック 転用はキャッシュバックが少ない キャッシュバックが他のどの光回線よりも高額
セット割
  • auスマートバリュー
  • auセット割
  • BIGLOBEモバイルとのセット割
「auスマートバリュー」のみ
速度 IPv6オプション(無料)を付ければ速度が速い デフォルトでIPoE(IPv4overIPv6)方式になっており速度が速い
月額料金 フレッツ光やauひかりのように速度や配線方式で料金が変わることがなく一律 マンションタイプによっては料金が高い場合がある(ミニギガ)

この表を見ても、ピンとこないと思います。

この記事では、

「上記の6項目の違うポイント」

を詳しく解説いたします。

最後まで目を通して頂けたら、

「あなたにピッタリの回線はどちらなのかハッキリとわかる」

内容になっています。

【お急ぎの方へ…選び方の結論】

<現在フレッツ光を使っていない>

▶︎auひかりがおすすめ

 

<現在フレッツ光を使っている>

▶︎auひかりがおすすめ
(工事してもいいからキャッシュバックが貰いたい人)

▶︎BIGLOBE光がおすすめ
(キャッシュバックは少なくてもいいから工事不要で簡単に乗り換えたい人)

※記事を読んで頂くと、上記の結論の内容がハッキリわかります

①BIGLOBE光とauひかりの回線タイプの違い

日本に存在している光回線の種類を大きく分けると次の4つです。

【光回線は大きく分けて4種類】

  • フレッツ系:フレッツ光・光コラボ(ほとんどの回線が該当)
  • 電力系:コミュファ光・eo光・ピカラ光など
  • auひかり:auひかり・auひかりちゅら
  • NURO光

auひかり

はそのままauひかりですが、

BIGLOBE光

はここで言うところのフレッツ系に属します。

 

BIGLOBE光は、

フレッツ光の回線と全く同じ設備

を使ってユーザーに提供しています。

このような回線を光コラボと言います。

よく聞く

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光

なんかも

光コラボ

なのでフレッツ光と一緒の設備です。

 

なので、BIGLOBE光とauひかりは

使っている光回線のタイプ

が違います。

1.1対応エリアも違う

回線タイプが違えば

対応エリア

も違います。

 

フレッツ光は日本全国で使えるため、光コラボである

BIGLOBE光

も同様に日本全国で利用可能です

 

しかし、auひかりは関西と東海エリアで

戸建て向けのauひかりホーム

がエリア外になっており、

マンション内にauひかりの設備導入がないケースが多い

などで使えないことが多いです。

 

なので、エリアの広さはBIGLOBE光が有利です

【対応エリア】

  • 全国どこでも使えるBIGLOBE光が有利!

②BIGLOBE光とauひかりのプロバイダの違い

フレッツ光を使ったことがある方はご存じかと思いますが、

インターネット回線

は光回線の契約だけでなく

プロバイダ

も必要になります。

 

ただ、2015年から始まった光コラボにより、もともとプロバイダ事業を行っていた会社が

光コラボ事業者

となることで光回線に加えて

プロバイダも込みで提供している

といったケースが増えました。

 

BIGLOBE光もその一つで、プロバイダがBIGLOBEになります。

なので、プロバイダ利用料も

BIGLOBE光の利用料

に含まれています。

 

一方auひかりの場合は、

プロバイダが複数から選べる方式

になっており、下記7社から好きなところが選べます。

【プロバイダの違い】

BIGLOBE光 auひかり
BIGLOBE
  • au one net
  • @nifty
  • So-net
  • BIGLOBE
  • @TCOM
  • DTI
  • AsahiNet

ただ、

auひかり

はフレッツ光と違い、BIGLOBE光と同じで

プロバイダ一体型サービス

として提供しています。

なので、必ずプロバイダはどれか契約が必要です。

ですが、auひかりの基本料金にプロバイダ料金も含まれています

それに、どのプロバイダを選んでも料金は同額です。

 

BIGLOBE光とauひかりのプロバイダの違いをまとめると、

どちらも基本料金にプロバイダ料が含まれている

という点は同じですが、

  • BIGLOBE光はプロバイダ:BIGLOBE
  • auひかり:プロバイダが7社から選べる

といった違いがあります。

【プロバイダの違い】

  • BIGLOBE光:BIGLOBE
  • auひかり:プロバイダが7社から選べる

③BIGLOBE光とauひかりの月額料金の違い

毎月支払う料金はどちらが安いのか気になるところです。

光回線は、

  • 戸建て向け:ホーム
  • 集合住宅向け:マンション

があるので、自分の住んでいる建物に合わせてチェックしてください。

【BIGLOBE光とauひかりの月額料金の違い】

BIGLOBE光 auひかり
ホーム 4,980円
  • 1年目5,100円
  • 2年目5,000円
  • 3年目以降4,900円
マンション 3,980円
  • タイプV16契約以上3,800円
  • タイプV8契約以上4,100円
  • タイプE16契約以上3,400円
  • タイプE8契約以上3,700円
  • ギガ4,050円
  • ミニギガ5,000円

auひかりホームが少し特殊で、

1年ごとに料金が100円下がり、最大200円まで下がる

という仕組みになっています。(ずっとギガ得プランの場合)

 

auひかりマンションも一見複雑になっています。

ですが、ようは

マンションに導入されている設備の違

により料金が変わってしまうということです。

 

ちなみに、auひかりマンションの

「どのプランが使えるか」

自分で決めることはできません

たとえば…

【auひかりマンションミニギガ】

BIGLOBE光マンションより1,000円も高い契約

ミニギガになってしまう集合住宅の場合

auひかりより

BIGLOBE光

を使うべきでしょう。

自分の住んでいる集合住宅で

どのタイプのauひかりマンションが使えるか

は、エリア検索から調べることができます。

ですので、申し込み前にチェックしておきましょう。

【auひかり提供エリアの検索】

https://bb-application.au.kddi.com/auhikari/prefecture

【月額料金】

  • 戸建てマンションによって違う料金!
  • auひかりは導入設備によって料金が違う!

④BIGLOBE光とauひかりの初期費用の違い

初期費用には、

  • 新規開通工事費
  • 契約事務手数料(登録料)

が主なものです。

それぞれの違いをまとめます。

【BIGLOBE光とauひかりの初期費用の違い】

BIGLOBE光 auひかり
ホーム工事費 30,000円

(750円×40カ月)

37,500円

(625円×60カ月)

マンション工事費 27,500円

(675円×40カ月)

30,000円

(1,250円×24カ月)

契約事務手数料(登録料) 3,000円 3,000円

※()内は分割払いの場合

工事費はどちらもなかなか高額です

 

ただし、どちらもキャンペーンで

工事費と同額割引

がなされるなめ、分割払い終了まで使い続ければ実質無料になります

(途中で解約すると残債が実費です)

たとえば…

【BIGLOBE光のホームの工事費】

毎月750円を40カ月かけて支払います。

【毎月の割引】

同時に毎月750円割引が40カ月続くといった形です。

ただ、この

工事費実質無料キャンペーン

に関してはauひかりホームは

光電話

も契約して初めて全額割引になる点に注意してください。

【auひかりホームの場合】

ネット 125円割引×60カ月=合計7,500円割引
光電話 500円割引×60カ月=合計30,000円割引
合計 625円割引×60カ月=合計37,500円割引

auひかりホームはネットのみの契約だと最大7,500円割引にしかなりません

ですので、光電話も契約する方でないとおすすめできません。

【初期費用】

  • 工事費はいずれも実質無料
  • auひかりホームはひかり電話加入で全額割引に

⑤BIGLOBE光とauひかりのセット割の違い

携帯・スマホとのセット割にも違いがあります。

【BIGLOBE光とauひかりのセット割の違い】

BIGLOBE光 auひかり
  • auスマートバリュー
  • auセット割
  • 光SIMセット割
auスマートバリュー

auひかりは

auスマートバリュー

しかありません。

ですが、BIGLOBE光は3つのセット割があります

ただし、BIGLOBE光の

3つのセット割はどれか1つだけ

しか適用できないので、併用は不可能です。

それぞれのセット割の違いについても表にまとめたので参考にしてください。

【BIGLOBE光は3つのセット割】

auスマートバリュー auセット割 光SIMセット割
携帯・スマホ au au BIGLOBEモバイル
光電話の契約 不要 不要
割引台数 10回線 1回線 1回線
割引先 各自のau利用料金から 光回線から 光回線から
割引額 1台あたり500~2,000円/月 500円/月または1200円/月 300円/月

【セット割】

  • auひかり:auスマートバリューのみ!
  • BIGLOBE光:3つのセット割から選べる!

⑥BIGLOBE光とauひかりの通信速度の違い

ネットの速度の違いを知るには、

  • 理論値
  • 実測値

の違いを知る必要があります。

6.1理論値の違い

まず理論値ですが、これは理論上出る最高速度のことです。

なので、

技術的にはこれぐらい出るだろうな

という数値であり、実際に出る速度とは違います。

理論値には、ネットワーク上の混雑は一切計算に入れていないので、あくまで目安です。

【BIGLOBE光とauひかりの速度の理論値の違い】

BIGLOBE光 auひかり
ホーム
  • 1Gbps
  • 200Mbps
  • 100Mbps
1Gbps

(10Gbps/5Gbpsのプランもある)

マンション
  • 1Gbps
  • 200Mbps
  • 100Mbps
  • ギガ・ミニギガ:1Gbps
  • タイプV・タイプE:100Mbps

auひかりは料金プランの違いで速度も違う点は何となくわかるかと思います。

BIGLOBE光については同じ料金プランでも理論値が違うケースがあります

それは、フレッツ光の

品目

が関係してきます。

まず、

  • マンションVDSL方式
  • LAN配線方式

は100Mbpsの理論値になります。

  • VDSL方式:電話線
  • LAN配線方式:LANケーブル

が集合住宅の棟内ケーブルとなっているため、

光ファイバー

で回線終端装置まで直接つながっている

  • ホーム
  • マンション光配線方式

と違い、どうしても速度が遅くなってしまうからです。

そして、

  • ホーム
  • マンション光配線方式

の場合でも1Gbpsじゃなくて

  • 200Mbps
  • 100Mbps

の場合があります。

それは、

フレッツ光から転用でBIGLOBE光へ乗り換えるとき

に起こります。

なぜなら、フレッツ光の場合は3つの速度パターンごとに

  • 別々のサービス名
  • 料金

で提供していて、転用時は

その速度プランをそのまま引き継ぐ仕組み

となっているからです。

なので、BIGLOBE光のまったく同じサービスなのに速度が違うといったことが起きてしまいます。

そうならないためには、BIGLOBE光への転用時に

1Gbpsの回線へ品目変更工事

をします。

そうすれば、

  • ホーム
  • マンション光配線方式

であればだれでも1Gbpsの理論値で使うことができます

【理論値】

  • auひかり:料金プランで異なる!
  • BIGLOBE光:転用時の品目によって異なる!

6.2実測値の違い

実測値とは、実際に出る速度のことです。

実測値は速度測定サイトで測ることができます。

当サイトでも、スピードテストをワンクリックでできるページを用意していますので、ぜひチェックしてみましょう。

スピードテストで速度を測る

 

このような速度測定サイトで測った結果をSNSにアップしている人がたくさんいます。

参考までにご紹介します。

【auひかり 実測値の評判】

 

【BIGLOBE光 実測値の評判】

どちらの回線も基本的に速度に関する評判は高く、

実測値で500Mbps前後

出る人が多いようでした。

 

ただし、

BIGLOBE光

を契約する際は速い速度を保つために1点注意事項があります。

それは、

IPv6オプション

必ず契約することです

 

IPv6オプションを付けると、接続方式が

PPPoE方式からIPoE(IPv4overIPv6)方式

に変わります。

PPPoE方式のままだと、ネットワークの混雑に弱いため想像以上に速度が遅くなる可能性があります。

それと、IPv6オプションは無料ですが、

対応ルーター

が必要になります。

光電話を契約する場合は光電話ルーター(ホームゲートウェイ)が付いてきます。

ですので、それが対応ルーターとなります。

 

ですが、そうでない方は

  • バッファロー
  • NEC

等で販売している市販のルーターが必要です

ちなみに、auひかりは最初からIPoE(IPv4overIPv6)方式になっています。

ですのでその心配はありません。(どのプロバイダを選んでもこれは変わりません)

⑦BIGLOBE光とauひかりのキャンペーンの違い

キャンペーンには

  • 公式キャンペーン(どの代理店で申し込んでも受けられる特典)
  • 代理店キャンペーン(その代理店限定で受けられる特典)

があるので、分けて説明します。

比較の達人
比較の達人

窓口選びで一番重要なのが、

「代理店キャンペーン」

なんだよ!

7.1 公式キャンペーン

まずは、どの窓口で申し込んでも受けられる公式キャンペーンをご紹介します。

いうなら、「回線自体の魅力」です。

【公式キャンペーン】

BIGLOBE光 auひかり
工事費実質無料 あり あり
(ホームの場合は光電話を契約しないと全額無料にならない)
他社違約金還元 なし 最大3万円還元

工事費実質無料については先ほど説明したので、他社違約金還元について説明します。

たとえば、フレッツ光からauひかりへ乗り換える場合、フレッツ光側に

違約金

として9,500円(東日本の場合)支払わなければなりません。

それをKDDIが還元してくれるのが

auひかりスタートサポート

です。

auひかりスタートサポートは違約金(解約料)だけでなく、

  • 工事費残債
  • 他社モバイルデータ通信端末の割賦残債
  • 番号ポータビリティ手数料
  • NTT加入電話工事費用

も対象です。

BIGLOBE光にはそのような

他社回線解約時に発生する費用を還元するキャンペーン

ありません

ただ、BIGLOBE光はそもそもフレッツ光からの転用時は違約金を取られません

ですので、現在フレッツ光を利用中なのであれば

BIGLOBE光

へ乗り換えたほうが何かと楽ではあります。

7.2 代理店キャンペーン

BIGLOBE光もauひかりも、

公式サイトから申し込むより、代理店を経由して申し込んだほうがキャッシュバックをもらえるためお得です。

比較の達人
比較の達人

公式キャンペーンに加えて、代理店独自のキャッシュバックを貰えるからお得なんだよ!

  • BIGLOBE光
  • auひかり

のどちらの申し込みでもおすすめできる代理店が「NNコミュニケーションズ」です。

【NNコミュニケーションズがおすすめの理由】

  1. 申し込み窓口の中でキャッシュバックが最高額
  2. 最短1ヶ月で100%キャッシュバックが貰える
  3. IPv6対応のWi-Fiルーターが無料で貰える
  4. 有料オプションに加入する必要なし
  5. KDDI本社から唯一9期連続受賞の優良代理店

 

【キャッシュバック内容】

BIGLOBE光 auひかり
ビッグローブ光NNコミュニケーションズ2020年4月 auひかりNNコミュニケーションズ2020nen4gatsu
キャッシュバック 【新規】

26,000円

または

18,000円+IPv6オプション対応WiFiルーター

【転用・事業者変更】

10,000円

【ネット+電話】

  • ホーム52,000円
  • マンション45,000円

【ネットのみ】

  • ホーム47,000円
  • マンション40,000円
振込時期 最短2ヶ月 最短1ヶ月
受け取り手続き
  1. 専用WEBフォームから申し込み
  2. 担当オペレーターに口座番号を伝える
  1. 専用WEBフォームから申し込み
  2. 担当オペレーターに口座番号を伝える
  3. プロバイダ分のキャッシュバックは別途手続き要
申し込みはこちらから NNコミュニケーションズ ビッグローブ光キャンペーンサイト
NNコミュニケーションズ auひかりキャンペーンサイト

キャッシュバックの大きさではauひかりが圧倒しています。

BIGLOBE光は、

フレッツ光から転用で簡単に乗り換えられる

という反面、

転用だとキャッシュバックが1万円しかもらえない

というデメリットがあります。

ですので、手間はかかるけどauひかりにしたほうが金銭的にはお得です。

 

比較の達人
比較の達人

NNコミュニケーションズで申し込んだ体験談を、下記の記事で解説しています。

比較の達人
比較の達人

NNコミュニケーションズと他の申込窓口のキャンペーン比較した結果を、下記の記事で解説しています。

⑧【まとめ】BIGLOBE光とauひかりの違いを考慮した選び方

BIGLOBE光とauひかりの違いについて紹介してきました。

最後に、2つの回線の違いをまとめます。

【まとめ|BIGLOBE光とauひかりの違い】

BIGLOBE光 auひかり
開通工事 光コラボなので現在フレッツ光から転用手続きで簡単に乗り換えできる 光コラボじゃないので開通工事が必ず必要
工事費無料 工事費は実質無料になるが、40カ月かけての割引なので途中解約した場合に残債は実費になる 工事費は実質無料になるが、ホームは光電話の契約要。

しかもホームは60カ月かけての割引なので途中で解約しないように注意(マンションは24カ月)

キャッシュバック 転用はキャッシュバックが少ない キャッシュバックが他のどの光回線よりも高額
セット割
  • auスマートバリュー
  • auセット割
  • BIGLOBEモバイルとのセット割
「auスマートバリュー」のみ
速度 IPv6オプション(無料)を付ければ速度が速い デフォルトでIPoE(IPv4overIPv6)方式になっており速度が速い
月額料金 フレッツ光やauひかりのように速度や配線方式で料金が変わることがなく一律 マンションタイプによっては料金が高い場合がある(ミニギガ)
比較の達人
比較の達人

「あなたが現在フレッツ光を使っているか」

でどちらを選ぶべきかが決まります。

【選び方の結論】

<現在フレッツ光を使っていない>

▶︎auひかりがおすすめ

 

<現在フレッツ光を使っている>

▶︎auひかりがおすすめ
(工事してもいいからキャッシュバックが貰いたい人)

▶︎BIGLOBE光がおすすめ
(キャッシュバックは少なくてもいいから工事不要で簡単に乗り換えたい人)

現在フレッツ光を使っていないのであれば、

auひかり

をおすすめします。

どちらでも工事が必要ならキャッシュバックが高額なほうがお得だからです。

 

現在フレッツ光を使っているのであれば、どちらでもメリットとデメリットがあります。

工事をしてもいいからキャッシュバックを多く貰いたいなら

auひかり

を選び、キャッシュバックは少なくてもいいから工事不要で簡単に乗り換えたいなら

BIGLOBE光

がおすすめです。

 

比較の達人
比較の達人

それぞれの回線の評判が気になる方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

\BIGLOBE光 最新の評判・口コミはこちら/

\auひかり 最新の評判・口コミはこちら/

タイトルとURLをコピーしました