光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

ベスト電器でWiMAXを契約するメリット・デメリット

2019.05.02

ベスト電器でWiMAXを契約するメリット・デメリット はコメントを受け付けていません。

WiMAXの契約先を選ぶ際に候補に挙がるのは、

  • UQコミュニケーションズ(サービス提供元)
  • 各プロバイダ
  • 家電量販店

といったところでしょう。

 

今回は、家電量販店のベスト電器でWiMAXを申込んだ場合の契約方法やキャンペーン内容を紹介します。

これからWiMAXを申込む方は、ぜひ申込み前に目を通してくださいね。

 

①ベスト電器WiMAXとは?

以前のベスト電器では「ベスト電器WiMAX」という自社ブランドのWiMAXを販売していました。

しかし平成25年5月にヤマダ電機との事業統合があり、ヤマダ電機が提供する「YAMADA Air Mobile WiMAX」に変更されました。

 

そのため、現在ベスト電器店舗で申し込みができるWiMAXは、ヤマダ電機と同じ「YAMADA Air Mobile WiMAX」になっています。

 

料金やプランは、サービス提供元のUQ WiMAXと一緒です。

 

YAMADA Air Mobile WiMAXの料金表

ツープラスギガ放題

Flatツープラス

1~2カ月目:3,696円

3カ月目以降:4,380円

3,696円

 

 

②ベスト電器WiMAXの口コミ・評判

次に、ベスト電器WiMAXの口コミを紹介します。

 

ベスト電器はヤマダ電機と同じヤマダエアモバイルなので、解約や問い合わせは同じコールセンターへ電話をします。

しかし、なかなか電話が繋がらないといった不満が上がっています。

 

また、べスト電器WiMAXが料金が高いという口コミが上がっています。

この口コミの方の指摘通り、家電量販店は人件費や場所代がかかるため料金を安くできません。

 

WiMAXは、どの窓口で申し込みをしても通信品質に関しては一切変わりません。

なぜならすべてのWiMAXサービスは、提供元のUQ コミュニケーションズの通信回線が使われるからです。

通信品質が変わらないという事は、一番安いWiMAXで契約して大丈夫という事になります。

後程、お得なWiMAXを紹介していますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

 

③ベスト電器でWiMAXを契約するメリット

ベスト電器でWiMAXを契約する事は基本的におすすめしません。

なぜなら、他のプロバイダで申込んだ場合より利用料金が高く、入会特典もお得ではないからです。

 

それでも、ベスト電器WiMAXを契約するメリットも多少あるので紹介します。

 

3.1公衆無線LANが無料で使える

ベスト電器でWiMAXを申し込むと、YAMADA Air Mobile WiMAXとなると説明をしました。

YAMADA Air Mobile WiMAXでは、公衆無線LANが無料で使えるオプションのYAMADA Wi-Fiプレミアムが付いています

 

YAMADA Wi-Fiプレミアムは、駅・列車・空港などに設置されている

  • YAMADA Wi-Fiエリア
  • Wi2エリア

以上の公衆無線スポットが使えるようになります。

 

公衆無線LANがあれば、普段は契約中のWiMAXに繋いで利用しているスマホやPCなどの端末を公衆無線LANに繋いでインターネットができるのです。

そのため、WiMAXルーターを家に置き忘れてしまった際や、WiMAXのデータ通信量を節約したい際などに有効です。

 

公衆無線LANが使える場所は、こちらのページで確認できます。

 

UQ Wi-Fiエリア

 

Wi2エリア(BBモバイルポイントは除く)

 

ただし、これらの公衆無線LANは繋がりにくく通信速度も遅いため、あまり評判が良くありません。

お使いのWiMAXを使った方が断然、通信速度や繋がり具合が良く、セキュリティ面でも安心です。

 

以上の理由から、公衆無線LANが無料で使えるというメリットはそれほど意味がないでしょう。

 

④ベスト電器でWiMAXを契約するデメリット

WiMAXのお得な契約窓口はGMOとくとくBBのWiMAXです。

GMOとくとくBB WiMAXと比較した場合の、ベスト電器WiMAXのデメリットを紹介します。

 

4.1月額料金が高い

ベスト電器とGMOとくとくBBのWiMAXの月額料金を比べてみました。

 

WiMAXの利用料金比較表(ギガ放題)
ベスト電機 1~2カ月目:3,696円

3カ月目以降:4,380円

GMOとくとくBB 1~2カ月目:3,609円

3カ月目以降:4,263円

 

ベスト電器のほうがGMOとくとくBBより、毎月100円ほど高いことが分かります。

月に百円程度の差ならベスト電器WiMAXでも構わないと思う方もいるでしょう、しかし、先を読むとさらなるデメリットが分かります

 

4.2キャッシュバックが無い

GMOとくとくBB WiMAXをおすすめする理由は、高額なキャッシュバックが用意されているからです。

  • 高額なキャッシュバック
  • 安い基本料金

この2つの組み合わせで、数あるWiMAXプロバイダの中でGMOとくとくBBが一番お得になります。

 

ベスト電器でWiMAXを申込んでもキャッシュバックは貰えません。

 

キャッシュバック額の比較

ベスト電器

GMOとくとくBB

なし 最高:37,100円

 

4.3総支払額が高い

月額料金が高く、キャッシュバックがないので、ベスト電器はお得な申込み先ではないことが分かったかと思います。

では、実際どれくらい総支払額に差がでるのか計算してみます。

 

GMOとくとくBBではキャッシュバックが貰えるので、キャッシュバックを割引と仮定して計算します。

 

月額料金の平均 比較表
ギガ放題プラン ベスト電機:4,343円

GMOとくとくBB:3,306円

月間7GBプラン ベスト電機:3,696円

GMOとくとくBB:2,768円

 

ご覧のように、毎月1,000円もベスト電器のほうが高い支払うという計算になります。

 

次に、それぞれの総支払額を紹介します。

3年間の総支払額の比較表
ギガ放題プラン ベスト電機:

163,692円

GMOとくとくBB:

125,323円

月間7GBプラン ベスト電機:

139,752円

GMOとくとくBB:

105,433円

 

3年間利用した場合の総支払額の差を計算した結果、

  • ギガ放題⇒38,369円
  • 7GBプラン⇒34,319円

もベスト電器WiMAXの方が支払う金額が高いことがわかりました。

 

4.4キャンセルが8日以内

ベスト電器WiMAXをキャンセルする際は「初期契約解約制度」で8日以内であれば違約金不要でキャンセルができます。

初期契約解約制度は、ベスト電器だけではなくすべてのWiMAXに当てはまる制度です。

 

GMOとくとくBBでキャンセルをする場合は、上記の制度に加えプロバイダ独自ルールでの解約も可能です。

WiMAXには住所を入力すると利用可能か分かる「ピンポイントエリア判定」という公式サイトがあります。

このピンポイントエリア判定で「〇」と出ていたのに、電波の入りが悪かったなどの理由があれば20日以内までキャンセルできます。

 

独自のルールで無料で解約できる日にちを20日まで延長しているGMOとくとくBBは、余裕を持ったキャンセルができるというわけです。

 

4.5解約がネットでできない

ベスト電器WiMAXの料金以外のもう一つのデメリットは、解約方法です。

ベスト電器では、

  • 店舗に行く
  • コールセンターに電話をかける

のどちらかの方法で解約をする事になります。

 

近くに店舗が無い方の場合は、コールセンターへ電話を掛けるしかありませんがオペレーターに繋がるまでに時間がかかります

この点については、ツイッター上にも非常に多くの口コミが書かれていました。

 

それに対し、GMOとくとくBBなどのプロバイダであれば、ウェブ上のマイページから解約の手続きが簡単にできます。

ウェブ手続きならば、店舗やコールセンターように営業時間に縛られることなく自分の都合の良い時に解約が可能です。

 

⑤ベスト電器でWiMAXを契約するのが向いている方

メリットとデメリットを見てきましたが、ベスト電器での契約が向いている方は次のようなタイプです。

 

5.1店員と話をしながら契約を進めたい方

ベスト電器WiMAXは店舗での申し込みのため、必ず店員と話しをしながら契約を進めることになります。

店員と話すこと自体をメリットに感じる人は、ベスト電器WiMAXでの契約に向いています。

 

WiMAXの説明を一対一で聞けるので安心感がありますが、あまり店員の話を鵜呑みにするのは良くありません。

なぜなら、店舗にいる販売員はWiMAXをの契約が取れれば成績評価に繋がるため、お得な点しか言わないからです。

 

ベスト電器WiMAXは、一番お得な申し込い先ではないことを念頭に置いて契約に臨むといいでしょう。

 

5.2交渉が上手な方

前の項で、ベスト電器とGMOとくとくBBの3年間の総支払額の差は、

  • ギガ放題⇒38,369円
  • 7GBプラン⇒34,319円

と紹介しました。

 

この差をふまえて、店員と交渉してこれ以上お得になるようであればベスト電器で申込んで大丈夫です。

しかしこの差を埋めるのには、交渉力が必要なため難しいかもしれません。

 

WiMAX自体の料金から値引きされることはないので、販売製品を同時に購入し値引きを頼んでみましょう

WiMAXだけを契約したいのであれば交渉の余地はないので、ベスト電器での契約は辞めるべきです。

 

⑥ベスト電器でWiMAXを契約するべきでない方の申込み先は?

次の項目に当てはまる方は、ベスト電器でWiMAXを契約すべきではありません。

  • 支払料金を抑えたい方
  • ウェブで契約と解約したい方

ベスト電器WiMAXを選ぶと、総支払料金が高くなりウェブでの契約と解約の手続きができないと説明しました。

特に「支払料金を抑えたい方」というのは、ほぼすべての人が当てはまる内容ですよね。

 

WiMAXのおすすめプロバイダは、一番総支払が額が安いGMOとくとくBBです。

またウェブで各種手続きが出来るなど、料金以外のメリットも多いからです。

 

GMOとくとくBBの申込み方法と最新のキャッシュバック情報は、以下のキャンペーンサイトで確認をお願いします。

GMOとくとくBB WiMAX キャンペーンサイト

 

GMOとくとくBBのより詳しい情報は、以下の記事もチェックしてくださいね。

GMOとくとくBB WiMAXの評判!キャッシュバック手続きに注意せよ!

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

  ☆お得なWiMAXの契約先を知りたい方必見☆

アイキャッチ

 

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら