光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

auひかりのプロバイダー変更は無意味?お得で快適なネット環境の作り方

2017.11.05

auひかりのプロバイダー変更は無意味?お得で快適なネット環境の作り方 はコメントを受け付けていません。

auひかりは、以下の7つのプロバイダーの中から、契約の際に自分で選ぶシステムになっています。

 

auひかりの基本料金はどのプロバイダーでも変わらないので、それぞれで行っているオプションやキャンペーンの内容から、お得なプロバイダーを選んでいるでしょう。

 

auひかりを利用中の方の中には思ったほど通信速度が出ず不満な方もいるでしょう、そこで通信速度の改善策の一つとしてフレッツ光回線などで行われる「プロバイダー変更」が、auひかりでも効果的なのか?について考えてみました。

 

auひかりの「プロバイダーの変更方法」「回線ごと乗り換える方法」「乗り換え先におすすめな回線」という内容でまとめましたので、早く快適なネット生活を送れるように参考にしてくださいね。

 

①auひかりはプロバイダー変更をしても回線速度は変わらない

まず、フレッツ光回線とauひかり回線は通信方法が違うので、フレッツ光回線は通信品質の改善にプロバイダーの変更が効果的な場合もありますが、auひかりでは意味がないのです。

 

フレッツ光回線では、なぜプロバイダーごとに通信品質に差が出るのかというと、インターネットに繋がる際にプロバイダーのネットワーク網を通過するからです。

 

auひかりは、プロバイダーのネットワーク網を通過せず、インターネットにつながる仕組みなのでプロバイダー間で通信速度に違いが出ないのです。
(プロバイダーメールなどプロバイダーオプションに関してだけはプロバイダーネットワークを経由します。)

 

②auひかりのプロバイダー変更とは?

auひかりは、プロバイダーを変更しても通信速度を早くすることは出来ないので、プロバイダーのみ変更する意味はありません。

また、auひかりのプロバイダーを変更するということは、回線を一度解約する必要があり、さまざまなデメリットが起こります。

 

更新月以外の解約は違約金が発生し、同じ住所で再度auひかり開通するとなると、新規キャンペーンが適用されず、キャッシュバックはもちろんのこと、工事費無料キャンペーンも受けられないため、戸建て37,500円、マンション30,000円の高額な工事を全額負担しなくてはなりません。

 

そのため、コストを考えるとプロバイダーを変更するために、auひかりを解約し再度新規で申し込むのは現実的ではありません。

 

③auひかりからのおすすめの乗換え先は?

auひかりで速度に不満がある場合は、auひかりを解約して新規で別のネット回線へ乗換えると上手くいく場合があります。

 

回線の乗換え先は、キャンペーンの多い「ソフトバンク光」やauの携帯・スマホとネット回線のセット契約で割引が受けられる「So-net光」「BIGLOBE光」がおすすめですので、次の項でそれぞれの特徴を紹介します。

 

3.1 おすすめ光回線その①【ソフトバンク光】

ソフトバンク光は、フレッツ光の回線設備を利用した「光コラボ回線」の一つです。

そのため、フレッツ光と同等の「最高速度1Gbps」での通信が可能です。

 

また、ソフトバンク光は、auひかりと同じくプロバイダーを通過しない通信方式「IPv6 IPoE+IPv4」のため、混雑に強い仕組みになっています。

 

ただし、この通信方式をソフトバンク光で利用する場合には、光BBユニットというルーター機器のレンタルが必要です。

 

 ソフトバンク光の費用
ホーム基本料金:5,200円

(2年自動更新)

マンション基本料金:3,800円

(2年自動更新)

工事費:24,000円

他回線からの乗換え新規契約で24,000円分の普通為替、または、月額料金1,000円×24ヶ月割引で工事費実質無料

事務手数料:3,000円
 ソフトバンク光を代理店のエヌズカンパニーから申し込んだ場合
特典A:30 ,000円のキャッシュバック
特典B:25,000円のキャッシュバック+無線ルーター

 

ソフトバンク光の代理店でおすすめなのは、エヌズカンパニーです。

上記のキャッシュバック特典が、オプション契約をせずに受け取れる事と、特典の申請方法が簡単だからです。

 

詳しいキャッシュバックの内容と申込み方法は、エヌズカンパニーのキャンペーンサイトをご覧くださいね。

エヌズカンパニーキャンペーンサイト

 

ソフトバンク光の詳しい内容をお知りになりたい方は以下の記事がピッタリです。

【2018 最新】今のソフトバンク光は評判が良いって知ってる?古い記事に騙されるな!

 

3.2 おすすめ光回線その②【So-net光】

So-net光は、大手プロバイダーであるSo-netの提供する光コラボ回線です。

So-net光も希望者には、IPoE対応しているので速度面に問題はありません。

 

So-net光は「auスマートバリュー」が利用できます。
つまり、いままでauひかりとau携帯・スマホのセットで割引されていたのと同じ条件の割引が受けられます。

 

 So-net光の費用
ホームタイプ基本料金

1~30カ月:3,700円

割引終了後:5,200円

マンションタイプ基本料金

1~30カ月:2,600円

割引終了後:4,100円

工事費:24,000円
事務手数料:800円
代理店Moon&Sunのキャンペーン

戸建て:5,000円キャッシュバック

マンション:20,000円キャッシュバック

 

So-net光は、代理店Moon&Sunからの申込みがお得です。

詳しいキャンペーン情報は、以下のラプターキャンペーンサイトをご確認ください。

Moon&Sun キャンペーンサイト

 

3.3 おすすめ光回線その③【BIGLOB光】

BIGLOBE光は、大手プロバイダーBIGLOBEが提供する光コラボ回線です。

BIGLOBE光も、IPoE方式で接続しているので、auひかりと同じように高速通信が可能です。

 

au携帯・スマホとのセットで割引が受けられる「auスマートバリュー」も利用できます。

いままで、auひかりで「auスマートバリュー」が適用されていた方は、同じ割引を引き継ぐことが出来ます。

 

BIGLOBE光の費用
ホームタイプ基本料金:4,980円 マンションタイプ基本料金 :3,980円
工事費:30,000円

工事費無料(40か月間の割引で実質無料)

事務手数料:3,000円
BIGLOBE光代理店NNコミュニケーションズのキャンペーン

特典1:25,000円のキャッシュバック

特典2:20,000円キャッシュバック+Wi-Fiルーター

 

上記の申込み特典は、代理店のNNコミュニケーションズからBIGLOBE光を契約すると受け取れます。

 

BIGLOBE光のキャッシュバックの詳しい内容は、以下のキャンペーンサイトを見てみてくださいね。

NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

 

auひかりのキャンペーンとビッグローブ光を比較して判断したい方は「最新速報!auひかり キャンペーン辛口比較|キャッシュバックがお得な代理店はココ!」の記事も参考にしてみてください。
 

3.4 おすすめ乗換え先3社の選び方

「ソフトバンク光」「So-net光」「BIGLOBE光」の3社で比較しましたが、どれが一番いいのかは、利用者の住まいやお使いの携帯/スマホなどによって異なりますので、以下を参考にしてくださいね。

 

【スマホ/携帯編】

ソフトバンク携帯・スマホを使っている方⇒ソフトバンク光に変更

スマホとのセットで安くなる「おうち割光セット」や、ソフトバンク携帯・スマホへの通話が24時間無料なる「ホワイトコール24」が利用できます。

 

auの携帯・スマホを使っている方⇒So-net光かBIGLOBE光に変更

auスマートバリューで、スマホ/携帯とのセット割が使えてお得だから。

 

また、So-net光とBIGLOBE光は、どちらも代理店からキャッシュバックが貰えますが、キャッシュバック金額が大きいBIGLOBE光をおすすめします。

 

【建物のタイプ編】

マンションタイプの場合は、auひかりは配線方式によって細かく料金分けがされていますが、光コラボのマンションタイプは配線方式が違っても料金が一律です。

 

例えば、auひかりの光ファイバー方式(光配線方式)の基本料金は、4,050円ですが、ソフトバンク光の光配線方式は、3,800円で利用できるのでソフトバンク光のほうがお得です。

 

3.5 auひかりと他社の通信速度はどちらが速い?

auひかり・ソフトバンク光・So-net光・BIGLOBE光のそれぞれの速度についてもう少し詳しく説明します。

 

4社ともすべてプロバイダーを通らない「IPoE方式」の高速通信が可能なので、網内での混雑により遅くなるケースはどれも少ないですが、それでも4社の中で一番速いのはauひかりです。

 

その理由は、「ソフトバンク光・So-net光・BIGLOBE光」はフレッツ光の回線を使用した光コラボ回線ですので、フレッツ光と光コラボ回線で同じ1本の光ファイバーを共有で使う事が関係しています。

フレッツ光回線は、1本の光ファイバー内に「ソフトバンク光ユーザー、フレッツ光ユーザー」などが混在しているということになり、1本の光ファイバーあたりの利用ユーザー数は、だいたい25~30人ぐらいになります。

 

それに対しauひかりは、NTTから光ファイバーをまるまる1本借用してauひかりユーザーだけが利用する仕組みになっていて、1本の光ファイバーあたりの利用人数が2~3人というケースがあります。

 

1本の光ファイバー内の利用者が一斉にインターネットを利用してしまうと速度の低下の原因になり、利用者が少ないほうが、光ファイバー内の最大伝送速度1Gbpsを十分に発揮できるのです。

 

このように、auひかりとフレッツ光回線では、光ファイバー内の利用人数が10倍近くも違うケースがあるので、auひかりはその分高速通信に有利なのです。

 

④auひかりのプロバイダー変更は非現実的

auひかりは、通信速度の改善を目的としたプロバイダーの変更に意味はありません。

なぜなら、auひかりの通信方法は、プロバイダーを通さない仕組みだからです。

 

auひかりでプロバイダーを変更する場合は、回線ごと一度解約しなければならず、再度、工事費や契約料などの高額な費用がかかるのでおすすめ出来ません。

 

auひかりの回線速度に不満がある場合は、ネット回線自体を変更する事をお勧めします。

その際の乗り替え先回線は、auひかりと同じように「IPoE」の高速通信が可能な回線を選びましょう。

 

いくつかの簡単な質問に答えるだけで、あなたにピッタリの光回線がすぐにわかる便利な記事もありますので、ぜひお試しくださいね。

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

 

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら