光回線のキャンペーン、キャッシュバック、評判、プロバイダー情報など、インターネットに関する最新のお役立ち情報をまとめたWEBマガジンです。比較ランキングや料金なども詳しくご紹介します!

auひかりからNURO光に乗り換える際の注意点|料金の増減に注意しよう!

2017.11.20

auひかりからNURO光に乗り換える際の注意点|料金の増減に注意しよう! はコメントを受け付けていません。

この記事ではauひかりからNURO光に乗り換える場合の料金の変化や、注意点について詳しく解説します。

 

「メリットとデメリット」の両面を理解したうえで、auひかりからNURO光への乗り換えを上手に判断してくださいね。

 

①auひかりからNURO光に乗り換えるメリット

まずは、auひかりからNURO光に乗り換える「メリット」から見ていきましょう。

 

1.1通信速度が速くなる

NURO光とauひかりの最も大きな差は、通信速度です。

 

通信速度比較
auひかり 上下:最大1Gbps
NURO光 上り:最大1Gbps

下り:最大2Gbps

 

NURO光標準の通信速度は、下り「2Gbps」で提供されています。

 

実際に利用しているユーザーのクチコミを参照すると、速度測定の結果「auひかりは300~500Mbps」ぐらい、「NURO光は900Mbps」近く出ているようです。

 

ただ、auひかりも1Gbpsの他に、auひかりホームで5Gbps/10Gbpsという高速タイプも開始されましたが、提供範囲が関東のみで料金も割高ですので、NURO光の方が安く速度も速いと言えます。

 

気になる方はクリック!NURO光の通信速度が速い理由

【NURO光の通信速度が速い理由】

auひかり、NURO光はどちらもNTTからダークファイバーを借りてユーザーに提供しています。

 

ダークファイバーとは、使っていない光ファイバーケーブルのことです。
光ファイバーを最大32分岐させてユーザーに提供するところは、auひかり・NURO光・フレッツ光とも同じです。

 

光ファイバーケーブルに関しては、auひかりとNURO光で大きな差はありませんが、通信技術が違うので通信速度にちがいが出るのです。

 

auひかりやフレッツ光はGE-PONという技術を使っています。

 

GE-PONは最大速度が1.25Gbpsです。
NURO光はG-PONという技術を使っています。
G-PONの最大速度は2.48Gbpsです。

 

このような違いから、通信品質はNURO光が断然優れていることが、NURO光へ乗り換える最大の理由といってもいいでしょう。

 

1.2戸建てなら料金も安くなる

一般的な光回線はマンションより戸建てのほうが高い料金設定になっていますが、NURO光の戸建てとマンションは同じ料金で月額4,743円で提供されています。

 

NURO光とauひかりの料金比較
NURO光

(戸建て&7階建て以下のマンション)

4,743円
auひかりホーム ギガ得(2年契約):5,200円

ずっとギガ得(3年契約):5,100円~4,900円

auひかりマンション VDSL:3,800円~4,100円

ギガ:4,050円

ミニ:5,000円

 

auひかりの戸建て(5,200円)と比べると、NURO光のほうが安く利用できることがわかります。

 

auひかりからNURO光への乗り換えは、戸建ての場合安くなり、マンションの場合は少し高くなるというイメージを持っておくとよいでしょう。

 

1.3 NURO光申込みで高額なキャッシュバックがゲットできる

NURO光はネット代理店経由で申し込みをすることにより、高額キャッシュバックやゲーム機が貰えます。

 

アウンカンパニーのキャッシュバック
ネットのみ 現金30,000円
ネット+電話 現金35,000円

PlayStation®4またはNintendo switch

 

ネットと光電話の契約では、キャッシュバックの代わりに、ゲーム機(プレステ4またはNintendoswitch)を選ぶこともできます。

プレステ4は、実売価格が3万円以上なので、購入予定の人はキャッシュバックよりお得かもしれませんね。

 

NURO光は、最低でも30,000円以上のキャッシュバックがあるので、auひかりより料金が高くなるマンションタイプでも、4年以上使わない限り実質の支払い金額は乗り換えたほうがお得になります。
(700円差×48か月=33,600円)

 

上記のキャッシュバックは、アウンカンパニーのキャンペーンサイト経由で申し込んだ方限定の特典です。
他の窓口(家電量販店など)や、公式サイトから申し込んだ場合は、キャッシュバックが少なくなることに注意してくださいね。

 

アウンカンパニー キャンペーンサイト

 

1.4 NURO光の初期工事費が不要

NURO光は、初期工事費が40,000円と高額ですが、月額利用料から工事費の分割額と同額の1,334円が30カ月間割り引かれ、実質無料になります。

 

ただし、30カ月以内に解約すると、残りの工事費は一括清算となるのでご注意くださいね。

 

auひかりからの乗り換え先回線を工事費がかかるフレッツ光などにしてしまうと、工事費+手数料が発生するので、工事費のかからないNURO光が賢い選択といえます。

 

②auひかりからNURO光に乗り換えるデメリット

次に、auひかりからNURO光に乗り換えるデメリットをご紹介しましょう。

 

2.1 NURO光マンションタイプは基本料金が高くなる

戸建ての場合は、auひかりよりNURO光のほうが安くなりますが、マンションは逆に高くなることがあります。

 

NURO光の料金は戸建て/マンション同額の4,743円ですが、auひかりマンションは配線方式により料金が変わり、3,800円~5,000円になります。

 

ただ、先ほど話した通り、キャッシュバックを考慮するとマンションタイプでも、トータルの支払い金額は少なくなるので、実は乗り換えたほうがお得になります。

 

2.2 auスマートバリューの割引が無くなる

auひかりでauのスマホとの割引き(auスマートバリュー)を利用中方は、NURO光ではauスマートバリューは使えないので必然的に、乗り換えによって割引がなくなります。

 

ちなみに、NURO光ではソフトバンク携帯・スマホとセットにすることで、ソフトバンクの携帯・スマホのパケット定額料金から割引が受けられる「おうち割光セット」が適用できます。

 

スマホ・携帯がソフトバンクの方は、auひかりよりもNURO光へ乗り換えるほうがお得です。

 

2.3auひかりの解約金が必要

NURO光へ乗り換える場合、auひかりは解約となり、auひかり側への解約違約金が発生します。

 

auひかり戸建てタイプは更新月以外の解約で、2年自動更新のギガ得を利用中の方は9,500円、3年自動更新のずっとギガ得を利用中の方は15,000円が必要となります。

 

更新月の考え方は、利用開始月を1ヶ月目として契約満了月の翌月と翌々月が更新月になります。

2年自動更新の場合、25ヶ月目、26ヶ月目が更新月で、3年自動更新の場合、37ヶ月目、38ヶ月目が更新月ですので、ご自分の契約を確認し出来るだけ更新月で解約をしましょう。

 

2.4プロバイダーの変更が必要

NURO光はSo-netが提供するサービスのため、プロバイダーは「So-net」1社になります。

 

auひかりでSo-net以外のプロバイダーを利用していた方は、NURO光に乗り換えた場合プロバイダーが変更になり、乗り換え前のプロバイダーメール等は、使えなくなります。

 

2.5提供エリアが限られている

NURO光の提供エリアは関東エリアだけでしたが、2017年12月より東海・関西エリアでも利用できるようになりました。(工事は2017年1月~)

 

現在、NURO光が利用できるエリアは下記のとおりです。

 

NURO光の提供エリア
関東エリア 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県・群馬県・栃木県
東海エリア 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
関西エリア 大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県 ※一部エリア除く

 

また先程紹介したプランは、基本的に戸建てプランとなっており、マンションは7階建て以下でしか利用できませんでしたが、新しく始まった「NURO光forマンション」であれば、格安で8階建て以上でも利用できます。

 

しかし「NURO光forマンション」は、利用を希望する世帯が4世帯以上集まると、NURO光側でマンションのオーナーに設備導入の交渉を開始し、設備が導入されて初めて利用できるようになります。

 

つまり、人が集まらなければ、8階建て以上のマンションではエリア内であっても、NURO光の利用ができないということになります。

「NURO光forマンション」は、始まったばかりのサービスなので、現在ほとんどのケースで戸建と同じプランでの契約となります。

 

③NURO光以外の選択肢

auスマホユーザーであれば、auひかりから乗り換える候補先として、So-net光、BIGLOBE光もおすすめです。

理由は、auスマートバリューというスマホとのセット割引きが、引き続き受けられるからです。

 

家族の中にauスマホユーザーが複数いる場合は、この2社のほうがお得な選択になります。

 

ビッグローブ光とso-net光の内容
ビッグローブ光 月額料金 戸建て:4,980円

マンション:3,980円

申込み特典  キャッシュバック:25,000円

キャッシュバック:20,000円+Wi-Fiルーター

So-net光 月額料金 戸建て:5,200円⇒4,500円(30カ月間)

マンション:4,100円⇒3,400円(30カ月間)

申込み特典 戸建て:5,000円キャッシュバック

マンション:20,000円キャッシュバック

 

BIGLOBE光は、代理店からのキャシュバックが高額で、So-net光は月々の利用料金を割引くキャンペーンがお得です。

 

両社とも「公式と代理店の特典」が受け取れるのは、以下のキャンペーンサイトからの申込みに限ります。

キャンペーンの詳細と申込み方法は、以下のサイトでご確認くださいね。

ビッグローブ光 キャンペーンサイト

 

So-net光 キャンペーンサイト

 

この2社については下記の記事で詳しくご紹介しているので、auスマホをお使いの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【2018最新】ビッグローブ光が遅いという評判は古い!速度・料金を徹底解説!

 

so-net光はちょっと特殊!評判から見る特徴と 使っていい人・悪い人

 

So-net光、BIGLOBE光ともにauスマートバリューが利用でき、auのスマホユーザーはコスト削減になるのでおすすめです。

 

④auひかりからNURO光へ乗り換えの手順

auひかりや他社光回線からNURO光へ乗り換える際は、NURO光の新規開通が終わってから、乗り換える前の回線を解約します。

 

【NURO光への乗り換え手順】

NURO光を申し込む

NURO光が開通する

auひかりのプロバイダーへ解約を申し込む(So-netを利用の場合は不要)

フレッツ光の場合はフレッツの解約&プロバイダーの解約が必要

KDDIへONU等のネット通信機器を返却する

 

⑤NURO光の乗り換え情報まとめ

auひかりからNURO光への乗り換えについて詳しく解説してきました。

 

まとめると下記のようになります。

  • 通信速度を重視:NURO光へ乗り換えるほうが良い
  • コスト面を重視:auスマートバリューが使えるBIGLOBE光、So-net光が良い
  • auひかり戸建て、マンションミニの場合:基本料金はNURO光が安い
  • NURO光へ乗り換えることにより高額なキャッシュバックが貰え、工事費も無料になる

関東・東海・関西エリアの方は、auひかりからの乗り換えは、「NURO光」にメリットがあるので、この機会にぜひ検討してみてください。

 

NURO光のキャンぺーンの詳細と申込みは、アウンカンパニーのキャンぺーンサイトでご確認ください。

アウンカンパニー キャンペーンサイト

 

NURO光はまだ提供範囲が限られている事が一番のネックになるでしょう。

そこで、NURO光が範囲外の方は以下の診断ツールで、ご自分のケースに一番合っているネット回線を選ぶのもおススメです。

【1分で比較】あなたの条件にピッタリのおすすめネット回線はコレ!光回線・Wi-Fi 簡単診断

関連記事

コメントは利用できません。

  ☆お得な光回線を知りたい方必見☆

おすすめ光回線

運営者情報

運営者情報

「インターネット比較の達人」は4人のチームで運営しております。
元販売員・現役のインフラ設備工事担当者など、専門家でチームを組むことで、より精度が高く、かつお得な情報を提供できるような運営体制を整えています。

詳しいメンバー紹介はこちら