auひかりホームの料金や速度を徹底解説!意外なメリット・デメリットも紹介

auひかりホーム auひかり

auひかりホームは、KDDIが『戸建て住まいの方』に提供している光回線サービスです。

一番広く使われているのが

auひかりホーム1ギガ

ですが、2018年3月1日からはさらに高速通信が可能な

auひかりホーム10ギガ・5ギガ

も登場しています。

この記事では読めばauひかりホーム

  • プラン
  • 料金
  • 初期費用
  • 通信速度

について完全に理解できる内容になっています。

最後まで目を通していただけたら、

「auひかりホームを一番お得に申し込める方法」

までわかる内容になっているので、是非読んでみてくださいね!

①auひかりホームは3種類ある

auひかりホームは大きく分けると、

  • ホーム1ギガ
  • ホーム5ギガ
  • ホーム10ギガ

の3つの速度タイプがあります。

名前からも分かるように、これは通信速度の理論値を表しています。

一般的なのが

ホーム1ギガ

で、通信速度の理論値は1Gbpsです。

ホーム5ギガ

が5倍の5Gbps

ホーム10ギガ

だと10倍の10Gbpsです。

  • auひかりホーム1ギガ…上下最大1Gbps
  • auひかりホーム5ギガ…上下最大5Gbps
  • auひかりホーム10ギガ…上下最大10Gbps

通信速度は速いに越したことはないのですが、auひかりホーム1ギガでも実測値は他社の光回線と比較しても相当速いです。

ですので、一般家庭で使う分にはこれでも十分です。

それに、

『ホーム5ギガ・10ギガ』

は対応エリアが

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県

一部のエリアでしか使えないためそもそもエリア外という人が多いでしょう。

また、月額料金もホーム10ギガだと高いです

ホーム5ギガであればホーム1ギガと同額の月額料金です。

ですので、エリア内に入っているのであればホーム5ギガでも良いでしょう。

  • 「auひかりホーム5ギガ」は1ギガと同額なのでおすすめです!
  • 10ギガはエリアが狭く料金が高い

②auひかりホームは「ずっとギガ得」「ギガ得」「標準」のどれかを選ぶ

auひかりホームは、次の3つのプランが用意されています。

  • ずっとギガ得プラン…3年自動更新契約
  • ギガ得プラン…2年自動更新契約
  • 標準プラン…契約期間の約束なし

それぞれ契約期間が異なります。

ですが、契約期間が長いほど月額料金が安い設定になっています。

 

おすすめは、ずっとギガ得プランです。

ずっとギガ得プラン』

は3年縛りと一番長いです。

その代り月額料金が安いですし、高額キャッシュバックなどのキャンペーン適用条件が

ずっとギガ得プランにすることが条件

になっているケースが多いからです。

「ずっとギガ得プラン」は長期契約でお得です!

③auひかりホーム(s)とは何か

auひかりホームの提供エリアを調べると、

auひかりホーム(s)

と出てくることがあります。

auひかりホームs

この(s)は何かというと、シェアドアクセスのことを表しています。

【シェアドアクセスとは?】

1本の光ファイバーを最大32分岐させて共有している使い方のこと。

NTTの

フレッツ光

と同じ方式なのですが、auひかりホームは全国でほとんどがこの方式になっています。

比較の達人
比較の達人

シェアドアクセスではない方式になっているのは

  • ホーム10ギガ
  • ホーム5ギガ

が提供されているエリアぐらいです。

 

そして、

  • 料金
  • 初期費用

などの基本的なルールは全く同じため、特に気にしなくても問題ありません。

この記事内でも、あえて分けて説明する必要もないので同じ物と思っていただいても大丈夫です。

④auひかりホームの料金について

ここからは、auひかりホームの

  • 月額料金
  • 初期費用

など、料金に関することについての詳細を掘り下げていきたいと思います。

4.1毎月かかる月額利用料金

auひかりホームは

  1. ずっとギガ得
  2. ギガ得
  3. 標準

の3つのプランがあり、それぞれ月額料金が異なります。

<auひかりホーム1ギガ>

プラン月額料金契約期間
ずっとギガ得プラン1年目:5,100円

2年目:5,000円

3年目以降:4,900円
3年自動更新
ギガ得プラン5,200円2年自動更新
標準プラン6,300円縛りなし

※5ギガはずっとギガ得プランと同額

※ホーム10ギガはずっとギガ得プランの料金にプラス1,280円

 

月額料金が最も安いのが

ずっとギガ得プラン

です。

ずっとギガ得プランは、年々料金が100円安くなっていきます。

最終的には月額4,900円で使い続けることができます。

4.2 auスマートバリューでさらに安くなる

auのスマホや携帯電話をお使いの方は、auひかりとのセット割である

auスマートバリュー

が適用できます。

家族最大10回線までauを適用できます。

そのため、家族にauユーザーが多ければ多いほどトータル割引額が多くなります。

正確には、auひかりの月額料金からの値引きではなく

それぞれのau利用料金からの値引き

です。

割引額は、auのプランにより

「au携帯・スマホ1契約あたり:500円~2,000円

です。

<auスマートバリュー>

auのプラン割引額/月
・新auピタットプラン1G超~7GB
・auピタットプラン(s)
500円
・データ定額1/2/3
・ジュニアスマートフォンプラン
・カケホ(3Gケータイ・データ付)
・シニアプラン
・データ定額3cp
・LTEフラットcp(1GB)
934円
・auフラットプラン7プラス
・auデータMAXプラン
・auピタットプラン2GB超~20GB
・auフラットプラン20/30/5
・auフラットプラン25Netflixパック
1,000円
・U18データ定額20
・データ定額5/8/20
・データ定額5cp
・LTEフラット
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
・LTEフラット for Tab/Tab
・LTEフラット for Tab(i)
・LTEフラット for FATA(m)
1,410円
・データ定額10/13/30

2,000円
※auスマートバリューは電話の契約(500円/月)が必要です
サカモトさん
サカモトさん

どれくらいお得なんだろう??

比較の達人
比較の達人

実際の例でみてみましょう!

【例えば…】

一般的なスマホユーザーの家族3人で、

  • 新auピタットプラン(1G~7GBまで)1名
  • データ定額5が1名
  • auピタットプラン2GB

だったとすると…

毎月2,910円割引になります。

auひかり戸建て料金5,100円から引くと実質毎月2,190円で光回線が使えるので、auユーザーはかなりお得になります。

auひかり セット割 戸建て

ただし、auスマートバリュー適用は、auひかりホームの契約だけではダメで、

auひかり電話

も必須になります。

auひかり電話は

毎月500円

なので、アナログ電話の基本料金(1,700円)より安いです。

通話料も安いです。

スマートバリューは割引額も大きいので、auひかり電話の月額料金500円をケチるよりも、

auスマートバリュー

を適用させたほうが断然お得になるでしょう。

auひかり電話にする場合、アナログ電話からは同じ電話番号が引き継げます

アナログ電話を持っていない方は新規で新しい電話番号を取得できます。

  • auスマートバリュー」でさらにお得になる!
  • auひかり電話」加入が適応条件に注意しよう!

4.3 導入時にかかる初期費用(新規登録料・工事費)

auひかりホームの導入には、初期費用として

  • 新規登録料
  • 工事費

がかかります。

auひかりホーム初期費用

auひかりホームの工事費は37,500円と高額です。

ですが、分割払いで625円の60回払いができます。

しかし、この37,500円の工事費は

初期費用相当額割引

によって実質無料となります。

【初期費用相当額割引の仕組み】

  • ネット契約:125円割引×60カ月=7,500円割引
  • 電話契約:500円割引×60カ月⇒625円割引×60カ月=37,500円割引

つまり、毎月の工事費分割払いと同額割引なので相殺される形になります。

なので、auひかりホームを

60カ月以上使う

のであれば工事費は割引によって実質的に支払っていないのと同じになるわけです。

よって、auひかりホームの初期費用は新規登録料の3,000円のみです。

  • 新規登録料:3,000円
  • 工事費は「初期費用相当額割引」で実質無料

4.4 解約時にかかる3つの費用

auひかりホームは導入にはほぼ費用がかかりません。

ですが、解約時には3つの費用がかかるので説明いたします。

4.4.1解約違約金

auひかりホームの

  • ずっとギガ得プラン
  • ギガ得プラン

自動更新契約になっています。

自動更新契約とは、解約の申請がない限り

自動的にauひかりホームの契約が更新

される仕組みです。

そして、自動更新契約には解約料無しで解約できる

更新月

がそれぞれ決まっています。

更新月以外に解約してしまうと、違約金として解約料がかかってしまいます

プラン更新月解約料
ずっとギガ得プラン

  • 1回目37~38カ月目

  • 2回目73~74カ月目

15,000円
ギガ得プラン

  • 1回目25~26カ月目

  • 2回目49~50カ月目

9,500円

ずっとギガ得プラン

は3年単位で自動更新されます。

ですので、更新月は3年毎に訪れます。

ギガ得プラン

は2年単位で自動更新されるので、更新月は2年毎に訪れます。

 

更新月は利用開始月を1カ月目として契約期間終了月の

  • 翌月
  • 翌々月

の2カ月間です。

 

ずっとギガ得プラン

は契約期間が3年と長いだけではなく

解約料も15,000円

と高めなので、先の話ではありますが頭の片隅に入れておきましょう。

比較の達人
比較の達人

実際には、auひかりを更新月以外で解約しても、

”違約金を負担してくれるネット回線も多い”

ので、心配しなくてOKでしょう。

4.4.2工事費残債

先に説明したように、auひかりホームは

工事費37,500円

を毎月625円×60回で分割払いですが、

初期費用相当額割引

で相殺され実質無料です。

 

しかし、60回払いが終わる前にauひかりホームを解約してしまうと、当然全60回割引の

初期費用相当額割引も終了

してしまいます。

そうなると、残債はすべて実費となる点に注意してください。

たとえば、auひかりホーム

ずっとギガ得プラン

1回目の更新月である37カ月目に解約した場合、まだ工事費残債があります。

残り23回分だとすると

14,375円の工事費残債

を解約時に一括で支払う必要が出てきます。

  • 解約違約金
  • 工事費残債

のどちらも支払わなくても良いようにするためには、

2回目以降の更新月

で解約する必要があります。

4.4.3撤去工事費

auひかりホームは撤去工事費28,800円かかります。

撤去工事をしなくてもいいから払いたくない

というのは通用しないのでご注意ください。

 

ただし、auひかりホームを使っている方が、

引越し先でもauひかりを使う

のであれば撤去工事費がかかりません

それに、auひかりマンション解約時に撤去工事費がかかりません

次のような流れであれば、撤去工事費はかかりません。

【撤去工事費がかからない流れ】

auひかりホーム

引越し先でauひかりを利用する

ただし、この方法は条件を満たせない人も多いかと思います。

ですので、それよりはauひかりホームの

新規入会時典

で撤去工事費以上の額のキャッシュバックをしっかり貰っておくのが現実的です。

比較の達人
比較の達人

「NNコミュニケーションズ」でauひかりホームを申し込めば、

auひかりホームを解約することになったとしても

撤去費用相当額補填キャンペーン

があるので申し込み先としておすすめです。

 

【撤去費用相当額補填キャンペーンの条件】

  • 2018年7月18日~2023年6月30日までにNNコミュニケーションズでauひかりホームを申し込む
  • auひかりホームの解約に合わせてNNコミュニケーションズでビッグローブ光を申し込む

条件を満たせば、

撤去工事費相当額31,104円(撤去費28,800円の税込)」

をビッグローブ光開通翌々月末に指定口座に入金されます。

たとえ解約予定がないとしても

NNコミュニケーションズ

はauひかりの代理店の中で

最も高額なキャッシュバック

が貰えるため、申し込み先として一番のおすすめです。

【No. 1申し込み窓口 NNコミュニケーションズ】

auひかりNNコミュニケーションズ

<人気の理由>

  1. auひかりホームの撤去費用を全額負担してくれる
  2. 申し込み窓口の中でキャッシュバックが最高額
  3. 最短1ヶ月で100%キャッシュバックが貰える
  4. IPv6対応のWi-Fiルーターが無料で貰える
  5. 有料オプションに加入する必要なし
  6. KDDI本社から唯一9期連続受賞の優良代理店

auひかりキャンペーンサイト(NNC×BIGLOBE)

⑤auひかりホームの対応エリア

auひかりホームはフレッツと比べると対応エリアが狭いです。

※auひかりは全国の約70%が対応エリア

※フレッツ光は全国の約95%が対応エリア

 

特に引越し先でもauひかりを使いたい場合に、

引越し先がエリア外

だと困る人が多いです。

通常、引越し先でもauひかりを使うのであれば

  • 解約料
  • 撤去工事費

かからないのです。

ですが、エリア外だと解約するしかないので

  • 解約料
  • 撤去工事費

かかってしまいます

⑥auひかりホームで選べるプロバイダは7社

auひかりに対応していて選べるプロバイダは次の7社です。

【auひかり対応プロバイダ7社】

  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty
  • au one net
  • @TCOM
  • AsahiNet
  • DTI

たとえば、現在フレッツ光で

@nifty

を使っている人がauひかりへ乗り換えて

@nifty

を使うのであれば、プロバイダメールアドレスは変更なしでそのまま使えます。

 

しかし、現在フレッツ光で

OCN

を使っている人がauひかりへ乗り換える時にOCNが選べません

ですので、必然的に

OCN以外のプロバイダ

になるためプロバイダメールが残せないといったデメリットはあります。

ですが、メールアドレスを気にしていない人であれば、特に

プロバイダが少ないこと

によるデメリットはほとんどありません。

 

また、

プロバイダによって速度が変わる

という情報も見かけます。

比較の達人
比較の達人

auひかりはプロバイダによって、速度が変わることはありません。

ですが、auひかりに関してはどのプロバイダを使っていようと

プロバイダを経由しないKDDIの設備

によるデュアルスタック方式での接続で

通信速度に差が出ない仕様

になっているので心配する必要はありません。

  • プロバイダーの数が少ない
  • プロバイダーによる速度の違いはない

⑦auひかりホームの申し込み方法

auひかりホームはauショップに行けば申し込めます。

ですが、それはちょっと待ってください

自分でちょっとした手間をかけるだけで、お得度が全然違います

auひかりホームの申し込みの流れは、

「提供エリアの確認」⇒「ネット代理店で申し込み」

がベストです。

それぞれ詳しく説明します。

7.1提供エリアを確認しよう

まずは、auひかりホームの提供エリアになっていなければどうしようもないです。

ですので、エリア確認をします。

エリア確認は、KDDIの公式サイトを使います。

【提供エリアの検索】

https://bb-application.au.kddi.com/auhikari/zipcode

提供エリアの検索ページを開くと以下の画面になる。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • 住所
  • 郵便番号

から検索して、auひかりホームの提供エリアになっていることを確認してください。

(❇︎下の画像は一戸建てを選択したパターン)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

提供エリアであることが確認できると

KDDIの公式サイト

からそのまま申込むことも可能になります。

比較の達人
比較の達人

公式サイトで申し込むと、

  • 撤去費用の全額還元
  • キャッシュバック

が貰えないので、申し込みはやめておきましょう。

7.2キャッシュバックが貰える窓口で申込もう

auひかりホームは、どこで申込んでも一緒ではありません

なるべくキャンペーンで

キャッシュバック

を多く貰えるところにするべきです。

キャッシュバックを多く貰える窓口がネット代理店です。

ネット代理店で申し込むことで、

「auひかり公式キャンペーン+代理店独自キャンペーン

併用できます

【No. 1申し込み窓口 NNコミュニケーションズ】

NNコミュニケーションズ

<人気の理由>

  1. auひかりホームの撤去費用を全額負担してくれる
  2. 申し込み窓口の中でキャッシュバックが最高額
  3. 最短1ヶ月で100%キャッシュバックが貰える
  4. IPv6対応のWi-Fiルーターが無料で貰える
  5. 有料オプションに加入する必要なし
  6. KDDI本社から唯一9期連続受賞の優良代理店

auひかりキャンペーンサイト(NNC×BIGLOBE)

<NNコミュニケーションズのキャッシュバック内容>

申込み内容キャッシュバック額
ネットのみ45,000円
ネット+電話52,000円

また先ほど解説した通り、NNコミュニケーションズは、

撤去工事費補填キャンペーン

代理店独自で提供しています。

auひかりホーム(戸建プラン)を検討中の方は、

撤去工事費28,800円を負担してくれる

ので、auひかりを解約するときの出費の心配も軽減できるはずです。

【NNコミュニケーションズでの申し込みの流れ】

専用ページのWeb申し込みフォームから申請

オペレーターから電話が来るので、キャッシュバック受け取り口座を伝える

auひかりホームの開通工事

開通確認後最短1カ月で指定口座へ振込

1つ注意点として、auひかりホームは

ずっとギガ得プラン

を申し込んでください。

ずっとギガ得プランであればキャッシュバックが満額貰えるからです。

ずっとギガ得プランは、3年自動更新契約ですが

月額料金は一番安いプラン

なのでお得に使えますよ。

比較の達人
比較の達人

以下の記事で、NNコミュニケーションズに実際に申し込んだ流れ(体験談)を紹介しています!

比較の達人
比較の達人

NNコミュニケーションズをおすすめ窓口として推奨している理由(全窓口のキャンペーン比較)を以下の記事で解説しています!

比較の達人
比較の達人

auひかり(ネット)の料金・速度に関する評判は、以下の記事で解説しています!

 

⑧auひかりホームまとめ

auひかりホームは3年自動更新契約

ずっとギガ得プラン

が料金が安いです。

キャッシュバックも多いので、おすすめのプランになります。

auひかりホームは工事費が一見すると高額に思えます。

ですが、

初期費用相当額割引で実質無料

になるため、初期費用は新規登録料3,000円のみで済みますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました